清水 恭仁の記事一覧

アングラー:清水 恭仁


BLOG TOP 清水 恭仁の記事一覧
清水 恭仁さんの記事
2017.07.25

AKASHI TAKO GAME10 / D-STYLE OCTOPUS / KYOKUEI WORKS WEST JAPAN

熊本県天草/ふみ丸』さんでの船タコ釣りに引き続き、大分県、福岡県、愛媛県、広島県より『極鋭TEAM RED 』メンバーが、兵庫県明石に集結しました。

前夜はカワハギ談義で熱く盛り上がり、その勢いも衰えぬまま「明石浦/丸松乗合船」さんへ。

以前より九州エリアのカワハギフリークの方々と交流を持ちたいと私自身思っておりしたので、良い機会を作っていただきました。

IMG_4532

IMG_4531

そして、日が変わり乗船が始まります。

IMG_4482

IMG_4480

メンバーは総勢九名、メタリアエギタコ、アナリスターエギタコなど、左舷にダイワロッドが林立。

IMG_4490

壮観です‼️

当日のタックルは、

ロッド:  メタリアエギタコアナリスターエギタコ

リール  :  スパルタンTW150H-LタトゥーラSV TWダイナスター150TDジリオン100SH

ライン  :  UVFメガセンサー8ブレイド+Si

その他  :  チョイ置きホルダーライト尻手ロープST1500-RS

今日は、朝イチの潮廻りと終了間際の良い潮に間に合えば釣果は期待出来る。中盤は拾い釣りになるだろうというのが、勝誠船長の予測です。

勝誠船長の予想通り、一流しめから順調にタコが取り込まれていきます。

IMG_4424

何故か初めての釣りって、女性の方が釣っちゃうんですよね〜

IMG_4421

梶原さん、調子よく掛けていきます。

IMG_4486

大庭さんと鳴瀬さんは、何故か型揃いです‼️

IMG_4485

そして、ふた流しめから予想より早くアタリが遠のき、拾い釣りの状況になってしまいました。

水深は5メートル。潮流もかなり強くなってきましたが、このタイミングこそ大型タコを釣るチャンスです。

潮が速いと、遊泳能力の低い小型のタコはエサを見つけても抱きつくことが出来ません。

数は少ないながらも、諦めずに誘っていると大型タコがヒットするものです。

テンヤに大型がよく掛かるというのも、潮が速い状況での仕掛け安定性が大きく影響しているような気がします。

しばらくするとミヨシ側の鶴谷さんに今日イチの大物、ドーンと2.4kgがヒット‼️

IMG_4549

続けざま、隣の坂本さんにも2.2kgが‼️

IMG_4431

そして、拾い釣りの平和な時間が訪れます…

IMG_4508

私は、いつものように落ちていたみたいです…

IMG_4557

そしてエキサイティングな終盤戦の開幕は、この方達から‼️

IMG_4509

小代さん、射場さんのアナリスターエギタココンビ‼️

IMG_4510

IMG_4520

メタリアエギタコ、アナリスターエギタコ、五人同時にヒット‼️

IMG_4448

怒涛の入れ掛りタイムを満喫し、全員50匹前後の満足いく釣果で終了しました。

遠くからお集まりいただきありがとうございました。

皆さん流石にお上手で、全員がここまで釣るとは驚愕です。私は、キープ43匹+リリース3匹という結果でした。

七日間のうち三日間をタコ釣りに費やし、身体中其処彼処がパンパンです(°_°)

IMG_4477

IMG_4471

鶴谷さん、坂本さん、2kgアップおめでとうございます‼️

IMG_4565

そして、港に戻って本日おたのしみ第二弾‼️

極鋭カワハギEX AGS F1』のお披露目会です。

IMG_4417

IMG_4416

IMG_4465

IMG_4457

ミリ単位の誘いを可能にする史上最強のキレキレロッド、『AGS F1』。

なんと既に七名が予約済みとのこと。

来月には愛知県師崎で夏カワハギも始まり、熱いシーズンが近ずいてきています。

極鋭カワハギEX AGS F1』とバージョンアップされた『アナリスターカワハギシリーズ』。

手にしたあなただけが、その真価を体感出来ると思います。

そのポテンシャルは、計り知れません。

カワハギの楽しさを伝えるための、アナリスターカワハギシリーズ。

たった一枚の価値を追い求める方への、極鋭カワハギEX AGS F1。

その素晴らしさを、多くの方に体験していただきたいと思います。

2017シーズン、新たな扉を一緒に開けていきましょう。

image

IMG_4597

IMG_9522

IMG_4566

IMG_9514