小野 信昭の記事一覧

アングラー:小野 信昭


BLOG TOP 小野 信昭の記事一覧
小野 信昭さんの記事
2019.01.14

東京湾のLTアジ

1月5日、横浜ベイサイドマリーナからシースタイルのクラブ艇をレンタルしてアジ釣りへ出掛けました。

同行してくれたのは晴山由梨ちゃん(右)とキャスティング朝霞店スタッフのつづちゃん(左)のお二人。

そう、釣りガール2人にオジサン1人という夢のようなシチュエーションでのボートフィッシングなのです。

この日が来るのを指折り数えましたよ、本当に。

悪天候によってお流れになってしまわぬよう、テルテル坊主も作りましたよ、仕掛け作りをそっちのけで。

そんなオジサンの願いが天に通じたのか? 二人の日頃の行ないが良いのか? 定かではありませんが、当日は晴天、べた凪で絶好の釣り日和に恵まれました。

マリーナに集合してみてビックリ、二人はお揃いのウエアを着ており、まるで姉妹みたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
キャスティング朝霞店スタッフのつづちゃん(左)と晴山由梨ちゃん(右)

そして早くもガールズトークで盛り上がっていました。

オジサンはタックル類を準備しつつも、二人のトークに聞き耳をたててみると、二人とも今回が2019年の初釣りだとか。

二人と一緒に釣りができることで有頂天になっていたオジサンですが、初釣りだと知りオデコで帰すわけにはいかない・・・と急にプレッシャーを感じてしまいました。

何しろ、ボートフィッシングで釣果を上げるには、確かなポイント選定と、実釣時におけるボートコントロールが大切なので・・・そうはいってももうやるしかない!! まさしく”乗りかかった船”です。

今回、向かおうとしている釣り場は、過去に何度か釣り教室にて浮かんだ場所で、当時と変わらずにアジが釣れて欲しいなぁ~なんていう期待と不安が入り混じった気持ちで桟橋へ移動しました。

マリーナスタッフに最近の釣況を伺ったところ、「マリーナからすぐのところでもアジがたくさん釣れましたよ。1か月前くらいのことですけど」と貴重な情報を聞かせてくれた。その釣り場は、当初自分が目論んでいた場所とほぼ一緒だったのでホッと胸を撫で下ろしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
出船前にマリーナスタッフにお願いして記念撮影

9時半過ぎ、準備も整い、いざオススメのエリアに向け出船です。

釣り場に近づいたところで、カッコいいところを見せようと魚群探知機のボタン類をいじくり、解説を始めるオジサン。

二人が真剣に耳を傾けてくれるのをいいことに、解説はどんどんマニアックな方向へ・・・イカン、気難しいオジサンだと思われそうなので、適当なところで話は終了。

アジらしき魚群反応と、アジが好んで回遊しそうな高根が見つかったので、アンカーリングします。

コマセを使って回遊するアジをボート直下に足止めして釣る作戦です。

190106-m
コマセとしてイワシのミンチとアミエビの両方を用意しました。画像はイワシのミンチです

ライトゲーム系のタックルを使用し、片テンビンに吹き流しのビシアジ仕掛けをセットします。

付けエサは、イカタン(食紅で染めたイカの短冊)やパワーイソメなどをいろいろ試す作戦です。

190105-b
私は水深25メートル前後の浅場のポイントにも関わらず、横着して電動リールを使いました

アンカーリングしてボートが風と潮流に馴染んだところで仕掛け投入の合図を出します。

開始早々、いきなり由梨ちゃんが本命アジを釣り上げ、「今年の初ものは本命アジでした~」と独特の可愛らしい声でつぶやくので、オジサンはもうデレデレ。

でも、デレデレだったのはオジサンだけではなく、つづちゃんもまたそんな由梨ちゃんにデレデレで、二人してニッコリ笑顔の由梨ちゃんの写真を撮りまくり。

190106-o
初ものが本命だったので嬉しそうな由梨ちゃん

撮影大会がひと段落したところで置き竿にしていたオジサンのロッドに目を向けると竿先にアタリが届いているではないか!!

ヤッター!! アジが釣れた~と喜ぶというより、このアジによって先ほどアジを釣った由梨ちゃんとのツーショット写真が撮れるという喜びだったことは内緒です。

「あっ、せっかくだから由梨ちゃんとのツーショット写真を撮ってもらおうかな・・・」としらじらしいことをつぶやいて、つづちゃんに撮影を強要する図々しいオジサン。

190106-p
鼻の下が伸びた写真にならないよう、意識的に顔を作りましたよ

続けてつづちゃんにも良型アジがヒット。船上は早くもフィーバー状態となりました。

ドヤ顔を封印して、ニッコリ笑顔のつづちゃんもやっぱりカワイイです。

今度はつづちゃんの笑顔にデレデレして写真を撮りまくる節操ないオジサンです。

190106-k
美味しそうなアジの登場に思わずニッコリするつづちゃん

その後もお喋りしながらでもアジは適度に釣れ、癒されました。

190105-k
ガールズトークの話題は多岐にわたっていました。釣りの話以外にも飼っているペットの話とか・・・

190105-h
追い食いを成功させるとご覧の通り、一荷釣りが可能。してやったりの表情の由梨ちゃん

190105-c
良型アジを釣り上げ、得意のドヤ顔を炸裂させたつづちゃん

途中でアタリが来なくなったなぁ~と思ったら、風向きが変わったことでボートがポイントからズレてしまっていました。

オジサンの目線は二人に釘付けで、節穴だらけ。ボートの位置がズレたことすら気づいていませんでした・・・反省。

一旦、アンカーを上げて、再度、高根付近にボートが止まるようにアンカーを降下させます。

着底したらロープを伸ばしつつ、ボートを後進させる訳ですが、あうんの呼吸で由梨ちゃんが操船してくれます。

由梨ちゃんとの息のピッタリ合った、アンカーリング・・・こんな作業にも喜びを感じてしまうオジサンはもう変態の領域か?

アンカーの打ち直しが功を奏し、再び、アジが釣れ始めました。

190105-g
アジのダブルヒットかと思ったら、由梨ちゃんが掛けたのは良型シロギスでビックリ

190105-i
3本バリ仕掛けを使ったオジサンはトリプルも達成。良型が3尾掛かると、かなり重たいです

190105-b0
同じウエア着用の二人が並ぶと真ん中のアジを持っているのがどちらの手なのか? わからなくなります(^_^;)

終日、海は穏やかであり、この時期にしては驚きのポカポカ陽気。

190105-o
最高の釣り日和に恵まれました

アタリも多く、この状況がいつまでも続けばいいなぁ~と心の中で思っていました。

あっ、もちろん”この状況”というのは、この二人とずーっと釣りが続けられたら・・・の意味が込められているのはいうまでもありません。

しかしながら、無情にもボート返却の時間(15時)が近づいてきました。

返却前にはマリーナ内の給油所にも立ち寄る必要があるので時間に余裕をもって、ストップフィッシング。

190105-a
東京湾の美味しそうな金アジがクーラーいっぱいに釣れました

アンカーをウインチにて引っ張り上げ、回収します。

帰港の操船は由梨ちゃんにお願いしました。カワイイからカッコイイに変わった瞬間です。

190105-d
一級船舶免許を所持する由梨船長。隣には大船に乗った気持ちでVサインするつづちゃん

190105-e
マリーナに帰港後、釣果を並べて記念撮影。実は他のクーラーにもまだまだアジがいっぱい・・・大漁でした

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
互いに撮影会をやっていました。由梨ちゃんを撮影するつづちゃんを撮影する私・・・

いやぁ~本当に夢のようなボートフィッシングでしたよ。

解散時に、「楽しかったです!!」「また行きたいです!!」という二人の言葉が社交辞令ではなく、心の底から放った言葉だと信じ、次回一緒に行けるのはいつ頃かなぁ~なんて考えながら、帰路につきました。

というわけで、帰宅後は釣魚料理です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
いや~本当に美味しそうなアジがたくさん釣れました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まずは、尾頭付きの刺し身、そしてアジ丼

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アジフライはホクホクで超美味。特に揚げたては絶品です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アジの蒲焼きは美味すぎてご飯がいくらでも進んでしまいます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さんが(山家)焼きはハンバーグ感覚でモリモリ食べられます

オジサンの妙に砕けた長文を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 64 S-190

リール: シーボーグLTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: メガセンサー 12ブレイド 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 マルチ Φ1.2-200

ビシカゴ: MDライトビシ 35号

仕掛け: 市販ライトタックルアジ仕掛け 幹糸2号、ハリス2号、3本バリ、全長2メートル

エサ: 赤タン、アオイソメ

 

◆ボートフィッシングにおけるマアジのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「マアジを追う vol;.4」  「同左 vol;.3」  「同左 vol;.2」 宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2019年01月 東京LTアジ  東京湾タイラバ  外房タイラバ
2018年12月 駿河アマ  東京タイラバ  芦名アマ  小網代アマオニ  葉山アマ  芦名アマ  逗子アマ
2018年11月 小網代アマダイ
2018年09月 東京湾タイラバ  新山下LTアジ  館山中深場~深場五目
2018年08月 城ヶ島キハダ・マダイ  八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島キス
2017年07月 三浦アジ 葉山コマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦ヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦ムギ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚アマ 葉山アマ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 館山五目 南房イサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中ハギ
2016年08月 男鹿マダイ 剣崎・水中ハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津キス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎キス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山キス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマ・マダイ 平塚アマ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山ハギ 館山オニ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎キス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチ 西伊豆コマセ 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚キス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2019.01.10

駿河湾のアマダイ

12月30日、この日を仲間内では”ホワイトデー”と呼んでいます。
毎年この日に皆で駿河湾へ白アマダイを求めて釣行するからそう名付けました。

平成最後のホワイトデー。
晴天、べた凪というこの上ない好条件の中、白アマ狙いの火ぶたは切って落とされました。

181230-a

お目当ての海域に到着し、ボートのスパンカーを張り、仕掛けを準備します。
高ぶる気持ちを抑えつつ、しっかり、きっちり、仕掛け類をセットします。何しろ、白アマは一般的な赤アマよりも大きく成長するのと、赤アマよりも水圧変化に強いので、最後まで強烈なファイトを行なうのが特徴であり、決して油断できないターゲットだからです。

そんな感じで入念に準備を進めていたら、近くに浮かんでいた仲間のボートから叫び声が聞こえてきました。

耳をすますと何やら「白アマが来たかも!」と叫んでいます。

まさか、冗談を・・・と振り向くと、確かにロッドが大きく曲がり、時おり強烈に叩かれているではありませんか!

白アマでないにしても、かなりの大物のはずです。

固唾を飲んで見守りましたが、タモ取りされた途端に叫び声が一層大きくなりました。

「本当に白アマダイだよ!! マジで1投目から大本命が来ちゃったよ!!」

それがこの魚でジャスト50センチの白アマダイ。

181230-b

毎年、一緒にチャレンジしている間柄なので祝福したい気持ちもありますが、正直言うと”先を越された”とか”悔しい”というのが本心です。

あぁ〜羨ましい。

負けてはいられないとこちらも釣り始めると、同乗者が早々に35センチ級を釣り上げました。といっても、こちらはノーマルの赤アマダイ。

181230-x

本来なら赤アマでもそのサイズが釣れれば嬉しいものなのに、先ほど目の当たりにした50白アマの衝撃が大き過ぎて、35赤アマが霞んでしまいます。

私のロッドにもアタリが届きました。強烈な引きをロッドのタメでいなし、時にリールからラインを出して対応し、ようやく上がって来たのは42センチの赤アマ。

181230-c

思いのほか引きが強かったのは、口元ではなく、エラ付近にハリがスレ掛かりしていたから・・・ということは現場では内緒にしておきました。

その後、中だるみの時間があったものの、ポツリポツリと赤アマダイが釣れ、さらに嬉しいゲストとしてイトヨリダイ、マハタなども釣れました。

13時過ぎ、私に待望の白アマが釣れ上がりました。といってもサイズは23センチほどの小さなもので、写真を撮り忘れて後悔しきり。

それでも今年のホワイトデーを辛うじて征することができたので、心置きなく15時過ぎに沖上がり。

181230-d

全4艇がそれなりに釣果を上げており、皆ニコニコ顔で2018年の釣り納めとなりました。

釣果料理としては以下の魚達でまずは寿司を握りました。
イトヨリダイ、マダイ、アカアマダイ、シロアマダイ、カナガシラ、マハタ、アヤメカサゴ、タマガシラ、ヒメコダイ、ムシガレイの10魚種です。

181231-f

魚種が多いと食べる際に楽しさが広がります(^Q^)/

アマダイの定番料理、松笠(ウロコ)揚げ、そして唐揚げ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに、さまざまな魚種をブレンドして作ったさつま揚げ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いずれの料理も素材がいいので美味しく頂くことができました(^Q^)/

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: 極鋭ゲーム MH-195AGS

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 80号

仕掛け: 自作アマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス3号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.4」  「アマダイを追う vol;.3」 宜しかったらご覧ください。

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年12月 駿河アマダイ  東京タイラバ  芦名アマ  小網代アマオニ  葉山アマ  芦名アマ  逗子アマ
2018年11月 小網代アマダイ
2018年09月 東京湾タイラバ  新山下LTアジ  館山中深場~深場五目
2018年08月 城ヶ島キハダ・マダイ  八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島キス
2017年07月 三浦アジ 葉山コマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦ヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦ムギ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚アマ 葉山アマ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 館山五目 南房イサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中ハギ
2016年08月 男鹿マダイ 剣崎・水中ハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津キス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎キス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山キス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマ・マダイ 平塚アマ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山ハギ 館山オニ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎キス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチ 西伊豆コマセ 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚キス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.12.31

芦名沖のアマダイ

12月24日(祝日)に東京湾にてタイラバをやる予定でしたが、前日の段階で「北寄りの強風が懸念され無理そう・・・」との判断から急遽、相模湾でのアマダイ狙うことにしました。

今回は湘南サニーサイドマリーナにてシースタイルのクラブ艇をレンタルし、釣友2名と出航しました。

181224-d

しかしながら、アマダイを狙うような沖合では相模湾側とて強風を直撃するような状況でした。(この画像は当日、一番穏やかになった瞬間に撮影したものです)

風に流されやすいプレジャーボートなので、シーアンカーを投入し、流れのスピードを抑制したました。

開始早々に同乗の2人がオニカサゴとアマダイを釣り上げ、幸先いい・・・と思ったのですが、その後が続かず、長ーい沈黙の海となってしまいました。

均衡を破ったのはアマダイではなくこの魚・イナダでした。

181224-f

その後、私には本命アマダイがヒット。

181224-g

そして、まだアマダイの顔を見れていない一人にもアタリが到来。

強烈な引きと重量感でロッドが大きく曲がり、見るからにデカアマがヒットしたと思える状況でした。

しかしながら、ヤリトリの途中で痛恨のバラシ!!

どうやら波によるボートの上下動が原因のようでした。

間違いなく時合だ!!と気合を入れ頑張りましたが、釣れ上がるのは本命以外の魚たちばかり。

風も収まってきたのは13時半ごろ。

残り時間も少なくなり、焦る面々。

結局、アマダイをさらに1尾追釣できたのみで帰港の時間が迫ってきたのでストップフィッシング。

181224-a

穏やかになりつつある海を見ながら、あと2時間でも早く、こんな感じで穏やかになってくれれば・・・と悔しい気持ちで帰港しました。

181224-b

渋い一日でしたが、なんとかお土産も確保でき、冷たい北風の中、頑張ってよかったです。

181224-c

釣ったアマダイは翌日に捌きました。

181224-e

一応、クリスマスということなので、アマダイを尾頭付きの刺し身とし、クリスマスケーキと並べてみました。

この日の時点では、ケーキの甘さが勝っていましたが、もう数日寝かせておけばアマダイももっともっと甘みが出るはずです。

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: 極鋭ゲーム MH-195AGS

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 80号

仕掛け: 自作アマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス3号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.4」  「アマダイを追う vol;.3」 宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年12月 芦名アマ  小網代アマオニ  葉山アマ  芦名アマ  逗子アマ
2018年11月 小網代アマダイ
2018年09月 東京湾タイラバ  新山下LTアジ  館山中深場~深場五目
2018年08月 城ヶ島キハダ・マダイ  八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマ・マダイ 平塚アマ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山ハギ 館山オニ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎キス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチ 西伊豆コマセ 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚キス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.12.29

小網代沖のアマ&オニリレー

釣友がアマダイ&オニカサゴのリレー釣りの企画に声を掛けてくれました。

お邪魔したのは小網代の仕立船「所ヱ門丸」(しょえもんまる)です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初対面の人が多かったものの、同じ趣味のもの同士すぐに意気投合。

楽しい1日になりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出航直後に観た日の出。シーボニアの上から日が昇りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎回のことですが、当日の第1投目は毎回、ワクワク度がMAXになります。

アタリが少ない日のようですが、釣る人は釣ります。

181223-e

本命アマダイの船中1号が登場して船上は活気づきました。

181223-b

本命以外の魚もポツリ、ポツリと釣れ上がります。

181223-f

私には一向に本命からのアタリが届かず、心の中は雨・・・。

そしたら本当に雨が降ってきてしまいました。

181223-m

45センチ級のアマダイも登場し、皆のボルテージも一気に上がりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

約4時間経過後に次なるターゲットのオニカサゴねらいに変更しました。

181223-g

皆が苦戦するなか、絶好調の幹事Mさん。アマダイに続きオニカサゴでも良型をゲット。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後半は雨も本降りとなってしまいましたが、皆とワイワイ楽しめました。

181223-a
今回を”釣り納め”とする人やまだまだ釣行計画のある人など年末に向けての釣りへの取り組み方が人それぞれ違っていて話を聞くと面白いですね。

私は今回の釣りでは終われないことが決定しました~(^_^;)

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: 極鋭ゲーム MH-195AGS

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 80号

仕掛け: 自作アマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス3号、2本バリ、全長2メートル
自作オニカサゴ仕掛け 幹糸6号、ハリス5号、2本バリ、全長1.5メートル

エサ: オキアミ、サバの切り身

 

◆今回乗船した釣り船「小網代 所ヱ門丸」(しょえもんまる)

181223-d

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年12月 小網代アマオニ  葉山アマダイ  芦名アマダイ  逗子アマダイ
2018年11月 小網代アマダイ
2018年09月 東京湾タイラバ  新山下LTアジ  館山中深場~深場五目
2018年08月 城ヶ島キハダ・マダイ  八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.12.28

葉山沖のアマダイ

最近、毎週のようにアマダイ釣りに出掛けている自分ですが、どうしてそんなにもハマってしまうのでしょうか?

この美しい姿と愛くるしい瞳に魅力を感じるからなのか?
181216-e

それとも食味に魅力を感じるからなのか?
181216-i

それとも釣趣に魅力を感じるからなのか?
181216-j

理由は何であれ、その魅力にどっぷり浸かっているのは確かであり、今回もアマダイを求めて出掛けました。

マイボートを車に積んで向かったのは葉山港。

ここは国体のヨットレース用に作ったスロープから出航できる点が魅力です。

出航準備を整え、10時頃に出航と相成りました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目指すは水深70メートル前後で海底底質が砂泥の場所。

目論んでいた水深70メートル付近には数多くの延縄漁の仕掛けが沈めてあったので、それらを避けるように更なる沖合へ向かいました。

結局、水深80メートル付近で延縄仕掛けのないエリアを選んで実釣スタート。

今回は数ではなく、大きなサイズのものを釣りたい・・・そんな思いがありました。

アマダイが釣れるのは当然・・・という気持ちでいましたが、開始から2時間経っても一向に本命が上がらず、ヒットしたのは手のひらサイズのガンゾウビラメ1枚のみ。

なんて日だぁ~!!と、心の中で叫び続けました。

ヘタしたらオデコで終わってしまうかも・・・と心に暗雲が立ち込めてきました。

ほぼ時を同じくして、上空の空にも暗雲が・・・なんか、ひと雨、降りそうだなぁ~なんて上空を気にしながら、アマダイにからのアタリを待ちました。

ロッドをしゃくり上げることで付けエサのオキアミを一旦浮上させ、アマダイの目の前に落ちるようにゆっくりフォールさせる。

しゃくり動作の間隔を開けたり、オモリで海底を小突いてみたり、エサを2尾掛けにしてみたり・・・いろいろ手を尽くしてみました。

しかしながら、アマダイからのアタリが届く前に、ついに雨が降り始めてしまいました。

まぁ、海は穏やかだし、多少の雨ならフード付きのウエアだから、問題なし・・・と自分に言い聞かせ、頑張り続けました。

それにしてもアタリが少ない日だなぁ~このまま粘っていてもダメなのかな~?

そんな弱気な気持ちで沖上がりを意識し始めたころ、待望のアタリが訪れました。

釣れ上がったのは25センチほどのアマダイで、オデコは免れたとホッと胸を撫で下ろしました。

1尾釣れると次はサイズアップを狙いたくなるのが釣り師の性(サガ)で、先ほどの弱気な自分はどこへやら?

雨が本降りになったにも関わらず、夢中になってロッドを振り続けました。

その甲斐あってか? 32センチのアマダイも追釣でき、万々歳。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

決して特大サイズのアマダイではないけれど、サイズアップができたので心も晴れ晴れ。

不思議なもので、心が晴れたのと時を同じくして雨も上がり、出航場所である葉山町の上空に見事な虹の橋が架かりました。

雨が降る中、頑張り続けたご褒美のように感じました。

181216-c

本日の釣果はアマダイ、ガンゾウビラメ、ヒメコダイでした
181216-b

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 73 MH-185 MT

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 80号

仕掛け: 自作アマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス3号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.4」  「アマダイを追う vol;.3」 宜しかったらご覧ください。

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年12月 葉山アマダイ  芦名アマダイ  逗子アマダイ
2018年11月 小網代アマダイ
2018年09月 東京湾タイラバ  新山下LTアジ  館山中深場~深場五目
2018年08月 城ヶ島キハダ・マダイ  八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.12.25

芦名沖のアマダイ

レンタルボートを利用したアマダイ釣り大会を開催した報告レポートとなります。

釣友との釣り談義の中から「シースタイルのクラブ艇を利用したアマダイ釣り大会をやってみよう」ということになり、船長を引き受けてくれそうな人も巻き込んで運営チームを結成。
開催実現に向け大会要項を煮詰め、概要が決まったところでシースタイルフィッシングクラブ のメンバー宛に参加者募集の告知を行ないました。

565267025.222744[136]

12月9日、場所は湘南サニーサイドマリーナ。

レンタルボート4艇、参加者23名にて大会の火蓋は切って落とされました。

 

ルールはアマダイ1尾による大きさ勝負で、ビギナーでも上位入賞の可能性を持たせたものとしました。

181209-p

スパンカーの有無などボートによって装備が異なるので配船はくじ引きにて決定し、公平性を保ちました。

181209-r
桟橋にて記念撮影を済ませてから出航となりました

181209-n
釣る気満々の面々ですが、やや強い北風に苦戦を強いられます

181209-o
好ポイントに入るとバタバタと本命アマダイが釣れ上がりますが、小型が主体でした

181209-k
なかなか特大サイズのアマダイが釣れないものの、皆さん楽しんでいる様子です

181209-l
本命以外にも様々な魚が釣れ上がりました

181209-g
冷たい強風に苦しめられつつも、皆さんストップフィッシングとなる14時半までサオを降り続け、大会らしい釣果が得られました

181209-b
こうして並べてみるとなかなか壮観です

181209-m
入賞した皆さんです。入賞カップとさらに副賞としてクーラーや船バッグ、タモ網などボートフィッシングの必需品が入賞賞品として贈られました。

たまたまですが、私が釣ったアマダイが1番大きかったため優勝してしまいました。
(運営側の人間なので、優勝賞品のクーラーはジャンケン大会用賞品として供出させていただきました)

181209-q

シースタイルのクラブ艇を利用した釣り大会は初めての試みであり、様々な不安要素もありました。
参加の皆様の協力により、滞りなく終えることができました。
ご協力ありがとうございました。

 

181209-h
最後は大会運営メンバーと記念撮影。本当にお疲れさまでした。

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: 極鋭ゲーム MH-195AGS

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 80号

仕掛け: 自作アマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス3号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.4」  「アマダイを追う vol;.3」 宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年12月 芦名アマダイ  逗子アマダイ
2018年11月 小網代アマダイ
2018年09月 東京湾タイラバ  新山下LTアジ  館山中深場~深場五目
2018年08月 城ヶ島キハダ・マダイ  八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.12.24

逗子沖のアマダイ

かねてより「アマダイを釣ってみたい」と言っていた友人親子をレンタルボートでの釣りに誘ってみました。

親子での釣り船への乗船経験はあるものの、プレジャーボートは初めてとのこと。

またアマダイ釣りも初めてで、電動リールの使用も初めて・・・という初めてだらけ。

船長である私は釣果はもちろんですが、それ以上にボートという乗り物が苦痛に感じないように当日の海況が穏やかであって欲しいと祈り続けました。

何しろ、20年前に自分の子供たちをボートに乗せた際には海が多少波立っていて、”もう懲り懲り・・・”という状況になってしまったもので・・・

幸いにも今回は、晴天、べた凪という絶好のボートフィッシング日和となりました。

小坪マリーナにて20フィートのボートをレンタルし、安全レクチャーの受講を済ませてからの出航となりました。

181208-a

ボートはシーアンカーを使った流し釣りとなりますが、逗子沖から葉山沖へにかけての海域には延縄漁の仕掛けがあちこちに仕掛けてあるので、それを避けるようにして流す必要があります。

エサの付け方、サオの持ち方、電動リールの使い方、釣り方など一連の説明を行ったところで、いよいよ実釣スタート。

アドバイス通りにすぐに実践できてしまうモノ覚えの良さは大人以上なので本当に感心します。

これなら意外と早く、本命アマダイを釣ってしまうのでは? なんて思いましたが、自然相手の遊びはそんなに甘くはありません。

アタリがとても少ない日だったようで苦戦しました・・・

それでも時間の経過とともにアマダイ釣りにおける定番ゲストが顔を見せ始めました。

181208-e

なんとか船中1尾だけでも本命が揚がって欲しいとシーアンカーを打ち直して、あっちこちのポイントを流しました。

何度か目の流し替えにて、ついにお父さんが本命アマダイをゲット。

親子から満面の笑みがこぼれるところを見ることができたので、ホッと胸を撫で下ろしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
着岸後は桟橋にて記念撮影。

181208-f
数こそ釣れなかったものの、アマダイ、イトヨリダイ、ソコイトヨリ、ヒメコダイ、ムシガレイ、カナガシラなど多彩なゲストが揃いました

 

「楽しかった」と感想を聞かせてくれたので「また行こうね!!」と約束してお開きとなりました。

親子でボートフィッシング・・・やっぱり良いものだなぁ~と実感するとともに20年前のあの日の出航を後悔しながら、帰路につきました。

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: 極鋭ゲーム MH-195AGS

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オ6モリ: 快適船シンカーS 60号

仕掛け: 自作アマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス3号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.4」  「アマダイを追う vol;.3」 宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年12月 逗子アマダイ
2018年11月 小網代アマダイ
2018年09月 東京湾タイラバ  新山下LTアジ  館山中深場~深場五目
2018年08月 城ヶ島キハダ・マダイ  八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.12.21

小網代沖のアマダイ

11月になると狙いたくなるのがアマダイで、その釣りの面白さと食味の良さから寒くなる時期とはいえ毎年どっぷりハマってしまう私です。

そんなアマダイの魅力を知ってもらおうと、シースタイルフィッシングクラブ のメンバー宛に「シースタイルのクラブ艇(レンタルボート)を使って ” アマダイ釣りに行きませんか? ” 」と参加者を募りました。

募集定員が3名と少人数だったこともあり、あっという間に定員に達しましたが、その一方でアマダイの人気の高さも窺い知ることができました。

そのうちの2名はアマダイを釣ったことがないらしく、是非とも釣らせてあげたいという気持ちに拍車がかかりました。

11月24日、集まった3名とともに湘南サニーサイドマリーナから出航です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回は23フィートのフィッシングボートに乗ります

向かったのは過去に何度も良型アマダイを釣った小網代沖方面で、航程15分ほどでお目当てのポイント付近に到着。

航行途中では追い風だったこともあり気づかなかったのですが、釣り場に到着してみると思いのほか北風が強く、さっそくパラシュートアンカー(シーアンカー)を投入してボートが流される速さを抑制します。

アマダイの棲息場所となるポイント探しの方法や釣り方の説明を行ったところで、実釣スタート。

181124-i
曇天で冷たい北風が吹く中での釣りとなりました

今回のためにタックル類を買い揃えて参加したSさんの様子を眺めていたら、竿先に早くもアタリが届いています。

「Sさん、アタッていますよ! 軽く竿を起こして、リールを巻き始めてください!」

ご本人はアタリが分からなかったので落ち着いていましたが、私の方は思わず興奮気味に叫んでしまいました。

巻き上げ最中の竿の曲がり具合と魚の引きから、大物を確信した私はタモを持ってスタンバイ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
良型アマダイ(45センチ)の登場にSさん本人はビックリするやら喜ぶやら・・・

とにかくニュータックルに魂が入り、良かったよかった。

他のメンバーも一気にボルテージがあがり、一生懸命、誘いを繰り返すとともに竿先へのアタリを注視します。

アマダイ釣りにおける定番ゲストのキダイがポツリポツリと釣れますが、本命アマダイはなかなか姿を現してくれません。

181124-a
定番ゲストの中でもホウボウは特に嬉しいお土産となります

朝一のアマダイ登場から2時間くらい経った頃でしょうか?

またして竿が大きく曲がったのはSさんでした。

今度は自身でアタリをキャッチし、アワセ、ヤリトリを開始しました。

すべてのヤリトリを本人の意思に任せようと、私は黙って見守っていましたが、朝一の時と同じくらい、いやそれ以上の引きだったのでつい「もう少し、竿を寝かせて!!」とか我慢しきれず口を挟んでしまいました。

ヤリトリは2~3分続いたでしょうか? 最後は特大サイズのアマダイがポッカリ水面に浮かび上がりました。

181124-b
無事、タモに収まり、取り込んだそのアマダイは驚くなかれ52.5センチ!!

その大きさに釣った本人も驚いていたけど、その価値については解っていなかったようで、「僕なんか20年以上ねらってきていても50センチ級は1本しか巡り合えていないのだから、本当になかなか釣れないサイズだよ!!」と教えてあげました。

この1尾にて再びボルテージが上がったメンバー達ですが、次第に定番ゲストからのアタリも遠のき、沈黙の海となってしまいました。

残り時間30分を切った頃、マリーナ寄りの別のポイントを攻めてみました。

口数少なく黙々と糸を垂らしていたYさんがヤリトリをを開始し、慎重なヤリトリの末に待望のアマダイが釣れ上がりました。

181124-c
人生初となるアマダイゲット。おめでとうございます!!

40センチ級なので十分良型といえるのですが、その前に上がった2尾があまりにも大きかったので小さく思えてしまうから不思議なものです。

それでも1尾も釣れていない私からみたら羨ましいかぎり。

ボート返却の15時が近づいてきたので船中アマダイ3尾のままストップフィッシング。

本命にめぐり合えなかったのは私ともう一名。互いに慰めあい、リトライを誓い合いました。

それでも今回は初めての二人が人生初となるアマダイをゲットできたので、めでたし、めでたし。

船長としてホッと胸を撫で下ろし、マリーナを目指しました。

181124-e
アマダイ以外にも食べて美味しい多彩なゲストが揃いました

181124-h
52.5センチのアマダイにはマリーナスタッフも驚いていました

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: 極鋭ゲーム MH-195AGS

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 80号

仕掛け: 自作アマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス3号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.4」  「アマダイを追う vol;.3」 宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年11月 小網代アマダイ
2018年09月 東京湾タイラバ  新山下LTアジ  館山中深場~深場五目
2018年08月 城ヶ島キハダ・マダイ  八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.09.21

館山沖の中深場~深場五目

アングラーとしては釣りたい魚を本命と据えて挑むことになりますが、実際に釣れ上がる魚は本命以外であることも多いのが現実です。特に中深場や深場の釣りでは多彩なゲストが登場し、かえって喜ばしいことも多々あります。

180915-c

今回の釣行では「中深場&深場の美味しい魚を釣ろう!!」と呼びかけ集まったメンバーとYAMAHAシースタイルのクラブ艇を使って南房総・館山の海に浮かびます。

180915-b

一応、中深場での本命はオニカサゴ、深場での本命はアカムツと据え、期待満々での出航となりました。

小雨交じりの曇天の中、まずは水深100メートル前後の中深場から実釣スタートです。

この中深場ではテンビン+吹き流しの2本バリ仕掛けを使い、底物を狙っていきます。

180915-l

ボートはシーアンカー(パラシュート状のアンカー)を使ってゆっくり流し、広範囲を探っていく作戦です。

180915-h

アヤメカサゴやユメカサゴ、ヒメコダイなど、多彩なゲストがポツリポツリと釣れ上がる中で、時折、本命のオニカサゴ(標準和名イズカサゴ)が登場します。

ボートが等深線に沿って流れれば水深変化が少なく済みますが、等深線を横切るように流れると水深変化が大きくなるので、こまめなそこまでダチの取り直しが必要になります。

シーアンカーでの流し釣りは風と潮の影響を受けながらボートを流すことになるので、流れる方向をコントロールできませんが、アンカーを打てないような深場の釣りにおいては流れる速さにブレーキがかかる効果があるので、釣りを行なう上では好都合となります。

180915-g

水深が150メートルを超えたところではクロムツがヒットしました。

それならば・・・と、皆でテンビン仕掛けから胴付き仕掛けへ変更しました。

180915-f

胴付き仕掛けに変更してからは、主に水深200~250メートルを流すようにボートを何度も流し変えしました。

シロムツ(標準和名オオメハタ)も釣れ上がり、残すは本命アカムツと期待が高まります。

180915-e

しかしながらアカムツはなかなかヒットしません。それでも、いい群れの上を流せるとクロムツを一荷で釣り上げる一幕もありました。

180915-a

終盤、大オニを求めて再び水深100メートル付近を流しました。特大サイズこそ出ませんでしたが、レギュラーサイズのオニカサゴを追釣して、16時まえには沖上がり。

180915-d

オニカサゴやクロムツをはじめ、美味しい魚が揃いました(^o^)/

180915-j

左からギンメダイ、ユメカサゴ、クロムツ、オニカサゴ(イズカサゴ)、シロムツ(オオメハタ)、そして更に翌日に釣ったマアジ、カサゴを追加して7魚種となり、これらの魚にて寿司を握りました。

180915-i

バット上に並べてある魚の順番に合せて寿司も並べました。魚ごとの食感、旨味が異なるのが大変興味深いです。

こうして多くの魚種が揃うのも中深場&深場の釣りならではの魅力であり、水深が深い分、リールでの巻き上げ時間が長くなるのでその間の「何がヒットしたのだろうか?」と予想したり、ワクワク感が高くなるので大好きな釣りの1つです。

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

【中深場】
ロッド: 極鋭ゲーム MH-195AGS
リール: シーボーグ300MJ
バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600
ライン: 棚センサーブライト+Si 3号 400メートル
テンビン: 快適天秤 マルチ Φ1.4-250
オモリ:  80号
仕掛け: 市販のオニカサゴ仕掛け 幹糸・ハリス6号 2本バリ 全長2メートル
エサ: サバの切り身

【深場】
ロッド: メタリア 中深場 82MH-185
リール: シーボーグ500J
バッテリー: スーパーリチウム 11000WP-C
ライン: メガセンサー 12ブレイド 4号 500メートル
仕掛け: 市販の胴付8本バリ仕掛け
オモリ: 120号
エサ: サバの切り身

 

◆ボートフィッシングにおけるクロムツのポイント探しについては
以下のサイトにて紹介しています。
魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「クロムツを追う」

宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年09月 館山中深場~深場五目 
2018年08月 城ヶ島キハダ・マダイ  八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.09.02

横浜・八景沖の午後アジ

勤務先などで「是非今度一緒に釣りへ!」とよく言われます。
私が釣りバカだということをどこかで耳にし、社交辞令で言ってくるものがほとんどですが、今回は違いました。
「空いている日を教えて頂けないですか?」と本気で実現させたいという意欲が伝わってきたのです。
「なにも僕でなくても・・・」と普段は遠回しにお断りするようにしているのですが、今回声を掛けてきたのが女性であり、「全くの初体験者ばかりなのです」というから頑固な釣りバカおやじも重い腰を上げざるを得ませんでした。

そこから始まった私の社内極秘テーマ「フィッシングプロジェクト」・・・

【どんな釣りにするのか】
ビギナーでもある程度の釣果が得られるものとなると、”陸っぱり”では難しく、”釣り船”に決めざるをえませんでした。

【何を狙うのか】
魚種の選定に関しては、食べて美味しく、釣って楽しい魚ということでアジを選びました。

【1日船と半日船のどちらにするのか】
釣り物をアジに決定しても1日船、半日午前船、半日午後船などいろいろありますが、今回は集合時間が遅くて済む半日午後船を選びました。半日なのでビギナーでも身体への負担が少ないと考えました。

【どこの釣り船を利用するのか】
参加者の多くが横浜周辺の在住だったことと、電車でも便利なこと、出船後に釣り場まで短時間で行けること、レンタルタックルが整っていること、”ビギナー歓迎”をうたっていること・・・など、多角的に考え、金沢八景・一之瀬丸を選びました。(私自身も初めて利用する船宿です。)

【直前のアドバイス】
酔う、酔わないにかかわらず必ず酔い止め薬を乗船1時間前に服用のこと。帽子、サングラス、手ぬぐい、飲み物は1.5リットルくらい必要など。

——————————————————————————————————————————-

当日は天候、海況ともに最高のコンディションに恵まれました。参加者の日頃の行ないがいいのかな?

我々のグループ6名は左舷の席を座るよう指示されました。初めて乗る釣り船にワクワクするのか皆の目が輝いています。

出船前に釣り道具の使い方を説明しました。そういえば、タックルという言葉が釣り竿やリールを指すことがビギナーには伝わらないことを知り、ハッとさせられました。

12時半、皆の期待を乗せ出船。

180826-h

釣りへの期待はもちろんのこと、八景島シーパラダイスを海側から眺めるなんて初めてだろうし、皆、楽しそう。

180826-l

釣り場に到着後は中乗りさんや船長も釣り方の説明に加わってくれました。

180826-b

開始早々にアジが釣れ出しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一荷釣りも達成しました。歓声が上がらないわけがありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だんだん要領が分かってくると、皆さん真剣モードに突入です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仕掛けの手前マツリ(絡み)に苦労しつつも少しずつ数を伸ばしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

釣り上げた直後の1尾を刺身にしてワサビ醤油で振る舞まいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「すごく歯ごたえがありますね~プリっぷり」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆、「美味しい~!!」と喜んでもらえました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

釣りの楽しさとこの魚の旨味を知ったら、また来たくなっちゃうよね。

180826-a

実釣時間の約4時間はあっという間に過ぎ、16時過ぎに沖揚がり。
釣果は全員の合計でアジ50尾くらい釣れ、皆、氷とともに大切にクーラーにしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

面白かった!! 楽しかった!! という声が聞かれたのでホッとしました。

私は帰宅後に釣果のマアジとイシモチで寿司を握りました。やはり東京湾のアジは美味いです。

180826-g

また翌日には定番のフライにしました。揚げたてはフワフワで最高に美味いです。

180827-a

今回、まったくの初心者を5名連れての釣行となりましたが、早い時点で全員がアジをゲットしてくれて肩の荷が下りました。
ライジャケ、ロッド、テンビン、ビシカゴ、コマセ、タックルなど・・・普段自分が当たり前のように使っている言葉の多くは彼らにとっては初めて聞くものだったようで、私も様々な気づきを与えてもらいました。

来月以降、釣り講習会がいくつも控えているけど、もっと一般人の目線でお話する必要があることを痛感しました(^_^;)

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 64 S-190

リール: スパルタン MX IC 150H

ライン: メガセンサー 12ブレイド 2号 200メートル

テンビン: 快適天秤 マルチ Φ1.2-200

ビシカゴ: MDライトビシ 35号

仕掛け: 市販ライトタックルアジ仕掛け 幹糸2号、ハリス2号、3本バリ、全長2メートル

エサ: アオイソメ

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年08月 八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

1 / 812345...最後 »