小野 信昭の記事一覧

アングラー:小野 信昭


BLOG TOP 小野 信昭の記事一覧
小野 信昭さんの記事
2018.09.21

館山沖の中深場~深場五目

アングラーとしては釣りたい魚を本命と据えて挑むことになりますが、実際に釣れ上がる魚は本命以外であることも多いのが現実です。特に中深場や深場の釣りでは多彩なゲストが登場し、かえって喜ばしいことも多々あります。

180915-c

今回の釣行では「中深場&深場の美味しい魚を釣ろう!!」と呼びかけ集まったメンバーとYAMAHAシースタイルのクラブ艇を使って南房総・館山の海に浮かびます。

180915-b

一応、中深場での本命はオニカサゴ、深場での本命はアカムツと据え、期待満々での出航となりました。

小雨交じりの曇天の中、まずは水深100メートル前後の中深場から実釣スタートです。

この中深場ではテンビン+吹き流しの2本バリ仕掛けを使い、底物を狙っていきます。

180915-l

ボートはシーアンカー(パラシュート状のアンカー)を使ってゆっくり流し、広範囲を探っていく作戦です。

180915-h

アヤメカサゴやユメカサゴ、ヒメコダイなど、多彩なゲストがポツリポツリと釣れ上がる中で、時折、本命のオニカサゴ(標準和名イズカサゴ)が登場します。

ボートが等深線に沿って流れれば水深変化が少なく済みますが、等深線を横切るように流れると水深変化が大きくなるので、こまめなそこまでダチの取り直しが必要になります。

シーアンカーでの流し釣りは風と潮の影響を受けながらボートを流すことになるので、流れる方向をコントロールできませんが、アンカーを打てないような深場の釣りにおいては流れる速さにブレーキがかかる効果があるので、釣りを行なう上では好都合となります。

180915-g

水深が150メートルを超えたところではクロムツがヒットしました。

それならば・・・と、皆でテンビン仕掛けから胴付き仕掛けへ変更しました。

180915-f

胴付き仕掛けに変更してからは、主に水深200~250メートルを流すようにボートを何度も流し変えしました。

シロムツ(標準和名オオメハタ)も釣れ上がり、残すは本命アカムツと期待が高まります。

180915-e

しかしながらアカムツはなかなかヒットしません。それでも、いい群れの上を流せるとクロムツを一荷で釣り上げる一幕もありました。

180915-a

終盤、大オニを求めて再び水深100メートル付近を流しました。特大サイズこそ出ませんでしたが、レギュラーサイズのオニカサゴを追釣して、16時まえには沖上がり。

180915-d

オニカサゴやクロムツをはじめ、美味しい魚が揃いました(^o^)/

180915-j

左からギンメダイ、ユメカサゴ、クロムツ、オニカサゴ(イズカサゴ)、シロムツ(オオメハタ)、そして更に翌日に釣ったマアジ、カサゴを追加して7魚種となり、これらの魚にて寿司を握りました。

180915-i

バット上に並べてある魚の順番に合せて寿司も並べました。魚ごとの食感、旨味が異なるのが大変興味深いです。

こうして多くの魚種が揃うのも中深場&深場の釣りならではの魅力であり、水深が深い分、リールでの巻き上げ時間が長くなるのでその間の「何がヒットしたのだろうか?」と予想したり、ワクワク感が高くなるので大好きな釣りの1つです。

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

【中深場】
ロッド: 極鋭ゲーム MH-195AGS
リール: シーボーグ300MJ
バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600
ライン: 棚センサーブライト+Si 3号 400メートル
テンビン: 快適天秤 マルチ Φ1.4-250
オモリ:  80号
仕掛け: 市販のオニカサゴ仕掛け 幹糸・ハリス6号 2本バリ 全長2メートル
エサ: サバの切り身

【深場】
ロッド: メタリア 中深場 82MH-185
リール: シーボーグ500J
バッテリー: スーパーリチウム 11000WP-C
ライン: メガセンサー 12ブレイド 4号 500メートル
仕掛け: 市販の胴付8本バリ仕掛け
オモリ: 120号
エサ: サバの切り身

 

◆ボートフィッシングにおけるクロムツのポイント探しについては
以下のサイトにて紹介しています。
魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「クロムツを追う」

宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年09月 館山中深場~深場五目 
2018年08月 城ヶ島キハダ・マダイ  八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.09.02

横浜・八景沖の午後アジ

勤務先などで「是非今度一緒に釣りへ!」とよく言われます。
私が釣りバカだということをどこかで耳にし、社交辞令で言ってくるものがほとんどですが、今回は違いました。
「空いている日を教えて頂けないですか?」と本気で実現させたいという意欲が伝わってきたのです。
「なにも僕でなくても・・・」と普段は遠回しにお断りするようにしているのですが、今回声を掛けてきたのが女性であり、「全くの初体験者ばかりなのです」というから頑固な釣りバカおやじも重い腰を上げざるを得ませんでした。

そこから始まった私の社内極秘テーマ「フィッシングプロジェクト」・・・

【どんな釣りにするのか】
ビギナーでもある程度の釣果が得られるものとなると、”陸っぱり”では難しく、”釣り船”に決めざるをえませんでした。

【何を狙うのか】
魚種の選定に関しては、食べて美味しく、釣って楽しい魚ということでアジを選びました。

【1日船と半日船のどちらにするのか】
釣り物をアジに決定しても1日船、半日午前船、半日午後船などいろいろありますが、今回は集合時間が遅くて済む半日午後船を選びました。半日なのでビギナーでも身体への負担が少ないと考えました。

【どこの釣り船を利用するのか】
参加者の多くが横浜周辺の在住だったことと、電車でも便利なこと、出船後に釣り場まで短時間で行けること、レンタルタックルが整っていること、”ビギナー歓迎”をうたっていること・・・など、多角的に考え、金沢八景・一之瀬丸を選びました。(私自身も初めて利用する船宿です。)

【直前のアドバイス】
酔う、酔わないにかかわらず必ず酔い止め薬を乗船1時間前に服用のこと。帽子、サングラス、手ぬぐい、飲み物は1.5リットルくらい必要など。

——————————————————————————————————————————-

当日は天候、海況ともに最高のコンディションに恵まれました。参加者の日頃の行ないがいいのかな?

我々のグループ6名は左舷の席を座るよう指示されました。初めて乗る釣り船にワクワクするのか皆の目が輝いています。

出船前に釣り道具の使い方を説明しました。そういえば、タックルという言葉が釣り竿やリールを指すことがビギナーには伝わらないことを知り、ハッとさせられました。

12時半、皆の期待を乗せ出船。

180826-h

釣りへの期待はもちろんのこと、八景島シーパラダイスを海側から眺めるなんて初めてだろうし、皆、楽しそう。

180826-l

釣り場に到着後は中乗りさんや船長も釣り方の説明に加わってくれました。

180826-b

開始早々にアジが釣れ出しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一荷釣りも達成しました。歓声が上がらないわけがありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だんだん要領が分かってくると、皆さん真剣モードに突入です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仕掛けの手前マツリ(絡み)に苦労しつつも少しずつ数を伸ばしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

釣り上げた直後の1尾を刺身にしてワサビ醤油で振る舞まいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「すごく歯ごたえがありますね~プリっぷり」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆、「美味しい~!!」と喜んでもらえました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

釣りの楽しさとこの魚の旨味を知ったら、また来たくなっちゃうよね。

180826-a

実釣時間の約4時間はあっという間に過ぎ、16時過ぎに沖揚がり。
釣果は全員の合計でアジ50尾くらい釣れ、皆、氷とともに大切にクーラーにしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

面白かった!! 楽しかった!! という声が聞かれたのでホッとしました。

私は帰宅後に釣果のマアジとイシモチで寿司を握りました。やはり東京湾のアジは美味いです。

180826-g

また翌日には定番のフライにしました。揚げたてはフワフワで最高に美味いです。

180827-a

今回、まったくの初心者を5名連れての釣行となりましたが、早い時点で全員がアジをゲットしてくれて肩の荷が下りました。
ライジャケ、ロッド、テンビン、ビシカゴ、コマセ、タックルなど・・・普段自分が当たり前のように使っている言葉の多くは彼らにとっては初めて聞くものだったようで、私も様々な気づきを与えてもらいました。

来月以降、釣り講習会がいくつも控えているけど、もっと一般人の目線でお話する必要があることを痛感しました(^_^;)

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 64 S-190

リール: スパルタン MX IC 150H

ライン: メガセンサー 12ブレイド 2号 200メートル

テンビン: 快適天秤 マルチ Φ1.2-200

ビシカゴ: MDライトビシ 35号

仕掛け: 市販ライトタックルアジ仕掛け 幹糸2号、ハリス2号、3本バリ、全長2メートル

エサ: アオイソメ

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年08月 八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.08.25

浦賀沖のアカムツ五目

” 赤いダイヤ ” とか ” 幻の魚 ” といわれることもあるアカムツです。

180819-h

でも全国的にみると魚影が濃い海域もあり “ノドグロ”という名で庶民の食卓にも並ぶなど、地域によって価値や扱われ方にも大きな開きがある魚でもあります。
地域による格差の大きなアカムツですが、万人が口を揃えていうのは「美味い魚」という意見であり、このことに異論を唱える人には出会ったことがありません。

そんなアカムツにあいたくて、今回は浦賀(横須賀市)からシースタイルのレンタルボートで海に繰り出しました。

180819-d

東京湾におけるアカムツの魚影は決して濃くはなく、かなりハードルが高い釣りとなることは重々承知しています。
でも、アカムツを狙っていれば他の美味しい魚もいろいろ釣れるのでアカムツのみを狙うというより、アカムツ五目を楽しむというつもりでボートを沖へ走らせました。

サニーサイドマリーナ ウラガから航程15分ほどで到着したのは、東京湾に切れ込んで入っている東京湾海底谷で、この傾斜面の際の水深200~300メートルを狙います。

アカムツ狙いでいつも迷うのは「天秤吹き流し仕掛け」と「胴付き仕掛け」にするかの選択で、今回は同乗した友人が前者、私が後者で実釣スタート。

互いにハリにはサバの切り身をつけました。どちらにアカムツがヒットするのか大変興味深いものとなりました。

最初にヒットしたのは胴付仕掛けを使う私の方で、定番ゲストのドンコ(標準和名チゴダラ)が釣れ上がりました。

180819-f

胴付仕掛けが有利か?と思う間もなく、天秤吹き流し仕掛けを使う友人もドンコを釣り上げ、優位さの判別がつかない状況に。
その後、友人がシロムツ(標準和名オオメハタ)を釣り上げれば、あとを追うように私にもシロムツがヒットする状況でデッドヒート。
結局、今日の状況では「どっちの仕掛けがいい」とは結論付けられなくなりました。

11時過ぎ、やや風が強まったのでシーアンカー(パラシュートアンカー)を使って流しました。

180819-a

正午頃、友人が待望のアカムツを釣り上げました。
巻き上げ途中の強烈な引き込みに「サメかも・・・」という発言があったことは内緒です。

180819-e

羨ましい~、私も追い付こうと気合いを入れました。

その後はアタリが少なくなる時間帯もありましたが、ドンコを数尾を追釣し、15時に沖揚がり。
結局、アカムツは友人が釣った1尾のみで、やはり幻の魚でした・・・

沖揚がり後、釣果の一部を並べての記念撮影。アカムツ、ドンコ、シロムツです。

180819-g

ドンコは味噌汁に入れるとよい出汁が出て手っ取り早く料理できるのですが、今回はフードプロセッサーにてミンチ状にしてさつま揚げとナゲットを作りました。

180820-b

見た目が少しグロテスクで釣り人からはイマイチ人気のないドンコですが、美味しい魚なので皆さんも是非さまざまな料理に挑戦してみて下さい。

180820-a

シロムツは翌日に焼いて、ほぐしてパスタに載せました。なんだか、シロム君の個性がなくなってしまい、魚なら何でもよかったのかも・・・と思いましたが、お味の方はとても良かったですv(^_^;;;

180821-a

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 82 H-185MT

リール: シーボーグ 300MJ

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: メガセンサー 12ブレイド 3号 400メートル

オモリ: 120号

仕掛け: 胴付き仕掛け 幹糸7号、ハリス6号、4本バリ、全長4メートル

エサ: サバの切り身

 

◆ボートフィッシングにおけるアカムツのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アカムツを追う」 宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年08月 浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.08.22

横浜・磯子沖のLTアジ

夏休み前のある日のこと。釣りをやらない友人と以下のような会話のヤリトリがありました。

友人「 ” LTアジ ” って何? 」

私「 ” LT ” っていうのは ” ライト タックル ” の意味で従来のアジ釣りに較べると” お手軽な釣り道具 ” で狙うアジ釣りのことだよ!!」

友人「ふーん、でも、従来のアジ釣り自体を知らないから、さっぱり分からないや・・・」

なるほど~、” LTアジ ” という表現は分かりやすいと思っていたが、それを理解できるのは既にアジ釣りに精通している人に限った話なのか・・・

その友人とは、秋になったら一度アジ釣りへ一緒に行くことを約束して話は終わりました。

前フリが長くなりましたが、以下が釣行レポートです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
釣って楽しく、食べて美味しいアジは長年釣りという遊びを楽しんでいる人にとっても大人気のターゲット。

夏休み期間中の8月14日、風が強い予報だったのでマイボートでの釣行を諦め、自宅でインターネットを観ながら悶々と時間を過ごしていました。

でも、昼前に急遽 思い立ったように午後の釣り船に乗ろうと決意し、自宅を出発。車で10分ほどの距離にある船宿(八幡橋 鴨下丸)を初訪問。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏休みということもあってか、親子連れも多く、船宿スタッフがわかりやすくタックル類の使用方法やLTアジの釣り方のコツをレクチャーしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船は掘割川から根岸湾へと出て行きますがやはり予報どおりに風は強く、いくら釣り船といえども沖合へは行けない状況です。

湾内でも白波が立つ酷い状況で、実釣スタート後も最初の2時間くらいは私のバケツの中にはアジが1尾のみでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船酔いで釣りを断念する人が続出する中、私自身も「今日は自宅で大人しくしておくべきだったかな・・・」
なんて思い始めてしまいました。

でも、最後の1時間だけは船をアンカーリングして固定し、コマセが効きはじめてからはポツリポツリ釣れ始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後は入れ食いモードとなり、楽しい、楽しい(^^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、終わってみれば、我が家で食べる分には十分過ぎる釣果をゲット。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

釣ったアジの料理では握り寿司とフライを作りましたが、” アジという魚は本当に身が美味しい魚だ ” と再認識しました。

180814-g

180814-h

翌日はアジ料理の最終章として ” さんが焼き ” を作りました。アジの切り身と、味噌、ネギ、ショウガ、シソの葉を入れ、焼き上げるこの料理は房総半島の郷土料理で絶品。

180814-i

あぁ~またアジを釣りに行きたくなってしまった~(^_^;)

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 64 S-190

リール: シーボーグ 200J -DH

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: メガセンサー 12ブレイド 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 マルチ Φ1.2-200

ビシカゴ: MDライトビシ 35号

仕掛け: 市販ライトタックルアジ仕掛け 幹糸2号、ハリス2号、3本バリ、全長2メートル

エサ: アオイソメ

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年08月 磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.07.05

木更津沖のシロギス

180624-d
シロギスは決して大きな魚ではありませんが、 ねらう際に繊細なタックルを使用するとアタリや引きを存分に楽しむことのできる “小さな巨人”といっても過言ではない魚です。

沿岸部でねらえることや、道具立てがシンプル なことからビギナーからベテランまで幅広い ファンのいる人気の釣りものとなっています。

手軽にねらえる魚ではありますが、ビギナーと ベテランでは釣果に差が付きやすい上に、 手前船頭のボートフィッシングとなると ポイント選定や実釣時のボートコントロールも 釣果を左右する大きな要因となるので決して 侮れないターゲットとなります。

「ボートからのシロギス釣り、ご一緒にいかがですか?」 と呼びかけたところ、4名が集まりました。

当日は梅雨の真っ只中で、予報どおり雨模様の 空でしたが、雨にも負けないヤル気満々の皆さんが 木更津のセントラル株式会社(木更津マリーナ)に集合。 ボートでのシロギス釣りを楽しみにしているその表情を拝見し、なんだかとても嬉しくなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回借りたのは26フィートのプレジャーボートで、 私を含めた5人で釣るのに丁度いいサイズのボートです。
参加者全員がボート免許所持者だったので、操船や魚群探知機の活用法などシロギス釣りに必要となるノウハウをお伝えしながら釣り場へ向かいました。

木更津にてボートをレンタルする最大の魅力はマリーナから近いところでシロギス、アジ、ハゼ、シーバスなどがねらえるという点で、ビギナーでも安心してボートフィッシングを楽しむことができる点にあります。

180624-h

シロギスは浅場の魚なので雨による水温低下や濁りによる活性低下を危惧していましたが、開始早々から本命が釣れ上がりひと安心。
その後も決して入れ食いとはいえませんが、誰かしらにアタリがあり、ポツリポツリとシロギスが取り込まれていきました。

終わってみれば皆さん、ビギナーとは思えないほどの釣果を上げておりニコニコ顔。

180624-l

実釣4時間ほどでしたが、用意したザルには乗り切らないほどの数のシロギスが釣れました。また、イシモチやマアジ、ホウボウなど多彩なゲストも釣れ、バリエーション豊かなお土産となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正午まえに納竿となりましたが、桟橋に着岸した頃には空はすっかり晴れ渡り、真夏のような日差しとなりました。

 

今回の釣果のシロギスでは、炙りの握り寿司と、天ぷらを作りました。

180625-a

釣りたて、揚げたてのシロギスは本当に美味いですよね~(^Q^)/

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: アナリスター キス S-180

スピニングリール: エクセラー 2508RH

ライン: メガセンサー 12ブレイド 0.8号 200メートル

テンビン: 片テンビン(腕長10cm)

オモリ: 10号~20号

仕掛け:市販の シロギス用仕掛け

エサ: ジャリメ

 

◆ボートフィッシングにおけるシロギスのポイント探しについては
以下のサイトにて紹介しています。
魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「シロギスを追うVOL.4」

宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.06.27

南房沖のイサキ釣り

あっ、これはイサキの画像ではありません・・・何の魚か分かりますか?

180617-m

そう、シマアジなのです。

6月上旬、南房総にてスキューバーダイビングを楽しんだ際、海中にて撮影した画像です。

ダイビングを終えたら後、無性にシマアジを食べたくなり、現地の寿司屋でオーダーしたのが以下の画像。

180617-p

コレが旨いのなんの!!  というわけで、もうこうなったら自分で釣るしかない!!

そういえば昨年もシマアジをねらったけど釣れずじまいだったっけ・・・

よ~し、今シーズンこそ!! と気合が入ったものの、釣行当日はナント、朝寝坊・・・

結局、東京湾アクアラインを渡ったのは午前8時近くになってしまいました。

180617-l

そして、南房総の海辺に到着したのは9時過ぎ。

ところが、思いのほか風が強く、マイボートを出航させるのは困難な状況・・・(泣)

180617-k

風裏となる内房方面へ移動すれば出航可能だろうなぁ~でも、時間が時間だしなぁ~

マイボートでの出航を諦め、どこかの釣り船(午後船)に乗ろうかなぁ~?

それとも、釣り自体を諦め、グルメツアーに切り替え、美味しいものでも食べて帰るかなぁ~・・・など、マイカーの車内でスマホで情報を集め始めていたら、ついウトウト・・・眠ってしまいました。

そして、目覚めたのは正午ころ、朝に比べ風が幾分弱まっているではないか!!

というわけで、大急ぎで車の屋根からボートを下ろし、出航準備を開始し、13時過ぎに出航しました。

魚群探知機にてシマアジらしき反応を探しますが、イマイチ確信が持てないので、とりあえず釣れそうな高根周りにて実釣スタート。

はじめは手返しのサイクルを早くして、一生懸命コマセを撒きます。

ようやく届いたアタリが嬉しく、条件反射でアワセを入れると、強烈な引きが竿先を絞り込みました。

ワクワク感MAXでヤリトリすると、水面下にキラキラ輝くシマアジの魚体ではなく、灰色の魚が!!

その正体はメジナでした。

180617-b

う~む、メジナだって美味しい魚だけど、釣りたい魚はシマアジであり、微妙な気分。

その後もメジナをかわしつつ、シマアジの登場を待ち望んでいましたが、釣れ上がるのはメジナばかり。

このままこのポイントにて粘っていても埒があかないと判断してポイント移動。

180617-a

次なるポイントでは高根の上に魚群反応が映っていたので、もしや!!と思ったけど、釣れ上がったのはイサキであり、シマアジではなかった。

180617-i

それでも、釣れるイサキは30センチオーバーばかりで、迷わずキープ。

180617-d

竿先をキュンキュン、絞り込む引きはクセになりそうな楽しさで、見るみるうちにボートのイケスが良型イサキで満たされていきます。

あっ、調子に乗って釣っていたけど、もう既に我が家の食卓では消費できない量になってしまったのでは? という懸念を感じたので、ツ抜け(10尾)を達成したところで、ストップ “イサキ” フィッシング。
再度、シマアジを求め、放浪の釣り場探し・・・。

しかしながら。またしてもシマアジにあうことができないまま、コマセをすべて使い切ってしまいました。

残り時間の1時間半はジギングにてヒラマサをねらいましたが、コチラも不発。

180617-h

結局、釣果はイサキ10尾とメジナ1尾のみ持ち帰ることにしました。

180617-j

早速、釣り魚料理となりますが、イサキとメジナの握り寿司、そして刺し身丼です。

両魚種とも脂がのっていてとても美味く、日本酒との相性もバッチリでした。

180617-f

さらに翌日はカルパッチョ。
イサキとオニオンスライスの食感とカルパッチョソースが相性抜群で最高の美味さでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてさらに翌日にはイサキの定番料理である塩焼きです。期待を裏切らない美味しさです。

180617-g

さらに翌日はイサキの身と真子をソテーに。

そして、白子で作ったクリーミーなソースを掛け・・・

180617-o

素人料理ですが、美味しくできたことに自分でもビックリしました。

イサキ釣りの楽しさと、その美味しさは再認識しました。

でも、やっぱりシマアジを仕留めたかったなぁ~

 

 

◆なお、今回の釣行を簡単な動画(50秒間)にまとめました。 宜しかったらご覧ください。

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: アナリスター 64 30-235

リール: シーボーグLTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: メガセンサー 12ブレイド 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 マルチ Φ1.2-200

ビシカゴ: シャベルビシ速攻III M 60号

仕掛け: 市販イサキ仕掛け 幹糸3号、ハリス3号、3本バリ、全長3.5メートル

エサ: オキアミ  コマセ: アミエビ

 

◆ボートフィッシングにおけるイサキのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「イサキを追う vol;.4」  「同左 vol;.3」  「同左 vol;.2」

宜しかったらご覧ください。

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年06月 南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.06.09

金沢八景沖のマアジ釣り

180606-b
日本人の食卓に最も多く並ぶといっていいほど庶民的な魚、マアジ。
でも、その人気はお手頃な価格というだけではなく、この魚が美味しいことに起因すると思っています。

平日(水曜)の午後、急遽時間が作れたので釣行を決断しました。しかしながら、気象情報では雨が降り続くとの予報だったのでマイボートでの釣行を断念し、遊漁船の午後船に乗ろうと考えました。
近所の船宿2軒に問い合わせたところどちらも「お客の予約が入っていないので中止にします」とのこと。
3軒目にしてようやく乗船できる船宿「金沢八景 弁天屋」にこぎつけました。

実はこの船宿は昨年11月の紅牙タイラバカップin東京湾にてお世話になったところで、準優勝の成績を自分に与えてくれた好印象の船宿です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
12時30分、小雨が降る中、4名のお客を乗せて岸払い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
船は野島公園沖にてスパンカー(船尾側の帆)を立て、一路、八景沖へ向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
付けエサは赤タンまたはアオイソメで、コマセはイワシのミンチを使用します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
入れ食いとはいかないものの、開始早々からポツリポツリと美味しそうな金色のマアジが釣れ上がります。

最初の頃はアタリが届いた際にアワセを入れてましたが、「アワセない方がいいよ」との船長からのアドバイスに従うと確かにフッキング率が上がりました。

また、海がベタ凪だったので、置き竿にてアタリを待ち、向こうアワセの方が成功率が高いことも判明。
リーディング64 S-190が最高のパフォーマンスを発揮してくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回、私は3本バリ仕掛けを使いましたが、追い喰いが上手くいくと一度に2尾以上釣れるいわゆる一荷も味わえます。

喰い渋ると新たな群を求めてポイント移動を繰り返し、数を伸ばせるように船長が努力してくれました。

180607-d
その御蔭で21~25センチのアジが30尾ほど釣れ、持参したザルには乗らないほど。

16時過ぎ、沖上がりのアナウンスがありました。

実釣4時間弱の半日船でも十分過ぎるほどお土産が確保できたことに驚きと喜びを感じました。

帰宅後はさっそく釣果のアジを使って料理・・・といっても、タタキと刺し身。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
脂がノリノリで激美味でした。

180607-b
もちろん脂が乗った身は酢飯ともマッチし、素人料理ながら素材の良さに助けられ極上の寿司を堪能できました。

180608-a
また、つみれ汁やサンガ焼きも家族からは大好評で、”ちょっと釣りすぎちゃったかな?”と思っていたアジですが、3日間で消費しきってしまいました。

以前から東京湾のアジは美味いと知っていましたが、その味を再認識する釣行となりました。

 

◆なお、今回の釣行を簡単な動画(50秒間)にまとめました。 宜しかったらご覧ください。

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 64 S-190

リール: シーボーグLTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: メガセンサー 12ブレイド 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 マルチ Φ1.2-200

ビシカゴ: MDライトビシ 35号

仕掛け: 市販ライトタックルアジ仕掛け 幹糸2号、ハリス2号、3本バリ、全長2メートル

エサ: 赤タン、アオイソメ

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年06月 八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.05.08

館山沖のオニ&アカムツ

180502-k

中深場の釣りでは本命以外にも様々なゲストがヒットするので楽しみな釣りのひとつです。

今回はオニカサゴをメインターゲットに据え、片テンビンの吹き流し仕掛けにサバの切り身をセットする釣りにて終日粘ってみました・・・といっても朝寝坊したので実釣時間としては5時間程度となってしまいましたが・・・

5月2日、10時頃に南房総・館山の浜辺に到着。
大急ぎでボートを組立て、長い砂浜を一生懸命運搬します。

180502-a

11時過ぎ、波打ち際にて膝まで水に浸かってボートに乗り込みました。

まだ水が冷たく、短パン姿だったことを後悔・・・

さっそく、目星を付けておいた水深80メートル付近へ向け、ボートを走らせます。

GPS魚群探知機の海図で等深線が密集している傾斜地にてスローダウン。

スパンカーを張り、船首を風上方向へ向け、実釣スタート。

今回は釣りそのものも楽しみだったのですが、新たなロッド(リーディング82 H-185MT)を使用することがとても楽しみでした。

180502-b

とにかく重量が軽く、メタルトップを採用した穂先で高感度設計となっているので、中深場から届く弱いアタリもしっかりキャッチしてくれるのでは?と期待が膨らみます。

片テンビンの吹き流し仕掛けでしたが、オモリが海底を叩く感触で海底底質を判別でき、また小魚によるエサへのちょっかいもバッチリ感じ取れ、実際の使用感は想像以上でした。

180502-j

80号のオモリを使用しましたが、ワンハンドでも誘い上げがラクに行なえます。

小型電動リール(シーボーグLTD 200J)にPE2号を巻いたことで潮流の影響が少なくすみ、前述した軽量化との相乗効果により、感度抜群です。

ロッドアクションを加えた直後にアタリが出たりすると、”釣れたではなく、釣った”を実感でき、歓びも倍増します。

今さらながら、ラインやタックル類の進化に感心しました。

小さなアタリをキャッチして釣れ上がったのはやはり小さなオニカサゴ(フサカサゴ)。

180502-d

軽量タックルでの中深場釣りの楽しさに夢中になっていると、やや強いアタリが訪れました。

「結構引くなぁ~もしや良型オニカサゴがヒットしたのか?」と慎重にヤリトリしながらタモに収まったのは想定外のアカムツ。

決して良型とはいえない30センチ級ながら、やはりアカムツはよく引く魚だと再認識するとともに嬉しいゲストの登場にほくそ笑む私。

180502-c

巻き上げ途中、宙層にてマサバもヒットしました。

180502-l

楽しい時間はあっという間に過ぎ去るもので、16時になったので沖上がり。

全体的に小ぶりの魚が多かったのですが、我が家の食卓には十分な量となりました。

180502-h

釣果のイズカサゴ、フサカサゴ、ウッカリカサゴ、アカムツ、ワニゴチの5種でさっそく寿司を握りました。

180502-g

続きまして、同じ魚種にてさつま揚げ、そして、マサバは〆サバにしました。

180502-i

自分でいうのもなんですが・・・いずれも激ウマで、釣りという趣味を持っていて良かった~と感じる瞬間でした。

こんな感じで、少量の釣果でも手間を惜しまず料理してみると、至福のひと時が味わえるので最高です。

朝寝坊してでも、出掛けて良かった~と実感しました。

 

なお、当日の実釣シーンを1分間に編集した動画がありますので、宜しかったらご覧ください。

 

◆今回のタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 82 H-185 MT

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 80号

仕掛け: 市販オニカサゴ仕掛け 幹糸6号、ハリス6号、2本バリ、全長2メートル

エサ: サバの切り身

 

◆ボートフィッシングにおけるオニカサゴのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「オニカサゴを追う vol.2」  「オニカサゴを追う vol.1」 宜しかったらご覧ください。

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年05月 館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.04.18

城ヶ島沖のアマダイ五目

180325-h

片テンビンに吹き流し仕掛けをセットし、オキアミをエサにしてねらうアマダイ釣りでは本命以外にも多彩な魚がヒットするので大好きな釣りのひとつです。

今回の投稿はそんなアマダイ五目の釣行レポートで、実は3月中旬に城ヶ島沖に浮かんだ時のものです。

投稿が遅くなり、失礼しました・・・m(_ _)m

 

7時に三浦半島の浜辺を愛艇・友恵丸で出航。

水深80メートル付近をねらいますが、大潮だったこともあり、前半は早潮に大苦戦。

ラインを立てる操船を心掛けると、ポイント上をあっと言う間に通過してしまう状況です。

180325-i

本命はおろか他の魚からのアタリも少ない状況が開始から2時間近く続きました。

「この流速ではアマダイがエサに追い付けないはず」とか「昨日まで降り続いた雨による水温低下で魚の活性が下がってしまった」などと、釣れない理由をもっともらしく同乗者に伝える私。

さらに潮止まりの時間も近づいてきたので、半ば諦めムードの私でしたが、同乗者は諦めることなく誘いを繰り返しています。

その努力が実って本命アマダイが浮上。本人は人生初アマダイで大喜びしていました。

180325-e

あとに続けと、私もせっせと誘いを掛けますが、2尾目のドジョウ(アマダイ)はいない模様。

それでも、朝方に較べれば魚の活性が高まってきたようで、ムシガレイやウッカリカサゴ、ホウボウ、カナガシラなど様々な魚がヒットしました。

180325-d

また、同乗者はオニカサゴ(イズカサゴ)も釣り上げ、ご満悦。

180325-g

正午過ぎ、予報どおりに風向きが変わり、やや波も高まってきたので安全を最優先に考え、沖上がりとしました。

終わってみれば、本命アマダイこそ1尾でしたが、多彩なゲストが揃いました。

180325-b

今回はムシガレイの煮付けとその他は唐揚げにしました。

180325-a

本命が不発に終わり、凹んだ気分を吹き飛ばすような美味しさでした。

180325-f

 

◆今回のアマダイ釣りのタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 73 MH-185 MT

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤 スピード Φ1.4-250

オモリ: 快適船シンカーS 50号

仕掛け: 自作アマダイ仕掛け 幹糸4号、ハリス3号、2本バリ、全長2メートル

エサ: オキアミ

 

◆ボートフィッシングにおけるアマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アマダイを追う vol;.4」  「アマダイを追う vol;.3」 宜しかったらご覧ください。

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

小野 信昭さんの記事
2018.03.21

三浦沖のヤリ&五目

180303-c

” ヤリイカ釣り ” もやりたいし、” 深場の五目釣り ” もやりたいし、” 中深場の五目釣り ” もやりたいし、” アマダイ釣り ” もやりたいし・・・悩むなぁ~
「一層のこと全部やってしまおう!! 明日の釣りは忙しくなるぞ~!!」と釣行前夜に張り切って準備していたら、寝るのが深夜になってしまい、その結果、朝寝坊(泣)

出遅れたけど、穏やかな海だったので初志貫徹で欲張りフィッシングにチャレンジするために沖合を目指しました。

まずはヤリイカねらいで水深120メートル付近で向かいましたが、魚群探知機にてあちこち探るものの良い反応を見つけることができずに時間だけが経過していきます。ダメ元で何度か仕掛けを投入しましたが、不発。

仕方なくヤリイカを諦め、深場での五目釣りをやるために水深300メートル付近へ大きく移動。
しかしながら、深場においてもアタリをなかなかキャッチできずに大苦戦。水深を変えつつ、ポイントを点々と移動していく中で、ようやくヒットしたのがシロムツ(標準和名 オオメハタ)1尾とギス2尾。

アタリが少ないこの釣りにこれ以上時間を費やすのは得策ではない・・・と深場釣りも断念し、中深場の五目釣りを行なうために今度は浅い方へ向けボートを走らせました。

その途中、水深170メートル付近にてヤリイカらしき反応が見つかり、急遽、再びイカヅノ仕掛けをセットし投入すると、竿先にクンという乗りを感じ、待望のヤリイカ1パイ目をゲット。嬉し~。
ところが、すぐに群れを見失い、またしても魚探を見ながらの放浪の旅へ。
1時間ほど彷徨って見つけた反応にてもう1パイ追加し、もう今日は2ハイでいいや・・・という気持ちになりました。

今度こそ中深場の五目釣りをやろうと水深120メートル付近へ移動。
天秤吹き流しの2本バリ仕掛けにサバの切り身を付け、海底付近を漂わせます。
オニカサゴ(イズカサゴ)がヒットしてくれたら一番嬉しいんだけどなぁ~なんて思いながら、時おりロッドアクションにてエサに動きを与えます。
小一時間ほど誘い続けてようやく釣れ上がったのは待望のオニカサゴ。
サイズは小型でしたが、一番釣りたかったオニが最初にヒットしてくれたので万々歳。

180303-a

次はサイズアップだ!!と付近周辺を何度も流し直すものの、後が続かず、またしても沈黙の海に戻ってしまいました。
さらに1時間粘り続けてようやくアタリをキャッチ。
やや重量感があったので大オニカサゴを期待してリールを巻き始めたが、途中で引きがなくなったので別の魚と判断。
予想通り釣れ上がったのはオニカサゴではなく、ウッカリカサゴでした。
(オニカサゴは浮き袋が持たないので最後まで良いファイトをしますが、ウッカリカサゴは浮き袋を持つので水圧変化により浮き袋が膨れてしまい引かなくなります)

まぁ、こちらも美味しい魚なのでお土産ができて良かったです。
そして気が付けば16時を過ぎていたので、アマダイを狙う時間がなくなり、そのまま沖上がり。

釣ったギスにてさつま揚げを作りました。つなぎを一切入れず、塩のみで味付けしました。抜群に美味しいです。
握り寿司はヤリイカ、オニカサゴ、ウッカリカサゴ、オオメハタです。
握り寿司は魚種が多いほど飽きずに食べることができ、それぞれの魚の個性的な味を楽しむことができます。

180303-b

それにしても今回は終日アタリが少ない1日でした。
さすが ” ひなまつり ” の日だけのことはある・・・” 暇な釣り ” でした・・・(^_^;)

 

◆今回のヤリイカ釣りのタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: アナリスター ヤリイカ 175

リール: シーボーグ300MJ

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: UVFメガセンサー 8ブレイド+Si 3号 380メートル

仕掛け: MD 快適イカ仕掛け 11cm (シングル) 7本 ブランコ ツノタイプ ミラー

オモリ: 120号

投入器: ダイワ イカヅノ投入器 6本 ピンク

◆今回の深場・中深場五目釣りのタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: メタリア 中深場 82MH-185

リール: シーボーグ500J

ライン: メガセンサー 8ブレイド 4号 500メートル

仕掛け: 市販の胴付8本バリ仕掛け

オモリ: 120号

エサ: サバの切り身

 

◆ボートフィッシングにおけるポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「ヤリイカを追う vol;.3」  「オニカサゴを追う vol;.2」 宜しかったらご覧ください。

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年03月 三浦沖ヤリ&五目 
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして

1 / 712345...最後 »