田渕 雅生の記事一覧

アングラー:田渕 雅生


BLOG TOP 田渕 雅生の記事一覧
田渕 雅生さんの記事
2019.03.04

第8回いすみ市大原港ヒラメ釣り大会

大1

670名の船釣り大会はこれが日本最大ではないでしょうか?

3月3日(日)千葉県いすみ市大原港にてヒラメ釣り大会が開催されました。

今年で第8回を数えるこの大会、年々参加者が増え続けている人気の大会です。

当日も事前の天気予報通り、生憎の雨模様で寒かったですが、早朝4:30の受付開始~5:30の開会式は参加者の皆さんの熱気ムンムンでした!

大19

大18

大17

大会協賛も釣り関連企業のみならず、地元の会社、商店等幅広く、大会運営スタッフの努力がこの人気に繋がっているんだなと感じました。

大23

ダイワからも、宮澤さん、福田テスター、私で参加してきました。 初栄丸さんに3人揃って乗船いたしました。

MCは晴山さん!(写真なくてすみません。。。)

大5

参加賞には地元の神社のお守りが!

だい6

大7

20190302_055816

 

大原港から航程15分程度、水深10mそこそこの場所で魚探にイワシの反応がバッチリ映っています!!!

海底から2~3mは魚影なく、ということは、海底に潜むヒラメを怖がってイワシが上ずっているということ。

期待に胸膨らみます!!!

が、自然界はそんなに甘くない???

水温低下の影響か? 潮が澄み過ぎているせいか?? 皆さんの熱気(殺気?)がヒラメに感づかれているのか???

なかなかイワシにアタックしてきてくれません。

一生懸命に誘いをかけてみたり、はたまた置き竿にして殺気を消そうとしてみたり(笑)、あえて動きの鈍い弱ったイワシを投入してみたりとあの手この手を尽くしていると、底付近で明確なアタリ!!!

竿先を下げた上体でオモリが底に着き、竿を目一杯上まで上げる=2・5m位の誘い幅で誘っている時でしたので、竿先が海面すれすれの位置で、一気に引き込まれるようなアタリであえなくバラシ。。。

孫針の打ち方(背びれの少し後ろ)が良くなかったと反省。 次からは孫針を打つ位置をもう2cmほど後にずらして且つしっかり深めに刺すようにしました。

そして誘いは「上から下」を意識して。

それが奏功したか、たまたまタイミングが合っただけなのか定かではありませんが、何とか1枚釣り上げることができました!

大9

決して大きくはないですが、あれこれ考えて釣れた嬉しい1枚です!

後半線に入り、同サイズを追釣。と、福田テスターの竿が大きくしなっています!

大8

2・5kgのグッドサイズ。(結果、重量勝負の今大会のこの船での最大魚でした!お見事!)

私は、サイズアップは叶いませんでしたが、終了間際に2枚連釣でき、11時沖上がりとなりました。

大10

食べて美味しい肉厚の寒ヒラメです!

大12

大11

大13

帰港後は、参加者にはお弁当と飲み物が渡され、食事している間に船長さん達がてきぱきと検量してくれました。

結構大きいヒラメが上がっていましたよ!

大22

いよいよ表彰式~お楽しみ抽選会の始まりです。

大16

大15

大14

いつもながら賞品と景品の多さにびっくりです!

大20

上位入賞された皆様おめでとうございます。逆光で写り悪くてすみません。

やはり優勝された方は5kg超の大ヒラメを釣り上げていらっしゃいました!

私も来年こそは大ヒラメを仕留めたいと思います!

参加者の皆様、各船宿様、船長の皆様、大会運営の携わった皆様、本当にご苦労様でした。

また私が乗船させていただいた初栄丸さん、お世話になり有難うございました。

また来年も参加させていただきますので宜しくお願いいたします。

使用タックル:

ロッド:極鋭ヒラメEX AGS MH-270

リール:スパルタンMX IC

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.01.11

ヒラメ~マハタリレー釣り

20181228_132659

千葉県いすみ市大原港から出船。

仲間内の仕立てでヒラメと根魚五目を狙ってきました。

元々は、ヒラメ~鬼カサゴをターゲットとしていたのですが、生憎の強風で沖に船を出すのは難しいとの船長判断。

釣りを楽しむには、先ず「安全第一」ですよね。

船長は、港から近い浅場で狙えるヒラメ~根魚五目を提案してくれ、ヒラメタックルのままで根魚釣りまで楽しんできました!

20181228_092847

ヒラメは大原エリアも好調です!

ヒラメ釣りでは、しっかりとしたエサ付けが一番重要だと思っています。

上針は鼻掛け、上顎掛け何れも少し硬くなっている場所に刺します。(私は鼻掛けにすることの方が多いです

) 孫針は背びれ、尾びれ、肛門付近と刺す場所がありますが、私は背びれの付け根にしっかりと刺すことが多いです。

タナ取りは、イワシの反応が出ているような時は高め。(底上2m~3m) ベイト反応が無い時は底上50cm~2m辺りを探ります。

(エンジン流しと横流しでタナ取りは大きく変わりますが。。。)

 

 

20181228_092839

20181228_092831

 

この写真で風の強さがお分かりいただけるでしょうか?

北の風10m以上吹いていたように思います。

さて、水深15m前後のポイントでヒラメを釣った後(全員複数のヒラメをゲット)、水深30m台のポイントに小移動。

根魚五目釣り開始!

と言っても、タックルはヒラメ釣りのまま。(極鋭ヒラメ EX AGS MH-270とSB200J-L)

カサゴ、カンコ、メバル等、船中あちこちで上がり賑やかになります!

暫くすると突然の引き込み!!! しっかりと竿を立てて巻上げてきたのは1,5kgのマハタでした。

お隣では良型のキジハタが取り込まれます。

その直後、先ほどの引き込みを大きく上回るアタリが!!!

何度かドラグを滑らす激しい突っ込みをみせましたが何とかかわし無事タモに納まったのは5kgを優に超える良型マハタでした!

received_2166197373645148

20181228_154757

港から直ぐのところにこんな魚が潜んでいるんですね!

20181228_154617

こういうリレー釣りも面白いものですね!

また行かなくては!

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2019.01.11

絶好調!銚子沖のヒラメ釣り

20181227_042333

20181227_042311

年末に、銚子・外川港の福田丸さんへヒラメ釣りに行ってきました!

20181227_072938

20181227_072930

20181227_072921

8月に発売された極鋭ヒラメEX AGS MH-270を携え行ってきました。

とにかく軽いし、感度は良いし、手持ちで誘うも良し、置き竿でアタリを待つも良し。 全く私好みのロッドです!!!

20181227_051811

水深も浅かったので、電動リール:SB200J-L と、手巻きリール:スパルタンMX  IC150HLを使用。

オモリは80号でした。

20181227_131415

20181227_131423

お天気も凪ぎも最高!小春日和の温かさで絶好の釣り日和です。

犬吠崎が目の前!ロケーションも最高!

20181227_100942

勿論、メインターゲットのヒラメのご機嫌もすこぶる良かったですよ!!!

20181227_063658

エサの活イワシは5~6匹ずつ足元のバケツに入れてくれてくれます!

出だしこそ若干ヒラメの活性低かったですが、陽が出てくる頃からは元気一杯で遊んでくれました。

20181227_125854

今期も外房ヒラメは絶好調ですね!

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.03.08

第7回いすみ市大原港ヒラメ釣り大会

春一番が吹き荒れた後の3月4日に第7回いすみ市大原港ヒラメ釣り大会が開催されました。

20180304_043904

20180304_051437

年々参加人数が増え続けており、今年は何と660名の参加者で盛り上がりました!

朝4:00受付開始。5:00からの開会式での選手の皆さんです。まだ夜も明けぬ早朝から選手の皆さんの熱気ムンムン(笑)

20180304_042435

大会協賛も釣り関係社だけではなく、地元企業や商店なども多く協賛されていました。

大会を運営されている皆さんも、この大会を盛り上げて参加者の皆さんに満足してもらおうと、見えにくいところで一生懸命努力されているんだなと感じました。

20180304_063633

さて、6:00出船。各船一斉にヒラメのポイントに船を走らせます。

20180304_122620

20180304_122655

私は、つる丸さんに乗船させていただきました!

大会当日は晴天べた凪(沖上がり後のお昼頃から風が吹いて来ましたが。。。)でしたが、先述のとおり春一番をもたらした爆弾低気圧の影響であたり一帯はもの凄い濁り潮で、各船長ポイント選定に苦心されていたようでした。

20180304_061710

20180304_061718

20180304_063709

当日の私の使用タックルは、

・ロッド:極鋭ヒラメMH-270

つる丸さんでは、使用オモリ40号~60号の所謂「ライトヒラメ」でしたが、私の釣座が右舷胴の間(前から5番目後から4番目)でしたので、並びの方々とフォールラインを変えられるように長めで張りのあるロッドを選びました。

・リール:シーボーグ200J-L

・ライン:メガセンサー12ブレイド2号

・仕掛け:快適ヒラメ「ライト対応」移動式仕掛けSS

幹糸(リーダー)上部がチチワになっていてPEラインとループtoループで接続できる仕様のため、ライトタックルで魚を取り込む際、エダスを出している部分の直前までラインを巻き込むことが可能です。

また、エダスを出す部分が遊動式になっており、ステ糸の長さをある程度自由に変えることができます。

針は、親針孫針共にサクサス使用で、多少掛かり所が悪くてもサクッと刺さってくれます。これはヒラメ釣りにおいては大いにアドバンテージになりますね!

・オモリ:快適船シンカー 40号、60号

当日のように濁りがきつい時には、私はアピール力の強い夜光を、澄み潮の時にはイワシカラーを使用しています。

20180304_135034

さて、11:00沖上がり。

結果集計中に昼食をとりながら、各船の状況を話し合っている方も大勢いらっしゃいました。

 

20180304_115801

豪華な賞品、景品の数々。

20180304_120758

結果発表の前に協賛メーカーからのプレゼンタイム!

ダイワからは宮澤さんと福田さんでヒラメ釣りにもバッチリ使えるNewリーディングを中心に紹介されていました!

20180304_125000

 

見事トップ3の皆様。

3名とも5kg超のヒラメをゲットされていました!

やはり大原沖のヒラメのポテンシャルは凄いですね!

来年も益々のご盛会になりますように祈念いたしております。

勿論、私もまた来年も参加させていただきます!

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.07.03

銚子沖の肉厚ヒラメ

20170629_073537 (640x360)

バケツから尻尾がはみ出すヒラメ! 1.5kg級。 所謂「大板」じゃないけど、釣り頃、食べ頃サイズです!

今回は千葉県銚子の外川港・孝進丸さんからヒラメ釣りに出かけてきました!

20170629_131638 (640x360)

20170629_131706 (640x360)

今回は、ダイワフィールドテスターの北本さんと晴山由梨さんの隔週刊つり丸さんの取材に同行させていただきました。

平日にも関わらず片舷6名ずつの12名ご乗船。別船も出る盛況振りです!

20170629_052714 (640x360)

20170629_052653 (640x360)

4時集合、4時半出船。

外川港から真沖に45分程船を走らせ、水深35m前後からスタート。

当日のヒラメは寝坊だったのか、静かなスタートでしたが、お陽さまが顔を出してくると船中ポツポツとアタリだしました!

20170629_060156 (640x360)

20170629_060210 (640x360)

取材も順調に進みました!

晴山さん素敵なショットは7月15日発売のつり丸をお楽しみに!

20170629_043152 (640x360)

20170629_085119 (640x360)

私も途中から竿を出してみました。

ロッドは極鋭ギアMH-270

リールはSB200J-L

ラインはメガセンサー12ブレイド2号×300m

バッテリーはBM2600

 

写真は60号錘を付けた状態です。

9:1調子に見える張りがありますが、穂先のSMTがしなやかで柔らかいため感度良く、ヒラメの食い込みも良かったです。 魚が掛かると7:3~6:4気味に胴に入り込んでいき、バット部にパワーがあるので、竿を起こした状態でやりとりするとスムースに魚を寄せてきてくれる優れた調子です。

アタリを待っている間は270cmのメリットで周りの竿より仕掛けを前に出せるので、横流し時等の時は大いに活躍してくれそうです。

この日も胴の間の席でしたが良くアタリました!

20170629_124554 (640x360)

終盤は港近くに戻り、こちらでもポツポツアタリがあり、船中全員本命ゲット。トップ8枚でした。

20170629_124803 (640x360)

銚子のヒラメは夏でも肉厚で美味い!と定評があります!

好調なヒラメ釣りに皆さんも行かれてみては如何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2017.06.20

鹿島灘テンヤマゴチ大会

20170611_113716

テンヤとワームでマゴチを釣る!

テクニカルなところもあるけど、初挑戦の人でも意外と簡単に釣れてしまうこともあるテンヤマゴチ。

6月11日に第3回鹿嶋灘テンヤマゴチ大会に参加してきました!

20170611_041450

今回お世話になったのは、不動丸さんです。

この日の模様は、不動丸さんに同船した週刊つりニュースさんにてご紹介いただきました!

20170611_041531

20170611_041812

20170611_042001

長岡丸さんにはこちらの方々もお見えでした!

20170611_041804

全15隻参加 168名が集いました!

20170611_052903

ポイントは港を出て直ぐのところです。水深も10mちょっと~浅い所では4mもありました。

マゴチ2匹の全長で競います。

 

20170611_045444

20170611_092220

使用タックルは、

ロッド: 紅牙テンヤゲームMX H/MH-230V

テンヤ: フラットジャンキージグヘッドSS 28g

ワーム: フラットジャンキー グラビンシャッド4   

この日はUVオレンジゴールドが絶好調!!!でした。(私だけではなく周りの方々も、他船の入賞者もこのワームを使っている人が多かったです!)

 

 

20170611_110440(0)

 

 

 

釣れてくるマゴチは良型が殆ど。私は56cmを筆頭に50cm絡みのサイズから上ばかりでした。

我が不動丸の最大は堂々の62cm!  魚影が濃いですね!

20170611_120855

競技終了後の表彰式を前に錦織鹿嶋市長が来られてご挨拶。

都心からもアクセスの良い鹿嶋をアピールされていました!

20170611_125627

上位入賞された皆様。 皆さん60cm絡みのサイズを2匹揃えておられました。

おめでとうございます!

 

田渕 雅生さんの記事
2017.06.08

ヒラメ40コチ20も今は昔

銚子エリアがヒラメ解禁となり、銚子・犬若港の孝進丸さんに行ってきました!

平日でも当船は16名満船。別船も出船の人気振りです!

この日はダイワ秋船カタログのロケに同行しました。

主役はこのお2人。

FB_IMG_1496736358076 (480x640)

FB_IMG_1496736328713 (640x480)

流石!お2人ともばっちりヒラメを釣り上げてロケは順調に進みました。

この模様はカタログ発行時に併せて船最前線動画もアップいたしますのでお楽しみに!

 

さて、私はと言いますと、お2人の横で決して邪魔にならないように(???)竿を出させていただきました!

(はい、決して邪魔はしていませんよ!       多分。。。(笑))

20170606_041628 (640x360)

20170606_072447 (360x640)

20170606_041707 (640x360)

20170606_051332 (640x360)

私の使用タックルは、

極鋭ヒラメMH-255

SB200J-L メガセンサー12ブレイド2号×300m

ライトホルダーメタル90cm

BM2600

 

当日のポイントは航程15分ほどの水深30m前後から10mそこそこの浅場が中心で、使用オモリはノーマルが60号、ライトが40号とのことでした。 上の画像は60号を付けた状態です。

状況により深場を流すこともあるので80号の用意もあった方が良いですね。

さて、解禁間が無い当地ですが、朝一から船中ポツポツとアタリます。

今シーズンも期待できそうです。

20170606_094838 (360x640)

20170606_120320 (640x360)

20170606_100758 (360x640)

終盤、大判ザブトン級か?と期待させた引き込みも上がってきたのは大きめのSHARK!でご愛嬌。

この極鋭ヒラメはAGSガイドとスーパーメタルトップ(SMT)の組合せで感度抜群。

エサのイワシが元気良く泳いでいるか否か目感度でも手感度でもしっかり伝わってきます。

それでいて柔軟性があり、食い込みの良さも実感できる穂先です。

バット部にはしっかりとしたパワーを持たせているため、大物が掛かっても「溜め」がきいてスムースにやり取りができます。 軽量ゆえの操作性の良さは言うまでもありません。

私一推しのヒラメロッドです!

 

この日は、ヒラメがエサのイワシを見つけたら一気に飛びついてくわえ込むようなアタリが殆どでした。

孫針使用のハリスが標準となった昨今、「ヒラメはアタッてから40数えるまであわせるな!」と言う言葉が死語のように感じます。

 

船長がとてもこまめに流し替えをしてくれて、結局船中16名全員型を見て無事終了。

潮が晴れてくると益々好釣果が期待できそうですね!

 

 

田渕 雅生さんの記事
2016.03.07

いすみ市大原港ヒラメ釣大会

千葉県いすみ市、大原港のヒラメ釣り大会に参加してきました!

20160306_050457 (640x360) (2) (640x360)

早朝4:30から受付開始、5:30から開会式です。

今回は37隻、565名の参加者での大きな大会です。

20160306_065517 (640x360)

20160306_065503 (640x360)

20160306_070256 (640x360)

ポイントは大原沖~太東沖。 1枚の重量勝負なので、各船長さん達も一発大型狙い?で攻めてくれます!

20160306_051548 (640x360) (2)

今回はダイワの福田フィールドスタッフと同船しました。ヒラメやテンヤ真鯛は得意中の得意!!!頼もしい存在です!(最近はアカムツばかりやっているみたいですが・・・・(笑))

20160306_062236 (640x360)

今回私が使用したタックルは、ターゲットシンカーコンセプトで昨秋登場した、極鋭ゲームMH-195×ミリオネアバサラ200Hにメガセンサー12ブレイド2号×200m。

このロッドのターゲットシンカーは40号。 今回は50号オモリを使用しましたが、従来のライトヒラメ竿より短い195cmなので持ち重り感が少なくゆっくりとしたタナの上げ下げが非常に楽に行えます。 また、73調子の竿ですが、魚が掛ると64気味に胴に入ってくるので大物でも余裕のやりとりができます。  東京湾タチウオ、アマダイ、イサキ、etc.と私のお気に入りの1本です!

20160306_062315 (640x360)

仕掛けはこれ!ライト仕様の快適ヒラメ。 エダスを出す位置が可変式なので便利です。 当日は餌のイワシが元気良く泳ぎまわってくれるようにエダス位置を下げ、つまり捨て糸を短くして、オモリを底を切って釣ったのが奏功しました。

 

20160306_084520 (640x360)

このタックル&仕掛けで釣った2・6kgのヒラメ! ゲームロッドでのやり取りはまた一段と楽しいですよ!!!

20160306_065604 (640x360)

リザーブタックルは、メタリアライトヒラメM-215×シーボーグ200J×メガセンサー12ブレイド2号×300mとBM2600リチウムバッテリー。

20160306_070317 (640x360)

福田FSも私と同サイズのヒラメをゲット。 極鋭ライトヒラメMH-235×ミリオネアバサラ150H-Lで余裕のやりとりです。

20160306_124929 (640x360)

さて、表彰式&豪華抽選会の模様です。 500名超が一同に集まると凄い熱気ですね。

20160306_124755 (640x360)

20160306_124849 (640x360)

豪華な賞品や景品の数々。 地元名物の干物や海産物、お米等々がたくさん用意されていました。

20160306_130855 (640x360)

上位入賞された方々。 お見事です!

大会といっても1匹の重量勝負ですから、終始和気藹々とした雰囲気で楽しく釣りを楽しめる大会だと感じました。

皆さんも一度参加されてみては如何ですか?

来年は私も表彰台に上がれるように頑張ります!!!