田渕 雅生の記事一覧

アングラー:田渕 雅生


BLOG TOP 田渕 雅生の記事一覧
田渕 雅生さんの記事
2019.07.24

和歌山・加太のタイラバ釣行

20190718_080751

20190719_120710

我が故郷の和歌山市に帰省し、予てから企画していた、釣り船・海竜でのタイラバ釣行に行ってきました。

海竜を操船するのは、タイラバのカリスマ・中井一誠さん。

今回は2日間みっちりと最新タイラバ釣法をご教授いただこうと企んできました!

20190718_095349

20190719_111253

ポイントは加太沖に浮かぶ「友が島」周辺。 海竜の船着場の雑賀崎からは航程20分程。

この島は最近、ジブリ映画の舞台に似ていることで大人気なんです。

和歌山市の加太には、お人形や縫い針を奉る「淡島神社」や、サーフィンの1級ポイントもあり、釣り以外にも楽しめる所がありますよ!

さて、60gのヘッドをセットして朝の第1投。

20190718_050716

初日同行のMさんにいきなりのアタリ! ドラグが気持ち良く音を立てています!

写真を撮ろうとリールを巻く手を止めた瞬間、私の竿もグイン!と曲がりました!

received_472218593572371

いささか大きさが違いますが、朝の1投目から幸先良く本命真鯛をゲット!

船長曰く「前日の朝はあまり良くなかった場所だけど、ちょっと気になった」とか。

こういうインスピレーションが好結果に結び付くところが「カリスマ」と呼ばれる所以なんでしょうね!

20190718_090321

20190718_082556

タイラバで初真鯛ゲットのHさん。このあとバリバリ掛けてました!!!

received_2412544612359913

received_363670764534836

ここ数日、水温低下の影響か、あまり模様が良くないと船長。

でも流し替えの度に誰かしらにHIT! 楽しい~~~

20190718_104041

小型真鯛は全てリリース。 60cm超を頭に船の生簀が賑やかになりました!

received_316778852562976

皆さん満面の笑みです!

20190718_105940

見るからに美味しそうな「加太の真鯛」。

「釣って楽しく、食べて美味しく!」にうってつけですね!

 

2日目は生憎の雨模様でしたが、予報に反して海上はべた凪。

前日同様のポイントでスタート!

20190719_111316

2日目も朝の1投目にアタリがきました!

水深45mほどで底から5mほど巻いてきたところでいきなりゴンッ!というアタリ。同じペースで巻き続けると直ぐにまたゴンッ!そして直後に一気に走り出し、勢い良くドラグを滑らせて10mほどラインを出したところでテンションが無くなりました。。。

痛恨のフックアウト。。。 バラした魚はデカイ!!! かなりの重量感、かなりの手応えだけが虚しく私の両手に残りました。

船長のアドバイスは、前触れもなくいきなりきたアタリには、巻く手を止めて魚が反転して自らフッキングさせるようにしてから巻き始めた方が良いとのこと。

コンッコンッコンッとくる前アタリの時は手を止めずに、重量感のある引き込みに変わるまで同じペースで巻き続けるのですが、速めに巻いている時や、少し上目のタナで出たアタリには巻きを止める方がフッキングさせやすいのですね。

また、フックにワームを付けて浮力をつけ、よりネクタイと針が同調しやすくするのもバラシ軽減の方策の一つなのだそうです。

20190719_071022

はいっ! 言われた通りに実践したら、あ~ら不思議、直ぐにヒットしましたよ!!!

20190718_053525

20190719_112314

20190719_112505

クログチもホウボウも釣れました!

20190719_120718

中井船長、2日間お世話になり有難うございました。

益々タイラバが楽しくなりました!

とにかく「手軽」に楽しめて、色んな魚が釣れて、大物とも渡り合えるタイラバ。

最近は東京湾でも流行りだしてきています! 夏休みは東京湾でチャレンジしてきますよ!

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.07.16

飯岡沖ヒトツテンヤ真鯛が面白い!

20190713_040112

久し振りに飯岡のヒトツテンヤ真鯛釣りに行って来ました!

伺ったのは梅花丸さん。

20190713_075425

お気に入りのロッドは、紅牙テンヤゲームEX AGS S/MH-235

リールは、紅牙MX 2508PE-H

PEライン、UVFメガセンサー12ブレイド0.8号 リーダー、船ハリス200FX2.5号

テンヤは、紅牙遊動テンヤ+TG SS 6号  

IMG_20190713_150119_759

綺麗な真鯛が釣れました!

FB_IMG_1562996902153

20190713_091027

FB_IMG_1562996919538

ゲストには、ハナダイ、マハタ、カサゴ、ヒラメ、ウマヅラ等々多彩で、ヒトツテンヤ釣りを堪能させていただきました! 同船のメンバーとも和気藹々。何かしらヒットする度に歓声が上がります!

これでも一日潮流が無く、嘆いていた船長。終盤に漁礁周りで1発大型狙いにチャレンジ。

リーダーのチモト付近に小さなささくれが有ったのでカットして結びなおし、ドラグも若干絞め気味にして臨みました。

漁礁周りでの2流し目だったでしょうか、キャストして着底。遊動テンヤ特有のヘッドが先に落下し、付けエサが少し送れて落ちてくる。 数回少し大きめのリフト&フォールをし、フォールの後ヘッドの着底を確認してから少し待って(時間にして2秒くらい・・・ヘッドの上50cm辺りにストッパーのゴムを装着しています)、再度リフト&フォール。 これを数回繰り返したところで、リフトしようと竿を持ち上げると、グンッという重量感に竿を止められました。根掛かりのような無機質な感触ではなく、一瞬「ウン?」と思うや否や、ゴンッゴンッと鈍重な引き。「魚だ!」「デカイ!」と感じた直後、起そうとしていたロッドを一気に引ったくっていく強烈な引き!

リールからは今までに聞いたことのない、悲鳴のようなドラグ音がけたたましく鳴り、船長が飛んできてくれましたが、20m程でしょうか?ラインを出され(体感的には30m以上出された感覚ですが)、ドラグ音が止んだと同時に竿先のテンションも無くなってしまいました。。。。。

あまりの「成す術無し」感に暫し呆然から落胆。

リーダーのラインブレイク。。。切れた付近がざらついていたので漁礁に擦れて切れたと思われます。

噂には聞いていた「飯岡モンスター」。

漁礁周りに居るため、食わせた後ガチンコの引っ張り合いが必要になります。

今回は飯岡沖に大きな大きな忘れ物をしてきました。次回はしっかり準備して臨みます! 「飯岡モンスター」さん、私が釣るまで誰にも釣られないでください!!!(笑)

梅花丸さん、亮佑船長、お世話になり有難うございました!近いうちにまた伺います!

 

田渕 雅生さんの記事
2019.05.20

今期絶好調の剣崎沖真鯛釣り

剣崎沖ののっこみ真鯛釣り、今期はロングランで好調が続いてますね!

のっこみ序盤戦にはトップ30枚超え???なんていう日もあったようで、行きたくてうずうずしていたのですが、なかなか予定が組めずにいました。

今回、やっと行くことができました!

私がコマセ真鯛釣りを始めるきっかけになった船宿、松輪港の成銀丸さんに伺いました。

現在は5時30分出船ですので、少し早めの4時に船宿に伺うと、平日なのにお客様で賑わっています!

連日の好釣果の賜物ですね!

この日は真鯛に2隻出し。 私は3号船の左舷3番目(片舷5人でした)の席札を取り、いざ出陣!

成4

定刻5時30分に出船。

ポイントまでは僅か10分程度!

成5

オキアミコマセは3kgブロック1枚。 付けエサもこの中から拾います。

半分解凍したら残り半分はクーラーに仕舞うようにすると最後までシャンとしたエサが拾えます!

使用タックルは、

ロッド:バイパースティックM-300

リール:シーボーグ300MJ

ライン:UVFメガセンサー12ブレイド3号

天秤:リーディングアームⅡ 1.6-750

使用ビシはMサイズ(FLサイズ)の80号。

成1

成2

仕掛けは、快適真鯛仕掛SS ハリス4号×12m 針9号をそのまま使用。

朝一は水深42m前後で船長からの指示タナは上から20mとのこと(ハリス10m想定)。

私は26mまでビシを落とし、ハリスが馴染むのを待ってからビシを振り上げコマセを出します。

1m上げてもう1回、更に1m上げてもう1回。そして一気に6m上げて水面からビシの位置が18mにセット。

ドラグを緩めて朝の1投目からアタリが来るのを期待して待ちましたが(約2分)残念ながら空振り。

3投目にバイパースティックの竿が、一瞬フワッとしてからズンッ!と入りました!

竿を起すようにあわせを入れ、相手の引き込みを確認します!

ドラグを滑らせていくようなサイズではないけれど、1kg以上はある感じ。

竿を起したままゆっくり電動リールで巻上げ開始! 残り5mでロッドホルダーに竿を掛けた瞬間、竿先のテンションが無くなってしまいました。。。

痛恨の針はずれ。。。

「朝一バラすとその日はダメ」と、よく言われるのですが、めげている暇はありません。

同じペースで釣っていると程なくまた同様のアタリがきました!

今度はバラさないようにと、しっかりとアワセを入れ、やりとり開始。

成7

ロッドが綺麗にしなってくれました!

無事取りこめたのは、綺麗なメスの真鯛でした!

成6

また暫くして、2枚目がくると、そこから3連荘。

少し遅めの「モーニングサービス」でした!

ただ、この日は「エサ取り」も多く、エサ取りをかわす為に、真鯛を食わせたいタナでコマセを撒いて一気に巻上げ(指示タナより5m上)ゆっくりラインを送り込んでいく、所謂「落とし込み」をやるのですが、上の方にはサバフグが待ち構えていて知らない間に針を噛み切ってしまうのです。 まさに厄介者です。

また、潮流も2枚潮気味で、序盤はミヨシ側が潮先かと思いきや、艫の片が連発。中盤からは艫側に潮が流れたのですが、ミヨシ側がポツポツ食わせたりと表層の潮裏側にコマセ溜りができたようです。

そこで、私は仕掛け長はそのまま(12m)で、先針から50cmに3Bのガン玉を打ち、先述したコマセを撒いた後、タナ上で待ち、船長が船を操作(風に押されて艫流し、クラッチ入れて前進、スラスターを使って左右に振る等)するタイミングで落とし込むようにするとポツポツ拾えました。

何枚か追釣した後、竿先がズドン!!!と海面に突っ込み、ドラグを10m程出していくあたりがきました!!!

真鯛なら5kg超級と思い慎重にやり取りして上がってきたのは、青いゲスト!2.5kgの「イナワラ」ちゃん。

その後もポツリポツリあたりがあり、一日中楽しめました!

成3

まだまだ、剣崎沖ののっこみ真鯛は楽しめそうですよ!!!

 

田渕 雅生さんの記事
2019.03.05

剣崎沖の真鯛はのっこみ間近?

先日、三浦半島先端部近くにある松輪・江奈港の一義丸さんからコマセ真鯛釣りに行ってきました。

20190215_072357

20190215_072428

20190215_073004

ポイントは剣崎灯台が見える、剣崎沖。

水温がころころ変わるこの時期、北風幸人船長は、浅場から深場、根周りから漁礁周りと色々な場所を探索してくれます。

20190215_091028

朝イチに食ってきてくれたのは写真手前の真鯛。

もうお腹がプックリで、今にも産卵しそうな魚体です。体色も若干黒ずんだ婚姻色になっています。

その後釣れ上がった真鯛は未だ冬の真鯛の様相。 結構個体差があるようです。

20190215_135810

深場に移動してからズドーン!と引き込んだのはワラサでした。

食った瞬間は大鯛かと期待したのですが、その後の引きに鋭いトルクがありません。。。

でも、ご覧の釣果に大満足。

南風が吹き、春の潮が差して来たら一気にのっこみがスタートするような感じですよ!

コマセ真鯛フリークの皆様、準備はできていますか!!!

一義丸さん、幸人船長、お世話になり有難うございました!

20190215_072404

20190215_072411

使用タックル:

リール:シーボーグ300J

ロッド:バイパースティックS-300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.02.04

東京湾口にてアマダイ釣り

カワハギ釣りのメッカとしてDKO(ダイワカワハギオープン)の予選会~決勝戦まで開催される地として有名な久比里の巳之助丸さんからアマダイ釣りに行ってきました。

20190129_150602

当船宿常連のMさんの仕立てにお邪魔してきました。

20190129_072801

年明けから冷たい風が良く吹いていますが、この日は絶好の釣り日和です。

「落ち武者・アマダイに癒される会」と銘打った当日の仕立て。 意味を説明するときっと長くなるので割愛いたしますが、ちょくちょく開催されているというこの会、どうやら毎回釣果は(???)らしいのですが、この日は「らしからぬ」釣れっぷりとなったようです!

FB_IMG_1548785617677

FB_IMG_1548785563919

FB_IMG_1548785624971

FB_IMG_1548785594733

FB_IMG_1548785633672

FB_IMG_1548785536334

20190129_141349

20190129_141030

20190129_143647

20190129_141110

20190129_141133

20190129_150706

特大サイズは出ませんでしたが、全員本命ゲット。

「落ち武者」は何処へやら。。。皆さん破顔一笑でした!

幹事のMさん、巳之助丸さん、美喜男船長、有難うございました!

使用タックル

リール:SB200J-L

ロッド:極鋭タチウオゲームH-183

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.01.15

剣崎沖のイシダイ五目釣り

20190105_114454

松輪の間口港・利一丸さんからイシダイ五目釣りに行ってきました!

20190105_085932

20190105_085928

カワハギ釣りでも型狙いポイントとなる剣崎沖の根周りを攻めます。

カワハギ、ウマヅラ等の『えさ取り魚」を如何にかわして本命・イシダイを釣るか!がこの釣り最大のポイントです。

船長からの指示ダナは3~5mほどのレンジで出ます。(例えば33m~30m)

下限で止めてコマセを出し、そこからゆっくりと竿を頭の上まで持ち上げます。アタリが無ければリールを巻きながら竿先を下げまたゆっくりと竿を持ち上げていきます。 指示レンジの上限を過ぎたら回収。

エサが取られているようなら竿を上げるスピードを速めます。

イシダイのアタリは小さく、穂先の感度が求められます。

更にアタリを感じたらしっかりとあわせてイシダイの硬い口に確実にフッキングさせないとバレてしまいます。

そこで、私が選んだロッドは、極鋭タチウオゲームAGS H-183です。

操作性に優れ、SMTが繊細なアタリを捉えてくれ、バットパワーがあるのでしっかりあわせる事ができます。

20190105_090003

バッチリです!

そして後半はコマセ真鯛。

1546672981174

バイパースティックS-300がしなります。

とにかくこの竿は食い込みが抜群です!

middle_1546663980

20190105_140840

小型魚はリリースしました。

この時期のイシダイも真鯛も脂がのりのりで激美味ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.01.15

2019年初釣りは沼津から!

20190101_124803

2019年初釣りは沼津から午後船のコマセ真鯛釣りでした!

快晴・べた凪。富士山や日本アルプス連山が綺麗に望める絶好の釣り日和でした!

午後1時出船。

20190101_125130

 

20190101_125139

富士山と燦燦と輝くお日様に、今年1年の安全釣行と好釣を祈願しました。

20190101_170140

プックリとした綺麗な冬真鯛が釣れましたよ!

20190101_163331

夕方の富士山もまた荘厳で美しいです。

20190101_174804

真鯛、イナダ、イサキが釣れました。 今年も幸先の良いスタートが切れました!

17時に上がり、沼津で宿泊し、翌日は同じく沼津でアマダイ狙いです。

20190102_071651

翌日も好天に恵まれました。

20190102_161743

途中で綺麗な虹も掛かり、

20190102_162319

更に2本目も。

幻想的です。

 

20190102_141605

レンコダイ(キダイ)、イトヨリ、アカボラ(ヒメコダイ)混じりで楽しめました。

使用タックルは

コマセ真鯛:

ロッド:バイパースティックS-300(フィッシングショーでお披露目です)

リール:SB300MJ

 

アマダイ:

ロッド:極鋭ギアM-205AGS

リール:SB300MJ

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.10.15

活エビテンヤ真鯛で爆釣!

優14優2

優12

 

優11

先日、千葉県・飯岡の優光丸さんからヒトツテンヤ真鯛釣りに行ってきました!

優光丸さんでは、先月から「活エビ」をエサに使用できるとのこと。

最近、飯岡エリアでは大鯛も良く釣れていることから、期待に胸膨らませての釣行でした!

ポイントに着くと、船長がイケスから活エビを出して、全員に配ってくれます。

人間が食用でもOKな良いエビとのこと。

優5

早速、朝から本命・真鯛が釣れました!

優6

気持ちよく竿がしなってます!!!

ロッド:紅牙テンヤゲームEX AGS S/MH-235

リール:紅牙EX2510RPE

ライン:UVFメガセンサー12ブレイドEX+Si

テンヤ:紅牙遊動テンヤ+TG SS

紅牙タイテンヤTG SSエビロック

優13

タイラバのタックルも用意して行ったのですが、この日はテンヤで良くあたったので出番なしでした。

優7

青物かと思わせるような強烈な引き!!!

途中から真鯛かも???

船長がタモに納めてくれたのは、

優4

優3

ジャスト4kgの大鯛でした!終盤は真鯛入食いタイム!!!もありました!

優16

 

優15

食べても美味しい秋真鯛。

脂が乗ってて本当に美味でした!

ただ今絶好調な飯岡真鯛! 皆さんも是非行ってみてください!

優8

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.10.09

久里浜沖コマセ真鯛五目釣り

いなの9

京急大津のいなの丸さんからコマセ真鯛釣りに行ってきました!

7:00出船。 電車釣行も可能な時間設定が良いですね!

若干20歳の野地吉友若船長の操船で久里浜沖を目指します!

いなの7

いなの10

いなの6

北東風が結構強く吹き、小雨交じりのコンディション。。。

お魚達のご機嫌は如何に。。。

 

いなの8

 

仕掛けは、快適マダイ仕掛けSSを使用。 船長の指示はハリス長8mとのこと。

針8号、ハリス3号×8m、2本針仕掛けでスタート!

朝の1投目から小振りながら真鯛3連荘! 幸先の良いスタートが切れました!

波、うねりがある中、リーオマスターSX S-270は、ビシの跳ね上がりを極力押さえ、かつエサ取りの微妙なアタリも穂先に表してくれるます。バットにはしっかりとパワーを持たせてあるので、コマセも振りやすいし、魚とのやりとりも比較的楽にやれます!

いなの2

いなの5

エサ取りの代表格ウマヅラに泣かされる時間帯もありましたが、風雨強まり早めに上がった13:00までに真鯛、イシダイ、イサキ、ヒラソーダ、サバetc.

五目釣りで十分楽しめました!

秋の真鯛釣りはこれからが本番! 釣って楽しく!食べて美味しい!

皆さんも是非行かれてみては如何ですか?

いなの1

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.09.28

沼津で大鯛祭りに遭遇!

20180924_055110

20180924_055123

静岡県沼津市。 シルバーウィーク最終日に駿河湾奥で綺麗な富士山とご来光を拝みながら、コマセ真鯛釣りに行ってきました。

暑からず寒からず、べた凪の海に最高の景観! これだけでも来た甲斐があるというものです!

1537832853580

20180924_160007

タックルは、

リール:SB300MJ

ロッド:プロトで画像無し

仕掛けは、

天秤:リーディングアームⅡ

ハリス:D-FRON船ハリス4号

針:D-MAX真鯛くわせSS 10号

ビシ:FLサイズ80号

20180924_130132

20180924_130142

あまり多くの船がいたわけではなかったですが、ポイントに各船がコンパクトにまとまっていました。

朝イチから周りの船では大小混じりで真鯛が釣れ上がっていました!

20180924_075846

私も程なく無事に1枚目をゲット!

これが大鯛祭り始まりの狼煙だったとは。。。

20180924_142235

 

20180924_155433

 

20180924_145418

1537768642760

1537797064622

20180924_143131

20180925_064620

私のクーラーボックスが大変なことに!(笑)

因みに右側のクーラーが50L、 左側が35Lです。

最大は7.65kgでした。

こんな大鯛フィーバーは滅多にありません。 しかも秋のシーズンに。

十分堪能させていただきました!

c

無題

a

b

美味しくいたdきました!

「鯛の鯛」もデカイ!!!

コマセ真鯛釣りも最高に面白いですね!

 

 

 

 

 

 

 

1 / 41234