小野 信昭の記事一覧

アングラー:小野 信昭


BLOG TOP 小野 信昭の記事一覧
小野 信昭さんの記事
2018.07.05

木更津沖のシロギス

180624-d
シロギスは決して大きな魚ではありませんが、 ねらう際に繊細なタックルを使用するとアタリや引きを存分に楽しむことのできる “小さな巨人”といっても過言ではない魚です。

沿岸部でねらえることや、道具立てがシンプル なことからビギナーからベテランまで幅広い ファンのいる人気の釣りものとなっています。

手軽にねらえる魚ではありますが、ビギナーと ベテランでは釣果に差が付きやすい上に、 手前船頭のボートフィッシングとなると ポイント選定や実釣時のボートコントロールも 釣果を左右する大きな要因となるので決して 侮れないターゲットとなります。

「ボートからのシロギス釣り、ご一緒にいかがですか?」 と呼びかけたところ、4名が集まりました。

当日は梅雨の真っ只中で、予報どおり雨模様の 空でしたが、雨にも負けないヤル気満々の皆さんが 木更津のセントラル株式会社(木更津マリーナ)に集合。 ボートでのシロギス釣りを楽しみにしているその表情を拝見し、なんだかとても嬉しくなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回借りたのは26フィートのプレジャーボートで、 私を含めた5人で釣るのに丁度いいサイズのボートです。
参加者全員がボート免許所持者だったので、操船や魚群探知機の活用法などシロギス釣りに必要となるノウハウをお伝えしながら釣り場へ向かいました。

木更津にてボートをレンタルする最大の魅力はマリーナから近いところでシロギス、アジ、ハゼ、シーバスなどがねらえるという点で、ビギナーでも安心してボートフィッシングを楽しむことができる点にあります。

180624-h

シロギスは浅場の魚なので雨による水温低下や濁りによる活性低下を危惧していましたが、開始早々から本命が釣れ上がりひと安心。
その後も決して入れ食いとはいえませんが、誰かしらにアタリがあり、ポツリポツリとシロギスが取り込まれていきました。

終わってみれば皆さん、ビギナーとは思えないほどの釣果を上げておりニコニコ顔。

180624-l

実釣4時間ほどでしたが、用意したザルには乗り切らないほどの数のシロギスが釣れました。また、イシモチやマアジ、ホウボウなど多彩なゲストも釣れ、バリエーション豊かなお土産となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正午まえに納竿となりましたが、桟橋に着岸した頃には空はすっかり晴れ渡り、真夏のような日差しとなりました。

 

今回の釣果のシロギスでは、炙りの握り寿司と、天ぷらを作りました。

180625-a

釣りたて、揚げたてのシロギスは本当に美味いですよね~(^Q^)/

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: アナリスター キス S-180

スピニングリール: エクセラー 2508RH

ライン: メガセンサー 12ブレイド 0.8号 200メートル

テンビン: 片テンビン(腕長10cm)

オモリ: 10号~20号

仕掛け:市販の シロギス用仕掛け

エサ: ジャリメ

 

◆ボートフィッシングにおけるシロギスのポイント探しについては
以下のサイトにて紹介しています。
魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「シロギスを追うVOL.4」

宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.06.27

南房沖のイサキ釣り

あっ、これはイサキの画像ではありません・・・何の魚か分かりますか?

180617-m

そう、シマアジなのです。

6月上旬、南房総にてスキューバーダイビングを楽しんだ際、海中にて撮影した画像です。

ダイビングを終えたら後、無性にシマアジを食べたくなり、現地の寿司屋でオーダーしたのが以下の画像。

180617-p

コレが旨いのなんの!!  というわけで、もうこうなったら自分で釣るしかない!!

そういえば昨年もシマアジをねらったけど釣れずじまいだったっけ・・・

よ~し、今シーズンこそ!! と気合が入ったものの、釣行当日はナント、朝寝坊・・・

結局、東京湾アクアラインを渡ったのは午前8時近くになってしまいました。

180617-l

そして、南房総の海辺に到着したのは9時過ぎ。

ところが、思いのほか風が強く、マイボートを出航させるのは困難な状況・・・(泣)

180617-k

風裏となる内房方面へ移動すれば出航可能だろうなぁ~でも、時間が時間だしなぁ~

マイボートでの出航を諦め、どこかの釣り船(午後船)に乗ろうかなぁ~?

それとも、釣り自体を諦め、グルメツアーに切り替え、美味しいものでも食べて帰るかなぁ~・・・など、マイカーの車内でスマホで情報を集め始めていたら、ついウトウト・・・眠ってしまいました。

そして、目覚めたのは正午ころ、朝に比べ風が幾分弱まっているではないか!!

というわけで、大急ぎで車の屋根からボートを下ろし、出航準備を開始し、13時過ぎに出航しました。

魚群探知機にてシマアジらしき反応を探しますが、イマイチ確信が持てないので、とりあえず釣れそうな高根周りにて実釣スタート。

はじめは手返しのサイクルを早くして、一生懸命コマセを撒きます。

ようやく届いたアタリが嬉しく、条件反射でアワセを入れると、強烈な引きが竿先を絞り込みました。

ワクワク感MAXでヤリトリすると、水面下にキラキラ輝くシマアジの魚体ではなく、灰色の魚が!!

その正体はメジナでした。

180617-b

う~む、メジナだって美味しい魚だけど、釣りたい魚はシマアジであり、微妙な気分。

その後もメジナをかわしつつ、シマアジの登場を待ち望んでいましたが、釣れ上がるのはメジナばかり。

このままこのポイントにて粘っていても埒があかないと判断してポイント移動。

180617-a

次なるポイントでは高根の上に魚群反応が映っていたので、もしや!!と思ったけど、釣れ上がったのはイサキであり、シマアジではなかった。

180617-i

それでも、釣れるイサキは30センチオーバーばかりで、迷わずキープ。

180617-d

竿先をキュンキュン、絞り込む引きはクセになりそうな楽しさで、見るみるうちにボートのイケスが良型イサキで満たされていきます。

あっ、調子に乗って釣っていたけど、もう既に我が家の食卓では消費できない量になってしまったのでは? という懸念を感じたので、ツ抜け(10尾)を達成したところで、ストップ “イサキ” フィッシング。
再度、シマアジを求め、放浪の釣り場探し・・・。

しかしながら。またしてもシマアジにあうことができないまま、コマセをすべて使い切ってしまいました。

残り時間の1時間半はジギングにてヒラマサをねらいましたが、コチラも不発。

180617-h

結局、釣果はイサキ10尾とメジナ1尾のみ持ち帰ることにしました。

180617-j

早速、釣り魚料理となりますが、イサキとメジナの握り寿司、そして刺し身丼です。

両魚種とも脂がのっていてとても美味く、日本酒との相性もバッチリでした。

180617-f

さらに翌日はカルパッチョ。
イサキとオニオンスライスの食感とカルパッチョソースが相性抜群で最高の美味さでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてさらに翌日にはイサキの定番料理である塩焼きです。期待を裏切らない美味しさです。

180617-g

さらに翌日はイサキの身と真子をソテーに。

そして、白子で作ったクリーミーなソースを掛け・・・

180617-o

素人料理ですが、美味しくできたことに自分でもビックリしました。

イサキ釣りの楽しさと、その美味しさは再認識しました。

でも、やっぱりシマアジを仕留めたかったなぁ~

 

 

◆なお、今回の釣行を簡単な動画(50秒間)にまとめました。 宜しかったらご覧ください。

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: アナリスター 64 30-235

リール: シーボーグLTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: メガセンサー 12ブレイド 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 マルチ Φ1.2-200

ビシカゴ: シャベルビシ速攻III M 60号

仕掛け: 市販イサキ仕掛け 幹糸3号、ハリス3号、3本バリ、全長3.5メートル

エサ: オキアミ  コマセ: アミエビ

 

◆ボートフィッシングにおけるイサキのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「イサキを追う vol;.4」  「同左 vol;.3」  「同左 vol;.2」

宜しかったらご覧ください。

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年06月 南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.06.09

金沢八景沖のマアジ釣り

180606-b
日本人の食卓に最も多く並ぶといっていいほど庶民的な魚、マアジ。
でも、その人気はお手頃な価格というだけではなく、この魚が美味しいことに起因すると思っています。

平日(水曜)の午後、急遽時間が作れたので釣行を決断しました。しかしながら、気象情報では雨が降り続くとの予報だったのでマイボートでの釣行を断念し、遊漁船の午後船に乗ろうと考えました。
近所の船宿2軒に問い合わせたところどちらも「お客の予約が入っていないので中止にします」とのこと。
3軒目にしてようやく乗船できる船宿「金沢八景 弁天屋」にこぎつけました。

実はこの船宿は昨年11月の紅牙タイラバカップin東京湾にてお世話になったところで、準優勝の成績を自分に与えてくれた好印象の船宿です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
12時30分、小雨が降る中、4名のお客を乗せて岸払い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
船は野島公園沖にてスパンカー(船尾側の帆)を立て、一路、八景沖へ向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
付けエサは赤タンまたはアオイソメで、コマセはイワシのミンチを使用します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
入れ食いとはいかないものの、開始早々からポツリポツリと美味しそうな金色のマアジが釣れ上がります。

最初の頃はアタリが届いた際にアワセを入れてましたが、「アワセない方がいいよ」との船長からのアドバイスに従うと確かにフッキング率が上がりました。

また、海がベタ凪だったので、置き竿にてアタリを待ち、向こうアワセの方が成功率が高いことも判明。
リーディング64 S-190が最高のパフォーマンスを発揮してくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回、私は3本バリ仕掛けを使いましたが、追い喰いが上手くいくと一度に2尾以上釣れるいわゆる一荷も味わえます。

喰い渋ると新たな群を求めてポイント移動を繰り返し、数を伸ばせるように船長が努力してくれました。

180607-d
その御蔭で21~25センチのアジが30尾ほど釣れ、持参したザルには乗らないほど。

16時過ぎ、沖上がりのアナウンスがありました。

実釣4時間弱の半日船でも十分過ぎるほどお土産が確保できたことに驚きと喜びを感じました。

帰宅後はさっそく釣果のアジを使って料理・・・といっても、タタキと刺し身。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
脂がノリノリで激美味でした。

180607-b
もちろん脂が乗った身は酢飯ともマッチし、素人料理ながら素材の良さに助けられ極上の寿司を堪能できました。

180608-a
また、つみれ汁やサンガ焼きも家族からは大好評で、”ちょっと釣りすぎちゃったかな?”と思っていたアジですが、3日間で消費しきってしまいました。

以前から東京湾のアジは美味いと知っていましたが、その味を再認識する釣行となりました。

 

◆なお、今回の釣行を簡単な動画(50秒間)にまとめました。 宜しかったらご覧ください。

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 64 S-190

リール: シーボーグLTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: メガセンサー 12ブレイド 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 マルチ Φ1.2-200

ビシカゴ: MDライトビシ 35号

仕掛け: 市販ライトタックルアジ仕掛け 幹糸2号、ハリス2号、3本バリ、全長2メートル

エサ: 赤タン、アオイソメ

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年06月 八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.04.18

城ヶ島沖のアマダイ五目

180325-h

片テンビンに吹き流し仕掛けをセットし、オキアミをエサにしてねらうアマダイ釣りでは本命以外にも多彩な魚がヒットするので大好きな釣りのひとつです。

今回の投稿はそんなアマダイ五目の釣行レポートで、実は3月中旬に城ヶ島沖に浮かんだ時のものです。

投稿が遅くなり、失礼しました・・・m(_ _)m

 

7時に三浦半島の浜辺を愛艇・友恵丸で出航。

水深80メートル付近をねらいますが、大潮だったこともあり、前半は早潮に大苦戦。

ラインを立てる操船を心掛けると、ポイント上をあっと言う間に通過してしまう状況です。

180325-i

本命はおろか他の魚からのアタリも少ない状況が開始から2時間近く続きました。

「この流速ではアマダイがエサに追い付けないはず」とか「昨日まで降り続いた雨による水温低下で魚の活性が下がってしまった」などと、釣れない理由をもっともらしく同乗者に伝える私。

さらに潮止まりの時間も近づいてきたので、半ば諦めムードの私でしたが、同乗者は諦めることなく誘いを繰り返しています。

その努力が実って本命アマダイが浮上。本人は人生初アマダイで大喜びしていました。

180325-e

あとに続けと、私もせっせと誘いを掛けますが、2尾目のドジョウ(アマダイ)はいない模様。

それでも、朝方に較べれば魚の活性が高まってきたようで、ムシガレイやウッカリカサゴ、ホウボウ、カナガシラなど様々な魚がヒットしました。

180325-d

また、同乗者はオニカサゴ(イズカサゴ)も釣り上げ、ご満悦。

180325-g

正午過ぎ、予報どおりに風向きが変わり、やや波も高まってきたので安全を最優先に考え、沖上がりとしました。

終わってみれば、本命アマダイこそ1尾でしたが、多彩なゲストが揃いました。

180325-b

今回はムシガレイの煮付けとその他は唐揚げにしました。

180325-a

本命が不発に終わり、凹んだ気分を吹き飛ばすような美味しさでした。

180325-f

 

◆今回のアマダイ釣りのタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 73 MH-185 MT

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 50号

仕掛け: 自作アマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス3号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.4」  「アマダイを追う vol;.3」 宜しかったらご覧ください。

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.02.26

城ヶ島沖のアマダイ

冬場の人気ターゲットのアマダイ。そろそろ終盤になりますね~
180221-e

正午頃に浜辺を出航しました。

実は今回の釣行では、はじめは浅場の根周りにてメバルを狙ったのですが2時間やっても1尾も釣れない状況だったので、急遽アマダイ狙いに変更しました。

アマダイの状況はすこぶる良く、2時間弱の実釣時間だったものの画像にある釣果が得られました。

水深65メートル前後の釣り場で海底底質が泥の所を狙い、ボートはスパンカーを使った流し釣りにてアマダイに挑みました。

今シーズンのアマダイ狙いではあまり良い思いができていなかった私は、1尾釣れれば御の字・・・っていう気持ちでしたが、開始1投目から本命がヒット。

180221-d

サイズは25センチ級なので小型の部類ですが、いきなりの本命登場に思わず顔がほころびます。

本命が釣れたら、先ほどまでの”1尾釣れれば御の字”なんて言っていたことをすっかり忘れ、”次はサイズアップだ!!”なんて思ってしまうのは欲深い証拠ですね。

そんな欲深いことを思った瞬間からアタリがパッタリ止まってしまうなんていうのはいつものことなのですが、今回は違いました。

その後も頻繁にアタリが訪れ、2時間弱で5尾もアマダイが釣れ上がりました。

180220-b

海はベタ凪だし、アマダイも活性が高いし、次第に良型も交じるようになり最高の時間となりました。

さらにカメラをセットして動画を撮影する余裕もできました。

3尾のアマダイを取り込む映像となっています。宜しかったらご覧ください。

以下の画像のアマダイが当日の最大サイズ39センチのものです。

180220-c

特大サイズ(自分の中では45センチ以上のモノ)こそ出ませんでしたが、このクラスが3尾釣れました。

180221-c

今回、使用したロッド「 リーディング 64 S-190 」は錘(オモリ)負荷30-60号という柔らかめのモノでした。

当初、アマダイ釣りにはややアタリが取りにくいのでは・・・? と懸念していました。
しかしながら、いざ使ってみると、ロッドが大きく曲がることによる竿先と手元の距離が近くなる分だけモーメントの関係でアタリが取り易くなり、なかなか使いやすいものだと実感できました。

掛けてからも強烈な3段引きに対しては、ロッドのタメが利くので、安心してヤリトリできました。

言ってみれば、腕との一体感が得られる感じがしてアマダイの引きを存分に楽しむことができました。

 

釣果のアマダイは以下のように料理しました。

まず始めは兜(カブト)焼き、そして鱗(ウロコ)揚げです。

塩、胡椒の簡単な味付けですが、香ばしくて美味しいです。

180219-a

翌日は西京焼き、塩麹焼き、刺し身、握り寿司にしました。

素材が良いので素人料理ですが、とても美味しいです。

180220-a

さらに翌々日は昆布締めです。

アマダイの水分が昆布に吸われて身が締まり、昆布の旨味が刺身に移ることで深い味わいとなります。

180221-a

あぁ~、またアマダイを釣りに行きたくなってしまいました~

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 64 S-190

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 50号

仕掛け: 自作アマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス3号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.4」  「同左 vol;.3」  「同左 vol;.2」 宜しかったらご覧ください。

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年02月 城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.01.26

江の島沖のアマ&オニ

180120-k

冬場のターゲットとして人気が高いアマダイとオニカサゴは沖釣り師の間ではよく知られた魚ですが、釣りとは無縁の人々からすれば決して知名度が高くはない魚です。

それもそのはず、街中の魚屋さんには滅多に並ばない魚なので、一般家庭の食卓にもなかなかのぼらない魚だからです。

1月20日、「アマダイ&オニカサゴを釣りたい!!」という面々5名を連れ、湘南サニーサイドマリーナから相模湾へ向けレンタルボート(YAMAHAシースタイル)で繰り出しました。

180120-j

真っ先に向かったのは今シーズン好調が続いている江の島沖方面。
今回もアマダイとオニカサゴが同居しているような水深90メートル前後のポイントを中心に探って行きます。

180120-i

でもやはり、まずはお土産を確保したいという気持ちからか? オニカサゴに比べると釣果を得やすいアマダイ狙いにて全員が実釣スタート。
しかしながら、そのアマダイでさえも船中1尾目がなかなか登場しない厳しい状況です。
それどころか、アマダイ釣りにおける定番ゲストとしてお馴染みのトラギス、ヒメコダイ、キダイも掛かりません。

今日の海は一体どうなっているんだ?なんて誰もが思いながら、誘いのパターンを変えたり、あの手この手を試してみます。

「オニカサゴを狙う人が居ないなら、アマダイがより釣り易い水深へ移動しましょう!」と提案し、水深80メートル以下の実績ポイントへ移動。

その甲斐あってか? ようやく本命アマダイがポツリポツリと釣れ始めました。

180120-d

やはり魚が釣れると皆さんに笑顔が戻ってきます。

180120-e

朝方は曇天でしたが、次第に雲も切れ、青空となりました。

180120-f

ポイント探索やロッドアクション変更、仕掛け変更など、いろいろ工夫するのもなかなか楽しいものです。

180120-b

アマダイ仕掛けのオキアミエサにもオニカサゴがヒットした人も。

180120-g

オニカサゴは特大サイズこそ出ませんでしたが私には釣れず、釣った人が羨ましかったです。

180120-h

海はどんどん穏やかになり、アタリが乏しいながらも皆でワイワイ楽しめました。

180120-a

活性の低さに苦しめられましたが、それでも皆の釣果を並べてみるとなかなか壮観です。

180120-c

釣果のアマダイは昆布〆と一夜干しにしました。

180120-l

この美味しさを知ってしまうと、寒いこの時期でも釣りへ行こうという気持ちになります(^Q^)/

 

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 73 MH-185 MT

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 50号

仕掛け: 自作アマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス3号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイとオニカサゴのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.3」  「同左 vol;.2」  「同左 vol;.1」

「オニカサゴを追う vol;.2」  「同左 vol;.1」     宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年01月 江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.01.16

葉山沖のアマダイ

この時季、食べたくなるのがこの魚、アマダイ。

クリっとした目のゆるキャラのように見える顔の魚ですが、お味の方は絶品です。

180114-h

但し、厳寒期となる今は朝布団から出るのがちょっと辛い・・・

ましてや休みの日など、ゆっく身体を休めていたい。

でも、そんな自分にヤル気を起こさせてくれるニューロッドを入手しました。

今週末のフィッシングショーにてお披露目される” リーディング 73 MH-185 MT “というロッドをひと足先に試す機会に恵まれました。

リーディング73といったらこれまで私の中では汎用性が高く最も使用頻度が高いロッドとして1年を通して私の片腕となってくれた頼れる1本なのです。

180114-i

そんな1本を含めたリーディングシリーズが4年の歳月を経て、フルモデルチェンジします。

入手した” リーディング 73 MH-185 MT “を車に積み込み、いざ葉山沖のアマダイ狙いへ寒さも苦にせず出掛けました。

しかしながら、当日は寒さもさることながらやや強い北風によって行く手が阻まれてしまいました。

その影響で実釣時間は短くなってしまったのですが、ニューロッドが良い仕事をしてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やや波っ気の残る海況なので終始手持ちでの釣りとなりましたが、そんな状況下でも小さなアタリをしっかり手元まで届けてくれるのです。
ロッドの軽さと、高感度な穂先、そして185センチという長さなどの相乗効果が現れていると思われます。

180114-a

釣ったアマダイは特大サイズこそ出ませんでしたが、多彩なゲストも交じり、存分に楽しめました。

180114-c

終日寒かったけど、来てよかった~!! 釣りって楽し~!!を噛みしめながらボートを片付けました。

180114-d

以下が当日の実釣動画です。映像は1分間に編集してあります。宜しかったらご覧ください。

なお、釣った魚たちで寿司を握りました。
左からキダイ、ヒメコダイ、アカアマダイ、トゴットメバルです。

180114-f

“皮つきで炙ったもの”と”皮を引いたもの”とで同じ魚でも味が違ってくる点が興味深く、4魚種なのに8魚種分の寿司が楽しめました。

さぁ、次はこのロッドで何を狙おうかな? そんな汎用性のあるワクワク感を与えてくれるロッドでした~(^o^)/

 

あっ、それから、同じくフィッシングショーでお披露目されるSaqSasスイベル。

たかがスイベル、されどスイベルなのです。

180114-j

特にアマダイ釣りのように水深50~100メートルを狙う場合、仕掛けの上げ下げに伴う仕掛けの撚れ(ヨレ)は大敵です。

シンプルな仕掛けこそ使用するパーツにこだわりたい・・・と半年ほど使用し、実感しています。

この小さな巨人、是非使ってみて下さい。その良さを実感できますよ~(^o^)/

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 73 MH-185 MT

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 50号

仕掛け: 市販のアマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス4号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.3」  「同左 vol;.2」  「同左 vol;.1」 宜しかったらご覧ください。

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年01月 葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.01.02

駿河湾のアマダイ

毎年暮れも押し迫った12月30日を仲間内ではホワイトデーと呼んでいます。というのも、毎年この日に駿河湾にてシロアマダイを狙って来たからです。

171230-g
(この画像は昨年のものです。真ん中に写っているのがシロアマダイです)

シロアマダイといえば幻の魚と言われるまで数が減ってしまった希少価値が高い魚。アカアマダイよりもやや浅い場所に棲息しているので、通常のアカアマダイを狙っているとなかなかお目にかかれない魚ですが、ホワイトデーだけはシロアマダイを意識した水深の海域にて終日粘る暗黙のルールとなっています。昨年は7名で狙って1尾のみ。

今年こそ自分が釣ってやると意気込む6名が4艇のボートに乗り込みそれぞれ思い思いのポイントにて竿を振りました。

171230-c

結果から申し上げると、今年のホワイトデーにはシロアマダイは1尾も上がりませんでした。

もともと浅い海域を狙うのでアカアマダイさえも通常の水深を狙うよりも少ないのですが、今回は特に厳しい日に当たってしまい苦戦しました。それでも午後に入って時合が来たのか、後半は浅い水深にもかかわらずアカアマダイはパタパタと釣れ、良型も交じりました。

171230-e

171230-d

「まぁ、こんな年もありますよ」、「毎回釣れたら価値が下がっちゃうんだから、これで良かったんじゃないの!!」という声も聴かれ、2017年の仲間内のホワイトデーは終了しました。

でも終わってみればアカアマダイの釣果も良型交じりで十分なものとなりました。

171230-a

釣果のアカアママダイは刺身、昆布締め、ウロコ揚げにしました。激旨でした~

171230-f

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: 極鋭ゲーム MH-195AGS

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 50号

仕掛け: 市販のアマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス4号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.3」  「同左 vol;.2」  「同左 vol;.1」 宜しかったらご覧ください。

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2017年12月 駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.01.02

相模湾のアマダイ

171223-a

三浦半島芦名(横須賀市)にある湘南サニーサイドマリーナにてSea-Styleのクラブ艇(レンタルボート)
を利用し、アマダイ&オニカサゴを狙いに出掛けました。

171223-f

寒い時期にもかかわらず、当日はポカポカ陽気で、海も穏やかな日に恵まれました。

171223-b

佐島沖からスタートし、実績ポイント周辺を攻めますが、魚の活性が低くて大苦戦。

171223-c

それでも日が高くなるにつれ、ポツリ、ポツリと本命が顔を出し始めました。

171223-d

佐島沖の次は葉山沖へ

171223-e

佐島沖→葉山沖→鎌倉沖へとポイントを変えていきます。

171223-g

どのポイントも釣れ続くことがなく、さらなるポイント移動で江の島沖へ。

171223-h

最終的には全員安打で、船長としてホッとして沖上がり。

171223-i

決して大漁ではないけれど、全員の釣果を並べるとそれなりに見映えはしますね(^_^;)

この寒い時期にしては稀にみるポカポカ陽気の中、相模湾でのクルージングとボートフィッシングの両方を楽しめました。

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: 極鋭ゲーム MH-195AGS

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 50号

仕掛け: 市販のアマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス4号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.3」  「同左 vol;.2」  「同左 vol;.1」 宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2017年12月 相模湾・アマダイ 平塚・マダイ・アマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.01.02

平塚沖のアマダイ&マダイ

171203-f

アマダイ1尾の体長を競い合う釣り大会を私が所属する平塚フィッシャリーナミニボートクラブで開催しました。

171203-c

当日はこの釣り大会と併せて「海上ごみ拾い」も実施し、大量のごみを拾ってきた人も表彰されるルールとなっています。

7時半過ぎ、15艇20名の参加者がごみ回収袋を片手に、思い思いの釣り場へ向かって平塚フィッシャリーナを出航しました。

私は相模川河口の正面沖合へ向かい水深70~80メートルにて実釣スタート。

実は今回は片テンビン+2本バリの+オキアミというオーソドックスなアマダイ仕掛けではなく、大アマダイを意識し、タイラバにて狙ってみることにしました。

そう簡単に釣れないことは分かっていたけど、開始から2時間もアタリが無いと不安になり、オーソドックスな仕掛けで挑んでいる連中の釣果が気になります。たまたま近くでやっていた友人に訪ねてみると本命アマダイは釣れず、エサも取られない厳しい状況とのこと。
ホッと胸を撫で下ろす半面、こんな状況ではタイラバ釣法のラバージグなんて追ってこないのではないか?と一抹の不安を感じ始めました。
でも、今回はタイラバタックルのみをボートに積み込んで出航したので他の釣法に切り替えるわけにはいかないので、ひたすらフォール&リトリーブを繰り返し大アマダイからのアタリを待ちます。

正午前、ジグを海底から10メートルくらい浮上させたところで待望のアタリが届きました。
えっ、こんなに上のタナまでアマダイが追って浮上して来たの?…と半信半疑で巻き続け、竿先が大きく引き込まれたところで合わせを入れるとそれなりの重量感とともに鋭い引きが伝わってきました。

これがアマダイだったら、上位入賞できるかも・・・そんなことを意識しながらヤリトリしていましたが、なんとなくその引きがこの釣法にて狙ういつものターゲットの引きに思えてきました。そして浮上して来たのは2キロ級のマダイ。やっぱりキミだったか~。

171203-d

本大会ではマダイは表彰の対象とはなりませんが、20年間もの間この海域に通っていてこのサイズのマダイは初めてであり、本命でないにしても嬉しい1尾となりました。

13時半の検量には、「今日は渋かったね~」と口ずさむ人が多かったのですが、そんな中でも釣る人はちゃんと釣っていて、優勝者が釣ったアマダイは49.5センチでした。

171203-b

それにしても、今回はポイント移動の最中も、実釣時も、海上にてまったくごみを見つけることができませんでした。前日から吹き続けていた北風の影響でごみは沖へ流されていったものと推測でき、今回の「海上ごみ拾い」については企画倒れに終わってしまいました・・・(-_-;

帰路途中に観た ” スーパームーン “。相模川に架かる湘南大橋の上で渋滞にハマったおかげで今年最大の満月を撮影することができました。こんな月夜なら渋滞も悪くないかな・・・v(^_^;)

171203-g

釣果のマダイはその前日に釣ったカワハギやウマヅラハギとともに握り寿司、刺身、刺身丼にしました。美味しかったですよ~

171203-e

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド:紅牙 X 69XHB

リール: シーボーグ200J -DH

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: メガセンサー 12ブレイド 0.8号 200メートル

リーダー: ディーフロン船ハリス 4号 4メートル

ルアー: 紅牙 ベイラバーフリー カレントブレイカー ホロオレンジ 100g

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.3」  「同左 vol;.2」  「同左 vol;.1」 宜しかったらご覧ください。

◆平塚フィッシャリーナの利用方法につきましては、当方のホームページ内の
コンテンツ「平塚フィッシャリーナ」に記載してありますので宜しかったらご覧ください。

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2017年12月 平塚沖マダイ・アマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

1 / 712345...最後 »