高槻 慧の記事一覧

アングラー:高槻 慧


BLOG TOP 高槻 慧の記事一覧
高槻 慧さんの記事
2019.05.08

GWの東京湾ライトアジ!

あっという間に終わってしまったGW、10連休は半分釣りでしたw

その中でもライトアジには2回、4/27(土)は蒲谷丸さんへ、5/2(木)はまる八さんへと遊びに行き、東京湾のライトアジを楽しんできました。

 

まずは4/27(土)の蒲谷丸さんは釣り仲間のようこさんの仕立て、初めての方やお子さんも多く乗って出船!

私はお隣の釣り初めての親子のコーチ役、でしたが当日は生憎の天候でお子さんが何人か船酔いしてしまい…

雨風ウネリとなかなかの悪条件だったので仕方なし、これも釣りです!

でも復活してからはなんとか数尾!他のお子さんたちもお土産ゲット♪

IMG_1465 IMG_1463

IMG_1461

 

私も竿を出して様子を見ることに。

天秤は快適天秤マルチ Φ1.4-250、ビシは40号、ライトアジ用のクッションゴムを付けて、仕掛けは一般的な2m3本ばり仕掛け。

ロッド:リーディング73MH-185MT  リール:スパルタン MX IC150HL  ライン:メガセンサー12ブレイド1号

IMG_1459

 

この日は喰いがあまり良くなく、ポツポツと拾うような状況。

こまめに誘い返したりビシを振り続けてもあまり…だったのですが、「エサ長めの置き竿で来た」という周りからの情報を試してみると、これが良かった!

渋いときの攻め方でこんな方法もあるのですね、引き出しの一つに閉まっておこう!

途中、バチコン仕掛けにイソメを付けて遠投からさびいてくると…お!これでも釣れた!

IMG_1466

 

風とうねりが強くなってきてしまったので12時に早上がり、それでもお土産はしっかり釣れて下船後は皆さんこの笑顔!

蒲谷丸さん、同船の皆様、楽しい一日をありがとうございました。

IMG_1468

 

お次は5/2(木)は平和島のまる八さんから、こちらも釣り仲間の林まーくんと小沼さんにお誘いいただき出船!

ちょうど近くに地元釣り仲間のかとくにが住んでいたので誘って、10名での仕立て船となりました。

出船前に集合写真をパシャリ!私のウェア目立ちますねw

フラッシュオレンジが特徴的なDR-16009(ゴアテックス パックライト®プラス レインスーツ)、派手な色が好きな私にはぴったり!

IMG_1497

 

久々にご一緒する林まーくん!

そして幹事の小沼さんと高橋船長!

IMG_1496

IMG_1494

 

今回はバリバリ楽しむ電動タックルと手巻きモバイルロッドタックルの2セットを使って楽しみました。

電動タックルは

ロッド:極鋭タチウオゲームAGS M-180  リール:シーボーグ200J  ライン:メガセンサー12ブレイド1号

IMG_1501

 

手巻きモバイルロッドタックルは

ロッド:モバイルX73M-180  リール:スパルタン MX IC150HL  ライン:メガセンサー12ブレイド1号

IMG_1503

 

仕舞寸50cm、4本の小継竿とは思えないほど本格的なゲームロッドの『モバイルX

船バッカンにも斜めですっぽり収納できるんですから、電車釣行やバイク釣行の方の強い味方!!

IMG_1492

IMG_1493

 

モバイルロッドのってどこか頼りないイメージがあったのですが、いやいや、この曲がり見て下さい。

どこで継いでいるのかわからないくらいキレイな曲がり!(置き竿40号ビシでアジが1尾掛かっている状態)

曲がりも調子も感度も竿としてかなり本格的な作りのモバイルロッドだと思いますよ。

IMG_1504

 

色々なポイントを周っていただいたので、それぞれのポイントをどう攻略していくか、というのが面白いところ。

1尾1尾丁寧に掛けていく釣りの面白さもあれば、良いタイミングでいかに多点していくかという面白さもあって、めちゃくちゃ楽しい!!

船釣りのお作法を学びつつ数釣りもできるので船釣り入門にはやはりぴったりだと思うし、やればやるほどまた新しい発見が生まれてくるんだろうなとも思うし、本当にアジ釣りは奥の深い釣りだな〜。

まずは指示通り下から2mで始めて、細かくアタリ棚を見つけて、1匹掛けたらしっかり耐えて多点狙い、3匹分の重さが加わったところで上げてくると〜トリプル!

良いタイミングではこんな再現性の高い多点連チャンが出来るんですから、楽しくないわけがない!

IMG_1519

 

釣友のかとくにも久々のアジ釣りで満面の笑み!

ちゃんとダブル狙ってご覧の通り^_^

IMG_1500

 

納竿までコンスタントに釣れ続けて気づけばクーラーにはアジがいっぱい!!

2つのタックルを使って東京湾ライトアジを存分に楽しめました。

IMG_1513

 

まる八さん、同船の皆様、楽しい一日をありがとうございました!!

IMG_1517

高槻 慧さんの記事
2019.04.10

第15回片貝春の沖釣り大会!大型のハナダイを狙って競う!

4/7(日)は片貝漁港で開催された「第15回九十九里漁協春の沖釣り大会」に参加してきました。

ハナダイ、アジ、イサキを検量対象とした5尾の総重量で表彰が決まるこの大会、昨年も参加させていただきまた参加したかったので気合充分で臨みます!

 

乗船する船や状況によってハナダイ狙いかイサキ狙い、はたまたアジ狙いにもなる可能性があるので、仕掛けは色々なパターンを準備。

2.5mの3本バリで、ハリス2号、チヌバリ2号を基本にして、ハリスの太さやハリの大きさ、ウィリーを巻いてみたりビーズを替えてみたりと…

気づいたら20組くらい作ってましたねw

IMG_1273

 

4時半受付開始を済ませ、出船までは船でひとしきり準備した後に開会式。

船数は14隻ととても大きな大会で、知り合いの釣り仲間さんも何人かいらっしゃいました。

IMG_1322

 

田渕さんとおけいさんと私は「第3正一丸」さんへ乗船させていただきました。

IMG_1323

 

60号のプラビシを背負うので、今回使用したタックルはこちら

ロッド:リーディング73MH-185MT リール:シーボーグ200J-DH ライン:メガセンサー8ブレイド2号

IMG_1324

7:3調子で185cmと汎用的なスペックのライトゲーム竿であることに加え、穂先がメタルトップになっているこのリーディング73MH-185MT

色々な釣り物にマルチに使える1本ですし、もちろん60号ビシのコマセ釣りにもばっちりです!

プラビシはシャベルビシ速攻IIIのM60号、いわゆるスリムタイプ。カセットタイプのプラビシで手を汚さずしゃもじを使わずコマセを入れられるので、手返し良く扱えるプラビシです。

天秤はお決まりの快適天秤マルチ Φ1.6-300

IMG_1325

 

ポイントに着いて1投目、朝一の指示ダナは22〜25m。

コマセを少しづつパラパラ巻くイメージでステイは3秒程度で1mづつシャクリながら探っていくと…

いきなりゴゴゴンと首を振り暴れるいい引きが!!

ドラグを調節しながら丁寧に上げてみると…早速本命のハナダイ!しかも良いサイズです。

IMG_1343

 

前評判では水温低下でかなり渋くなってしまったと聞いていたので、幸先良くスタートを切れて一安心。

お隣では田渕さんも本命ゲット!

この調子で数を伸ばしていきたいところです。

IMG_1328

 

しかし後が続かず…エサ取りに取られがちなので早めの誘いをやってみると1枚釣れたり、ロングステイを試してみたら食ってきたりと、いまいちパターンにハメられない状況。

ウマヅラハギやメバル、マハタなどゲストも多彩で楽しめはしましたが、リミットの5枚には届かずの4枚で終了となってしまいました。

反省点としては、誘い下げをあまり試さなかったこと。

下で撒いて上から落としていく、これは来年の私、必ず試すこと!w

 

とはいえ、あまり行けるチャンスのない釣り物を楽しめる年に1回の楽しい大会、あーでもないこーでもないと考えながら釣りが出来たのでとても勉強になりました!

正一丸さん、同船の皆様、お疲れ様でした。

IMG_1334

 

12時過ぎに帰港後は表彰式へ。

検量中の時間をいただき、田渕さんとダイワ製品のプロモーションをさせていただきました。

IMG_1345

 

表彰式は船中1・2位へはクーラーボックスとライフジャケット!

総合入賞にはもちろん豪華賞品!

そして参加者ほぼ全員に当たる抽選会と、お土産が狙えるのも良いですよね。

IMG_1339

 

検量の間には恒例の魚つかみ取り大会も行われていましたよ。

子どもも大人も大はしゃぎでバケツや袋に詰め込んでいて、大盛況でした!

IMG_1341

高槻 慧さんの記事
2019.04.10

「船ブラ」と「胴突き」で攻める南房の根魚調査!

4/6(土)は南房乙浜漁港の「信栄丸」さんからアカハタ狙いの根魚仕立て船で遊んできました!

気づけばもう桜が咲き終わる4月上旬、この時期になると伊豆で模様の出てくる浅場のアカハタ・カサゴですが、今回は以前から「いると思うからやりに来て〜」とお誘いを頂いていた信栄丸さんから南房のアカハタ調査と題して出船です。

 

同船者はSFA大島くん、SFA佐野代吉くん、釣り仲間の佐藤さん、井ノ内さん、河口さん、窪田さん親子の8名。

さてさて、本命アカハタはゲットできるでしょうか??

IMG_1319

 

根魚狙いで私たちが準備していくタックルは2種類。

・胴突き仕掛けのベイトタックル

「船ブラ」で狙うスピニングタックル

「船ブラ」とは去年までキャスティングブラクリと呼んでいた釣り方で、命名者はこの釣り方の発案者でもある大島くん。

この2つの釣り方の仕掛けやタックルについては去年の達丸さんでのアカハタ釣行でしたためたブログに詳細をまとめてありますので、ご興味あれば是非一読ください。

今回は仕立でしたので、この釣り方の他にもオフショアロックフィッシュ用のジグヘッドやワームなどで楽しむ方もいて、人それぞれの楽しみ方で狙ってみました。

 

調査船ということもあってポイントは10m台の浅場から40m台のまで色々回っていただいたのですが、朝一の30m台では1投目からカサゴ・カンコがバリバリ!

船中どこかで竿が曲がっている状態で、上がってくるカサゴ・カンコも良型揃い♪

IMG_1320

IMG_1292

cache_Messagep250955

IMG_1306

 

一流し目は胴突き仕掛けのベイトタックル。

ロッド:リーディング73MH-160 リール:スパルタン MX IC150HL ライン:メガセンサー12ブレイド1号

IMG_1298

 

仕掛けは自作の胴突き2本ばり、オモリは30号。

餌はサバやコノシロの切り身を持っていきました。

IMG_1299

 

二流し目は「船ブラ」で。

中通しのナツメオモリは6,8,10,12号と準備し、水深や潮の加減によって号数をチョイス。

餌は胴突きと同じくサバやコノシロの切り身でOKです。

IMG_1300

 

ミニバッグのロングLにこんな感じで出来合い仕掛けにしておいて収納してみました。

IMG_1311

 

胴突きでも船ブラでもバリバリ!!

コツッやモゾモゾというアタリが出たら、しっかりと食いの間を入れてみると…

ゴツッ、ゴツゴツ、ゴンゴンゴンとどんどん大きくなってくる本アタリへ!

あまり待ちすぎると根に潜られてしまうので、このフッキングまでのタイミングの駆け引きもまた面白いところです。

IMG_1330

 

二流し目が終わる頃には桶の中はこんな状態!

IMG_1302

30m台でひとしきり楽しんだので、浅場の方にも行ってみたのですが、前日のシケで濁りが取れておらず、水温低下もあっていまいちな感じ。

また30〜40m台に戻ってポツポツと拾っていると…

 

ドーン!!

窪田さんに本命のアカハタが!!!

そしてその後にはまたもう一匹アカハタがどーん!!!

親子揃って良型アカハタゲットです!

IMG_1309

 

この日は本命アカハタはこの2匹だけでしたが、これから水温が高くなってくれば浅場にどんどんアカハタが入ってくると思います。

浅場の根っこ回りもやった感じかーなーりーいい感じの根っこだったので、アカハタが来れば好ポイントになること間違いなし!!

また夏近くなったらもう一度仕立てましょうと約束し、この日はカサゴ・カンコ大漁にて終了しました。

 

信栄丸さん、同船の皆様、楽しい一日をありがとうございました!

「船ブラ」めちゃくちゃ楽しい釣り方ですので、ご興味ありましたら是非試してみてくださいね。

高槻 慧さんの記事
2019.03.13

モバイルゲームロッドで楽しむ!東京湾のメバル&イシモチ!

2月下旬、金沢八景の一之瀬丸さんからダイワ船最前線の動画撮影でショートメバル五目(エビメバル〜イシモチ・カサゴ五目のリレー船)へ!

3月発売の『モバイルX』を使って晴山由梨ちゃんと楽しんできました!

IMG_1075

 

仕舞寸50cm、4本の小継竿とは思えないほど本格的なゲームロッドの『モバイルX

今回は由梨ちゃんも私も[73 M-180]を使ってメバルとイシモチを楽しみました。

他にも

73 MH-180

73 H-180

82 M-180

82 MH-180

の5アイテム(全て仕舞寸50cm、4本の小継竿)があります。

IMG_1068

 

専用竿袋に収めるとこんなにもコンパクト!

電車釣行や自転車、バイク釣行の多い方にオススメ。

出張先、スーツケースに忍ばせて…なんてことも^_^

IMG_1069

 

スパルタンTW100HLと合わせるとこんな感じ。

ナットやトリガー周りもシックにまとまっていてカッコいいんですよ。

IMG_1071

 

前半のエビメバルはポイントを回りながらポツリポツリでしたが、ダブルありゲストありで楽しめましたよ!

活モエビがピンピン跳ねる前アタリもはっきり手元に伝わる手感度の良さはスゴい!

そして掛けた後の竿の曲がりもどこで継いでいるのかわからないくらいキレイな曲がり。

モバイルロッドってどこか頼りない印象が正直あったのですが、この竿は「竿としてもかなり本格的なモバイルゲームロッド」に仕上がっています!

由梨ちゃんもこの通り良型ゲット!(何故か後ろで悔しそうな表情の私ww)

52674285_1675714929239645_4485162239006867456_o

 

後半のイシモチでも仕掛けを変えるだけで竿は同じく73 M-180。

もちろん文句なしの操作性と感度、イシモチにもばっちりでしたよ!

特にキャストも反発使って綺麗に投げれたのも印象的でした。

ターゲット3種目を1本の竿で1日たっぷり遊び尽くして大満足。

一之瀬丸さん、同船の皆様、楽しい1日をありがとうございました!

IMG_1074

 

また、この日の様子は動画としてアップされていますので、よろしければご覧下さい^_^

 

動画の撮影・編集は可児さんにもしっかりこの釣りを味わっていただきました!

可児さんの編集はいつも楽しく仕上がっていて面白いですよね♪

IMG_1072

高槻 慧さんの記事
2019.01.07

2018釣り納め!恒例の相模湾アマダイ

12/30宮澤さん主催の「忘年カワハギ」からの2018年の釣り納めは12/31(月)、腰越の池田丸さんから相模湾のLTアマダイへ行ってきました。

去年の12/31で「31日まで営業している船宿さんってなかなかないんですよね、去年も同じ流れだったので、毎年恒例になりそうです^_^」と書いてある通りに3年連続で今年もこの流れになりましたw

 

今回は同年代釣り仲間の浅居くんと、偶然連絡を取り合ったら同じ日に同じ船に乗る予定だった工藤さんの3人で遊びに行ってきました。

さて、良い釣り納めになるでしょうか??

 

ポイントは江ノ島沖の水深80〜100m、オモリは50号です。

使用タックルはこちら↓

ロッド:極鋭ゲームHH-172AGS  リール:シーボーグ200J ライン:メガセンサー12ブレイド1号

IMG_0486

 

オモリは快適船シンカーSの50号、天秤は快適天秤マルチ Φ1.6-300

他にもスピードやストレート、リーディングアームIIなど色々なテンビンも試してみました。

どれも大差はないと感じるので、手前祭りしないものであればなんでも^_^

IMG_0487

 

仕掛けは2m2本バリと2.5m3本バリの2種類。

サクサス加工が施されたDスイベルSS ローリングスイベルの親子タイプを使って作ってみました。

やはり吹き流し仕掛けには回転力の高いスイベルが一押し、ヨレmのなさが違うなぁと感じますよ。

IMG_0488

 

さて、釣りの方はと言うと…

特に大きな盛り上がりはなかったですが、ポツリポツリと上がっている感じ。

年末最後の釣りですし、肩の力を抜いてまったり楽しみました^_^

IMG_0489

 

サイズは中サイズと小サイズ、でもちびちゃんでもアマダイ特有の中層での引きがあるのだから面白い!

なんで中層で引くのだろう?限界点なのかな?

IMG_0492

 

工藤さんに良型サイズ!

アナリスターとレオブリッツのタックルを使ってました。テンビンは快適天秤マルチ Φ1.6-300でしたよ!

IMG_0491

 

浅居くんにもgoodサイズ!

きれいな発色の良い個体、彼はアマダイの食味も大好きなようで、昆布締めにしてるらしいですよ。

IMG_0494

 

私にもこのサイズがようやく!

中型ですが良い引きしてくれました。

結果3人共2〜3尾と数こそ出ていませんが、まったりゆったり2018最後の釣りを楽しめました^_^

IMG_0500

 

池田丸さん、同船の皆様、楽しい一日をありがとうございました!

これにて2018年は釣り納め、来年も良い一年になりますように!

IMG_0503

高槻 慧さんの記事
2018.12.04

連日絶好調のデカアマダイ祭り!剣崎〜城ヶ島沖アマダイ

12/2(日)は葉山の五エム丸さんからアマダイに行ってきました。

ここのところ城ヶ崎や剣崎では連日デカアマダイが多数浮上していて絶好調と聞き、釣り仲間の浅居くんとデカアマハンティングへ!

 

五エム丸さんのアマダイは7時出船、柳沢船長が舵を握る大型の第一五エム丸で出船です。

今年年始の仕立てアマダイのようなデカアマ祭りになるといいなと期待いっぱい!

朝一はウネリと風がありどったんばったん、ロッドキーパーにかけた浅居くんのロッドもこの通り…笑

IMG_0316

 

ポイントに着き早速釣りスタート!

水深は80〜100m前後、指定オモリは60号です。

今回使用したタックルはこちら↓

ロッド:極鋭タチウオゲームAGS H-180  リール:シーボーグ200J  ライン:メガセンサー12ブレイド1号

IMG_0314

アマダイにタチウオゲーム??という感じですが、テンビン吹き流しの60号オモリと仕掛けはタチウオに似ているので操作性はバッチリ。

また、バッドパワーも十分で魚が掛かった後も適度にいなしてくれる柔軟性がGOOD!

田渕テスターもアマダイでは大のお気に入りの竿なんですよ。

 

仕掛けは一般的な2本ばりのアマダイ仕掛けを自作。

テンビンは快適天秤マルチ Φ1.6-300、オモリは快適船シンカーSの60号です。

IMG_0341

 

さて釣りの方はというと…

私の隣の方は船中第一号の40cmクラス!

そしてその後隣の隣の方には50cmクラスも!

という感じで、朝一からデカアマ祭りが開催しています!

浅居くんも30cmクラスを釣り上げた後に特段大きな引きが…上がってきたのは46cmの立派なアマダイです!

IMG_0322

 

私はというと、蚊帳の外!笑

去年良かった釣り方などあの手この手を尽くしてみましたが、デカアマには響かず、小型と中型をなんとか、という感じでした汗

後半になると反対舷で定期的に盛り上がる声が!

偶然同船だった竹内さんには52cmの特大サイズ♪

IMG_0333

右舷胴の間の方はなんとひと流しで52,51,49cmを連続で釣り上げたのだとか!

釣る人は釣るのですね〜、伺うと棚キープでほぼ動かさない釣り方とのこと。

私はあくせくと動かし過ぎだったかも?

まぁこれも経験の一つ、引き出しが一つ増えた良い釣行になりました!

 

ゲストにオニカサゴも追加し、残念ながらタイムアップ。

船全体では52cmが3本、51cmが3本、50cmが1本に49cm、46cm、45cm。。。とまさにデカアマダイ祭りの結果に!

デカアマダイ狙うには今がチャンスですね!

今日波に乗れなかった分、次こそはデカアマ取るぞー!!

IMG_0340

 

五エム丸さん、同船の皆様、楽しい1日をありがとうございました!

高槻 慧さんの記事
2018.10.23

小田原発LTアマダイ!ゲームロッド「リーディング」で楽しむ!

10/20(土)は小田原早川港の坂口丸さんから、今季初のアマダイ釣りへ田渕さんと行ってきました!

アマダイ釣りは大好きな釣り物の一つ、秋になると各地の釣果情報を見てソワソワしてしまうのです。

 

早川港ではマグカツ船やイナダ船(喰わせサビキ)も出ていて、各船大入り!

6:30出船し、最初のポイントは港前航程10分程度の近場。この近さはとても魅力的ですね♪

水深は70〜80m前後、60号オモリでスタートです!

今回使用したタックルはこちら↓

ロッド:リーディング73H-190 リール:シーボーグ200J  ライン:メガセンサー12ブレイド1号

IMG_0104

オモリ負荷30〜100号のマルチな1本「リーディング73H-190

LTアマダイでは50号、60号(潮が早いときは80号も)がメインのオモリになってきますので、リーディングシリーズだと

64 MH-190

73 MH-190

73 MH-185 MT

73 H-190

82 H-185 MT

あたりが良いかなと思います。

私は仕掛けのレスポンス良く掛けていける硬めのロッドがアマダイでは好みなので、73H-190を選んでみました。

 

オモリは快適船シンカーSの60号、天秤は快適天秤マルチ Φ1.6-300

マルチというだけあって、アマダイにもばっちりなこの天秤。

仕掛け長が2m超えなので、腕長は30cmのものが手前祭りせずベストだと思います。

IMG_0101

 

餌は船宿支給のオキアミ。

これにアミノエビプリでプリッと引き締めエサ持ちUP!

さらに着色&アミノ酸で寄せ効果もUP!

IMG_0102

 

朝一、船中では早速本命が上がったようで、私達は右トモにいたのですが左舷ミヨシの方で44cmのデカアマが上がったとのこと!

これは期待出来ますね!

すると田渕さんに本命らしき引きが!?

上がってきたのは小型ではありますが本命のアマダイ♪

IMG_0108

 

私にも掛けた瞬間にゴンゴンと強く引き込む本命っぽいアタリが!!

しかしアマダイ特有の「中層での引き」と「船下での引き」がない???

上がってきたのは嬉しいゲストのソコイトヨリでした!

この日はソコイトヨリが船中かなりの数上がったんですよ!!

10-20-4ama

 

その後も田渕さんはコンスタントにアマダイを釣り上げます。

型は小さいながらもアマダイ特有の引きに田渕さんも「やっぱりこの引きが面白いんだよね!」とご満悦!

IMG_0107

 

私にも本命が♪

手持ちで誘ったり、去年とても良かった「置き竿小じゃくり釣法」をしてみたり、思い返すとかなりテクニカルな一日だったかもしれません!

アマダイやソコイトヨリの他にも定番ゲストのアカボラやアカイサキ、オニカサゴ、ガンゾウビラメなど、アタリと引きはたくさん楽しめのもこの釣りの魅力ですね。

今季初だったのでまだ今年の傾向や正解はわかりませんが、また通って今季もアマダイ釣りを楽しみたいと思います。

IMG_0114

 

こちらは二人分の釣果!

田渕さんが8尾、私5尾、まだまだシーズン序盤ということで型は小さいのが揃ってしまいましたが、これから冬のデカアマシーズンに期待ですね!!

坂口丸さん、田渕さん、同船の皆様、楽しい一日をありがとうございました!

IMG_0111

高槻 慧さんの記事
2018.07.18

伊東発アカハタ&カサゴ五目の根魚パラダイス!キャスティングブラクリとは?

3連休7/16(月)は東伊豆の伊東にある達丸さんからアカハタ&カサゴ五目!

前々回前回と今年もう3回目のアカハタ&カサゴ五目、正直ハマってます!

その理由というのが…タイトルにもある通り、「キャスティングブラクリ」の釣り方が浅場の根魚釣りでとても活躍してくれて、その釣趣にハマってしまっているのです。

 

今回はSFA大島くん、やまぴー、浅居くん、井ノ内さん&娘さんの6人で出船!

気心の知れた同世代釣り仲間との久々の釣り、楽しくないわけがない♪

S__6373381

IMG_8978 IMG_8979

 

5:00集合で5時半前には出船、南下し赤沢方面へ向かいます。

このポイントの水深は15〜20mとかなり浅いのですが、連日アカハタ40UPやカサゴ大漁などまさに根魚パラダイス!

ワームやルアーで狙うロックフィッシュスタイルも人気なんですよ!

私達は餌釣りで、「胴突き」と「キャスティングブラクリ」の2つの釣りで楽しみました。

 

■胴突き

根魚五目の一般的な仕掛けと同様、胴突き2本バリ仕掛け、オモリは30号。

自作している胴突き2本バリ仕掛けのレシピはこちら。

全長1.6mの仕掛け:上から5号40cm、5号80cm、4号40cm、枝スとの連結は親子サルカン、枝スは4号30cmのハリはムツバリや根魚バリ16〜18号(替えバリは結びシロ含め40cmで作る)

IMG_8916

とにかく根掛かりとの戦いでもあるので、仕掛け、替えバリ、オモリと予備はたっぷり作って持っていきましょう!

 

タックルは汎用的なライトゲームタックル。

竿は、柔らかいとフッキングが決まりにくかったり根に潜られやすく、硬いとアタリを弾いてしまい違和感を与えてしまうと思うので、7:3調子がちょうど良いかなと思います。

リールは、小型の両軸リールで大丈夫。PEも1号で今のところ問題はないです。

今回はこんなタックルを使ってみました。

ロッド:リーディング73MH-185MT リール:スパルタン MX IC150HL ライン:メガセンサー12ブレイド1号

IMG_8981

 

■キャスティングブラクリ

SFA大島くんが以前から試して好釣果を上げているこの釣り方。

簡単に言ってしまうと「軽いオモリのブラクリ風仕掛けで、スピニングでキャストして広範囲を探り、ゼロテンでしっかり食わせる釣り」と言った感じ。

餌テキサスリグや誘導テンヤとも呼べそうな釣り方ですが、根がかりにくいナツメオモリとネムリバリを使っているところがキモ。

 

仕掛けはシンプルで、ハリス4号20cmに中通しナツメオモリ8〜12号を通し、ビーズやソフトビーズでハリを真っ直ぐにしてあげて、ハリはムツバリや根魚バリ16〜18号。

誘導の長さは長くする必要はなく、キャスト時に絡まない程度に。

このナツメオモリは大島くん自作ペイント、無垢でもいいですが、やはり目立って寄せてなんぼのところもあってこの色付きナツメオモリはかなり良さそう!

エサ取りが多い時は無垢に換えるのが良いかもしれません。

IMG_8984

 

ここにサバやコノシロ、サンマなどの切り身餌を付けて使用します。

替えバリも餌も胴突き仕掛けと共通して使えるのもいいところだなぁと感じます。

IMG_8985

 

現地作りでもいいですが、交換の手間も考えて何個か作っておくといいと思いますよ。

私は湾フグ仕掛けの収納よろしく、こんな感じで収納してみました。

IMG_8915

 

タックルはスピニングタックル。

竿は理想を言うと、

・1.8〜2m→キャスト性能良し

・かなり硬いバット→しっかりとフッキングしたい、根に潜られる前に剥がしたい

・かなり柔らかい穂先→8号と軽いオモリの着底察知、細かいアタリを取ってゼロテンで食い込ませる

・スピニング→8号を遠投するとなると…

というのことで「スピニングの湾フグ竿」なんですが、他にもテンヤ竿でも可能かなと思います。

今のところ極鋭ゲームMC-180AGSがかなりばっちり。

リールは2500〜3000番で、PE1〜1.5号、リーダーは5号を2ヒロは入れておきます。(根は高い所で1m以上、しかもキャストで斜めになるので太いリーダー長めに入れないとすぐに切れます)

ドラグもフッキング時は硬めに、根から剥がしてからのやり取りで緩めるようにします。

IMG_8983

かなり楽しい釣り方なので、根魚の釣りで浅ければ色々なフィールドで試してみたいですね!

例えば東京湾カサゴや日立ムラソイなんかにも効きそう!

 

胴突きもブラクリでも共通しているのは、「ボトムをしっかり感じて根周りを攻める」こと。

砂地のところにはいないので、根を探して良い根だったらしっかり誘ったり止めてアプローチ。

また、アカハタは浮き気味、カサゴは底付近なので、アカハタを狙うなら「ボトムよりちょい上を探る」こと。

そして、「食いの間をしっかり入れる」こと。

餌はアピールのため幅広で長めの切り身餌が方がアタリ数は多いのですが、大きい餌は食い込んでハリが口に入るまで食いの間をしっかり入れないとすっぽ抜けます。

でも、待ち過ぎると…根に潜られてしまうので注意。

 

餌はサバやコノシロやサンマなどの切り身餌がキャスティングブラクリではエサ持ちが良くていいと思います。

胴突きの場合は切り身餌の他、実績が高いのはマイワシやシコイワシやキビナゴなど。

写真はサバ短をアミノソルト激旨で着色。

IMG_8980

 

さて、当日の釣りの方はというと…

35〜37cnの本命アカハタ、尺カサゴ大漁、尺メバルも数匹出て大漁!と言うことなし!

朝一の赤沢方面から、北上してきて川奈の方でもかなり良かったですよ!

初挑戦の浅居くんもこの通り、胴突きとブラクリの両方で楽しんでました!

IMG_9039

 

やまぴーは湾フグ竿のブラクリオンリーで!

湾フグ竿で震えるアタリを取って上がってきたのがこんな良型アカハタなんですから、楽しいに決まってる!

やっぱりベイトだとやや遠投が厳しいかな、ハマっちゃったらしいので次回はスピニングで♪

IMG_9037

 

大島くんはいつも通りブラクリでお見事!!

アカハタ7カサゴ24と大漁♪極鋭ゲームMC-180AGSがいい仕事してくれたとのこと!

この釣り興味ある方は彼にも聞いてみてください^_^

IMG_9038

 

ゆうこさんは娘さんと一緒にアカハタ連発!

ゆうこさんもブラクリの釣りにハマったみたい!?

娘さんは胴突きのイワシ餌で良型を連発してましたよ!

IMG_9040

 

私もブラクリと胴突きで!

カーブフォール中の「コツッ」というアタリの後、ボトムに置いてゼロテンすると…コッ、コン、ゴン、ゴゴン!とどんどん力強くなるアタリに興奮!

フッキングした瞬間に首を強烈に振って抵抗する引きは「これは良型のアカハタに間違いない!」という感じ。

上がってきたのは36cm、この模様と色合、アカハタって美人だなぁ〜♪

IMG_9036

 

根魚三目も達成!!

こんな良型が揃っちゃうんだから、東伊豆の海に感謝です。

IMG_8992

 

達丸さん、渡辺船長、同船の皆様、楽しい一日をありがとうございました!

みなさんもこの釣り方、めっちゃ面白いので是非チャレンジしてみてくださいね♪

高槻 慧さんの記事
2018.07.18

東京湾LTアジ!コマセとバチコンで楽しむ!

3連休7/14(土)は船橋のつり船内木さんからアジ!

知り合いのアジ釣り仕立て企画に参加させていただきました。

 

出船前には内木船長から道具の配置に始まり餌付けやリールの使い方、投入、誘い方、回収や取込みなど細かなレクチャータイム。

船釣りやアジ釣り初体験の方も多かったのでとても参考になります!

IMG_8922

 

この日は真夏日陽気のピーカンベタ凪!

熱中症対策はばっちりとしていきましょう、飲み物は2L以上、スプレーやひんやりシートなど冷却グッズもあるといいですよ。

 

ポイントに着いて釣り開始。

前半はお隣の兄弟(ともやくん、だいきくん)にレクチャー、去年5月半ばにやった時のアジ釣りが楽しかったらしく、今年も楽しみにしていたとか♪

早速レクチャー中に二人ともヒット!

いやーしかし子どもは覚えるのが早いですね、すぐに流れを覚えて一人でもバンバン釣ってました。

先生は教えることなし!

IMG_8930

eef595cbfff1b4b18eab4a98275a7fd4

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さて、中盤からは私も竿を出して釣り開始。

まずはバチコンから!

仕掛けは幹1.75号捨て糸80cm、快適D-ビーズマーキングで枝スを出して枝1.5号40cm、枝スの先にはメバリング用の極小スナップで作ったもの。

ジグヘッドは月下美人 SWライトジグヘッド鏃 SSの0.3g、ワームは月下美人 アジングビームのケイムラクリア2インチ。

オモリは15号でかるくキャスティングしてカーブフォールとゼロテン、聞き上げや誘い下げ、シェイクなど色々やってみます。

 

去年カワハギ用のスピニング竿で硬い印象だったので、今回はティップラン用のスピニング竿で。

これがとても目感度良く、吸い込みアタリやモタレがばっちり出るんです!

最近はバチコン用の竿も出ていますし、他にもショアメバリングやアジング竿、キス竿、短いテンヤ竿、湾フグ竿あたりが良いと思います。

 

シェイクしながらシャクって〜ゆっくり聞き下げていくと…「フッ」と穂先が一瞬軽く抜けるようなアタリが!

アワせてみるとグングンガンガン!っと力強い引き!

天秤やビシを介していない仕掛けなので、アジの引きをダイレクトに感じれるのも魅力ですね。

しっかりと上顎フッキング、バチコンアジング超楽しいです!

IMG_8933

こんな調子でスピニング竿で釣った後は…

試したかったゼロテンマルイカ竿でも挑戦!

極鋭マルイカレッドチューンAGS MCのマルイカゼロテンタックルに持ち替え、仕掛けはそのまま。

こちらもゼロテンの震えるアタリや、宙でのモタレアタリなどまさにマルイカ!?

フッキングするとまたまた良型のアジが上顎センターバッチリで上がってきましたよ!

IMG_8936

 

バチコンを十分楽しんだ後、後半はコマセで。

アンドンビシは40号、今回はこんなライトタックルを使ってみました。

ロッド:リーディング73MH-160  リール:スパルタン MX IC150HL  ライン:メガセンサー12ブレイド1号

IMG_8938

リーディング73MH-160はライトなコマセ釣りの万能選手、アジやイサキには抜群の調子と操作性で、短い竿なので軽く手返しにも優れて大のお気に入りです。

こちらは40号のビシを背負っているところ。

柔軟な穂先で吸い込みも良く、口周りが切れやすいアジの引きもしっかり吸収してくれます。

バットはこれだけ余っているのでコマセの振り感も良し!

IMG_8939

 

テンビンは快適天秤マルチ20cm、仕掛けは一般的な2本バリ自作です。

ボトムから1mで2〜3回コマセを振り、2mまで上げて待っていると…キュンキュンと小気味良い引きが♪

IMG_8943

 

13時の沖上がりまでまったりバッチリ楽しめて大満足!

参加の皆さんもお土産たっぷりで大満足の様子でした。

内木船長、同船の皆様、楽しい1日をありがとうございました!

IMG_8946