清水 恭仁の記事一覧

アングラー:清水 恭仁


BLOG TOP 清水 恭仁の記事一覧
清水 恭仁さんの記事
2017.05.03

阿南カワハギ大会 / EX ZERO / D-ZONE CAPTURE

今シーズン最後のカワハギ釣りは、徳島県阿南市で開催の『阿南カワハギ大会』です。

宮澤さんと徳島カワハギ釣行をしようと一年前から話をし、今回それが実現しました。

ここには、徳島県での宮澤塾開催を以前より切望していた『極鋭TEAM RED』の大庭さんの想いも詰まっています。

4月29日、高速バスと鉄道を乗り継いで一足先に阿南中林港に乗り込んでいた宮澤さんと合流。

IMG_2658

阿南駅から中林港までは、大会スタッフとして参加の大庭さんに送迎していただきました。

IMG_2668

港では、当日の釣りを終え宮澤塾カワハギ講習会の真っ最中。

IMG_2656

講習会終了後は、ホテルにチェックインし、夜の懇親会に備えます。

IMG_2727

楽しい時間は、あっと言う間に過ぎ、中締め。

IMG_2718

『関西カワハギ三本締め』、誘い下げと誘い上げ、最後にテンションフォールで締め‼️

IMG_2803

そして、REDメンバーに濱中さんを交え甘いもの食べながら本日のパターンを教えてもらいました。

IMG_2689

こちらはこちらで、盛り上がり⁉️

IMG_2752

二次会の熱も冷めないまま、大会受付に集合です。

IMG_2666

昨夜の懇親会も珍しく2番を引き当て、なんと釣座抽選でも2番を引き当てました。

春の珍事、クジ運の無い自分にあり得ない事態です。

乗船したいと希望していた水天丸さん、右舷2番を選びます。

IMG_2709

この大会は、ロッド持ち込みが二本までとの規定があり、泣く泣く『カワハギX MH-180』を自宅に置き、『極鋭カワハギ EX AGS ZERO』と『極鋭カワハギ レッドチューン AGS ボトム』をチョイスしました。

IMG_2692

港を出て30分、ポイントに到着し大会が始まりました。

IMG_2758

シブいながらも、同船者の方は中錘だけの小さな誘いで順調にカワハギを取り込んでいきます。

IMG_2703

IMG_2697

IMG_2694

IMG_2701

苦手なパターンに苦戦し、キャストしてもダメ、仕掛けを留めてもダメで三時間苦難の時間を過ごします。

集寄の釣り、中錘の釣りをしても全く手が合わず二枚で船中スソ争いの真っ只中です。

IMG_2766

皆さん、気合いが入ってます。

IMG_2767

51mラインにポイント移動をしたのを機会に、ロッドを『EX ZERO』にチェンジし自分本来の集寄を入れた釣りで終盤に賭けます。

IMG_2708

船中でもトップとかなりの枚数差、はたして挽回出来るのか⁉️

IMG_2763

IMG_2693

いつもより集寄の位置を下げ、『快適カワハギピラピラ集寄R』4号と5.5号を仕掛けの潮切れに合わせて使い分けていきます。

仕掛けを動かすレンジは、ボトムから40cm迄で今回中錘を打ってはいません。

集寄をそのレンジで振った後、テンションフォールで喰わせの状態を作っていきます。

誘い操作は、以前マスター船カワハギというMOOK本に紹介させていただいた『フォーリング釣法』。

当初50mでのDEEP ZONEでの『EX ZERO』の操作性に不安を持っていましたが、集寄の潮切れも問題なく怒涛の入れ掛りが始まります。

ダイワ スーパーメタルトップでしか表現出来ない穂先での振れアタリ、手に伝わる違和感アタリ。

ワンサイクルの誘い操作で面白いようにカワハギが掛かってきます。

IMG_2772

さすが『EX ZERO』。

嵌った時の爆発力は、DKO関西予選の時もそうでしたが手をつけられません。

大流しなので、パターンに嵌らないポイントもありますがほぼ入れ掛りです。

そして残り一時間13時を過ぎる頃、先に腕の限界がきてしまいました…

仕掛けは振れるのですが、テンションフォールの時に腕が勝手に下がり思うようなフォールが出来ません。

そして、最終28枚を釣り上げ船中スソからトップ釣果まで這い上がりました。

同船の皆さんも好釣果で満足のいく釣りが出来たようです。

IMG_2704

IMG_2759

IMG_2699

IMG_2762

IMG_2700

IMG_2696

IMG_2824

『極鋭シリーズ』はやっぱり面白い、そして扱い易い。

テンションフォールでアタリを出すには、やはりスーパーメタルトップに敵うロッドは存在しない。

フォールや止めで、アタリを感じ易いロッド。

その部分が、多くの方々の支持を得ているのだと思います。

まだまだ進化を止めない、ダイワ スーパーメタルトップ。

『Powerd By SMT Technology 』

今回も、またロッドに助けられたような気がします。

IMG_2771

そして大会の結果ですが、三枚長寸、枚数共、愛知より参加の久松さんがダブル受賞されました。

極鋭カワハギレッドチューン AGS SF』で38枚の釣果です。

枚数の部二位は宮澤さんで30枚、3位は平田さんと清水が同枚数で28枚という結果でした。

IMG_2835

また今大会と前後して、四国エリアでもカワハギクラブが立ち上がりました。

西日本全体にこの熱気が伝わる事を期待します。楽しみながら、お互い切磋琢磨してエリアを盛り上げていってください。

IMG_2846

またこの場を借りまして、大会に参加された皆さま、徳島県阿南中林/水天丸さま阿南橘西港/清和丸さま日和佐港/八千代丸さま伊島港/大鱗さま

楽しい時間をありがとうございました。

また、懇親会や大会準備、スタッフ業務などご協力いただきました、大庭さん、武田さん、お疲れさまでした。

想いは伝わります。

その想いが、この先大きなパワーとなって西日本カワハギシーンを牽引していくこと。

そして、一人ひとりが主役です。必要のない人など存在しない。

阿南は、自分にとってある人との『約束の地』でした。

必ずまた訪れます。

二日間、ありがとうございました。

IMG_2834

IMG_9030

IMG_9514