永田 文生の記事一覧

アングラー:永田 文生


BLOG TOP 永田 文生の記事一覧
永田 文生さんの記事
2017.05.26

土砂降りの中のマルイカ釣り

声が掛かったのが、

前日の18:00過ぎ!

雨だよな~と思いながら、

宝生丸さんに予約!

4人で行って来ました。

5:00出船から雨!

11:00頃まで大撃沈!

ちょっと避難していましたが、

なにやら釣れ出しました。

反応は無いに近いのだが

乗ります!

ピンク系、黄色系にアタリが!

底から4メーター辺りが反応か?

タタキを長めにすると抱きつきます。

活性はあまり良くないですね。

同行者は30連チャン位したそうです。

避難者はあまり釣れませんでしたが、

それは同行者が69ハイも釣るからです!

十分釣れたんどけど、

釣りが終わる頃晴れ間が出てきましたね。

巻き落としや投入時のアタリが無いときは

長いタタキ!いつもの2倍くらい!

巻き落とし時は、すばやい糸更け取りがキモでした。

マルイカ率が7割りくらいでしたよ!

DSC_1473

20170526151643719

20170526151606324

寒かったぁ~

20170526151624d21

流石でした!

 

永田 文生さんの記事
2017.05.25

マルイカか?ムギイカ?

急きょ

勝山宝生丸さんに行く事になった!

最近良い釣果が出て楽しみでしたが、、、

釣り始めて四時間が過ぎ

ムギイカが3匹!

まだ 0の方も沢山居ます。

前日の風の為か?

底潮の水温が急降下か?

オモリが異様に冷たく感じる。

反応もなく遊覧船状態!

船長に胃薬をあげたい状況だった。

9:30を回って、空から太陽が顔を出して

光が海中に入り出した!

その時だった。

反応が出だした!

入れ乗りが始まった!

DSC_1460

DSC_1458

DSC_1459

とし船長に

マルイカFを試してもらいました!

良い竿です。

DSC_1466

DSC_1469

今回は

10本ツノで上から6本がプラヅノ

これだとムギイカ率が上がります。

途中から7本にして、マルイカ狙いに!

ムギのタナをスルーして

マルイカのアタリをまちます!

釣り方も変えればマルイカ率が

グーんと上がりました。

1495613748411

ムギイカを狙えば数はもっと延びたかな?

底を狙いに行きました。

ムギのアタリをスルーしてマルイカのアタリで!

色々試す良い時期です!

釣れた時間は3時間ほど!

短時間でしたが50尾もいましたよ。

ケンちゃん船長が良い反応に乗せてくれました。

後半、操舵室で魚探を見ていると

反応が出っぱなしになった!

活性がなく誰も釣れない!

そんなことも!

反応はあります!

楽しみですよ!

永田 文生さんの記事
2017.05.22

東北マガレイ釣り

船長から、

沖は、小型は釣れるけど型が今一!

マコ混じりで型の出る所をやりましょう!

そんな話しがあってから出船です。

DSC_1444鳥の海を出る頃には日の出の時間でした。

亘理、拓洋丸さをんからでした。

わりと近いポイントからスタートですが、

型は良く感じます。

タモ入れも何回かあり、

1日このポイント回りでやっていました。

DSC_1446

 

1495276861912

1495276855977

DSC_1448

DSC_1457

小型はエサを食いきれないから

最初のプルプルとした軽いアタリでは

聞き上げて食わせないようにしながら型の良いのを

狙っていくと、マコガレイは大型!

マガレイも型は良かった。

プルプルアタリで待って掛けると

型は悪いね!

船長から、6月が身厚で、良い時期だよと!

また、伺いますと話して

鳥の海を後に指しましたが、

夕方には帰宅できました。

 

 

 

永田 文生さんの記事
2017.05.20

深夜便ムギイカ

深夜便に乗る為に、

戸田福将丸さんに行って来ました。

釣り始めからポツポツと乗りますが、

途切れてしまいます。

ドでかいサメが、ムギイカを横取りするために

船についてしまう。

船長が追い払ってくれて

安心して釣りが出来ましたが、

たまに連チャンする感じでした。

プラヅノブランコ5本で、

タナは15メーターから上で、

水面までで釣りました。

プラヅノにアタリが集中していましたね。

前日までの大爆釣はありませんでしたが

それなりに楽しめました。

IMG_20170519_095455_616

IMG_20170519_095455_619

 

 

IMG_20170519_095455_618

永田 文生さんの記事
2017.05.19

マルイカ釣りに!

小見山丸さんから、

マルイカ釣りに!DSC_1433

今シーズン初めて投入器を持参しました。

ムギイカが山盛りの今年は

タナが高いために、

10本ツノを使うためです。

1番上のツノが底から11メーターになるように

枝間を調整しました。

それでも1番上に乗ります。

船長からのアナウンスは、

8メーターとか、

30~40メーターとか、

ムギイカの反応は高いですが、

時には3メーターとかのアナウンスも!

ムギイカはタナ止めでアタリを探すのが効率がよい。

それでも、マルイカは狙わないと!

DSC_1430

ムギイカにマルイカが混ざる感じでした。

永田 文生さんの記事
2017.05.14

マルイカか?ムギイカか?

館山道が、工事て夜中は通行止めで、

どうしようか考えたが、

久し振りなので、勝山宝生丸さんに、

予約をしたのが前日でした。

木更津南から国道経由で、

15分ほど余計にかかっただけで、港に到着

国道の渋滞がないと案外早いが、

お出掛けの時は、時間に余裕を持ってお願いします。

偶然にも湯澤さんが、来ていたので並びで

席を取りました。

received_862290770590912

 

話しが届く左前には匠くん。

15分ほどで釣り場に!

57メーター、反応はに20メーターまで、

下から8メーターから20メーターまで、との

船長からのアナウンス!

ムギイカだなと開始まもなく、

湯澤さんに

DSC_1400

さくらんぼ!

DSC_1395

F&レッド のコンビ

実は、手巻きリールでの1日釣りは、

本日初日でした。

received_862290753924247

received_862290730590916反応指示が下から5メーターまでと、

船長からのアナウンスの時は、チャンス!

マルイカです。

1494722402466

高い反応のアナウンスの時は、

オモリを落とさずにタナの下でストップ!

そこからムギイカを狙いましょう!

カウンター付きのリールは便利です。

ムギイカ、マルイカ、ヤリイカと、

釣り方はそれぞれ違いがあります。

多点狙いは、ヤリイカと同じですが、

それぞれ狙い方を変えてみましょう。

簡単に言うと、

ムギイカは、上から

ヤリイカは、下から

マルイカは、同じタナ

話しが長くなるので、

機会があれば声をかけてください。

雨模様でしたが風もなく凪の1日でした。

received_862290707257585

久し振りだったので、

食事会をさせて頂きました。

親父さん、女将さん

お世話様でした。

 

 

 

 

 

永田 文生さんの記事
2017.05.12

夜ムギイカは、小雨が大好き

風が出る予報だったが、

船は出しますと福将丸さんが!

風はそよそよで、ウネリもなく

凪の一晩でした。

今回はイカメタル主体に

夜ムギイカでした。

IMG_20170511_193930_312

専用の道具を持っていないので、

流用してみました。

竿はマルイカのFに、カウンター付きのリール

これだけあればなんとかなります。

IMG_20170511_193930_308

よう引きました。

35メーターで食わせました!

違った、食われました。

この夜3匹も!

1494463779175

手巻きリールでこのサイズは楽しいね。

ムギ、スルメイカは、落としながら誘いましょう。

糸更けでアタリを取り、

ヤリイカは、下から!

イカにより釣りかたやアタリの出し方は変わります。

美味しいムギ、スルメイカ!

今が旬ですよ!

簡単な道具でもOKです!

この釣りにはまりました!

次回も!

永田 文生さんの記事
2017.05.08

網代からイサギ釣りに!

GW最終日に

福浦海斗丸改め

第三つちそう丸として釣り船を再開した

あきちゃんの所へ

DSC_1373

仲間四人と5人でイサギ釣りに行きました。

初島イサギも狙いたいが、まだ早いのか、

網代沖でイサギ釣り!

初島や、網代は、

5:30より竿入れで日没まで出来ます。

午前、午後と、出来るようになり、

思い立っても釣りが出来るようになった!

DSC_1354

ロッドは、64調子が良いかと!

ビシは80号のノーマルから

ライトタックルまで使えます。

潮が動かなかったので、60号で!

軽い仕掛けは楽しい!

ビシのかごは小さくないもののが良いかな?

オキアミがコマセのために、穴が小さいのはNG

フルオープンでパラパラ撒きたい。

1494193131697

網代沖では、イシダイがけっこう来ます。

ドラグは、ゆるゆるで釣りましょう。

仕掛けは、3号6メーターが基本ですが、

このサイズはなかなかあがりませんね。

1494144873654

きたー!

IMG_20170508_070539_647

いきなりきた

沖メジナは、白子たっぷりです!

1494144868190

 

IMG_20170508_070625_315

イサギ釣りにのはずが

五目釣りかぁ~

この他にカワハギの大型やウマヅラ

第三つちそう丸としてスタートです

 

 

 

 

永田 文生さんの記事
2017.05.04

鳥の海沖のマコガレイ、マガレイに行って来ました。

3人で

2日の夜出発しましたが、

車の数がやや多い感じでした。

ナビ通りの3時間45分プラス買い物時間で

亘理まで到着しました。

船長から、最初根寄りで、

マコガレイを狙いましょう。

との事で、いつものポイントより手前で

釣りを開始したのですが、

釣れてくるのはマコガレイばかりでした。

DSC_1302

49センチのマコガレイです。

40センチはかなりきます。

もう1枚デカイのが来ましたが、

泣きの50センチに、足らずで、

DSC_1335

49センチ!

まだまだデカイのがいますから、

次回に!

その後は、沖に10分ほど走りマガレイと勝負に。

こちらではイシガレイ混じりにマガレイが

楽しませてくれました。

DSC_1310

ダブルなら巻き上げも楽チンですね。

DSC_1315

トリプルはなかなく巻けません。

リールのドラグ4キロ以上ないと滑ります。

DSC_1323

当たり前の様にトリプルがが来ます。

マコガレイからマガレイとリレーでしたね。

それでも90枚ほどのカレイが釣れました。

イシガレイとマコガレイとマコガレイの3種。

それぞれの釣り方は違いがあります。

マガレイが居るなかで釣るには、

マガレイにエサを食わさない事ですね。

1番エサにアタックして来ますから

イシガレイが、エサを喰えなくなります。

マガレイにエサを食わさないような操作が必要に

なるため、小突き幅を多きめにして、

エサを早く動かして、

マガレイが食えないようにしたいですね。

マコガレイの最初のアタリは、極小さなアタリです。

これを見逃して小突いたり聞き上げてしまうと、

エサから離れてしまいます。

この極小さなアタリを見逃さなければ、

そのあとはエサが微妙に動く範囲で

竿を動かしますが、重りがその場にあるように

小さな小突きやシェイクも有効です。

それぞれのカレイは、エサの食いかたが違うので

大切なことは、重りがどのくらい動いているか

エサがどれだけ動いているかイメージしたいですね。

今回も、亘理拓洋丸さんにお世話になりました。

単に釣るだけではなく、考えイメージして、

どのように竿を動かせば良いか!

色々試したいですね。

朝は、まだまだ寒く服装も注意して、

楽しいカレイ釣りをしたいと思います。

帰りは3日の夕方ですから渋滞を、心配しましたが、

渋滞もない時間、17:00に帰宅できました。

 

 

永田 文生さんの記事
2017.04.30

戸田港福将丸さんから、夜はムギイカ、スルメイカ

28日の深夜便に、

戸田福将丸さんに行って来ました。

マルイカ取材を終えて、

荷物を積み替えて、GWに入るために、

早めに出発しました。

戸田港ふじ丸さんの乗り場には

仲間が待機していたので情報交換して、

福将丸さんの駐車場に!

夕方便、深夜便と満船です。

最近良い釣果が出ていますから、

早めの予約がお勧めです。

キーローズの仲間と

左舷5人並びました。

fukusyo_2017042871032_32_small

1493460360074

LINE_P20170429_153010606

この席は、タッキー!

直結にビシバシアタリが来てました。

LINE_P20170429_153010598

ツッキーは、プラツノを混ぜていました。

こちらにも良い乗りです。

1493460379397

ゴリキちゃんは、ダイワのブランコ仕掛けに

変えてから、入れ乗りです。

直結は、後ろの席ほどアタリが無い!

そこで、イカメタルモドキ、

ショートブランコモドキの

ブランコの2本ツノの仕掛けを作り

上からの落とし込みの糸更けのアタリを

取りにいきましたが、

これが正解で、ビシバシ当たります!

1493460373622

ゆうこりんも、この仕掛けにアタリが!

サバが回って来て居ないので、

ブランコも有効です。

DSC_1287

楽しい!

夜釣りの季節到来です。

 

 

 

1 / 5512345...102030...最後 »