清水 恭仁の記事一覧

アングラー:清水 恭仁


BLOG TOP 清水 恭仁の記事一覧
清水 恭仁さんの記事
2017.07.25

AKASHI TAKO GAME10 / D-STYLE OCTOPUS / KYOKUEI WORKS WEST JAPAN

熊本県天草/ふみ丸』さんでの船タコ釣りに引き続き、大分県、福岡県、愛媛県、広島県より『極鋭TEAM RED 』メンバーが、兵庫県明石に集結しました。

前夜はカワハギ談義で熱く盛り上がり、その勢いも衰えぬまま「明石浦/丸松乗合船」さんへ。

以前より九州エリアのカワハギフリークの方々と交流を持ちたいと私自身思っておりしたので、良い機会を作っていただきました。

(さらに…)

清水 恭仁さんの記事
2017.07.19

AKASHI TAKO GAME9 / ABSOLUTE METALLIA EGITAKO / 爆乗警報発令‼️

盛夏、この言葉に似つかわしい季節がやって来ました。

明石船タコ釣りも例年の調子を取り戻し、爆乗りシーズンの到来です。

(さらに…)

清水 恭仁さんの記事
2017.07.06

AKASHI TAKO GAME8 / METALLIA EGITAKO RESTART‼️ / TEAM SALTIGA⁉️

6月23日、大潮のタフコンディションの中での釣行に引き続き、7月1日再度明石タコ釣りにチャレンジしてきました。

(さらに…)

清水 恭仁さんの記事
2017.06.12

AKASHI TAKO GAME7 / METALLIA EGITAKO / EVOLUTION‼️

5月よりシーズンインをした、明石船タコ釣り。

2017年初釣行は、釣友8人で『明石浦港/丸松乗合船』さんにお邪魔してきました。

そして今シーズン、ダイワより待ちに待ったメタルトップ搭載の船タコ専用ロッドが発売。

IMG_3356

『メタリアエギタコ170』

船タコ釣りでのLTC(ライトタックルコンセプト)を標榜し、非公認SMTロッドを愛用してきた私にとっても発売前から大きな期待を寄せていたロッドです。

タコの触りさえも感じられる感度。

穂先にメタル素材を採用する事によって得られるダイレクトな操作性。

そして、船タコ釣りでメタルトップロッドを長年使い続けてきたものだけが知る大きなアドバンテージ。

それは、他素材では実現できないであろう海底への仕掛け追従性の高さ。

メタルトップ採用ロッドの登場で、船でのタコ釣りは新たな世界へ足を踏み入れました。 (さらに…)

清水 恭仁さんの記事
2017.05.15

加太カワハギクラブ / KAWAHAGI FESTA 2017

加太カワハギクラブで、今年も春のイベントを和歌山県加太港 / 三邦丸さんで開催しました。

私は、当日愛媛県に出張しており残念ながら参加出来ませんでしたが、無事終了との連絡を頂きました。

若手カワハギトーナメンターの役員さんが中心となって、今回も企画から頑張ってくれています。 (さらに…)

清水 恭仁さんの記事
2017.03.23

美味しんぼCUP2017 / カワハギX / 和歌山県栖原港

みなさん、ご無沙汰しております。

秋に体調を崩し、5ケ月ぶりに現場復帰が出来ました。

今回は、今年で4回目の開催となる『美味しんぼCUP2017』について報告致します。

この『美味しんぼCUP』は、関西カワハギトーナメンターの親睦を兼ねて毎年この時期に開催しています。

誰にでも上位入賞の可能性があるようカワハギ1枚あたりの重量差で順位が決定するので、釣り分けを考えながらいろんな釣り方を楽しめます。

商品は、自分で買わないであろうちょっと手の届かない美味しい食材。全員が上位入賞目指して頑張ります‼️

そして、この大会のもう一つの顔。カワハギスペシャリストの釣りを間近で見ることが出来ます。

ダイワからは宮澤さん、田渕さん、品田さん、ダイワ船ブロガーの鈴木さん、DKOファイナリスト。

関西で開催の大会優勝者など、今まで多くのスペシャリストの方に参加をしていただいてきました。

この大会は、数勝負の大会ではないので自分の釣りを中断して同船したその方々に話をすれば、その時々の状況に応じた釣り方も説明してもらえる。

これが参加者にとって、先々大きな財産に変わると考えています。 (さらに…)

清水 恭仁さんの記事
2016.05.22

AKASHI TAKO GAME1 / RED OR BLACK?

昨年実現出来なかった宮澤さんとの明石船タコ釣行ですが、今シーズン取材を兼ねて実現が出来ました。

今回、自分で画像を撮ってませんので、宮澤さんと吉田さんが撮影された画像をお借りしています。

船宿は、「兵庫県明石浦/魚英」さんです。

IMG_2328  魚英さん 受付

今回は、名光通信社さんの「船マダコ最前線2016」の取材です。

(さらに…)