田渕 雅生の記事一覧

アングラー:田渕 雅生


BLOG TOP 田渕 雅生の記事一覧
田渕 雅生さんの記事
2017.07.26

BIG MONSTERSでメガトロキンメ釣行!

20170723_135137 (640x360)

7月23日、東伊豆・稲取港の山吉丸さんからキンメ釣りに出掛けてきました!

稲取港から出船するキンメ釣りは、通称「新島キンメ」と呼ばれるブランドキンメをターゲットとすることが多く、6月~8月頃のかけては2kg超、時には3kgオーバーの特大キンメ(メガキンメ、ギガキンメ)が狙える時期です。

2kg級のキンメのアタリは、アコウを彷彿させるような派手なアタリで、追い食いに成功すると竿の根元から曲がる重量感が堪りません。

このエリアのキンメは「深海イワシ」(ハダカイワシ)と呼ばれる小魚を捕食しており、脂の乗りが最高で、全身が「白身のトロ」とも言え食味抜群!

まさに「釣って楽しく、食べてバカ美味!」です。

このメガ、ギガトロキンメを釣り上げることを想像しながら日夜仕掛け作りに勤しみます。

20170722_130248 (640x360)

20170624_141853 (640x360)

通常は1釣行で8回投入します。

20170723_072500 (640x360)

20170723_072508 (640x360)

午前2:20稲取港に集合し、2:45頃出船。 4:00頃には新島と利島を臨むポイント到着です。(当日の釣り開始時間は4:20~でした)

上の写真左から利島、ウド根、新島。 下の写真左から新島、式根島、神津島。

ピーカン、べた凪、風そよそよで絶景。快適釣行です。

20170723_050412 (640x360)

今回のメンバーは、石塚テスターを始め深場釣り大好きな面々。

received_1112048802229511 (360x640)

前から4人。「BIG MONSTER」シーボーグ1200MJ×マッドバイパー深海が並びました!

針数20本仕掛けのリアル深場釣りがこんな小型でスタイリッシュなタックルで出来るようになりました!

20170723_050510 (640x360)

さて期待の第1投は「石廊アワセ」の浅場(240m)からスタート。

20170723_050458 (640x360)

下の方の針に1匹。 艫寄りのメンバーが3点掛け。

2投目は空振りで、少し潮が流れ始めるまでクルージング(笑) 上の島の写真はこの時に撮影しました。

そして8時半頃に第3投。が、空振り。でもここで船長が何かを掴んだようで、4投目は

20170723_092150 (640x360)

DSC_4861 (640x480)

 

2kg級含む6点掛けができました。

そして続く5投目は、

20170723_100254 (640x360)

received_1112048832229508 (360x640)

7点掛け達成!

上から撮ってもらったので小さく見えますが、2kg級が2匹混じっていましたよ!

他のメンバーもこの2投はバリバリです!!!

 

20170723_111226 (640x360)

20歳台前半の若手S木君!

 

20170723_111111 (640x360)

30歳台の石塚テスター。

1500791310676 (360x640)

40歳台半ばのSさん。 2.4kg頭に2kg超3点掛けお見事!!!

 

received_1112048825562842 (360x640)

アラウンド50歳のGRKさん。良い笑顔ですね!

1500791343782 (360x640)

極めつけは、同じくアラフィフのMさんの9点掛け(実質10点掛け)! 凄い!の一言です!

20170723_134601 (640x360)

6~8投はポツポツといった展開で終了しましたが、皆さん十分なお土産が出来ました!!!

DSC_4871 (640x480)

石塚テスターもこの通り!!!

潮次第でまだまだメガ、ギガトロキンメが狙えます!

早速次回釣行に向けて仕掛け作りに勤しみます!

皆さんも一度チャレンジしてみては如何ですか?

使用タックル

リール:シーボーグ1200MJ

ロッド:マッドバイパー深海M-200(キンメスペシャル)

ライン:UVFメガセンサー8ブレイド10号×900m

バッテリー:SL11000WP

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.07.19

海の日、夏満喫!銭洲遠征

zenisu

海の日の7月17日、西伊豆の土肥港・とび島丸さんから銭洲遠征に行ってきました!

20170717_010409 (640x360)

20170717_010517 (640x360)

銭洲でもイナンパでも快適に航行できる大型船。

0:30集合。1:30出船です。 出船前に鈴木忠文船長より、船の装備、設備、緊急時の対応、備蓄飲食糧等の説明や乗船中の注意事項等詳しく分りやすくご説明いただきました。

安心・安全に対する心掛けが素晴らしいと感じました。

20170717_011739 (640x360)

20170717_013717 (640x360)

船室内には室内着に着替えて入ります。 生臭さ、潮臭さなど微塵もない清潔さ! エアコンも乗船前から効かせてくれていて快適そのもの。 ベッドには就寝時用のライフジャケットが用意されています。

1:30に出船。ゆっくりと船を走らせ4時間程で銭洲に到着。

泳がせ釣りは7:00からと協定で決められており、6:00頃からエサとなるムロアジ釣り開始!

20170717_104135 (640x360)

20170717_063938 (640x360)

20170717_074647 (640x360)

とび島丸さんからはもう1船。他船も数隻銭洲に集結していました!

20170717_090421 (640x360)

この時期のムロアジは小振りのチビムロ。 タナは0m(笑)。

通常は片天秤にFL60号ビシに吹流しのムロ用サビキを装着し、先端に2号程度のシンカーを付けます。

が、船長からの指示は「天秤とビシ外してPEラインからサビキ直付けで!」サビキ上部のサルカンが水面にくるようにして、アミコマセを指で一掴みして投げ入れるとチビムロが面白いように掛かってくる。

はい、リールは要りませんでした(笑)

チビムロを取り込んでる間にもコマセをチョロっと巻いてムロを寄せておきます(←これが結構難しかった)

1時間で結構な数のチビムロが釣れ、7時からいよいよ泳がせ釣り開始!

20170717_072404 (640x360)

20170717_072351 (640x360)

20170717_072348 (640x360)

今回泳がせに使用したタックルは

リール:SB800MJ

ロッド:ゴウインブル GS H-185

PEライン:メガセンサー8ブレイド10号×500m

 

 

20170717_074709 (640x360)

1投目にミヨシの仲間がカンパチを釣り上げますが、なかなか後が続きません。

反応は出ているようなのですがなかなかエサをくわえ込んでくれません。

限られた時間の中、泳がせもやりながらコマセの五目釣りも!

20170717_090409 (640x360)

鮮やかな黄色が綺麗な「ウメイロ」が入れ食い! あっという間にクーラーボックスの中が真黄色になりました!

20170717_132948 (640x360)

更にシマアジ、大イサキも!

received_1933012570278515 (480x640)

カンパチも小振りながら何とか2本ゲット。

IMG_20170717_171454 (640x640)

何だかんだとお土産十分。

「夏満喫!」できました!!!

とび島丸の皆様、同船の皆様楽しい釣りを有難うございました!

また近いうちに伺います!!!

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.07.03

深海ワールド~メガトロキンメ狙い

IMG_20170503_145431_111 (640x640)

新島~利島エリアのキンメ釣りで人気の下田須崎港の番匠高宮丸さんに石塚テスター含み仲間4人で行ってきました。

例年この時期は、のっこみの大型キンメが狙えるということで結構マニアが集う時期なのです!

20170624_141853 (640x360)

私も日夜時間のあるときにコツコツと仕掛け作りに勤しんできました。

300m超、時には500m近い水深を攻める深海釣り。仕掛けを作りながらイマジネーションを膨らませ、思わず顔がニヤついてしまうのは私だけではないでしょう。

20170627_091154 (640x360)

当日は夜中の2:50港に集合。 我々4名を含む7名の準備が整ったところで出船!

キャビン内で暫し仮眠をとっていると1時間半程でポイント到着。

左から、利島~ウド根~新島~式根~神津とうっすらと見えてきました。

20170627_091207 (640x360)

海上はベタ凪ぎ。

20170627_054316 (640x360)

20170627_054320 (640x360)

タックルは

リール:SB1200MJ

ロッド:マッドバイパー深海M-200キンメスペシャル

ライン:メガセンサー8ブレイド 10号×900m

バッテリー:SL11000WP

20170627_054326 (640x360)

胴の間にSB1200MJ×マッドバイパー深海のタックルセットが3人並びました!

20170627_055044 (640x360)

2投目に3点掛けがあった後、4投目にキンメらしい上品な(?)アタリ!!!

アコウのアタリを言葉で表現するならゴンッゴゴゴンッ!  対してキンメはグンッグググンッ!

言葉ではなかなか上手く表現できませんね~。。。

糸を送り込んでしっかり追い食い狙いをして、船長の合図で巻上げ開始。

マッドバイパーM-200が写真の通りのしなりを見せます!(ワクワク)

20170627_063820 (640x360)

上がってきたのは良型含む5尾。 上がって直ぐはまだ魚体が銀色に輝いているんですよ!

20170627_090925 (640x360)

暫くすると何とも言えない綺麗な朱色に変わります。

見るからに美味しそう!!!

 

この日は、石塚テスターが釣り上げた2.35kgのキンメが最大でしたが、昨年は私も2.7kgを釣り上げました。(下の写真)

今期も既に3kgオーバーが上がっていてメガキンメ=トロキンメを狙うハンター達が足繁く通っています。

私もまだまだ行きますよ~!!!

 

 

 

 

 

IMG_20160620_144925 (640x640)

1466402928487 (640x360)

(この2枚は昨年の写真です)

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.07.03

銚子沖の肉厚ヒラメ

20170629_073537 (640x360)

バケツから尻尾がはみ出すヒラメ! 1.5kg級。 所謂「大板」じゃないけど、釣り頃、食べ頃サイズです!

今回は千葉県銚子の外川港・孝進丸さんからヒラメ釣りに出かけてきました!

20170629_131638 (640x360)

20170629_131706 (640x360)

今回は、ダイワフィールドテスターの北本さんと晴山由梨さんの隔週刊つり丸さんの取材に同行させていただきました。

平日にも関わらず片舷6名ずつの12名ご乗船。別船も出る盛況振りです!

20170629_052714 (640x360)

20170629_052653 (640x360)

4時集合、4時半出船。

外川港から真沖に45分程船を走らせ、水深35m前後からスタート。

当日のヒラメは寝坊だったのか、静かなスタートでしたが、お陽さまが顔を出してくると船中ポツポツとアタリだしました!

20170629_060156 (640x360)

20170629_060210 (640x360)

取材も順調に進みました!

晴山さん素敵なショットは7月15日発売のつり丸をお楽しみに!

20170629_043152 (640x360)

20170629_085119 (640x360)

私も途中から竿を出してみました。

ロッドは極鋭ギアMH-270

リールはSB200J-L

ラインはメガセンサー12ブレイド2号×300m

バッテリーはBM2600

 

写真は60号錘を付けた状態です。

9:1調子に見える張りがありますが、穂先のSMTがしなやかで柔らかいため感度良く、ヒラメの食い込みも良かったです。 魚が掛かると7:3~6:4気味に胴に入り込んでいき、バット部にパワーがあるので、竿を起こした状態でやりとりするとスムースに魚を寄せてきてくれる優れた調子です。

アタリを待っている間は270cmのメリットで周りの竿より仕掛けを前に出せるので、横流し時等の時は大いに活躍してくれそうです。

この日も胴の間の席でしたが良くアタリました!

20170629_124554 (640x360)

終盤は港近くに戻り、こちらでもポツポツアタリがあり、船中全員本命ゲット。トップ8枚でした。

20170629_124803 (640x360)

銚子のヒラメは夏でも肉厚で美味い!と定評があります!

好調なヒラメ釣りに皆さんも行かれてみては如何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.06.30

東京湾の夏タチ開幕!

今年も東京湾の夏タチが開幕しました!

IMG_20170628_151253 (640x640)

IMG_20170622_151556_676 (640x640)

ダイワの夏タチと言えば、この人!!!

20170628_095040 (640x360)

そう、ツッキーこと高槻 慧フィールドテスター。

開幕の狼煙をあげるべく、各種釣り媒体さんやダイワ秋船カタログのロケ等でロケ4連発。(ツッキー、本当にご苦労様でした)

内、3回に私も同行してまいりました。(富津・ひらの丸さん、 金沢八景・忠彦丸さん お世話になりました)

20170622_134126 (640x360)

20170628_065726 (640x360)

 

梅雨の真っ只中ゆえ、生憎の雨模様の日が多かったですが、釣果はバッチリ。好活性のタチウオはバンバン釣り上げるし、多少ご機嫌斜めのタチウオもあの手この手で引っ張り出し釣り上げてしまうし、流石のテクニックでロケは全て大成功。

ロケの模様は、7月10日発売の週刊つりニュースさん  7月15日発売号の隔週刊つり情報さん、7月18日OA予定の釣りビジョンさん、 そして秋の新製品満載のダイワ秋船カタログを是非お楽しみに!

20170622_075321 (360x640)

20170622_075400 (640x360)

使用したロッドは今期新発売の極鋭タチウオゲーム

現在、金谷沖で100m~70m位のタナを攻めるにはMH-180AGSが良い感じでした。

バットパワーがあり、真ん中で若干張り感を落とし、穂持ちを少し強めにして柔軟なSMT(スーパーメタルトップ)というバランス。

しっかりとビシッビシッとしゃくれて、柔軟な穂先でオートマチックに掛かってしまう(本アタリが出やすい)感じがします。

錘50~60号ならMH、 30~40号ならMがお勧めです!

20170622_082314 (640x360)

今期、私の「初物」

20170622_100808 (360x640)

強烈な引きが堪りません!

20170628_125247 (360x640)

20170628_125352 (640x360)

今年もいよいよ熱い夏が開幕ですよ!

 

田渕 雅生さんの記事
2017.06.23

外房アコウ&アブラボウズ

 

最前線シリーズ内の深場最前線の動画撮影で、児島玲子さんと一緒に片貝の正一丸さんからアコウ&アブラボウズ釣りに行ってきました!

20170614_075836 タックルは、

リール:SB1200MJ

ロッド:マッドバイパー深海H-195

バッテリー:SL11000WP

 

20170614_075830

 

航程2時間ほどのポイントはまだまだアコウのパラダイスでした! SB1200MJのパワーを知るに余りあるアコウの9点掛け達成。

20170614_101155

更には、アブラボウズの一荷!にアコウ2点。

20170614_134834    20170614_134830

大型クーラー2個満タンのこの模様は近日中に動画アップいたしますので是非ご覧ください!

 

田渕 雅生さんの記事
2017.06.23

南房アカムツ

20170613_045135

南房・江見の渡辺丸さんからアカムツ釣りに行ってきました。

産卵期を控え、徐々に脂の乗りが良くなってくるこの時期、大型が狙えるゆえに食味でも期待大!

20170613_045110

 

20170613_045123

タックルは、

ロッド:極鋭中深場

リール:SB300MJ

ライン:メガセンサー12ブレイド3号×400m

 

20170613_100502

エサは船宿常備のホタルイカです。

 

20170613_115751

この日は、数こそ伸ばせませんでしたが、水深280mからこのサイズがドーン!!!

でっぷり太った南房サイズ。

これからどんどん浅場にのっこんで来るアカムツ。 狙い目ですよ!

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.06.20

鹿島灘テンヤマゴチ大会

20170611_113716

テンヤとワームでマゴチを釣る!

テクニカルなところもあるけど、初挑戦の人でも意外と簡単に釣れてしまうこともあるテンヤマゴチ。

6月11日に第3回鹿嶋灘テンヤマゴチ大会に参加してきました!

20170611_041450

今回お世話になったのは、不動丸さんです。

この日の模様は、不動丸さんに同船した週刊つりニュースさんにてご紹介いただきました!

20170611_041531

20170611_041812

20170611_042001

長岡丸さんにはこちらの方々もお見えでした!

20170611_041804

全15隻参加 168名が集いました!

20170611_052903

ポイントは港を出て直ぐのところです。水深も10mちょっと~浅い所では4mもありました。

マゴチ2匹の全長で競います。

 

20170611_045444

20170611_092220

使用タックルは、

ロッド: 紅牙テンヤゲームMX H/MH-230V

テンヤ: フラットジャンキージグヘッドSS 28g

ワーム: フラットジャンキー グラビンシャッド4   

この日はUVオレンジゴールドが絶好調!!!でした。(私だけではなく周りの方々も、他船の入賞者もこのワームを使っている人が多かったです!)

 

 

20170611_110440(0)

 

 

 

釣れてくるマゴチは良型が殆ど。私は56cmを筆頭に50cm絡みのサイズから上ばかりでした。

我が不動丸の最大は堂々の62cm!  魚影が濃いですね!

20170611_120855

競技終了後の表彰式を前に錦織鹿嶋市長が来られてご挨拶。

都心からもアクセスの良い鹿嶋をアピールされていました!

20170611_125627

上位入賞された皆様。 皆さん60cm絡みのサイズを2匹揃えておられました。

おめでとうございます!

 

田渕 雅生さんの記事
2017.06.08

ヒラメ40コチ20も今は昔

銚子エリアがヒラメ解禁となり、銚子・犬若港の孝進丸さんに行ってきました!

平日でも当船は16名満船。別船も出船の人気振りです!

この日はダイワ秋船カタログのロケに同行しました。

主役はこのお2人。

FB_IMG_1496736358076 (480x640)

FB_IMG_1496736328713 (640x480)

流石!お2人ともばっちりヒラメを釣り上げてロケは順調に進みました。

この模様はカタログ発行時に併せて船最前線動画もアップいたしますのでお楽しみに!

 

さて、私はと言いますと、お2人の横で決して邪魔にならないように(???)竿を出させていただきました!

(はい、決して邪魔はしていませんよ!       多分。。。(笑))

20170606_041628 (640x360)

20170606_072447 (360x640)

20170606_041707 (640x360)

20170606_051332 (640x360)

私の使用タックルは、

極鋭ヒラメMH-255

SB200J-L メガセンサー12ブレイド2号×300m

ライトホルダーメタル90cm

BM2600

 

当日のポイントは航程15分ほどの水深30m前後から10mそこそこの浅場が中心で、使用オモリはノーマルが60号、ライトが40号とのことでした。 上の画像は60号を付けた状態です。

状況により深場を流すこともあるので80号の用意もあった方が良いですね。

さて、解禁間が無い当地ですが、朝一から船中ポツポツとアタリます。

今シーズンも期待できそうです。

20170606_094838 (360x640)

20170606_120320 (640x360)

20170606_100758 (360x640)

終盤、大判ザブトン級か?と期待させた引き込みも上がってきたのは大きめのSHARK!でご愛嬌。

この極鋭ヒラメはAGSガイドとスーパーメタルトップ(SMT)の組合せで感度抜群。

エサのイワシが元気良く泳いでいるか否か目感度でも手感度でもしっかり伝わってきます。

それでいて柔軟性があり、食い込みの良さも実感できる穂先です。

バット部にはしっかりとしたパワーを持たせているため、大物が掛かっても「溜め」がきいてスムースにやり取りができます。 軽量ゆえの操作性の良さは言うまでもありません。

私一推しのヒラメロッドです!

 

この日は、ヒラメがエサのイワシを見つけたら一気に飛びついてくわえ込むようなアタリが殆どでした。

孫針使用のハリスが標準となった昨今、「ヒラメはアタッてから40数えるまであわせるな!」と言う言葉が死語のように感じます。

 

船長がとてもこまめに流し替えをしてくれて、結局船中16名全員型を見て無事終了。

潮が晴れてくると益々好釣果が期待できそうですね!

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.05.30

東京湾シロギス釣り

釣り人の格言の一つに「船釣りはシロギスに始まりシロギスに終わる」というのがあります。

初心者でも簡単に釣れるターゲットですが、数釣りにこだわると非常に奥深く、「腕の差」が明確にでる一面もある釣りものです。

20170529_074412 (640x360)

20170529_074416 (640x360)

今回は、ビギナーからベテランまシロギス釣りファンが多く訪れる金沢八景の荒川屋さんに伺いました。

20170529_074434 (640x360)

半日船は出船した後ですが、平日にも関わらず半日船はほぼ満船、一日船も8名乗船で出港となりました。

20170529_100826 (640x360)

この日はシロギス釣り名人の戸嶋さんに極鋭キス82H-175AGSを駆使して「名人の技」、その超絶テクを動画に収録させていただきました。

20170529_100753 (640x360)

エサの付け方から誘い方、仕掛けの意味、etc. ダイワ・フィールドテスターの高槻さんも一緒に釣りをしながらインタビュー役をしていただきました。

20170529_093731 (640x360)

あまり芳しくない状況の中、まるで手品でも見ているかのようにシロギスを次々に釣り上げていきます。

こちらの動画も編集でき次第、このダイワ船最前線にアップいたしますので要チェックですよ!

 

 

20170529_082400 (640x360)

さて、私もシロギス釣りは大好きな釣りの一つ。

同じ極鋭キスでも一番柔らかいタイプの73ML-175AGSを使用してみました。

稀代の名竿と名を馳せたハリースペシャルの調子を彷彿させる絶妙の軟調子。

しかもAGSガイドとスーパーメタルトップ(SMT)の組合せで感度抜群でした!

この日は底潮が冷たいせいか? アタリがあっても食い込み悪く、巻上げ途中のバラシ多発で悩まされましたが、

アタリ⇒一呼吸置いてからスイープなアワセ⇒フッキングと軟調竿ならではの釣り方で攻めました。

20170529_082346 (640x360)

20170529_105731 (640x360)

20170529_105735 (640x360)

メリハリの効いたシャクリ中心の誘いにはHタイプ。 少し早めにさびいてSTOP&GOで食わせるにはMLタイプがお勧めです!

 

釣れ上がるシロギスはどれも20cmオーバーの良型揃い。20170529_152716 (640x360)

32匹の釣果でした!

東京湾シロギスも今がテクニカルで面白いですね!

 

1 / 41234