田渕 雅生の記事一覧

アングラー:田渕 雅生


BLOG TOP 田渕 雅生の記事一覧
田渕 雅生さんの記事
2018.11.30

大分発豊後水道ドラゴン釣行

d23

北九州釣行2日目、北東強風予報で玄界灘は前日のうちに出船中止決定。

地元の郷原さんの機転で急遽大分からテンヤタチウオ釣りに行くことに!

こちらもまた以前からやってみたかった豊後水道のスーパードラゴンタチウオ釣りです。

急な予約にも快くご対応いただいたのは大分、杵築の納谷港・そうや丸さん。

d24

ロッドは郷原さんに、電動リールは船長にお借りしました。

d26

使用するテンヤは50号。これも郷原さんにお借りしました。(有難うございました)

d22

豊後水道を悠然とクルージング!

d3

朝から指示タナは150m前後。 (深!)

1投目から上手く掛かってくれました!

d17

d18

郷原さんとWヒット!

d21

福田テスター、西野さんもWヒット!!

d20

未来ちゃん、西野さんのWヒット!!

d15

西野さんと私のWヒット!!

d14

今度はトリプルヒット!!!

d9

d13

d16

d12

d7

d4

d6

d8

d11

d10

d2

自己ベスト級のサイズがバンバン釣れてしまうなんて。。。。。

聞きしに勝る凄まじさでした。

d1

そうや丸船長、ご同船の皆様、本当に有難うございました!

また伺います!!!

 

田渕 雅生さんの記事
2018.08.21

大阪湾テンヤタチウオ釣り

20180814_054520

20180814_054539

夏休みの帰省(和歌山)を利用して大阪湾で大流行中のテンヤタチウオ釣りに行ってきました!

しかも2日連チャンで!

伺ったのは、泉佐野の上丸さん!

大型船に特注サイズのダイワロゴのステッカーが映えてます!!!

 

20180814_060316

アクアラインではありませんよ! 関空連絡橋!

20180814_060321

関空の直ぐ横を通り過ぎ一路洲本沖に向かいました!

1534242888076

初日はこんなメンバーでワイワイと!ワイワイと!ワイワイと!(笑)

ダイワの西村さんも帰省を利用して参加!

更に東京からは、ツッキーこと高槻テスターも参加! そして最大のサプライズは北九州から駆けつけてくれたミキティこと郷原さん! (マジでびっくり!!!)

received_569223113496816

received_1110239305794402

20180814_060337

西野さんも、アッコさんも、井戸さんも有難うございます!

 

あれれ?釣りしてる写真がない???

いえいえそんなことはありませんよ!

1534242878672

見よ!このサクサス針の貫通力!!!(笑)

20180814_055034

新色も出ます!

いやいや、ちゃんとタチウオも釣りましたよ!

1534242885163

テンヤでこのサイズを掛けられたら大したもんでしょ!(笑)

向こうから勝手に針掛かりしてきた自虐的タチウオ君でした。。。

1534242874232

今度はまともなサイズ!と思いきや、「短い!!!」

「初日はこの位にしといたろ!」・・・・・(タチウオ談)

FB_IMG_1534243439188

最後まで笑いっぱなしの一日でした!

 

そして翌日

 

received_1873283899646251

二日目はしっかりとテンヤタチウオ釣りを勉強させてもらおうと、朝から村上船長にご教授いただきました!

皆、昨日とは顔付きが違うでしょ!(笑)

20180814_065836

 

FB_IMG_1534372096133

イエーイ!!!

received_219201285413553

イエーイ×2

「やればできるんです!」

と言いたいところですが、掛け損じ、取り込みバラシ等々、教わった尻からできてないことだらけで。。。

それで村上船長と佳代船長に懇切丁寧にご指導いただき、STOP&GOの釣り方が理解できました。

後は実践あるのみ!!!

でもね、船長の教えを直ぐに実践できちゃう人も居るんです!

20180815_100431

ドーン!!!!!  正真正銘の「ドラゴン!」

20180815_100547

若干尻尾の先が切れてますが、それでも余裕の120cmオーバー。

20180815_160716

私もちゃっかり一緒に記念撮影!(笑)

こりゃまた近い内に来なきゃだな!

上丸 村上船長、佳代船長 お世話になり有難うございました!

今後毎年、夏休みの恒例行事にさせていただきます。 どうか乗船拒否なさいませんように!(笑)

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.07.30

タチアジリレー船でワイワイと

20180729_063124

先週末は伊豆方面から遠征釣りを予定していたのですが、台風の影響で早々に中止決定。

東京湾あたりは日曜日は台風一過で天候回復との予報。

ならばと、急遽遠征釣行を予定していたメンバーの一部で金沢八景の一之瀬丸さんからタチアジリレー船に乗船させていただきました!

20180729_063114

10隻もの船を所有されている一之瀬丸さんでは多彩な釣りターゲットを選択できます!(基本的に一部の釣り物を除き前日までに予約が必要です)

京急を利用しての電車釣行でも間に合う出船時間設定も有難いところです。

20180729_063019

20180729_063041

この日も朝から続々とお客さんが来られました。

我々はタチウオとアジのリレー乗合い船に乗船。 13名を乗せて7時に出船。

猿島を過ぎて走水沖まで約30分の航程。

20180729_090626

20180729_113250

先ずはタチウオ釣りから開始です。

ここ2~3日、表層の潮が早いとのことで使用オモリは80号との指示。

しっかりシャクリを入れることが出来るように極鋭タチウオゲームAGSH-183を選択しました。

リールはシーボーグ200J-L

20180729_064150

仕掛けは、快適船タチウオSSライトマルチ2/0でスタート。

天秤は快適天秤マルチとストレートを使用。

 

時化後でタチウオは居るのか??? の心配は直ぐに解消! 1投目からコツ、コツ、コツっとアタリを出した後、グインと引き込む本アタリ!

幸先良く1本ゲット。

でもこの日は上へ上へと早い誘いには、アタリこそあるものの、なかなか針掛かりさせられません。

そこで、シャクリ自体はしっかりと!でもハンドルの巻上げは1/8回転程度でほぼ同じタナでネチネチ誘い続ける誘いがはまり、徐々にペースアップできました。

20180729_114909

11時過ぎまでで34本ゲットできました!

11時半過ぎからはアジ釣りです。

20180729_113906

 

タックルはそのままに船宿でお借りしたビシに80号オモリをセット。

イワシミンチをコマセにアジからの魚信を待ちます。

5回~6回コマセを入替えたところで本命、東京湾の金アジ登場です!

20180729_144019

終了時間までポツポツ釣れ16尾のアジをゲットできました!

タチウオにアジに仲間とワイワイ言いながら楽しい釣行となりました!

また近いうちに伺いたいと思います!

一之瀬丸の皆さん、達也船長、同船の皆さん有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.07.23

ヒートアップ!東京湾夏タチ!

東京湾の夏タチウオ釣りが一気にヒートアップしてきました! まさに「激熱」!!!

7月22日、京急大津の小川丸さんに伺ってきました!

20180722_131706

小川丸さんの常連でもある、釣友の「太ちゃん」こと渡辺太吾さんにご同行いただきました!

20180722_062522

大型船2隻がタチウオで出船です。

釣り座周りや船縁は勿論、キャビン内、トイレに至るまで凄く綺麗に掃除されていてとても気持ち良く乗船させていただきました! 連日35℃を超える猛暑が続くなか、冷房がしっかり効いたキャビン内は本当に快適です。

20180722_071718

7:00出船。

港を出て直ぐ!大津港前から観音崎が今日のポイントです。

船尾に見えるのは横須賀の町並みと猿島です。

1532220549166

三上船長からスタートの合図!

水深は50m強。タナは45m~35mとのこと。45まで仕掛けを落とし、50cm幅程度の「大きめ・強めのシャクリ」で様子見。42mにきたところで「コツンッ」というタチウオからの明確な魚信!リズムを変えずにシャクリ続けていると更に2度の魚信の後にロッドの穂持ち部分をグッと押さえ込むような重量感のある本アタリが!

ロッドを起こすように持ち上げながら同時に電動リールのJOGダイアルをON。

タチウオ特有の全身をくねらせながら下に引き込む強烈な「キックバック」で針掛かりを確信!

開始直後の1投目からタチウオが釣れてきてくれました! しかも良型!

20180722_102909

お隣の太ちゃんもお見事!!!

20180722_071401

20180722_071405

20180722_071433

このところ富津沖の浅場(水深15m以下)でも好調が続いており、この日は電動リールと手巻きリール両方を持ち込みました。が、終日観音崎付近を流したので電動リールだけでやりました。 といっても水深50m前後でオモリも50号~60号ですので、手巻きでも十分やれるポイントです。

使用タックル:

1

リール:シーボーグ200J

ロッド:極鋭タチウオゲームAGS MH-180

2

リール:スパルタンMX IC150L

ロッド:極鋭タチウオゲームAGS M-180

メタリアタチウオゲーム M-175

20180722_064858

20180722_064906

クーラーBOXはタチウオ釣りにはバッチリの35L横長タイプ。プロバイザートランクHD ZSS3500

炎天下でも3日間氷が溶けて無くならない強力な保冷力は夏場には強い見方です!

20180722_125946

途中、シャクリのパターンが合わずにアタリを出せないこともしばしば。

小さめ・ソフトな小シャクリでねちっこく攻めてみたり、シャクリ3回巻取り1回にしてみたり、ハリスにスラックを出すようなシャクリにしてみたり。。。

あの手この手で攻めてみて答えがでた時の快感は何事にも変え難いものです!

私の場合、大概は「たまたま」という偶発的なものだと思いますが、一瞬でも「自分が釣ったんだ!」という「してやったり感」が堪りません。 何年やっても、何十回、何百回やっても「釣りって楽しいな!」とつくづく思える瞬間です!

そんなこんなで一日中コンスタントに釣れ、終わってみれば2人合わせて80匹オーバー。 指5本、1m超サイズも数本混じり、また全て指3本以上のサイズの良型揃いでした!

20180722_125818

35Lクーラーでも入りきらない釣果に恵まれ大満足な釣行となりました! (写真は2人分合計です)

釣って楽しく!食べて美味しい! しかもウロコも無く調理が簡単! 皆さんも今激熱の東京湾タチウオ釣りに行きませんか?

 

小川丸スタッフの皆様、三上船長、そして太ちゃん、楽しい釣りを有難うございました!

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.07.03

浦安から夏タチを求めて!

20180629_061443

20180629_060632

6月28日(金)、浦安の老舗船宿・吉野屋さんから、週刊つりニュースさんのタチウオ取材に同行してきました!

20180629_063351

20180629_063420

当日は南西風が12m以上吹き、東京湾内でも相当な風と波でしたが、吉野屋さんの大型船で無事に観音崎に到着。 若干風裏になるポイントにて釣り開始!

20180629_090931

20180629_113532

本日の主役はこの人! ダイワの高槻テスターです!

20180629_095719

吉野屋さん配給のエサは、若干身を多めに残したコノシロを少し長めにカットしたもの。

昨今のタチウオを看板に掲げられている船宿さんは、エサのこだわりも凄いものがありますね!

本当に有難いです!

オモリは60号と80号を用意していきましたが、この日は終日60号でやれました。

20180629_140444

指2本サイズから指5本サイズまででましたよ! デカサバやアジもゲストに登場!

詳細は7月9日発売の週刊つりニュースを是非ご覧ください!

使用タックルは

① リール:スパルタンMX IC150HL

ロッド:メタリアタチウオゲーム M-175

② リール:シーボーグ200J-L

ロッド:メタリアタチウオゲーム MH-175

水深60m程度でしたから、手巻きリールでも十分やれますね!

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.06.22

東京湾「夏タチ」開幕!

20180621_133802

東京湾のタチウオ釣り!

私が初めてやったのは20数年前。

11月頃にオモリ120号。ヤリイカ竿でやったのを記憶しています。

現在では、1年中タチウオの釣果が上がっており、シーズン性が無くなったように感じがちですが、「冬タチ」と「夏タチ」は「似て非なる釣り方」なんです!

浅場で釣れる「夏タチ」は難しく、深場で釣れる「冬タチ」は簡単と言われる方もいらっしゃいますが、いえいえどうして、どちらもタチウオの機嫌が良い時は簡単に釣れるのに、一度機嫌が悪くなると超が付く程の難敵になります。 一日の中でも機嫌がころころ変わることがあるからまた難しい。。。

でも、そんな「難しさ」がこの釣りの面白さでもあるんですよね!

さて、今回は隔週刊つり情報さんの取材で、シーズン先取りの東京湾夏タチウオをやってきました!

船宿は、金沢八景の弁天屋さん。

当日は、弁天屋さんも「今期のタチウオの試し釣りをやりたいから」とのことで、定休日にも関わらず、仕立てで出船してくれました。

20180621_102322

20180621_102325

演者はこのお2人。

詳細は7月15日発売のつり情報さんをお楽しみに!

またダイワ船最前線で動画もアップする予定ですので、こちらも是非チェックしてみてください!!!

 

20180621_072717

20180621_072708

 

 

20180621_072738

 

20180621_072853

ポイントは、第二海保周り~観音崎台船周り。 水深50m強。タチウオの反応は、底付近から高いところでは25m辺りまで出ていましたよ!

この水深なら船長からの指示オモリは40号。

もう手巻きリールでバッチリです!

早速新製品のスパルタンMX IC150HLを使用しました! ラインはUVFメガセンサー12ブレイドEX+Si 1.5号

高剛性のカウンター付きリールです! ギヤ比6.3、105mmロングパワーハンドルで、ダブルハンドルなのでシャクリのリズムが肝のタチウオ釣りにも非常に使いやすいです!

5本指サイズの良型タチウオのひきも存分に楽しめました!

 

ロッドは、高槻テスター監修のメタリアタチウオゲームM-175とMH-175を使用。

今回は40号オモリでMとMHを使用しました。

同じシャクリ方で、MHは・・・メリハリのきいたシャクリ=エサをしっかり動かす

Mは・・・スイープなシャクリ=エサをソフトに動かす

といったインプレッションです。

ターゲットシンカーで言うと、MHが60号、Mが40号。 今回は使用しませんでしたが、Hが80~100号だと感じました!

 

20180621_131932

20180621_131933

当日は、仕立て船ということもあり、宮澤さんが大阪湾スタイルのテンヤタチウオ釣りの試釣で同船しました。

やはり、テンヤにHITしてくるのは良型ばかり! (上のクーラーの写真はテンヤでの釣果も入ってます)

「冬タチ」では良型が多く、既に昨シーズンもテンヤでの実績はあったのですが、浅場、小型のタチウオをどう攻略するか??? ヒントが見つかりました! 次の機会にそちらの方も試してみたいと思います。

FB_IMG_1529566441662

弁天屋さん、本田和芳船長、お世話になり有難うございました。

今シーズンも宜しくお願いいたします。

 

20180621_140555

帰りに金八家さんで少し遅い昼食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.01.10

年末年始は久里浜沖のドラゴン狙いで!

20171228_150258

先ずは年末、久里浜港のムツ六さんからタチウオ釣り!

冬場の東京湾タチウオがなかなか調子が上向いてこなくてやきもきしていたのは私だけではなかったでしょう!

しかし12月中旬から群れが固まりだした模様。 あちこちで好釣果が聞こえてきました。

20171228_065633

ダイワ・エサタチ倶楽部(?)の面々で出撃しました!

20171228_104414

ポイントの久里浜沖には結構な船団が形成されていました!

水深は150m前後!!!

船長からのタナ指示は140m~120mあたりが中心でしたが、時には80m前後でもアタリがあり、なかなか面白い釣りでした!

・しっかりとシャクってじっくりステイ・・・エサをしっかり動かしてアピールし、じっくり食いの間を作る。(3~5秒程度) 次のシャクリでズドン!!!

・SB200Jの巻上げ速度8~10程度でのずる巻き・・・ただゆっくり巻上げるだけ!(置き竿でOK)

・速度8前後で巻上げながら竿をソフトにシャクる・・・シャクるというよりは揺するといった感じ。

こんなパターンで釣れました!

 

そう、タナさえ分ってしまえば、釣り方自体は結構簡単! この時期はあまり上まで追いかけてこないことが多いのでタナ付近を粘り強く誘っていればズドン!!!

20171228_110535

FB_IMG_1514450955911

FB_IMG_1514450979245

20171228_150258

上がってくるタチウオは良型ばかりで引き味も抜群でした! 3人で約150本でした!

この日の使用タックルは:

ロッド:極鋭タチウオゲームH-183AGS

リール:シーボーグ200J-L

20171228_065541

20171228_065556

20171228_065621

 

さて、年明けにはみっぴのタチウオ取材に同行してきました!

伺ったのは金沢八景の忠彦丸さん。

20180105_072818

20180105_072802

忠彦丸、安田船長の17号船のミヨシ席に乗船させていただきました!

20180105_102203

この日は、タチウオ専用ロッドではなく、極鋭ギアM-205AGSを使用。

水深は何と195m。

穂先の感度良好で205cmゆえに誘いのストロークが取れ、また食い込みも良い竿に感じました。タチウオが掛かれば胴に入ってくるのでバラシも軽減(この日はバラシゼロでした)

20180105_102159

オモリ80号で水深180mからタチウオを巻上げている曲がりです!

 

・しっかりシャクリステイ~フワフワっと5~6回竿を揺すりまたしっかりシャクる。

・速度8前後で巻上げながらフワフワ揺らし。

このパターンで派手な連荘はないもののほぼ空巻上げ無しで釣れました!

20180105_103654

20180105_141857

120cm超のドラゴンも数本混じりましたよ!

冬タチウオにすっかり熱くさせられ、冬の寒さも吹っ飛びました!

まだまだこれからもいけそうですよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.10.03

秋タチも熱く!楽しく!

IMG_20171001_143150 (640x640)

20170930_065324 (640x360)

朝晩がすっかり冷え込むようになってきた9月30日(日)、横須賀・京急大津港の「いなの丸」さんにタチウオ釣りに伺ってきました!

この日は、グローブライド社員有志での仕立て(ショート船)でタチウオ釣り勉強会でした!

7:15出船! お天気も良く、絶好の釣り日和でした!

20170930_074310 (640x360)

20170930_074356 (640x360)

開始早々から皆さん真剣モード。

船長のご子息の「ヨシ君」が中乗りで乗ってくれて皆に懇切丁寧にレクチャーしてくれたお陰で、タチウオ釣り初挑戦の方々も直ぐにコツを掴んで釣るわ釣るわ!

20170930_091559 (640x360)

20170930_091637 (640x360)

20170930_105142 (640x360)

20170930_082735 (640x360)

20170930_083537 (640x360)

20170930_082347 (640x360)

20170930_075155 (640x360)

20170930_075011 (640x360)

20170930_083548 (640x360)

20170930_074726 (640x360)

20170930_082310 (640x360)

im2_20170930_163349_2616 (360x480)

20170930_124224 (640x360)

im2_20170930_163326_8039

お手伝いに乗ってくれた匠馬君も114cmのドラゴンゲット!

皆、数良し、型良しで大満足!

まだ水深60m~70m辺りでのタチウオ釣り。この水深でこのサイズは堪りません!

いよいよ秋のタチウオ本格シーズンになってきましたね!

いなの丸船長、ヨシ君、匠馬君、お世話になり有難うございました!

 

私が使用したタックルは

ロッド:極鋭タチウオゲームAGS MH-180

錘80号では 極鋭タチウオゲームAGS H-183

リール: シーボーグ200J-L

バッテリー:BM2600

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.06.30

東京湾の夏タチ開幕!

今年も東京湾の夏タチが開幕しました!

IMG_20170628_151253 (640x640)

IMG_20170622_151556_676 (640x640)

ダイワの夏タチと言えば、この人!!!

20170628_095040 (640x360)

そう、ツッキーこと高槻 慧フィールドテスター。

開幕の狼煙をあげるべく、各種釣り媒体さんやダイワ秋船カタログのロケ等でロケ4連発。(ツッキー、本当にご苦労様でした)

内、3回に私も同行してまいりました。(富津・ひらの丸さん、 金沢八景・忠彦丸さん お世話になりました)

20170622_134126 (640x360)

20170628_065726 (640x360)

 

梅雨の真っ只中ゆえ、生憎の雨模様の日が多かったですが、釣果はバッチリ。好活性のタチウオはバンバン釣り上げるし、多少ご機嫌斜めのタチウオもあの手この手で引っ張り出し釣り上げてしまうし、流石のテクニックでロケは全て大成功。

ロケの模様は、7月10日発売の週刊つりニュースさん  7月15日発売号の隔週刊つり情報さん、7月18日OA予定の釣りビジョンさん、 そして秋の新製品満載のダイワ秋船カタログを是非お楽しみに!

20170622_075321 (360x640)

20170622_075400 (640x360)

使用したロッドは今期新発売の極鋭タチウオゲーム

現在、金谷沖で100m~70m位のタナを攻めるにはMH-180AGSが良い感じでした。

バットパワーがあり、真ん中で若干張り感を落とし、穂持ちを少し強めにして柔軟なSMT(スーパーメタルトップ)というバランス。

しっかりとビシッビシッとしゃくれて、柔軟な穂先でオートマチックに掛かってしまう(本アタリが出やすい)感じがします。

錘50~60号ならMH、 30~40号ならMがお勧めです!

20170622_082314 (640x360)

今期、私の「初物」

20170622_100808 (360x640)

強烈な引きが堪りません!

20170628_125247 (360x640)

20170628_125352 (640x360)

今年もいよいよ熱い夏が開幕ですよ!

 

田渕 雅生さんの記事
2017.01.30

相模湾アマダイ釣行記

春の陽気となった1月28日(土)、大磯港の邦丸さんからアマダイ釣りに行ってきました。

o0640085313855435337-2 (640x853)

例年では、そろそろ終盤の時期を迎えるアマダイ釣り。かねてからアマダイ釣り仲間が集まってアマダイ最終戦を仕立てで行おうということで10名でこの日を迎えました。

5人ずつ右舷、左舷に分かれ、私は右舷の真ん中に着座。

邦丸さんはご兄弟で船長をされていますが、今回はお兄さんの清二郎船長の大型船に乗船。片舷5人で余裕綽々でした!

 

前日は、春一番か?と思わせるような強風に見舞われた関東エリアですが、土曜日は朝から晴天!海上も朝一こそ若干波立っていたものの日が昇り始める頃にはどんどん凪いで後半はベタ凪ぎ、気温も上がり春の陽気の中での釣りとなりました。

「凪ぎ倒れ」などと言う慣用句がある船釣りですが、この日は冒頭の写真でお分かりのように、お天気良し!凪ぎ良し!釣果良し!と三拍子揃っちゃいました!!!

定刻の6時30分出船。 航程10分程度のポイントからスタート。 普段、邦丸さんはオモリ80号使用の所謂ノーマル仕様ですが、この日は仲間内の仕立てでしたので、道糸を細くして(PE1号)40~50号のオモリでのライト仕様もOKで銘々自由に楽しみました。

程なく右舷前寄りで本命が上がります。 と、次は艫2番にヒット! 出だしは若干右舷側が有利だったようです。

2流し目、私にもアマダイらしきアタリがきました!

すぐにアワセと同時に竿を起こしていくと、小気味良く首を振るアクションがロッドから伝わってきました。そして穂持ちからバットにかけてズシッとした重量感が伝わります! 「本命アマダイだっ!」と確信。

いきなりのなかなかの良型の引きに、竿をしっかりと立てて巻上げ途中の強烈な引き込みをいなしながら無事タモに収まったのは、40cm超のアマダイでした!

o0640085313855293164 (640x853)

 

この日使用したタックルは、

20170128_123503 (1280x720)

シーボーグ200J-Lメタリアアマダイの組合せ。(写真はオモリ80号で水深60m前後)

このメタリアアマダイ、カタログ表記では7:3調子となっていますが、実際に使用した感じでは8:2寄りの調子に感じました。メタルトップ+AGSガイドの穂先とそれを支える穂持ち部が、海底からの微細なアタリを適確且つ速やかに伝達してくれます。本命アマダイのアタリを捉えるのは当然ですが、餌取り達が絡んでくる様も鮮明に伝わるので、餌が無い状態のままになっていることが少なくなり、その結果釣果アップに繋がります。

20170128_123523 (1280x720)

もう1組は、シーボーグ200J-DH-LにリーディングネライM-200の組み合わせ。(写真は同じくオモリ80号で水深60m前後)

こちらのリーディングネライシリーズは、バットジョイント式のワンピースロッドで、「正調7:3調子」です。この写真では少し見づらいかもしれませんが、真横から見るとワンピースロッドゆえの綺麗な弧を描きます。穂先はセンサーグラストップ+AGSガイドで、先のメタリアアマダイが軽快なコンコンというアタリの出方をするのに対し、こちらはガイドがフッと押さえ込まれるようなアタリの出方をします。違和感なく食い込ませるのに適したロッドです。

海底で砂に潜った様な状態で生息しているアマダイ。捕食に対しては海底付近の餌を吸い込んで餌以外の物は吐き出すという行動で、ヒラメのように大きく飛び上がって餌に食らいつくことはないと言われます。従ってアマダイ釣りにおいては「違和感なく食い込ませる」ということが重要なファクターとなります。

それにはロッドの穂先よりも先に魚とコンタクする天秤が大きな役割を持ちます。

今回は、快適天秤マルチの1.4-250を使用しました。 天秤のアーム部が固定されているタイプですが、アームが硬過ぎずクッション効果があるので違和感を与えにくい=食い込みが良いと考えられます。

因みに「違和感なく食い込ませる」という点ではタチウオ釣りでも同じことが言えると思います。

 

1485589572093 (720x1280)

1485589606806 (720x1280)

海が凪いできて気温も上がりポカポカ陽気になってくると、アマダイも陽気に誘われてか、活性が上がってきました!

o0640085313855303400 (640x853)

同船のメンバーも良型アマダイを手にニッコリ恵比須顔です!

 

o0640085313855482102 (640x853)

13:30の沖上がり。中~良型で17匹釣らせていただきました! 邦丸さん、清二郎船長、お世話になり有難うございました!

 

さて、今期最終戦としての仕立てのアマダイ釣りでしたが、メンバー各位から「これで終わるのは勿体無いね~」との言葉が。。。。。

さしづめ「クライマックスシリーズ」突入といったところでしょうか?(笑)

まだまだ盛り上がりを見せている相模湾アマダイ釣りでした!

 

 

 

 

 

 

1 / 212