田渕 雅生の記事一覧

アングラー:田渕 雅生


BLOG TOP 田渕 雅生の記事一覧
田渕 雅生さんの記事
2018.12.18

腰越からアマダイ釣り

A1

ついこの前まで「今年は暖かい日が続くね!」と言っていましたが、やはり師走に入った途端に「冬」らしい機構になってきましたね。

今回は、つり丸さんの取材に同行してきました。

ターゲットは、今期も好調な「アマダイ」です。

船宿は、すっかりご無沙汰しておりました、腰越の多希志丸さんです。

この日のアマダイは大船長が操船してくださいました!

A7

手前の2人がこの日の主役!

今年一番の冷え込みの中、ワイワイガヤガヤと楽しんできました!

A3

6:30出船。

腰越港を出て直ぐに江ノ島が見えます!

A4

そしてすっかり冠雪した富士山の臨みながら、江ノ島と烏帽子岩の中間付近の沖合いのポイントで釣り開始。

先ずは水深70m前後の比較的浅目のポイントから!

急な水温低下か? エサ取りすらも活性低く、すぐさま船長はポイント移動の判断。

少し沖合いに船を進め、水深95m付近で再開。

程なくポツポツと釣れ始めました!

A2

35cm前後のまずまずサイズがきてくれました!

他にも、定番ゲストのアカボラ(ヒメコダイ)、ムシガレイ、ホウボウ、そして今年多いように感じるイトヨリ等が釣れ上がりました。

A6

 

今期もアマダイは絶好調の様子。

寒さなんて何のその! これからもバンバン釣りに行きたいと思います!

使用タックル

リール:SB200J-L

ロッド:剣崎MT60-230

天秤:快適天秤マルチ

錘:快適船シンカー80号

仕掛け:自作 船ハリスEX3号×2m サクサススイベル親子サルカン使用

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.11.30

大分発豊後水道ドラゴン釣行

d23

北九州釣行2日目、北東強風予報で玄界灘は前日のうちに出船中止決定。

地元の郷原さんの機転で急遽大分からテンヤタチウオ釣りに行くことに!

こちらもまた以前からやってみたかった豊後水道のスーパードラゴンタチウオ釣りです。

急な予約にも快くご対応いただいたのは大分、杵築の納谷港・そうや丸さん。

d24

ロッドは郷原さんに、電動リールは船長にお借りしました。

d26

使用するテンヤは50号。これも郷原さんにお借りしました。(有難うございました)

d22

豊後水道を悠然とクルージング!

d3

朝から指示タナは150m前後。 (深!)

1投目から上手く掛かってくれました!

d17

d18

郷原さんとWヒット!

d21

福田テスター、西野さんもWヒット!!

d20

未来ちゃん、西野さんのWヒット!!

d15

西野さんと私のWヒット!!

d14

今度はトリプルヒット!!!

d9

d13

d16

d12

d7

d4

d6

d8

d11

d10

d2

自己ベスト級のサイズがバンバン釣れてしまうなんて。。。。。

聞きしに勝る凄まじさでした。

d1

そうや丸船長、ご同船の皆様、本当に有難うございました!

また伺います!!!

 

田渕 雅生さんの記事
2018.11.30

玄界灘の落とし込み釣り

s17

以前からやってみたいと思っていた、玄界灘の「落とし込み釣り」!

この釣りに精通しているダイワテスターの郷原未来さんと、夏休みに大阪湾のテンヤタチウオ釣りでご一緒した際に秋の釣行を企画! 福田テスター、ダイワヘビーユーザーの西野さんと共に行ってきました!

北九州・芦屋の星龍丸さん。

いつもTHEフィッシングやダイワ船最前線でお世話になっている船宿さんです。

朝6:15集合。 荷物を積み込みいざ出船!

先日世界遺産に登録された沖ノ島が見えるエリアまで走ってきました。初めての玄界灘にワクワクしっぱなしです!

s5

朝の1投目からヒット!!!

先ずは「ヤズ」の連チャン。関東で言うところのイナダ~ワラサです。

落とし込み釣りの丁度良いウォーミングアップになりました!

続いて、3kg超の真鯛。

FB_IMG_1543582136407

 

その次は良型ヒラメ。

FB_IMG_1543582128139

そして、

 

s11

s12

食った瞬間、明らかに他とは違う引きを見せたのはヒラマサ!

s10

先ずは80cm台のサイズから!

s16

s6

福田テスターにもズドン!!!!!

s8

西野さんはハガツオ。

s7

マハタ!

s9

福田さんに真鯛!!

そして

s4

s14

西野さんにもヒラマサがズドン!!!!!

そしてまたまた私に!!!

s1

s2

s3

s13

99cmのヒラマサ! 強烈な引きを堪能させていただきました!!!

 

一見、豪快さが際立つ釣りかと思われがちですが、いざやってみると

・ベイトの種類の見極め・・・イワシ?アジ?

・ベイトのサイズの見極め・・・ベイトのサイズによって底で大型魚がアタックしてきた時のあわせのタイミング  が微妙に変わってきます。 この微妙さがキモなんです!

・底で大型魚のあたりを待つ間、オモリを立てるか寝かせるかの出し入れ。 ゼロテン~マイナス0,1の加減。

・ラインを張り過ぎるとエサ抜かれ、待ちすぎると根掛かりも。

・幹もエダスも16号か18号の仕掛け(エダス15cm)でのドラグ設定。

・・・フルドラグではエダス切れ若しくは口切れ。弱いと根に回られ根擦れ。。。

・底から10m程度浮かせるまではガチンコファイト! 底から離れたらドラグ緩めて丁寧に巻上げて口切れ防止。

・仕掛け(胴付き5~6本針)が長いので、取り込みのタモ入れも慎重に。

まだまだ色々あると思います。

また勉強しに行かなくては!

s15

星龍丸 東一義船長、奥様、ご同船いただきましたTRIP・小濱船長、ご一緒させていただいた皆様、本当にお世話になり有難うございました。

 

田渕 雅生さんの記事
2018.11.22

終了間際にドラマが!

Z2

西伊豆土肥港のとび島丸さんから日帰り銭洲遠征に行ってきました!

1:00集合 1:30出船。 快適なキャビンで快眠。

そして朝目覚めると

Z6

Z5

Z4

銭洲です!

遠くに神津島が見えます。

今日は新島や利島もかすかに見えました!

先ずは泳がせ釣りのエサとなるムロアジ釣り。

11月も中旬になってくると、このムロアジ釣りがかなりの難易度となってきます。

幸先良くムロアジをゲットされた方は、直ぐに泳がせ釣りをスタートさせ、カンパチをヒットさせます!

私はある程度ムロアジを釣り溜めてから泳がせ釣りを始める作戦ですが、早々に本命・カンパチが船中に取り込まれると内心焦ります。。。

私も何とかムロアジを確保できたところで泳がせ釣りスタート!

Z7

使用タックル:

リール:シーボーグ800MJ

ライン:UVFメガセンサー12ブレイドEX 10号

ロッド:マッドバイパー ファング

船中ポツポツとカンパチが上がります! テンション上がりますよね~!

ところが、なかなか私にはあたってくれません。 何度もムロアジが暴れて「来るか???」と息を呑んで構えますが私のムロアジを咥えてくれません。。。

以前は焦れば焦るほど、エサ付けを急ぐあまり雑な付け方になって着底までにエサが外れてしまったり、あたってもエサだけ抜かれたり、はたまた貴重なあたりを早あわせしてしまったりということもありましたが、今回は、

*基本に忠実に!!!

・エサ付けは迅速かつ丁寧に!

・ハリスは太め!(ナイロン60号) 針は大きめ!(スーパークエ30号)

・船長の合図と同時に素早く投入!

・ムロアジが上に逃げるように暴れればカンパチは下に居る! 下に逃げれば上に居る!

・早あわせは禁物!!!

等々、これまでに教わったことをしっかり守り、

「根気良く」、「粘り強く」、そして「最後まで諦めず」頑張っていると、終了間際にズドン!!!

Z1

破顔一笑!!!

価値ある1本!究極の1本!がきてくれました!!!

後検10kg超! 丸々と太ったグッド・コンディションのカンパチでした!

Z3

内寸85cmのトランクマスターからもはみ出すサイズに大満足!

銭洲はまだまだ「熱い!!!」です!

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.11.22

東京湾カワハギバトル(TKB)Vol.7

TKB11

TKB5

今年も東京湾カワハギバトルが開催されました!

私は東大井のいわたさんにスタッフとして乗船してきました。

 

TKB12

TKB6

TKB2

TKB1

TKB5

8:30。湾奥の各船宿から参加選手を乗せた船が続々と竹岡沖に集結。

まさに壮観です!

海上で集合写真を撮影したら競技スタート!!!

各船、一斉に船長取って置きの(?)ポイント目指して船を走らせます!

TKB9

 

 

 

 

 

 

TKB10

いわたさんにご乗船の皆様も真剣モード!

TKB7

ほどなく釣れた船中第1号はこのお方!

TKB8

TKB19

TKB17

TKB18

TKB16

TKB14

TKB15

大小交じりでポツリポツリと釣れあがる状況。

カワハギ3枚の全長を競うのですが、なかなかリミットメイクが難しい状況でした。

TKB13

途中、船長の合図で早掛賞を3回開催。

お見事です!

TKB24

終了間際には特大の32cmも飛び出しました!!!

さて結果や如何に?

TKB21

表彰会場である平和島・まる八さんの桟橋に参加全船集合。

先ずはいわたさんにご乗船の皆さんで記念撮影。

TKB20

・船上での早掛け賞

・船別の上位3名表彰

・総合個人賞

・チーム賞(各船の上位50%の平均)

・ダイワ60周年を記念して60th賞

と、今年も盛り沢山の大会となりました!

TKB22

受賞された方々の笑顔がとても印象的でした。

また来年も是非ご参加くださいね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.11.12

207名の女性カワハギフリークが集結

J9

J5

11月11日、第6回つりジェンヌカワハギフェスタが三崎港・うらりで開催されました!

年々参加者が増え、今年は205名の応募があり、当日は203名が参加!

つりジェンヌ・アンバサダーとオブザーバーのゲスト4名を加え、総勢207名の女性でカワハギイベントを開催されました。

私はスクール船(全3船)での講師役でお手伝いしてきました。

ご協力いただいた船宿さんは、松輪港を中心に10船。

成銀丸×2船、瀬戸丸、一義丸、棒面丸、大松丸、伝五郎丸、新徳丸、喜平治丸、翔太丸(敬称略)

どの船長さんも特に女性に優しい方々ばかり! 毎年一生懸命皆さんに釣らせようと頑張っていただいてます!

さて、結果や如何に???

カワハギ3尾の重量勝負のルールですが、勝負というよりは、カワハギ釣りを楽しんでいただくのが本来の目的。

釣果はなかなか期待通りにいかない方が多く居られたようですが、小春日和で絶好の「釣り日和」の中、皆さん楽しんでいらっしゃったようです。

J8

J6

会場にはレディース向けのフィッシングウエアの展示もあり、華やいだ会場でした!

こんなイベントがもっともっと増えると良いですね!!!

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.11.08

新島沖・「深海の舞姫」乱舞!

水深400mから釣れ上がってくるキンメダイ。

メガパワーを搭載した電動リールがグイグイ巻上げてくる!

上がってきた仕掛けを手繰り始めると、吸い込まれそうになるほど濃い紺色の海中から背中の朱色と腹側の銀白色がクルクル回りながら次第にその姿が大きくなってくる。

羽衣を纏った天女が優雅に舞っているようにも見えるその様から、誰が名付けたかは知らないが「深海の舞姫」と称されるキンメダイ。 そう、「ダンス」ではなく「舞い」という表現が合うと感じるのは私だけではないと思う。

何れにせよこれを観られるのは釣り人の特権と言えよう。

番1

今回は、伊豆・下田の須崎港、番匠高宮丸さんから新島キンメ釣行に伺った。

午前4:10集合。 4:30過ぎに出船。一路新島沖のポイントへ。

番10

番11

番12

5:30にポイント到着。 この時期の遊漁船の投入開始時刻は5:40。

投入の合図を待つ間に東の海から明るくなって幻想的な光景が。

1投、2投とキンメのご機嫌斜めの様子。

船長はすかさずポイント移動を決断。これが大正解!!!

番6

3投目は7点掛け。

番7

4投目は9点掛け。

少し小振りなキンメも混じるが、このエリアのキンメは小型でも肉厚で脂乗りも抜群です。

そして5投目には着底と同時に、いや着底前から魚信があり、

番8

番9

番5

ずっしりとした重量感が画像からも伝わるでしょう!

我が愛竿のマッドバイパー深海M-200 キンメスペシャルが大きな弧を描きました!

 

番4

5投目には何と12点掛け。

皆さんお土産十分になったところで、メガキンメが狙えるポイントへ。

400m前後からの掛け上がり。 この掛け上がり方が半端じゃない。。。

海底にクリフハンガーばりの断崖絶壁があるようなイメージです。

キンメの魚信が来たら多点掛けを狙うためラインを送り出したい。でもこのポイントではラインをだしたら100%と言っても良いくらい根掛かりします。

魚信があったところでラインを張って待っているだけでも根掛かりします。それも時には仕掛けの上部から。。。

多点掛けしたいという「欲」と根掛かりの「恐怖」。

パーフェクトに針掛かりしたかも!!!という「歓喜」も数秒後には無機質で恐ろしいほどのラインテンションに代わり、時には仕掛けの上部から切れ、上の写真の様に曲がりこんでいた竿先がフッと何事も無かったのように伸びて大人しくなる「落胆」。。。

しかし、「虎穴にいらずんば虎児を得ず」。「崖(壁)が怖くてキンメ釣りができるか!」と意気込んでみてはいつも落胆する私。。。

今回は、

番3

「欲」と「恐怖」の狭間で「ほどほどに」という「天の声」。 上手くいきました。

番2

釣れ上がって直ぐは腹部が銀白色ですが、船上に上げて暫くすると魚体が真っ赤に変色してきます!

そして目が金色に輝くんです!

「たかが釣り」と言うなかれ。 「釣りの楽しさ」はここまでお読みいただければご理解いただけるかと思いますが、「食の楽しさ」においても「釣り人の特権」を満喫できること請け合いです。

皆さんも是非チャレンジしてみては如何ですか?

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.10.29

ゆるハギのつもりが熱くさせられ。。。

釣友にお誘いいただき、伊東のよしゆき丸さんのカワハギ仕立てに同船させていただきました!

よしゆき2

船長、ご無沙汰しておりました。 約5年振りに伺いました。

よしゆき7

よしゆき8

6時出船。伊東の街を海上から臨みながら川奈方面に南下。航程約20分でポイント到着です。

よしゆき6

よしゆき5

出船前に船長から、

①「このところバラシが多い」

②「ワイドフック系の針よりスピード系が良い」

③「デカハギばかりなので軸の太いパワー系が良い」

④「宙より弛ませが有利な傾向」

とアドバイスをいただき、選択した針はパワースピード7.5号とパワーフック5.0号

タックルは、オールマイティな釣り方に対応しやすい極鋭カワハギEX ZERO とエアドRT。

水深25m前後のポイントで釣り開始!

朝一の1投目、着底直後からカワハギが仕掛けの周りにまとわりついてくるのが分ります!!!

3~4回竿を上下させて一瞬止めて利きあげると、いきなり「ゴッゴッゴッ!」と鈍重な衝撃がロッドから手元に伝わってきました。

よしゆき4

針掛かりした直後の首振り~身体全体を使って針を外そうと全力で平打ち。竿がビビビビビッと叩かれるのは、この平打ちしている時ですね。

そして頭を上に上げると、それまでの必死の抵抗が嘘のように大人しくなります。こうなれば本命カワハギだと確信が持てますね!

サバフグやウマヅラだとずっと暴れっぱなしなんです。

大人しくなったら一気に高速で巻上げた方がかえってバレ難いです。 テンションを緩めると、また頭を下げ必死の抵抗をするからです。 カワハギが水面まできたら巻上げ速度を落とさず、一気に抜き上げます。

大型カワハギをバラす殆どが水面でです。 余程の小針、細ハリスを使わない限り、タモ入れを待っているより、カワハギが暴れる前に一気に抜きあげたほうが獲れる確立が高いですよ。

さて、朝の「モーニング・サービス」では、ちょい宙でバリバリあたってきましたが、それも僅か30分足らずで終了。

その後は「待ちの誘い???」的な釣法でした。

どういうことかと言うと、仕掛け着底後、フワフワっと誘いを入れ、その後マイナス1~2程度のテンションに抜重し、あたりを待つ。10秒前後待ってあたらなければ一旦底を切りやり直し。

よしゆき1

コッコッ!と明らかなカワハギのあたりにいつものタイミングで利き上げると、首を振るとこまではしっかりと重量感も感じながら手応えがあるのですが、竿先が一番上にいったところでフッと。。。。。。。ここでバレるかぁ~???って感じです。

仕掛けを弛ませた状態でしっかりとした本あたりの手応えを感じるまで待たないときちんと針掛かりさせられませんでした。。。

ならばと吸い込みやすい小針に変えてみると、今度はカワハギの口に吸い込まれた感覚が手元に伝わってくるもののそのまま吐き出されてしまいフッキングしない。。。 アサリも付いたまま。。。相手がデカイ証拠ですね。

また大きめの針に戻すと、次第にフッキング率が上がってきました。

よしゆき3

12時ジャストの沖上がりまでこまめに流し替えてくれる度にポツポツと釣れました。

特大こそ居ない(私には釣れなかっただけです)ものの、平均して良型揃いで29枚の釣果でした。

朝の船長のアドバイスのお陰です!

よしゆき丸船長、お世話になりました!

 

田渕 雅生さんの記事
2018.10.26

カンパチ!価値ある1本を求めて!

 

ぜに5

 

こんなスーパーファイトが日帰り釣行で楽しめるんです!!!

相模湾のキハダも盛り上がってますが、極力ドラグを出さない「泳がせ釣り」はまさにガチンコファイト!

と書くと、頑強な体格の方々にしかできない「パワーゲーム」と思われがちですが、パワーのある電動リールを用いれば、華奢な人でもその「パワーゲーム」を制することができるんです!

今回は、シーボーグ800MJとマッドバイパー ファングを携え、西伊豆・土肥のとび島丸さんから銭洲遠征に行ってきました!

土肥港までは、東名沼津ICから伊豆縦貫道を経由して約1時間。 都内の我家から2時間半弱で到着します。

ぜに20

ぜに19

午前1時に集合。荷物を積み込み、釣座にロッドホルダーをセットしたら、キャビン内のベッドで就寝。

とび島丸さんは、安全第一。特に夜間航行はゆっくり走るため、少し集合時間は早いですが、その分しっかり睡眠をとることができます。 キャビン内はとても清潔で快適な船旅(笑)をすることができます。

1時半過ぎに河岸払い。

船長が船の設備、装備、注意事項等船内放送で案内してくれている内にうとうと。。。。。。

数時間後、素敵なBGMで起されるとそこには都会の喧騒からかけ離れた別世界が!

ぜに11

ぜに10

360度水平線に囲まれた中に神々しく且つ圧倒的な存在感を示す岩礁帯。

この周りが「銭洲」と呼ばれる超1級ポイントです。

ぜに23

「嵐の前の静けさ」???  臨戦体勢バッチリです!

 

先ずは、お隣の石塚テスターに「ズドンッッッ」

魚の突っ込みが半端ないって。

ぜに9

ナイスサイズのカンパチです!

お次は私。。。

ぜに5

ぜに3

「余裕だぜっ!」という姿を装っていますが、実は必死。

投入は丁寧かつ速やかに! あたりを待つ間~本あたりまでは繊細に!(呼吸するのも忘れるくらい集中して) そしてあわせは豪快に! 相手が底を離れるまでは強引に! 頭を上に向けてからは口切れしないように優しく!

取り込みは慎重に!

「剛の釣り」のイメージをお持ちの方が多いと思いますが、実は色んなファクターがある面白い釣りなんですよ!

ぜに14

1本目はツムブリでした!

ぜに4

ぜに6

艫ではS藤さんがナイスサイズのカンパチをゲット!

 

 

そして再び私にも!!!!! 「ズドンッッッッッ」

ぜに2

ぜに18

トルクのある引きで楽しませてくれたのはでっぷりと太ったカンパチでした!

ぜに22

 

 

 

ぜに13

3人で記念撮影! 破顔一笑とはまさにこのこと。でも私は既に腕がプルプルしていて。。。。。(笑)

この日も「価値ある1本と出会うことができました!」

緊張と緩和。 集中と解放。

頭の中を空っぽにして、子供のように魚を追い求める。 私にとっては「究極の楽しさ」と言っても過言ではありません。

夢のような楽しい時間はあっという間に過ぎ、午後1時、ストップフィッシング。

温水シャワーを浴びて、帰路もベッドで快眠。

午後5時過ぎに帰港。

今回も愉快な仲間達と楽しい時間を過ごすことができました。

とび島丸・鈴木忠文船長、三代目、裕己さん、スタッフの皆さん、今回もお世話になり有難うございました!

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.10.26

南房アカムツ釣行

20170613_045135

つり情報さん(11月15日発売号)の取材で、南房・江見の渡辺丸さんからアカムツ釣りに行ってきました!

アカムツ7

アカムツ6

 

ピンボケしてしまいましたが、この日は、新発売の剣崎MT120-200、100-200、100-230を使用しました!

リールはシーボーグ300MJ JOGダイヤルがアルミに代わり、操作性が向上しています。

ラインはUVFメガセンサー12ブレイド+Si 3号×400m。

錘200号、水深300m近い水深の釣りも、いまやPE3号でできるようになりました。

アカムツ4

開始間もなく本命が顔を出してくれました!

南房にしては少し小振りですが、パンパンに太った魚体は見るからに美味しそうでしょう!!!

まさに「釣って楽しく!食べて美味しい!」の代表格の魚です!

アカムツ5

そして、この日2本目は、何とか「何房サイズ」と呼べる1kgアップ!

この日は、上潮が速く、底潮が流れないような状況で、アカムツも活性低く、底から動かない感じでした。

そこで、錘着底後、底だち取り直し~中錘をフワフワ揺さぶり~ゆっくり弛ませ~ゆっくり利き上げ~底だち取り直し を繰り返しました。

ゆっくりとしたエサの動きに反応が良かったようです。

中盤は中だるみでしたが、終盤にまた船中ポツポツとあたり、

アカムツ3

4匹のアカムツと出会うことができましたよ!

嬉しいゲスト魚はクロムツ、ユメカサゴ、他にメダイやサバ。 アラが釣れることもあるようです。

これから益々脂が乗って美味しくなるアカムツ! 皆さんも是非チャレンジしてみては如何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 1112345...10...最後 »