田渕 雅生の記事一覧

アングラー:田渕 雅生


BLOG TOP 田渕 雅生の記事一覧
田渕 雅生さんの記事
2017.05.10

千載一遇の大鯛を求めて!

20170506_111728 (640x360)

「千載一遇の大鯛を求めて!」

今年ものっこみ真鯛のシーズンがやってきましたね! GW終盤に剣崎沖の真鯛釣りに行ってきました!

「魚の王者」と称される「真鯛」。 全国各地で色々な釣法があります。

最近、ヒトツテンヤやタイラバでの真鯛釣りも面白く足繁く通ったりしていますが、コマセ真鯛釣りも大好きな釣り方です。

「コマセを振って置き竿で待つ釣り」といったイメージをお持ちの方も多いかも知れません。が、私は同じ置き竿でも相反するイメージ、つまり「待ちの釣り」より「攻めの釣り」のイメージでコマセ真鯛釣りを楽しんでます。

 

潮流、風向・風速、船の流れ方、船団形成、船長の考えetc. 刻一刻状況が変わる船釣り。

常時、情報収集~分析~対策~実践~検証を繰り返しています。

情報収集では自分の仕掛けからだけではなく、同船他者のエサが取られているかどうか?仕掛け長やコマセの出し方等もチェック。 また船団が形成されていれば他船のどの釣座が釣れているか? 流し替えをする船はどこに船をつけるか?

分析~対策ではこれまでの経験が活きてきます。ビシに残るコマセの量でタナ付近の潮流の有無が判断できるし、エサの取られ方が真鯛なのか?ウマヅラなのか?根回り魚なのか? ウマヅラだとすればタナを上げるのか?待つ間を短くするのか?コマセワークを変えるのか?  針掛かりしたゲスト魚から底潮が暗いのか? ならばチモトに夜光玉を付けた方が良いのか?  エサが全然取られない? ならば次にエサが取られる時はどんな状況変化があった時なのか? 等々多岐に亘りチェック項目があります。

また、「コマセワーク」と一概に言っても、私は「コマセマネージメント」と考えていますが、枚挙に暇がありません。

次の機会に書きたいと思います。

 

実践は「ヒラメキ」が大事! 色んなヒラメキを実践してみる。大胆であればある程面白い結果が期待できます。

ただ、実践したこと全てをきっちり記憶して整理しておくことが重要。じゃないと次の経験に活かすことが出来ません。

これはコマセ真鯛釣りに限ったことではありませんね!

長くなりましたが、私はこの「コマセ真鯛釣り」は結構頭を使うゲーム性の高い釣法だと感じていて、やってもやっても極みには到達できません。

IMG_20170506_084005_366 (640x640)

「釣れた1枚」より「釣った1枚」

いや、実際はたまたま釣れちゃった1枚なのかも知れませんが、色々自分なりに考えて釣りをしていると「自分で釣った」と感じられるものです。 単なる「自己満足」と言われるかもしれませんが、「自己満足」って大事なことだと思います。

 

1494023036415 (640x360)

20170507_070512 (640x360)

20170506_060959 (640x360)

皆さん良い笑顔ですね!

20170507_095025 (640x360)

出ました!!! これぞ「のっこみ大鯛!」立派な5kgのオス。 このサイズの大鯛を釣りたくて真鯛釣りをやっているといっても過言ではないでしょう!

20170507_065128 (640x360)

20170506_050029 (640x360)

20170506_072525 (640x360)

20170507_124807 (640x360)

意外とお手軽にできるコマセ真鯛釣り! 是非大鯛を狙ってみては如何ですか?

 

今回お世話になった船宿さんは、

5月6日 松輪港・美喜丸さん

5月7日 間口港・千代丸さん

使用タックルは

リール:シーボーグ300MJ

ロッド:リーオマスターSXマダイ S-270

バッテリー:スーパーリチウムBM2600

仕掛け:快適マダイ仕掛けSS  ・・・サクサス針採用。枝針が遊動式

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.04.10

松輪港からのっこみ真鯛釣り

20170409_135927 (640x360)

桜の時期が終わると海も穏やかになる日が多くなり、春に産卵行動を行う魚達も「のっこみ」が本格化します。

今年は桜も若干遅れ気味。海も全国的に時化模様が多く、なかなか「春の海」になってきませんね。。。

そんな中、のっこみ模様が出始め、大鯛も上がり始めている久里浜沖~剣崎沖のコマセ真鯛釣りに行ってきました!

今回は、私が関東での沖釣りを本格的にやり始めた当初からお世話になっている「成銀丸」さんに伺いました。

20170409_060343 (640x360)

大型船で快適釣行です。 電子レンジ、給湯器完備、キャビンは冷暖房付きで、トイレは勿論水洗でウォシュレット付き!

この日は日曜日でしたが、朝から雨風強く、お客さんは少なめ。出船を見合わせる船も多かったです。

20170409_100110 (640x360)

20170409_100056 (640x360)

それでも、のっこみ真鯛シーズンを待ちわびている釣り人が多いせいか、ポイントではこれだけの船が集まっていました!

とても数え切れません。 これでもお天気が良い日の半分以下でしょう。 のっこみ真鯛釣りは相変わらず凄い人気ですね~!

「千載一遇の大鯛との出会いを求めて」 まさに私もその一人です。

20170409_094751 (640x360)

 

20170409_091113 (640x360)

当日使用したタックルは

リール:SB300MJ 

道糸:メガセンサー12ブレイド3号×400m

ロッド:リーオマスターSX 真鯛S-270

仕掛け:快適マダイ仕掛けSS

のっこみ時期の真鯛は神経質になっていて船下やビシを嫌うので長めのハリスが有利と言われますが、食いがたつ、所謂「時合い」では一気にコマセの中に突っ込んでくることが多いので、短めのハリスが奏功することがあります。

8m×2本針仕掛けなんか時合いには面白いと思います。

20170409_080741 (640x360)

この日は朝一のモーニングサービスは無かったものの、潮の変わり目の9時過ぎに婚姻色で黒味を帯びた1.8kg級がきてくれました!

これが「時合い」だったのでしょう。

アジやカイワリも顔を出してくれましたが、1kg前後の真鯛も立て続けに2枚追釣。

20170409_135557 (640x360)

各地で様々なツリ方がある真鯛釣りですが、コマセ真鯛も奥が深くて面白いですね!

これからがいよいよのっこみ本番!!!

しっかり準備を整えておきます!

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.02.13

アマダイ依然好釣!

o0540096013865303545 (540x960)

相模湾のアマダイがロングランで好調に釣れています!

末、大磯の邦丸さんに伺ってきました!

北西強風の予報でしたが、午前中はポカポカ陽気で海上もべた凪、絶好の釣り日和となりました。

朝イチこそポツリポツリの拾い釣りの展開でしたが、10時を回った頃から一時食いが立ち、写真のように一荷(2点掛け)で食ってくることも。 この日、一荷が3回ありましたよ! さしずめ「ダブルの神降臨!」と言ったところです。

食いが良かったのは本命アマダイばかりじゃありません!

20170210_114856 (1280x720)

ムシガレイ! この日はムシガレイだけでもツ抜け達成! (ちょっとタナが低すぎたかも?)

20170210_082453 (1280x720)

鬼カサゴ! (小型だし水圧変化にも強い魚なので速やかにリリースしました)

20170210_114725 (1280x720)

マトウダイ。 的鯛と書くことも。 真ん中の丸印が的に見えますね。

愛嬌のあるヴィジュアルですが、食味も良いんですよ!

 

20170210_073542(0) (1280x720)

こんな真冬にカイワリ! これも食味の良い肴です。

今年の海水温の高さを物語っているようです。

20170210_114714 (1280x720)

アカタチ。 食べたことは無いです。

他に写真撮り忘れましたが、アマダイ釣りの定番ゲストのアカボラ多数。 レンコダイ(キダイ)も上がりました!

 

IMG_20170210_144846 (1280x1280)

 

アマダイは、この日は特大サイズとは出会えませんでしたが、数釣りは楽しめました!

20170211_085626 (1280x720)

昆布締め、酒蒸し、松笠揚げ、一夜干し等、色んな料理に舌鼓。

釣って楽しく食べて美味しい魚です!

20170210_120431 (1280x720)

使用タックルは、メタリアアマダイシーボーグ200J-L快適テンビンのマルチ

オモリは80号使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.01.30

相模湾アマダイ釣行記

春の陽気となった1月28日(土)、大磯港の邦丸さんからアマダイ釣りに行ってきました。

o0640085313855435337-2 (640x853)

例年では、そろそろ終盤の時期を迎えるアマダイ釣り。かねてからアマダイ釣り仲間が集まってアマダイ最終戦を仕立てで行おうということで10名でこの日を迎えました。

5人ずつ右舷、左舷に分かれ、私は右舷の真ん中に着座。

邦丸さんはご兄弟で船長をされていますが、今回はお兄さんの清二郎船長の大型船に乗船。片舷5人で余裕綽々でした!

 

前日は、春一番か?と思わせるような強風に見舞われた関東エリアですが、土曜日は朝から晴天!海上も朝一こそ若干波立っていたものの日が昇り始める頃にはどんどん凪いで後半はベタ凪ぎ、気温も上がり春の陽気の中での釣りとなりました。

「凪ぎ倒れ」などと言う慣用句がある船釣りですが、この日は冒頭の写真でお分かりのように、お天気良し!凪ぎ良し!釣果良し!と三拍子揃っちゃいました!!!

定刻の6時30分出船。 航程10分程度のポイントからスタート。 普段、邦丸さんはオモリ80号使用の所謂ノーマル仕様ですが、この日は仲間内の仕立てでしたので、道糸を細くして(PE1号)40~50号のオモリでのライト仕様もOKで銘々自由に楽しみました。

程なく右舷前寄りで本命が上がります。 と、次は艫2番にヒット! 出だしは若干右舷側が有利だったようです。

2流し目、私にもアマダイらしきアタリがきました!

すぐにアワセと同時に竿を起こしていくと、小気味良く首を振るアクションがロッドから伝わってきました。そして穂持ちからバットにかけてズシッとした重量感が伝わります! 「本命アマダイだっ!」と確信。

いきなりのなかなかの良型の引きに、竿をしっかりと立てて巻上げ途中の強烈な引き込みをいなしながら無事タモに収まったのは、40cm超のアマダイでした!

o0640085313855293164 (640x853)

 

この日使用したタックルは、

20170128_123503 (1280x720)

シーボーグ200J-Lメタリアアマダイの組合せ。(写真はオモリ80号で水深60m前後)

このメタリアアマダイ、カタログ表記では7:3調子となっていますが、実際に使用した感じでは8:2寄りの調子に感じました。メタルトップ+AGSガイドの穂先とそれを支える穂持ち部が、海底からの微細なアタリを適確且つ速やかに伝達してくれます。本命アマダイのアタリを捉えるのは当然ですが、餌取り達が絡んでくる様も鮮明に伝わるので、餌が無い状態のままになっていることが少なくなり、その結果釣果アップに繋がります。

20170128_123523 (1280x720)

もう1組は、シーボーグ200J-DH-LにリーディングネライM-200の組み合わせ。(写真は同じくオモリ80号で水深60m前後)

こちらのリーディングネライシリーズは、バットジョイント式のワンピースロッドで、「正調7:3調子」です。この写真では少し見づらいかもしれませんが、真横から見るとワンピースロッドゆえの綺麗な弧を描きます。穂先はセンサーグラストップ+AGSガイドで、先のメタリアアマダイが軽快なコンコンというアタリの出方をするのに対し、こちらはガイドがフッと押さえ込まれるようなアタリの出方をします。違和感なく食い込ませるのに適したロッドです。

海底で砂に潜った様な状態で生息しているアマダイ。捕食に対しては海底付近の餌を吸い込んで餌以外の物は吐き出すという行動で、ヒラメのように大きく飛び上がって餌に食らいつくことはないと言われます。従ってアマダイ釣りにおいては「違和感なく食い込ませる」ということが重要なファクターとなります。

それにはロッドの穂先よりも先に魚とコンタクする天秤が大きな役割を持ちます。

今回は、快適天秤マルチの1.4-250を使用しました。 天秤のアーム部が固定されているタイプですが、アームが硬過ぎずクッション効果があるので違和感を与えにくい=食い込みが良いと考えられます。

因みに「違和感なく食い込ませる」という点ではタチウオ釣りでも同じことが言えると思います。

 

1485589572093 (720x1280)

1485589606806 (720x1280)

海が凪いできて気温も上がりポカポカ陽気になってくると、アマダイも陽気に誘われてか、活性が上がってきました!

o0640085313855303400 (640x853)

同船のメンバーも良型アマダイを手にニッコリ恵比須顔です!

 

o0640085313855482102 (640x853)

13:30の沖上がり。中~良型で17匹釣らせていただきました! 邦丸さん、清二郎船長、お世話になり有難うございました!

 

さて、今期最終戦としての仕立てのアマダイ釣りでしたが、メンバー各位から「これで終わるのは勿体無いね~」との言葉が。。。。。

さしづめ「クライマックスシリーズ」突入といったところでしょうか?(笑)

まだまだ盛り上がりを見せている相模湾アマダイ釣りでした!

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2016.11.09

重量感たっぷり!剣崎ワラサ!

今年もやってきました!!! ワラサのシーズンが!!! 20161031_134958 まだかまだかと待ち焦がれていましたが、待ちに待った甲斐があって、今期のワラサはデカイ!!! 4kg~6kg超も。 さしずめ小鰤と呼んでも差し支えないでしょうか?(笑) 先日、松輪港の成銀丸さんからワラサ(小鰤)釣りに出かけてきました。

使用したタックルは、シーボーグ500J にリーディングネライMH-200

20161031_094048

1477903127360

 

見た目は華奢に見えるロッドかもしれませんが、しなやかに食い込ませる穂先と強烈な引き込みをものともしないバットパワー、更に200cmの長さが魚に振り回されること無く、常に主導権を持ち続けられます。 青物以外のターゲットにも使える汎用性のあるロッドです!

 

IMG_20161031_184756

丸々と太った6kg超級。

シーボーグ500Jのリールはこの位のサイズなら余裕の巻上げ!

魚との勝負もさることながら、乗合船では他の方とのおまつり回避もこの釣りの重要なファクターになりますから、一格上の番手の電動リールを使うのも戦略の一つだと思います。

 

 

田渕 雅生さんの記事
2016.09.20

大原ヒトツテンヤにて秋鯛!

20160910_080409 (640x360)先日、外房・大原港の長福丸さんからヒトツテンヤ真鯛釣りに行ってきました!

20160910_093442 (640x360)

 

いつも綺麗に整備された大型船で快適に釣りが楽しめます!

20160909_050659 (360x640) (360x640) (360x640)

使用タックルは、紅牙テンヤゲームM-240 イグジスト2506PE-DHと、紅牙テンヤゲームMX M-240 にセルテート2508PEの組合せ。

20160904_061240 (640x360)

 

テンヤは今秋新発売のエビ止め付きの紅牙タイテンヤSSエビキーパー付きの3~5号。(上記写真はプロトタイプ)

20160909_061859 (640x360)

こちらがケイムラ赤/金の5号にエビを装着したところです。

フルキャストしてもエビがずれにくいアイテム。

この日のポイントは15m~20m程度の水深がメインでしたので広範囲に探れるロングキャストには強い味方になります!

 

20160909_105132 (360x640)

午前船で朝から潮流れも程よくあり、1.5kgを頭にリリース3枚を入れて14枚でした。

まだまだ海水温は高めですが、真鯛達は秋を先取りしているのかも?

アタリ頻発! いよいよ秋の数釣りシーズンがやってきたようですよ!!!

 

田渕 雅生さんの記事
2016.06.10

大原沖ヒトツテンヤ真鯛

大原沖のヒトツテンヤ真鯛釣りに行ってきました!

20160610_035316 (640x360)

大原港は、イサキも好調で早朝から活気に溢れていました!

 

今日の釣行で、伺ったのは、あままさ丸さん。

 

20160610_035446 (640x360)

 

午前3:30船宿集合。

大原沖の水平線がうっすら白みかける頃出船です。

 

20160610_114901 (640x360)

使用したタックルは、リールはセルテート2508PE ラインはメガセンサー12ブレイド0.8号。

水深46m~50m辺りのポイントでハナダイ、カンダイ、ホウボウ等々、ゲストも多彩に交じり、アタリ頻発で楽しめました!

勿論、本命の真鯛もナイスサイズが出ましたよ!

20160610_100230 (640x360)

 

53cm、2.9kgのメスの真鯛でした!

他にも1kg級がきました!

 

20160610_100346 (640x360)

 

今日は紅牙タイカブラTG SSケイムラオレンジ/金の6号(上写真中央)を使用しました。

序盤~中盤は上潮だけ若干流れ底潮があまり流れない潮流だったので、潮切れ良く落下の速いタングステンのカブラの6号を選択しました。 朝方は曇り空、潮色は、真っ青な晴潮ではなく若干薄濁り気味の潮だったので、適度にアピール力のあるオレンジ/金のカラーを選択しました。

孫針は替え孫針のロング(6cm)を使用。エビの頭の下側に刺し、エビの頭だけを掠め取る真鯛を捕えてやろうという算段。

 

あれこれ考えながら、閃き⇒実践⇒分析⇒検証の中で好結果に結びつくと喜び倍増ですね!

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2016.05.30

千載一遇!大鯛狙い

5月29日(日)、剣崎・松輪港の美喜丸さんに4人の仕立てで真鯛釣りに行ってきました。

ここ数日、大鯛ラッシュに沸く松輪の港。 どの船にも我こそは大鯛ゲットを!と意気込んで来られた釣り人が少なからずいらっしゃいました。

勿論、私もその一人でございます。(笑)

20160529_052405 (640x360)

ハリス4号×10mにサクサスマダイ9号。

いつもより一番手上の仕掛けで挑みました。

20160529_052028 (640x360)

タックルは、シーボーグ300MJリーオマスターSX真鯛 S-300。の組み合わせ。

大鯛とのやりとりにも余裕のパワーを持つ電動リールと強烈でトルクフルな突っ込みをいなしながらじわりじわりと間合いを詰めてこれるロッド。

準備はバッチリ整いました! あとは。。。。。。

 

20160529_130808 (640x360)

 

出ました!!! 7.2kgに5.8kgの大鯛!

私と反対舷に乗った釣友お二人にあたりました。

20160529_130650 (640x360)

 

私も狙った大鯛は釣れませんでしたが、1.5kg級の真鯛2枚にチカメキントキ、イサキ数尾とお土産には十分な釣果となりました。

今シーズン各地で好調なコマセ真鯛釣り。皆さんも「千載一遇」の大鯛狙いに行かれてみては如何ですか?

 

 

田渕 雅生さんの記事
2016.04.18

内房真鯛好調

4月17日(日)、内房・勝山港の萬栄丸さんのコマセ真鯛釣りに行ってきました。

前日の天気予報では、低気圧が発達しながら日本海を東北東へ進み、太平洋沿岸は南西強風が吹くとのこと。

萬栄丸さんも安全第一に、前日の内に沖に出るヤリイカ船は出船中止を決定。航程15分程でポイントに着く真鯛船のみの出船となりました。

早朝4時頃、アクアライン上は南西風13m。

勝山港に到着すると、風は吹いていましたが、夜半から吹き始めたらしく、海はまだ荒れてませんでした。

定刻の5時30分出船。

15分程でポイント到着~開始。

20160417_050154 (360x640)

本日のタックルは、リーオマスターSX真鯛S-270シーボーグ300J

1投目から真鯛が食ってきました!

 

1460856052416 (640x360)

リーオマスターSX、コマセを振り出しやすいバットの強さと船の揺れをある程度吸収し、違和感少なく真鯛の食い込みを促すしなやかさを併せ持つ調子に仕上がったロッドです。

写真は1.5kg級の真鯛とやりとりしているところです。ロッドの軽さとJOGパワーレバーで完全にワンハンドでやりとりができるようになりました。

シーボーグ300Jに搭載されているATDドラグもこのコマセ真鯛釣りには大きなアドバンテージになります。

私は、真鯛とのやりとりでは基本的にポンピングはせず、竿尻を脇にあててロッドの角度を保ちながらロッドのしなりとリールのドラグで大型真鯛のトルクフルな突っ込みをかわすようにしています。(時々クラッチを切って対応することもありますが。)

ドラグを出されている時は竿も下げ、巻上げも止め、突っ込みが止まったら直ぐには巻き始めず、先ずロッドを起こし体勢を整えてから巻き始めるようにしています。

20160417_055842 (640x360)

朝のモーニングサービス! 2投で2枚。

20160417_070205 (640x360)

 

1時間半で5枚!と好調も、南西風が強まってきそうとの船長判断で9時15分早上がりとなりました。

1460856058230 (360x640)

最終的に7枚の釣果でした。

IMG_9515

(船宿HPより) 乗船された皆さんもこの通り。

今期は内房真鯛絶好調ですね!

田渕 雅生さんの記事
2016.04.13

剣崎沖のっこみ真鯛

FB_IMG_1460510749289 (480x640)

 

東京湾口、剣崎沖は春ののっこみ真鯛の1級ポイントの一つ。

毎年、春の風、春の暖かい潮、潮流等々、いくつかの条件が揃った時に信じがたい程の好釣果がでることがあり、ここの釣り人達はその日を「Xデー」と呼び、桜の花が咲く前頃からそわそわし始めます。

何を隠そう私もその一人です。

剣崎沖のコマセ真鯛釣りと出会って20余年。毎年この時期はわくわく感がおさまりません。

またこののっこみの時期は特大サイズの真鯛が釣れ上がることも、「今年こそは!」と期待に胸が膨らむ大きな要因となっています。

さて、今回は大潮回り後の中潮狙いで以前から有給休暇を取得し、4月12日に仲間4人で松輪港の美喜丸さんを仕立てて釣行してきました。

 

6:30am 出船 ポイントまで航程15分

剣崎沖一帯が1級ポイントですが、その中にも大小いくつものポイント(根)があります。

永年お世話になっている鈴木秀一船長は、直近の釣況から当日攻めるポイントをどの順番で回り、どう釣らせるかをきっちり考えてくれているのでいつも勉強になります。

沖のポイントは1ノットの速潮が流れ、超が付くほどの澄み潮でした。それでも1投目から当たりました! 小ぶりな800g級ですが、朝一で本命の顔を見れると一安心。

次にお隣のMr.Kが掛けます!

20160412_090107 (640x360)

20160412_090114 (640x360)

あっち向きこっち向きピースサインしながら安心のお見事なやりとりで2kg弱級を何なくゲット!

この真鯛をタモ入れしていると私の竿が再びズドン!!!

軟調竿が海面に突っ込むシーンはこの釣りならでは。

思わず「キター!!!」と大人気なく叫んでしまう程の衝撃的な喜びです。

1460446766745 (640x360)

FB_IMG_1460510709261 (360x640)

10数mドラグを滑り出して、じっくりやりとり開始! 食わせタナまで巻き上げるとまた引き込みドラグを出していきます。 3号ハリスですが慌てず焦らずねちっこくやりとりをして、3~4回程ドラグを出すやりとりの後徐々に大人しく上がってきました。

IMG_20160412_164924 (640x640)

船上検量で4.8kgの綺麗な真鯛でした。

 

使用したタックルは、アナリスター真鯛270 とシーボーグ300J 道糸はメガセンサー12ブレイド3

ハリスはタフロン船ハリスEX3号×10m 針はD-MAXマダイクワセSS 9号

1460446753097 (640x360)

前半潮上になってしまったこちらのお方も潮変わりにきっちり当ててご覧の笑顔。真鯛を手にまさに「恵比寿様」のようですね!

ラストはまたまたMr.Kがやってくれました!

FB_IMG_1460511731659 (640x480)

2.4kgの美鯛! 本当に綺麗。

皆さん十分な釣果を得たところで少し速めに帰港。

FB_IMG_1460510749289 (480x640)

私は4.8kg含む真鯛6枚、ハナダイ1枚、イナダ1本と満足釣行となりました。

久里浜のポイントでは婚姻色で黒ずんだ大真鯛が釣れ始めていますが、剣崎沖はまだプレのっこみといった感じです。

しかし魚探には真鯛らしき反応がびっしり映っていましたので、「Xデー」までカウントダウンといったところでしょう。

暫くは日々の釣果情報から目が離せません!

1 / 212