永田 文生の記事一覧

アングラー:永田 文生


BLOG TOP 永田 文生の記事一覧
永田 文生さんの記事
2017.05.26

土砂降りの中のマルイカ釣り

声が掛かったのが、

前日の18:00過ぎ!

雨だよな~と思いながら、

宝生丸さんに予約!

4人で行って来ました。

5:00出船から雨!

11:00頃まで大撃沈!

ちょっと避難していましたが、

なにやら釣れ出しました。

反応は無いに近いのだが

乗ります!

ピンク系、黄色系にアタリが!

底から4メーター辺りが反応か?

タタキを長めにすると抱きつきます。

活性はあまり良くないですね。

同行者は30連チャン位したそうです。

避難者はあまり釣れませんでしたが、

それは同行者が69ハイも釣るからです!

十分釣れたんどけど、

釣りが終わる頃晴れ間が出てきましたね。

巻き落としや投入時のアタリが無いときは

長いタタキ!いつもの2倍くらい!

巻き落とし時は、すばやい糸更け取りがキモでした。

マルイカ率が7割りくらいでしたよ!

DSC_1473

20170526151643719

20170526151606324

寒かったぁ~

20170526151624d21

流石でした!

 

永田 文生さんの記事
2017.05.25

マルイカか?ムギイカ?

急きょ

勝山宝生丸さんに行く事になった!

最近良い釣果が出て楽しみでしたが、、、

釣り始めて四時間が過ぎ

ムギイカが3匹!

まだ 0の方も沢山居ます。

前日の風の為か?

底潮の水温が急降下か?

オモリが異様に冷たく感じる。

反応もなく遊覧船状態!

船長に胃薬をあげたい状況だった。

9:30を回って、空から太陽が顔を出して

光が海中に入り出した!

その時だった。

反応が出だした!

入れ乗りが始まった!

DSC_1460

DSC_1458

DSC_1459

とし船長に

マルイカFを試してもらいました!

良い竿です。

DSC_1466

DSC_1469

今回は

10本ツノで上から6本がプラヅノ

これだとムギイカ率が上がります。

途中から7本にして、マルイカ狙いに!

ムギのタナをスルーして

マルイカのアタリをまちます!

釣り方も変えればマルイカ率が

グーんと上がりました。

1495613748411

ムギイカを狙えば数はもっと延びたかな?

底を狙いに行きました。

ムギのアタリをスルーしてマルイカのアタリで!

色々試す良い時期です!

釣れた時間は3時間ほど!

短時間でしたが50尾もいましたよ。

ケンちゃん船長が良い反応に乗せてくれました。

後半、操舵室で魚探を見ていると

反応が出っぱなしになった!

活性がなく誰も釣れない!

そんなことも!

反応はあります!

楽しみですよ!

永田 文生さんの記事
2017.05.20

深夜便ムギイカ

深夜便に乗る為に、

戸田福将丸さんに行って来ました。

釣り始めからポツポツと乗りますが、

途切れてしまいます。

ドでかいサメが、ムギイカを横取りするために

船についてしまう。

船長が追い払ってくれて

安心して釣りが出来ましたが、

たまに連チャンする感じでした。

プラヅノブランコ5本で、

タナは15メーターから上で、

水面までで釣りました。

プラヅノにアタリが集中していましたね。

前日までの大爆釣はありませんでしたが

それなりに楽しめました。

IMG_20170519_095455_616

IMG_20170519_095455_619

 

 

IMG_20170519_095455_618

永田 文生さんの記事
2017.05.19

マルイカ釣りに!

小見山丸さんから、

マルイカ釣りに!DSC_1433

今シーズン初めて投入器を持参しました。

ムギイカが山盛りの今年は

タナが高いために、

10本ツノを使うためです。

1番上のツノが底から11メーターになるように

枝間を調整しました。

それでも1番上に乗ります。

船長からのアナウンスは、

8メーターとか、

30~40メーターとか、

ムギイカの反応は高いですが、

時には3メーターとかのアナウンスも!

ムギイカはタナ止めでアタリを探すのが効率がよい。

それでも、マルイカは狙わないと!

DSC_1430

ムギイカにマルイカが混ざる感じでした。

永田 文生さんの記事
2017.05.14

マルイカか?ムギイカか?

館山道が、工事て夜中は通行止めで、

どうしようか考えたが、

久し振りなので、勝山宝生丸さんに、

予約をしたのが前日でした。

木更津南から国道経由で、

15分ほど余計にかかっただけで、港に到着

国道の渋滞がないと案外早いが、

お出掛けの時は、時間に余裕を持ってお願いします。

偶然にも湯澤さんが、来ていたので並びで

席を取りました。

received_862290770590912

 

話しが届く左前には匠くん。

15分ほどで釣り場に!

57メーター、反応はに20メーターまで、

下から8メーターから20メーターまで、との

船長からのアナウンス!

ムギイカだなと開始まもなく、

湯澤さんに

DSC_1400

さくらんぼ!

DSC_1395

F&レッド のコンビ

実は、手巻きリールでの1日釣りは、

本日初日でした。

received_862290753924247

received_862290730590916反応指示が下から5メーターまでと、

船長からのアナウンスの時は、チャンス!

マルイカです。

1494722402466

高い反応のアナウンスの時は、

オモリを落とさずにタナの下でストップ!

そこからムギイカを狙いましょう!

カウンター付きのリールは便利です。

ムギイカ、マルイカ、ヤリイカと、

釣り方はそれぞれ違いがあります。

多点狙いは、ヤリイカと同じですが、

それぞれ狙い方を変えてみましょう。

簡単に言うと、

ムギイカは、上から

ヤリイカは、下から

マルイカは、同じタナ

話しが長くなるので、

機会があれば声をかけてください。

雨模様でしたが風もなく凪の1日でした。

received_862290707257585

久し振りだったので、

食事会をさせて頂きました。

親父さん、女将さん

お世話様でした。

 

 

 

 

 

永田 文生さんの記事
2017.05.12

夜ムギイカは、小雨が大好き

風が出る予報だったが、

船は出しますと福将丸さんが!

風はそよそよで、ウネリもなく

凪の一晩でした。

今回はイカメタル主体に

夜ムギイカでした。

IMG_20170511_193930_312

専用の道具を持っていないので、

流用してみました。

竿はマルイカのFに、カウンター付きのリール

これだけあればなんとかなります。

IMG_20170511_193930_308

よう引きました。

35メーターで食わせました!

違った、食われました。

この夜3匹も!

1494463779175

手巻きリールでこのサイズは楽しいね。

ムギ、スルメイカは、落としながら誘いましょう。

糸更けでアタリを取り、

ヤリイカは、下から!

イカにより釣りかたやアタリの出し方は変わります。

美味しいムギ、スルメイカ!

今が旬ですよ!

簡単な道具でもOKです!

この釣りにはまりました!

次回も!

永田 文生さんの記事
2017.04.29

喜平治丸さんからマルイカの取材でした。

28日に、

天候が悪く延期になったマルイカの取材に

間口港喜平治丸さんに行って来ました。

DSC_1283

左からヒカル船長とマキオ船長です。

朝方から反応が少なくなかなか止まれない感じから

スタートでした。

ヒカル船長を悩ますマルイカでした。

つり丸の取材でしたが、

題材はスッテかな?

ちょっとした工夫で変わります。

そんなに悩むのは止めにしましょうと

言ってもスッテの話しはつきませんね。

DSC_1261

線を一本入れるだけでも

自分だけのオリジナルスッテに変身!

これも楽しみの1つです。

DSC_1266

ウネリと風の影響の翌日でしたが、

後半活性が上がりました。

小型が多かったボクでした。

DSC_1272

ヒカル船長、

丁寧な反応乗せ、アナウンス、

お世話様でした。

DSC_1279

またヨロシクお願いします!

永田 文生さんの記事
2017.04.21

久留和漁港からマルイカに

20日に、

急遽久留和隠居丸さんからの

マルイカ仕立て船に誘われて

行って来ました。

前日は、ダイワ本社にて打ち合わせ

FB_IMG_1492728695944

見る顔は、釣り場と変わりませんが!

終了後には買い物

FB_IMG_1492728706817 近所に大型店が無いために、

出先で寄らせて頂いてます。

翌日に久留和に行って来たのですが、

この港も久し振りにになります。

逗葉新道を出て左折

南郷トンネル~竜神トンネル~国際村

秋谷に出てから久留和へ!

隠居丸さんまで家を出てから1時間チョイでした。

DSC_1231

船長さん、チョイと緊張ぎみ?

マルイカの反応はポチポチありますが、

移動が早すぎです。

人気の釣り物でしょ!

船も沢山居るよ!

DSC_1227

前日は大時化後で、

ウネリ残っていました。

70メーター前後で反応がありましたが

55メーターあたりにも反応があったようです。

GWに向けて浅くなりそうですね。

DSC_1224

DSC_1226

マルイカはこれからが本番だよ~

水深も浅くなって来ていて、

楽しみですよ!

 

 

永田 文生さんの記事
2017.03.30

マルイカの初釣りと取材

平塚は庄治郎丸さんから、

マルイカの初釣りと取材でした。

前日、潮が晴れて

各マルイカ船は、

釣果は寂しかった様ですね。

70メーターほどの手巻きリールから

スタートしました。

中盤からは電動マルイカでした。

DSC_1160

DSC_1179

DSC_1173潮が早く、1投1ビのスタートでした。

船長はこまめな流し替えで釣らせてくれました。

DSC_1190

かなり厳しかったようですが、

取材になりました。

DSC_1186

DSC_1188

DSC_1176

釣り人が、、、、?

29日のマルイカ釣りでした。

永田 文生さんの記事
2017.02.18

戸田沖の深夜ヤリイカ

ベタ凪月夜の

深夜便ヤリイカに!

福将丸さんへ四人で行って来ました。

いきなり釣れてからが長かった!

たまに群れが入る感じも、

船下に止まることがない。

DSC_1104

竿先にアタリを感じたら

手持ちに変える作戦か?

DSC_1108

ダブルで来た強い引きの1匹です。

DSC_1101

マルイカが混ざる時は

ヤリイカの群れが居ないときでした。

DSC_1099

DSC_1097

水深は30メーター

潮が流れなかったので

オモリは、35号を使用

プラヅノ7~6本

今回はスッテを混ぜました。

群れが入るとアタリは活発ですが、

拾い釣りになると、

竿先に出るアタリは微妙になります。

空アワセを混ぜていくとよいですよ。

竿先が柔らかい物が良いです。

微かなアタリを逃すと釣果にむすびつきません。

イカはデカイがアタリは微妙でした。

群れが入れば多点掛けを狙いましょう!

LINE_P20170216_030704700

竿は

極鋭マルイカ レッドチューンAGS-F

満月に曲がって、リールが巻けない多点掛けでした。

これが魅力の、夜のヤリイカ釣りは、

かなりの冷え込みがあり、

十分な防寒対策をしましょう。

DSC_1110

 

1 / 712345...最後 »