田渕 雅生の記事一覧

アングラー:田渕 雅生


BLOG TOP 田渕 雅生の記事一覧
田渕 雅生さんの記事
2017.10.03

秋タチも熱く!楽しく!

IMG_20171001_143150 (640x640)

20170930_065324 (640x360)

朝晩がすっかり冷え込むようになってきた9月30日(日)、横須賀・京急大津港の「いなの丸」さんにタチウオ釣りに伺ってきました!

この日は、グローブライド社員有志での仕立て(ショート船)でタチウオ釣り勉強会でした!

7:15出船! お天気も良く、絶好の釣り日和でした!

20170930_074310 (640x360)

20170930_074356 (640x360)

開始早々から皆さん真剣モード。

船長のご子息の「ヨシ君」が中乗りで乗ってくれて皆に懇切丁寧にレクチャーしてくれたお陰で、タチウオ釣り初挑戦の方々も直ぐにコツを掴んで釣るわ釣るわ!

20170930_091559 (640x360)

20170930_091637 (640x360)

20170930_105142 (640x360)

20170930_082735 (640x360)

20170930_083537 (640x360)

20170930_082347 (640x360)

20170930_075155 (640x360)

20170930_075011 (640x360)

20170930_083548 (640x360)

20170930_074726 (640x360)

20170930_082310 (640x360)

im2_20170930_163349_2616 (360x480)

20170930_124224 (640x360)

im2_20170930_163326_8039

お手伝いに乗ってくれた匠馬君も114cmのドラゴンゲット!

皆、数良し、型良しで大満足!

まだ水深60m~70m辺りでのタチウオ釣り。この水深でこのサイズは堪りません!

いよいよ秋のタチウオ本格シーズンになってきましたね!

いなの丸船長、ヨシ君、匠馬君、お世話になり有難うございました!

 

私が使用したタックルは

ロッド:極鋭タチウオゲームAGS MH-180

錘80号では 極鋭タチウオゲームAGS H-183

リール: シーボーグ200J-L

バッテリー:BM2600

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.06.30

東京湾の夏タチ開幕!

今年も東京湾の夏タチが開幕しました!

IMG_20170628_151253 (640x640)

IMG_20170622_151556_676 (640x640)

ダイワの夏タチと言えば、この人!!!

20170628_095040 (640x360)

そう、ツッキーこと高槻 慧フィールドテスター。

開幕の狼煙をあげるべく、各種釣り媒体さんやダイワ秋船カタログのロケ等でロケ4連発。(ツッキー、本当にご苦労様でした)

内、3回に私も同行してまいりました。(富津・ひらの丸さん、 金沢八景・忠彦丸さん お世話になりました)

20170622_134126 (640x360)

20170628_065726 (640x360)

 

梅雨の真っ只中ゆえ、生憎の雨模様の日が多かったですが、釣果はバッチリ。好活性のタチウオはバンバン釣り上げるし、多少ご機嫌斜めのタチウオもあの手この手で引っ張り出し釣り上げてしまうし、流石のテクニックでロケは全て大成功。

ロケの模様は、7月10日発売の週刊つりニュースさん  7月15日発売号の隔週刊つり情報さん、7月18日OA予定の釣りビジョンさん、 そして秋の新製品満載のダイワ秋船カタログを是非お楽しみに!

20170622_075321 (360x640)

20170622_075400 (640x360)

使用したロッドは今期新発売の極鋭タチウオゲーム

現在、金谷沖で100m~70m位のタナを攻めるにはMH-180AGSが良い感じでした。

バットパワーがあり、真ん中で若干張り感を落とし、穂持ちを少し強めにして柔軟なSMT(スーパーメタルトップ)というバランス。

しっかりとビシッビシッとしゃくれて、柔軟な穂先でオートマチックに掛かってしまう(本アタリが出やすい)感じがします。

錘50~60号ならMH、 30~40号ならMがお勧めです!

20170622_082314 (640x360)

今期、私の「初物」

20170622_100808 (360x640)

強烈な引きが堪りません!

20170628_125247 (360x640)

20170628_125352 (640x360)

今年もいよいよ熱い夏が開幕ですよ!

 

田渕 雅生さんの記事
2017.01.30

相模湾アマダイ釣行記

春の陽気となった1月28日(土)、大磯港の邦丸さんからアマダイ釣りに行ってきました。

o0640085313855435337-2 (640x853)

例年では、そろそろ終盤の時期を迎えるアマダイ釣り。かねてからアマダイ釣り仲間が集まってアマダイ最終戦を仕立てで行おうということで10名でこの日を迎えました。

5人ずつ右舷、左舷に分かれ、私は右舷の真ん中に着座。

邦丸さんはご兄弟で船長をされていますが、今回はお兄さんの清二郎船長の大型船に乗船。片舷5人で余裕綽々でした!

 

前日は、春一番か?と思わせるような強風に見舞われた関東エリアですが、土曜日は朝から晴天!海上も朝一こそ若干波立っていたものの日が昇り始める頃にはどんどん凪いで後半はベタ凪ぎ、気温も上がり春の陽気の中での釣りとなりました。

「凪ぎ倒れ」などと言う慣用句がある船釣りですが、この日は冒頭の写真でお分かりのように、お天気良し!凪ぎ良し!釣果良し!と三拍子揃っちゃいました!!!

定刻の6時30分出船。 航程10分程度のポイントからスタート。 普段、邦丸さんはオモリ80号使用の所謂ノーマル仕様ですが、この日は仲間内の仕立てでしたので、道糸を細くして(PE1号)40~50号のオモリでのライト仕様もOKで銘々自由に楽しみました。

程なく右舷前寄りで本命が上がります。 と、次は艫2番にヒット! 出だしは若干右舷側が有利だったようです。

2流し目、私にもアマダイらしきアタリがきました!

すぐにアワセと同時に竿を起こしていくと、小気味良く首を振るアクションがロッドから伝わってきました。そして穂持ちからバットにかけてズシッとした重量感が伝わります! 「本命アマダイだっ!」と確信。

いきなりのなかなかの良型の引きに、竿をしっかりと立てて巻上げ途中の強烈な引き込みをいなしながら無事タモに収まったのは、40cm超のアマダイでした!

o0640085313855293164 (640x853)

 

この日使用したタックルは、

20170128_123503 (1280x720)

シーボーグ200J-Lメタリアアマダイの組合せ。(写真はオモリ80号で水深60m前後)

このメタリアアマダイ、カタログ表記では7:3調子となっていますが、実際に使用した感じでは8:2寄りの調子に感じました。メタルトップ+AGSガイドの穂先とそれを支える穂持ち部が、海底からの微細なアタリを適確且つ速やかに伝達してくれます。本命アマダイのアタリを捉えるのは当然ですが、餌取り達が絡んでくる様も鮮明に伝わるので、餌が無い状態のままになっていることが少なくなり、その結果釣果アップに繋がります。

20170128_123523 (1280x720)

もう1組は、シーボーグ200J-DH-LにリーディングネライM-200の組み合わせ。(写真は同じくオモリ80号で水深60m前後)

こちらのリーディングネライシリーズは、バットジョイント式のワンピースロッドで、「正調7:3調子」です。この写真では少し見づらいかもしれませんが、真横から見るとワンピースロッドゆえの綺麗な弧を描きます。穂先はセンサーグラストップ+AGSガイドで、先のメタリアアマダイが軽快なコンコンというアタリの出方をするのに対し、こちらはガイドがフッと押さえ込まれるようなアタリの出方をします。違和感なく食い込ませるのに適したロッドです。

海底で砂に潜った様な状態で生息しているアマダイ。捕食に対しては海底付近の餌を吸い込んで餌以外の物は吐き出すという行動で、ヒラメのように大きく飛び上がって餌に食らいつくことはないと言われます。従ってアマダイ釣りにおいては「違和感なく食い込ませる」ということが重要なファクターとなります。

それにはロッドの穂先よりも先に魚とコンタクする天秤が大きな役割を持ちます。

今回は、快適天秤マルチの1.4-250を使用しました。 天秤のアーム部が固定されているタイプですが、アームが硬過ぎずクッション効果があるので違和感を与えにくい=食い込みが良いと考えられます。

因みに「違和感なく食い込ませる」という点ではタチウオ釣りでも同じことが言えると思います。

 

1485589572093 (720x1280)

1485589606806 (720x1280)

海が凪いできて気温も上がりポカポカ陽気になってくると、アマダイも陽気に誘われてか、活性が上がってきました!

o0640085313855303400 (640x853)

同船のメンバーも良型アマダイを手にニッコリ恵比須顔です!

 

o0640085313855482102 (640x853)

13:30の沖上がり。中~良型で17匹釣らせていただきました! 邦丸さん、清二郎船長、お世話になり有難うございました!

 

さて、今期最終戦としての仕立てのアマダイ釣りでしたが、メンバー各位から「これで終わるのは勿体無いね~」との言葉が。。。。。

さしづめ「クライマックスシリーズ」突入といったところでしょうか?(笑)

まだまだ盛り上がりを見せている相模湾アマダイ釣りでした!

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2016.06.16

東京湾LTタチウオ開幕!

今年もいよいよ東京湾のLT(ライト)タチウオが開幕です!!!

東京湾のタチウオ釣りは昨シーズンから好不調の波はあったもののずっと釣れていた感のあるタチウオ。 そもそも秋~冬のターゲットでしたが、浅い水深で釣れだす夏場に軽めの錘を使用し、ライトタックルで狙う「夏タチ」=「LTタチ」が10数年前から大ブレイクし、今か今かと心待ちにしている方も多いはず。

昨日は隔週刊つり情報さんの取材のお手伝いで、金沢八景・小柴港の三喜丸さんにLTタチウオに伺ってきました!

20160615_145821 (640x360)

東京・中野の自宅から車で首都高~湾岸線と走り、幸浦ICで降りて直ぐの小柴港。 所要時間は50分程とアクセスの良さは抜群です。

すぐ隣に八景島シーパラダイスや海の公園等があり、釣りじゃなくても十分に楽しめる魅力的なエリアです。

さて、この日の主役はこちらのお二人。

20160615_080541 (640x360)

 

この最前線ブログでもお馴染みですから横向き&後ろ向きでも誰だか分かりますよね?(笑)

ライトゲーム系、特にテクニカルなターゲットでめきめき実力を付けてきている「ツッキー」こと高槻 慧(さとし)さんと、幅広いターゲットをこなし、船長さん達も驚くほどの上手さを持っている、あべなぎささんのお2人です。

2人ともこのLTタチウオは大好きで大得意のターゲット!!!

昨年もシーズン序盤にダイワ船最前線内タチウオ最前線の動画にご登場いただいてます。

この日も中盤から良い反応と出会え、2人でバンバン釣ってくれていました。

詳しい内容は7月15日発売号の隔週刊つり情報をお楽しみに! 同時に最前線動画もアップ予定です!

 

と、取材の撮影も順調に進んだので、私も2人の邪魔をしないように(笑)竿を出させていただきました。

20160615_080513 (640x360)

20160615_080504 (640x360)

 

使用したタックルは、ロッドが昨年発売になった極鋭ゲームH-185AGS ターゲットシンカー60号のタイプです。

ポイントは水深90m前後。神出鬼没のタチウオ故、船長が「朝は60号錘を使用してください。徐々に反応が上ずってきたら40号にしていきましょう!」とのこと。

同じ極鋭ゲームシリーズのM-175、MH-195とH-185のどれを使うか迷いましたが、水深が深めでもしっかりとメリハリのあるシャクリで仕掛けを動かしやすいH-185を選択しました。

リールはシーボーグ200J-Lを使用しました。

コンパクトボディながらPE2号×300mのスプールキャパは強い味方です!

20160615_080530 (640x360)

仕掛けは、快適船タチウオ仕掛けSS 1/0の針にフロロカーボン6号×2m

 

20160615_101658 (640x360)

20160615_101705 (640x360)

11時頃にはプチ船団が形成され、夏タチらしい光景になりました!

20160615_140929 (640x360)

今週末あたりから乗合船を出される船宿さんも多いようです。

今年もロングランで楽しめるといいですね!!!

 

20160615_145747 (640x360)

Are you ready  ?