田渕 雅生の記事一覧

アングラー:田渕 雅生


BLOG TOP 田渕 雅生の記事一覧
田渕 雅生さんの記事
2019.02.13

石花海の大鬼狙い

20190209_152449

西伊豆・土肥港のとび島丸さんから鬼カサゴ釣りに行ってきました。

20190209_152413

20190209_152351

午前4時、駿河湾口に位置する「石花海」(せのうみ)のポイントを目指します。

 

20190209_152423

銭洲遠征にも行く大型船。キャビン内には綺麗に掃除されたベッドがあり、航行中ぐっすり睡眠が取れます。

ゆっくりと船を走らせて、6時半頃ポイント到着。 7時頃から釣り開始となりました。

「今日は潮が流れていないな~。。。」と船長。

船中ポツポツと本命が上がりますが、後が続かないということで、こまめに場所移動を繰り返してくれます。

水深150m台から200m近いポイントまでリサーチ。

この日は、あまり深いポイントよりも浅目のポイントの方が当たりが良かったようです。

そして11時を回った頃だったでしょうか、「本日のハイライト」がやってきました!

ほぼ全員に本命のアタリが!!!

received_254825708743148

46cm 2kgの大鬼浮上!

FB_IMG_1549711001086

FB_IMG_1549711020401

FB_IMG_1549711034426

 

FB_IMG_1549711026947

このサイズがダブルで!

FB_IMG_1549711008448

FB_IMG_1549711013582

FB_IMG_1549710992931

1流しで大鬼2連続ゲット!

received_540500566462418

何とも豊潤な漁場と、船長の適確なポイント選定と操船技術にただただ感謝です。

成長が遅く、大鬼と呼べるサイズになるには20年以上かかるとも言われる鬼カサゴ。 釣れ上がった小型はリリースしました。

 

 

この日使用したタックルは、

ロッド:ショットバイパーMH-210(3月発売予定)

リール:シーボーグ500MJ(3月発売予定)

ライン:UVFメガセンサー12ブレイドEX+Si 4号

バッテリー:スーパーリチウム11000WP

 

3月発売予定のショットバイパーはMとMHの2種類の調子があります。(長さはどちらも210cm)

今回はMHを使用しました。 150号オモリで150m~200mの水深。終始手持ちで、オモリ着底から目一杯竿を振り上げると、全長2,2m、3本針の仕掛けが丁度底から離れ、ゆっくり竿を下げてくると、フワフワ~とエサが漂う誘いがかけられます。

魚が掛かってからは胴に入ってきて、6:4調子気味になるので、安心して巻上げてこれます。

MとMHの差はそれほど大きくはないのですが、MHだと若干先調子、Mだと若干胴調子になります。

グラスソリッドにしてはとても感度良く、また所謂「持ち重り感」が少なく、一日手持ちで誘い続けることが出来ました。

リールに関しては、SB500MJでは余裕の巻上げです。 300番クラスで4号×300m、若しくは3号×400mでも出来るターゲットですが、500番サイズに4号×500mはラインキャパ的に安心ですね。ライト深場でのキンメ、ムツ狙いにも使用可能となります。

 

仕掛けは自作の全長2,2m×3本針。幹10号、ハリス8号、針ムツ20号。 先針のチモトにフロートパイプ装着。

タコベイトは夜光オレンジ、夜光ピンク、ケイムラブルー系を付けましたが、この日は夜光ピンクが良かったです!

使用したエサはサバ短。

幅2cm×長さ20cmと大きめのエサを使用しています。長めにすることで、ユメカサゴやメバル等のゲスト魚の小型が針掛かりすることを軽減でき、鬼カサゴと出会えるチャンスが増えると考えています。

底潮が速く流れている時は、サバ短の身を多めに残して重くして、仕掛けが吹き上がらないように。

同じ目的でイイダコやヒイカ、アナゴ等を先針に付けることもあります。

が、この日は底潮の流れが無い又は緩かったので、サバ短の身を更にこそぎ取り、ヒラヒラするようにしました。

何れにせよ、誘いが大事ですので、手持ちで誘いを掛け続けられるタックル選びが重要ですね。

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.02.04

稲取港から新島キンメ

20190130_064744

東伊豆・稲取港の山吉丸さんから新島沖のキンメ釣りに出かけてきました。

午前4:20集合。5時前に出航。 約1時間半でポイント到着。

時期によって遊漁船の開始時間が決められているので、船長は魚探の反応と潮流を見ながら、釣り人は仕掛けをセットし準備万端で待機します。

朝焼けに浮かぶ(左から)利島、ウド根、新島。  写真が切れていますが、更に右側に式根島、神津島とはっきりと見え、神々しくて思わず手を合わせてしまいます。

20190130_062733

仕掛けは、幹糸30号×2m-ハリス16号×1m-ステ糸16号×5m 針はムツ針19号 15本~20本針仕掛けです。

いつもはエサにイカ短、サバ、カツハラ、アナゴ等々使用するのですが、この日はエサに一工夫できないか?と言うところを試したくて、全てカツハラ(カツオのハラモ)を使用。 タコベイトはいつものグリーンケイムラを下半分に1本置きに付けました。

1投目は380mの掛け上がり。 魚信はあったものの、がっつり根掛かりして外れてしまった模様。

2投目からは480m前後の深場。着底間もなく魚信!!! 追い食いを促すも単発でしたが、グッドサイズ。

20190130_083143

3投目からは最高で3点掛けと派手な食いではなかったですが、空振り無しでこつこつ拾うことができました!

20190130_100802

20190130_074342

20190130_105753

20190130_123142

(全投写真撮れませんでした)

20190130_124405

1kg以下は混じらず、最大2kgで14枚でした。

試したかったことも良い悪いがはっきりと結果に出たので大満足。

脂乗り乗りのメガキンメ。食味も勿論抜群でした!

使用タックル

リール:SB1200MJ

ロッド:マッドバイパー深海M-200(キンメスペシャル)

バッテリー:SL11000WP

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.02.04

東京湾口にてアマダイ釣り

カワハギ釣りのメッカとしてDKO(ダイワカワハギオープン)の予選会~決勝戦まで開催される地として有名な久比里の巳之助丸さんからアマダイ釣りに行ってきました。

20190129_150602

当船宿常連のMさんの仕立てにお邪魔してきました。

20190129_072801

年明けから冷たい風が良く吹いていますが、この日は絶好の釣り日和です。

「落ち武者・アマダイに癒される会」と銘打った当日の仕立て。 意味を説明するときっと長くなるので割愛いたしますが、ちょくちょく開催されているというこの会、どうやら毎回釣果は(???)らしいのですが、この日は「らしからぬ」釣れっぷりとなったようです!

FB_IMG_1548785617677

FB_IMG_1548785563919

FB_IMG_1548785624971

FB_IMG_1548785594733

FB_IMG_1548785633672

FB_IMG_1548785536334

20190129_141349

20190129_141030

20190129_143647

20190129_141110

20190129_141133

20190129_150706

特大サイズは出ませんでしたが、全員本命ゲット。

「落ち武者」は何処へやら。。。皆さん破顔一笑でした!

幹事のMさん、巳之助丸さん、美喜男船長、有難うございました!

使用タックル

リール:SB200J-L

ロッド:極鋭タチウオゲームH-183

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.01.28

大型キンメ浮上

20190124_131938

またまた伊豆下田・須崎港の番匠高宮丸さんからキンメ釣りに行ってきました!

今回は、石塚テスターからのお誘いで5名で出船。

4時半過ぎに港に集合したのですが、沖はまだ風が強いとのこと。 予報では次第に風が弱まるとのことでしたので、1時間ほど出船を遅らせましょうとも船長判断。

すっかり明るくなった6時頃出船しました。

20190124_111228

 

20190124_084057

7時過ぎにポイント到着。

南西風がまだ残っていましたが全員無事投入成功。

水深380mとの指示でしたが、潮が速く480mで着底。

一旦、糸ふけを取って(20~30m程度巻上げて再度オモリを着底させます)、糸を送り出していきます。(船長の指示により)

私は、リールのクラッチを切りスプールを指で押さえながら、船の揺れに合せて糸を送り出していくようにしています。

前半は結構うねりがあり、竿が大きく上下してアタリが分りづらい状況でしたが、それでもグイグイグイと竿先を叩き込むようなはっきりとしたアタリがきました!!!

アコウや大型クロムツはゴンッゴンッゴンッ!といった派手なアタリを出すのに対し、キンメはもう少し柔らかなアタリの出方がします。

追い食いを促そうと、竿先が曲がりこまない程度のテンションで糸を送り続けていると、何度かの追いアタリがあり、竿の曲がる支点が徐々に根元の方になってきました。

700mまで糸を出した時点で船長から巻上げの合図。

根掛かりで1.8kgの鉄筋オモリが切れますが、その後もしっかりと重量感が残り、時折竿先に魚信がでます。

この日使用したマッドバイパー深海M-200はしなやかな竿なので、当日のような海が悪い(うねりがある)状況でも巻上げ中のバラシを軽減してくれます。

SB1200MJの巻上げ速度20、ドラグは船が大きく浮き上がる時に滑る程度に設定。

received_1260911147419201

ジャーン!!!

1投目から大型キンメ4点掛けがきました!

20190124_084044

20190124_084002

20190124_123012

20190124_111200

2投目以降も、クロムツやアコウも混じりながら、空上げ無し。

時間の関係でこの日は6投で終了となりましたが、十分な釣果に大満足でした!

20190124_161131

20190124_132201(0)

20190124_132233

本日の私の最大は2kg超。 でっぷりと太ったいかにも美味しそうな極上キンメです!

私のモットーの「釣って楽しく!食べて美味しく!」にまさにピッタリのターゲットです!

皆さんも是非一度チャレンジしてみては如何ですか?

 

使用タックル

ロッド:マッドバイパー深海M-200

リール:シーボーグ1200MJ

ライン:UVFメガセンサー12ブレイド10号

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.01.15

新島キンメ乱舞

20190113_132836

伊豆下田・須崎港の番匠高宮丸さんから新島キンメ釣りに行ってきました。

釣り仲間8名での仕立てです。

20190113_072441

20190113_065700

北風が結構強く吹きましたがうねりはそれほどでもなく無事出船。

新島の沖360m前後のポイントで開始。

20190113_074446

1投目から良くアタリました!

3投目まで同じポイントを攻め、全員キンメの多点掛けに成功。

冬の北風も何のその! 皆さん喜色満面です。

4投目からは500m超のポイントで良型狙い。

20190113_120606

20190113_111033

20190113_070624

2kg近い良型キンメも上がりました。

20190113_111046

釣り上げたキンメの口から出てきたのは深海イワシ。ハダカイワシです。

これを捕食しているキンメは脂のりがすこぶる良く、超美味なんです!

20190113_132857

20190113_133914

 

received_763753163987047

皆さん好釣で最高の笑顔ですね!

毎回キンメ釣行時には色んなことを試しています。

試行錯誤しながら、それが好結果に繋がると喜び倍増です!

今回はエサにも少し工夫をしてみました。 あんなこと、こんなこと色々と試行錯誤の結果が蓄積できてきました。

ご興味おありの方は、フィッシングショーの時にでも是非お声掛けくださいね。

横浜も大阪も参ります。

番匠高宮丸さん、小澤長夫船長 いつも楽しい釣りを有難うございます!

使用タックル

ロッド:マッドバイパー深海M-200 キンメスペシャル

リール:SB1200MJ

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.01.15

剣崎沖のイシダイ五目釣り

20190105_114454

松輪の間口港・利一丸さんからイシダイ五目釣りに行ってきました!

20190105_085932

20190105_085928

カワハギ釣りでも型狙いポイントとなる剣崎沖の根周りを攻めます。

カワハギ、ウマヅラ等の『えさ取り魚」を如何にかわして本命・イシダイを釣るか!がこの釣り最大のポイントです。

船長からの指示ダナは3~5mほどのレンジで出ます。(例えば33m~30m)

下限で止めてコマセを出し、そこからゆっくりと竿を頭の上まで持ち上げます。アタリが無ければリールを巻きながら竿先を下げまたゆっくりと竿を持ち上げていきます。 指示レンジの上限を過ぎたら回収。

エサが取られているようなら竿を上げるスピードを速めます。

イシダイのアタリは小さく、穂先の感度が求められます。

更にアタリを感じたらしっかりとあわせてイシダイの硬い口に確実にフッキングさせないとバレてしまいます。

そこで、私が選んだロッドは、極鋭タチウオゲームAGS H-183です。

操作性に優れ、SMTが繊細なアタリを捉えてくれ、バットパワーがあるのでしっかりあわせる事ができます。

20190105_090003

バッチリです!

そして後半はコマセ真鯛。

1546672981174

バイパースティックS-300がしなります。

とにかくこの竿は食い込みが抜群です!

middle_1546663980

20190105_140840

小型魚はリリースしました。

この時期のイシダイも真鯛も脂がのりのりで激美味ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.01.15

長井港・光三丸さんからヤリイカ釣り

2019年初釣りで「赤い魚」をゲットできたので、次は「白い」ターゲットを狙い、「紅白」揃えようと企てました。

20190104_092301

20190104_092254

20190104_093323

はい! ヤリイカ釣りです。

20190104_102008

城ヶ島沖のポイントで、若干潮が速かったのですが、いつもの直結10本角仕掛けでポツポツ拾えました。

1546582031227

20190104_123944

終盤近くなり、お隣のカヤゴンこと萱沼テスターはブランコ仕掛けで6点掛け!お見事です!

1546582022583

私もラストの投入でデカヤリとスルメ。 重量感たっぷりでした!

MDスティックミラー11cmの糸巻き角が良い仕事をしてくれました!

20190104_140024

1546582038536

光三丸さん、雄志船長有難うございました!

使用タックル

ロッド:極鋭ヤリイカ91MH-175

リール:SB300MJ

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.01.15

2019年初釣りは沼津から!

20190101_124803

2019年初釣りは沼津から午後船のコマセ真鯛釣りでした!

快晴・べた凪。富士山や日本アルプス連山が綺麗に望める絶好の釣り日和でした!

午後1時出船。

20190101_125130

 

20190101_125139

富士山と燦燦と輝くお日様に、今年1年の安全釣行と好釣を祈願しました。

20190101_170140

プックリとした綺麗な冬真鯛が釣れましたよ!

20190101_163331

夕方の富士山もまた荘厳で美しいです。

20190101_174804

真鯛、イナダ、イサキが釣れました。 今年も幸先の良いスタートが切れました!

17時に上がり、沼津で宿泊し、翌日は同じく沼津でアマダイ狙いです。

20190102_071651

翌日も好天に恵まれました。

20190102_161743

途中で綺麗な虹も掛かり、

20190102_162319

更に2本目も。

幻想的です。

 

20190102_141605

レンコダイ(キダイ)、イトヨリ、アカボラ(ヒメコダイ)混じりで楽しめました。

使用タックルは

コマセ真鯛:

ロッド:バイパースティックS-300(フィッシングショーでお披露目です)

リール:SB300MJ

 

アマダイ:

ロッド:極鋭ギアM-205AGS

リール:SB300MJ

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.01.11

ヒラメ~マハタリレー釣り

20181228_132659

千葉県いすみ市大原港から出船。

仲間内の仕立てでヒラメと根魚五目を狙ってきました。

元々は、ヒラメ~鬼カサゴをターゲットとしていたのですが、生憎の強風で沖に船を出すのは難しいとの船長判断。

釣りを楽しむには、先ず「安全第一」ですよね。

船長は、港から近い浅場で狙えるヒラメ~根魚五目を提案してくれ、ヒラメタックルのままで根魚釣りまで楽しんできました!

20181228_092847

ヒラメは大原エリアも好調です!

ヒラメ釣りでは、しっかりとしたエサ付けが一番重要だと思っています。

上針は鼻掛け、上顎掛け何れも少し硬くなっている場所に刺します。(私は鼻掛けにすることの方が多いです

) 孫針は背びれ、尾びれ、肛門付近と刺す場所がありますが、私は背びれの付け根にしっかりと刺すことが多いです。

タナ取りは、イワシの反応が出ているような時は高め。(底上2m~3m) ベイト反応が無い時は底上50cm~2m辺りを探ります。

(エンジン流しと横流しでタナ取りは大きく変わりますが。。。)

 

 

20181228_092839

20181228_092831

 

この写真で風の強さがお分かりいただけるでしょうか?

北の風10m以上吹いていたように思います。

さて、水深15m前後のポイントでヒラメを釣った後(全員複数のヒラメをゲット)、水深30m台のポイントに小移動。

根魚五目釣り開始!

と言っても、タックルはヒラメ釣りのまま。(極鋭ヒラメ EX AGS MH-270とSB200J-L)

カサゴ、カンコ、メバル等、船中あちこちで上がり賑やかになります!

暫くすると突然の引き込み!!! しっかりと竿を立てて巻上げてきたのは1,5kgのマハタでした。

お隣では良型のキジハタが取り込まれます。

その直後、先ほどの引き込みを大きく上回るアタリが!!!

何度かドラグを滑らす激しい突っ込みをみせましたが何とかかわし無事タモに納まったのは5kgを優に超える良型マハタでした!

received_2166197373645148

20181228_154757

港から直ぐのところにこんな魚が潜んでいるんですね!

20181228_154617

こういうリレー釣りも面白いものですね!

また行かなくては!

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.01.11

絶好調!銚子沖のヒラメ釣り

20181227_042333

20181227_042311

年末に、銚子・外川港の福田丸さんへヒラメ釣りに行ってきました!

20181227_072938

20181227_072930

20181227_072921

8月に発売された極鋭ヒラメEX AGS MH-270を携え行ってきました。

とにかく軽いし、感度は良いし、手持ちで誘うも良し、置き竿でアタリを待つも良し。 全く私好みのロッドです!!!

20181227_051811

水深も浅かったので、電動リール:SB200J-L と、手巻きリール:スパルタンMX  IC150HLを使用。

オモリは80号でした。

20181227_131415

20181227_131423

お天気も凪ぎも最高!小春日和の温かさで絶好の釣り日和です。

犬吠崎が目の前!ロケーションも最高!

20181227_100942

勿論、メインターゲットのヒラメのご機嫌もすこぶる良かったですよ!!!

20181227_063658

エサの活イワシは5~6匹ずつ足元のバケツに入れてくれてくれます!

出だしこそ若干ヒラメの活性低かったですが、陽が出てくる頃からは元気一杯で遊んでくれました。

20181227_125854

今期も外房ヒラメは絶好調ですね!

 

 

 

 

 

 

 

1 / 1212345...10...最後 »