清水 恭仁の記事一覧

アングラー:清水 恭仁


BLOG TOP 清水 恭仁の記事一覧
清水 恭仁さんの記事
2018.05.21

AKASHI TAKO GAME VOL13 / VALUE OF THE NEW STYLE OCTOPUS‼️

ゴールデンウィークが明ける頃、例年通り兵庫県明石エリアで船タコ釣りが開幕しました。

今回のは、宮澤さん、西村さんと『釣場速報』紙の取材を兼ねた 釣行です。

船宿は、ダイワで初めての船タコロッド『タコX』発売時に取材で訪れた『明石港/魚英』さんです。

5C9A25D7-DBEC-4A1C-8035-A7A56658E28F

朝のご挨拶は、広島名物もみじ饅頭と呉名物メロンパンのメロンパン。

実は、この四月に広島に転勤となり単身赴任中です。

147F69D6-E1EF-4094-9C2E-86D9AAD490C3

F7F2789D-C51D-49AC-BA72-65DAF35E8C0A

本日のタックルは、今春発売の新商品オンパレードです。

ロッド   エギタコX

リール   スパルタンTW

ライン    UVFメガセンサー 12ブレイドEX+Si

錘            快適船シンカーS

エギ        快適船 タコエギSS

1DD9B73A-1E5E-4FE9-AF86-9C990A9B48CB

シーズン序盤は、 数より型狙いです。

三者三様のタックルで、今シーズン初めての明石蛸に挑みます。

8BB075B9-413D-4859-9A32-B747C7F7953D

D68A1151-1451-485E-9D82-7C0BDAF4450B

172EAFB1-983A-4F90-A5B2-510EFA3059F9

6D36E061-F569-4DA9-B0D9-33A1783C7E7B

56301AEC-9645-48D7-93AC-C9596B3BDA9C

さすが持ってる二人、大型を取り込みます。

41620636-444D-484C-B0CF-8664BB4B19ED

今シーズンのメインタックルとして『エギタコX』と『旧スパルタンTW』購入の西田さんにも大型がヒット‼️

C450AA86-BD27-49F8-B34D-31CD6CCAEEAE

取材用画像撮影のミッションを一旦終え、『エギタコX』の気になった事項の確認作業に移ります。

この『エギタコX』、使っている中で何となくテンヤにも使えそうな感触を持ったのです。

明石の60号錘でのテンヤを付けて、錘を海底に着けて最大限のテンションが入った状態。

3901D979-5CB9-4B04-81CC-FEF8B2DD48E8

結論から言うと、この『エギタコX』はテンヤでも使えます。

それも、かなり良い感触を受けました。

画像を見ての通り、しなやかに動くティップと強めのベリー部。これが、テンヤ釣りに求めるロッドの形なのです。

ある意味タコエギ入門用ロッドですが、テンヤでは中級以上の方にも満足していただける調子だと思います。

一日の中でテンヤ有利な時間帯は必ず出てきますので、一度試してみてください。

またどのロッドにも共通しますが、タコが海底に張り付いたら一度ラインテンションを抜いてタコが動き出したのを見計らい再度フッキングして下さり。

いくらタコ専用ロッドと言えども基本ライトタックルですので、タコを海底から剥がそうとするのは禁物です。

81D42BA4-15F3-465B-91CE-707D68961E6D

次に新型となった『スパルタンTW』。

小型化により15gの軽量化を果たし、遠心ブレーキを搭載。

このリールは、『メタリアエギタコ』にセットをすると軽量化の恩恵、バランスの良さを体感します。

高剛性のスーパーメタルボディは更に強靭化され、100mロングハンドルと相まって巻き上げのスムーズさに磨きがかかっています。

そして、12ブレイド2号がちょうど100m巻けるのもありがたいですね。

船タコ釣りに一押しのリールです。

BA840711-02DD-4359-BC07-F90A5AC7E2E5

そして、満を持して発売の船専用タコエギ。

昨年初夏より構想し、なんとか今シーズン発売にこぎ着けました。

性能は、hpなどを見ていただくとして…

サイズは、3号と3.5号の二種類です。

いろんな考え方がありますが、私自身3号をメインに使っていきたいと思っています。

これは、アピール性を取るのかフッキング性を取るのかという事です。

特に大型タコの場合、なるべくフッキング位置をタコの中心部にもっていきたい。

エギが小さい方が、タコの中心部にフッキング位置をもっていきやすいという考え方です。

カラーとしては、タコテンヤのリボンの基本色黄色、赤色、緑色を中心に白系色を組み合わせていきたいと思っています。

DB1E9580-46C4-4AB1-9828-2FC3CAFA4389

AC999FB8-9023-475D-9204-995ED1CC0023

716B4B3C-ED43-4650-839D-4F41C45E0D89

今シーズン水温上昇の遅れもあり少しす渋めの開幕でしたが、徐々に数が上がってきました。

一雨毎にタコも大きくなり、夏が始まる頃には新子の数釣りシーズンが待っています。

また、暑い夏が待っています。

今回の取材内容は、5月25日発売の『釣場速報』紙に掲載予定です。

59DF459F-0914-4783-8EAC-8FE931AA2EE8