山口 武久の記事一覧

アングラー:山口 武久


BLOG TOP 山口 武久の記事一覧
山口 武久さんの記事
2018.11.24

大阪湾 テンヤタチウオ「嬉しい大誤算」

本当は色んな釣りに行きたいのですが、ついつい大阪湾テンヤタチウオに行ってしまいます。そして今回も泉南・樽井の八千代丸さんから出船して、淡路島の洲本沖へ・・・・。

IMG_4899

7月末から開幕した、大阪湾テンヤタチウオですが、今シーズンは序盤は本当に釣れない日が多く困ったのですが、10月中旬ごろから凄い群れが入って来たのか?大阪湾はタチウオパラダイスになっています。

このパラダイス、少なくても私の知る限りここ5.6年でも経験したことのない釣果が普通に出ます。午前便で50尾は普通。そして時には70尾・・・・。そんな釣果は聞いた事が有りません。

また大阪湾テンヤタチウオは一般的に、小潮回りがよく釣れると言われていますが、最近は潮に関係なく釣れています。ですので船宿さんの予約が取れない状況が続いています。

今回の釣行は大潮4日目。そして、昨日から少し釣果が落ちているとの事でしたので「今日は楽しく一日過ごせたらよい」と自分に言い聞かせながら出船でした。

IMG_1937

厚い雲間から見える朝日を拝みながらの釣りstartです。

7:10 洲本沖55m 。洲本沖でも随分北西の浅場のポイントです。船長から「満ち潮が走り出したらアタリが減るかも知れないから、朝一頑張って」と激励の言葉も受けました。

私の予想は厳しい一日になるのでは?と予想していましたので、朝一は・・・このテンヤでスタートしました。

 

IMG_1930

船快適タチウオテンヤSS 早掛けSP

私が考えるに、この早掛けSPは特に潮の大きな日に有効です。どうしても潮が速いとフックが潮の影響を受け流されたり、潮の速い事によりタチウオの追いが悪い日も多く、そんな時にはこの小針のテンヤが有効とこれまでの経験から感じているので、朝一はその理論を実践で試してみました。

しかし・・・・なんと・・・・一投目の最初のフォールで40mの所でラインがstop。私自身何が起きたか理解できず、リールを巻いてみると「ゴンゴン」と引っ張ります。既に掛かっています(笑)(笑)(笑)

まさかのテンヤが底に落ちない状態です。

そして、2投目も45M付近で誘いを開始すると・・・・「トンッ」と綺麗に当たってきます。そして、3投目はまたまたフォール中に止まります。

どうやら、「テンヤを落とせばタチウオの頭に当たる状態」のようです(笑)(笑)(笑)

今日は大潮4日目で私の予想は厳しい一日になるだろう・・・と予想してたのですが・・・。

そして、追いをよくする為に早掛けSPを使用したのですが、余りの高活性にテンヤを直ぐにチェンジ

IMG_1947

快適船タチウオテンヤSS

上のノーマルの船快適テンヤのケイムラ白夜光に直ぐにチェンジ。小針の早掛けSPは、アタリは多く活性が低い時には超有効ですが、やはりフックが小さいので掛けた後のバラシのリスクはノーマルのテンヤに比べ高いのです。

ですから、高活性の時はそんなリスクは背負う必要は有りませんので、ノーマルのテンヤでガンガンフッキングして、電動リールで速めの回収が良いかと思います。

今朝はそれどころではなく、ノーマルテンヤに交換すると、フォールで棚に落ちる前にリーダーを切られると言った事が頻発しました。今朝のタチウオ君は朝一番から元気いっぱいのようですww。

こうなると落とすのが怖くなると言った嬉しい悲鳴も出ます。

約1時間、スタートから2流し・・・楽しすぎる朝まずめでした。笑いが止まりません。

IMG_1941

エサはサンマを使用しましたが、この2流しは本当に活性が高く餌が直ぐに無くなります。最近の傾向はよく当たるが餌はそんなに取られないと言うのが傾向でしたが、今朝は餌がドンドン無くなっています。

私は厳しい一日を予想していたので、自前のサンマ餌はそんなに持って行っておらず冷や汗をかきました。本当に嬉しい誤算です。

そして、何より水深が55~48mぐらいの所ですので、釣りがし易く手返しも非常に早いです。棚は底から10m程の場所がホットゾーン。しかし、釣れてくる個体は小さい。

当たれば追いも良く、フッキングミスをしても問題なし。次の誘いを掛ければ「ドーーン」と食い上げて頂けます。タチウオという魚は他の魚とは少し違い、この食い上げアタリが非常に多いのです。そしてこの食い上げアタリが本当に楽しいです。

特に今日はその食い上げ幅は特に大きく、リールを巻いても巻いても追いつきません(笑)ラインが切れたのか?と勘違いするほどです。

船中には「うわーーー、また切られた」と言う声があちらこちらで聞かれます。

しかし、そんな高活性も約1時間で終了・・・。

潮の流れが少しずつ速くなり、そして濁りも目立つようになると当たりは少なくなりますが、丁寧にステイを長めに取り微速巻きを多用するとタチウオからの反応は有ります。

IMG_1943

そして・・・・元気過ぎるタチウオに、やられてしまいました。

IMG_1963

レインウェアを噛まれてしまい穴が・・・。昨年に購入して5.6回しか使用していないレインウェアなのに・・・。タチウオより私のテンションが下がってしまい、それに追従するようにタチウオの活性もこの後・・・沈黙でした。

人間とは勝手なもので、例年ならこの潮周りはもっとアタリが少ないのですが、最近の爆釣を経験してしまうと物足りないと贅沢な悩みが止まりません。コレはこれで船宿さん泣かせかもしれませんね(笑)。

そして後半にまた少しの時合が有りました。今度は底付近で綺麗な当たりが連発。

気温も日中は随分上昇して気持ちの良い釣り日和です。

IMG_1950

釣りは、釣果を楽しむのも有りますが、五感を研ぎ澄ませて色んな音や匂い、そして雰囲気を楽しむことの出来る最高のレジャーだといつも思います。

そして、私の最終釣果は・・・・

IMG_1952

なんと30尾。本当に予想外な嬉しい釣果でした。

IMG_1961

あ~今、帰宅してこうしてブログを書いていますが、既に早くまた、行きたい行きたいと悪い虫が騒いでいます(笑)

IMG_1936

本日のロッドは・・・・

極鋭タチウオテンヤSP EX AGS 178 

先日の大阪湾タチウオキングバトル準決勝は本当にこのロッドに助けて頂きました。その模様は・・・・こちら

あの時の感覚が未だに鮮明に脳裏に焼き付いており、本日も良いイメージで釣りが出来ました。

今日も本当に一日、よく遊びました。

そして帰りはいつものラーメン屋さんで、いつものメニューに舌鼓を打ち帰路につきました。

 

IMG_1960

来週末の良い潮周りが楽しみでなりません。