前田 俊の記事一覧

アングラー:前田 俊


BLOG TOP 前田 俊の記事一覧
前田 俊さんの記事
2018.08.01

【剣崎カワハギ解禁】釣友たちのNEWボトムインプレッション

剣崎エリアのカワハギ釣りが解禁となりました。

そこで間もなく発売される極鋭カワハギEX-AGSボトムを同行した友人たちに使って貰いました。

併せてカワハギ釣りのキャリアやスタイルがまちまちな彼らの率直な感想を聞かせて貰いましたので、

ご紹介したいと思います。ご興味を持っておられる皆さんのご参考になれば幸いです。

(さらに…)

前田 俊さんの記事
2018.01.29

キモパンオフ会2018 ~楽しい釣りの原点

恒例のキモパンオフ会の季節となりました。

いつからやってたのか調べてみたら、2004年でした。

d17a8eb77d85484586e58add03edbef8 f4bca48be3639dbdc9878f46b0bf8283 20040523kawahagioff01image19

第一回目は佐島海楽園さんの仕立でこじんまりスタートしたキモパンオフ会もなんと15年目。
当時は海釣り初心者で決まった常宿も持っていなかったので、いろいろなエリアで開催したことも懐かしい思い出。
腰越たけし丸さん、松輪成銀丸さんを経て、ここ10年くらいは常宿の松輪瀬戸丸さんにお世話になっています。

もともと、私の釣りは楽しむのが目的でしたので、競うような釣りは避けていたこともあり、釣りを通して非日常を
ひたすらユルク楽しもうとの趣旨でした。

ご縁があってダイワの船最前線ブロガーに抜擢されフィールドスタッフとなる中で、自分の釣技を磨き魚(イカ)に向き合う
楽しさにも触れて、多少は自身の考えや釣りのスタンスは変わりましたが、今でも私の釣りはただひたすら楽しむための釣りに他なりません。

そんな私とお仲間の原点がキモパンオフ会。

今年も松輪瀬戸丸さんで開催。
約60名の方々にご参加いただき楽しい休日をご一緒しました。

(さらに…)

前田 俊さんの記事
2018.01.15

カワハギ教室~瀬戸丸カワハギ釣り大会

先週の土曜は瀬戸丸カワハギ釣り教室。日曜は瀬戸丸カワハギ釣り大会でした。

松輪の民宿に泊まって連荘して臨みました。

 

土曜のカワハギ釣り教室は、前回同様この3名で講師役を務めました。

26231331_1628141700614027_1990764670366348472_n

左)DKOファイナリスト 増澤始氏 (家元っちゃん)

右)DKO2018チャンプ 佐々木健仁氏 (ささきくん)

そして真ん中、不肖ワタクシ です。

(さらに…)

前田 俊さんの記事
2017.12.31

2017最終釣行もやっぱりカワハギ!

2017の締めはカワハギ3連荘釣行。

だいぶ寒くなりました。手がかじかんで餌付けや鈎交換に支障が生じるように。

手首にホッカイロを貼っておくと血行が良くなりかじかみが緩和されますよ。

防寒対策を怠りなく快適に楽しみましょう。

26169598_1612054678889396_7362750463618930029_n

(さらに…)

前田 俊さんの記事
2017.12.26

瀬戸丸カワハギ釣り教室

12月24日(日)常宿の松輪瀬戸丸さんでカワハギ釣り教室が開催されました。

 

24993663_1741597552581245_2766305339670755274_n

2017DKOチャンプの佐々木くん、ご存じHTカワハギ釣り師の家元っちゃん(増澤くん)と私の三人で講師を務めます。

 

今回は企画が持ち上がってから開催まで期間が短かったため、先に予定が入っていて参加できなかった方々もいたようです。

また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

(さらに…)

前田 俊さんの記事
2017.12.14

電動カワハギ(電ハギ)のキモは?

好釣が続く東京湾&相模湾エリアのカワハギ釣り。

晩秋~初冬を迎えてもいまだ爆食いが続いています。

30~60mの深場に落ちたカワハギを狙う釣りでは小型電動リール(PE0.6~1.0号程度を使用)が威力を発揮します。

24991602_1594482833979914_2827309715840438685_n

電ハギでは特に状況に合わせたタックルバランスが重要となります。

ロッド:極鋭カワハギEX AGS F1 

リール:シーボーグ200J-DH-L

PE:0.8号

二枚潮を想定して張りのあるロッドを選択しましたが、潮が素直ならSFやボトムなども良いかも?

要はしっかり仕掛けを動かせて誘えるかが大事だと思います。

 

そして鈎の選択も大事。

水温低下に伴いしばしば活性が下がりやすいのもこの時期の特徴。

そんなときでも誘いが合えば食ってくるのですが、食いが浅くなりがちです。

吸い込みやすい細軸の鈎にするか?

パワー系の太軸鈎にするか?

電ハギは手巻きリールに比べて巻き上げ時の加減、強弱の調整が難しい。

ドラグをゆるゆるにすればいいのだけれど、手返しを考えるとなるべく早く取り込みたい。

食いが浅い時、強引なやり取りはバラしの原因になります。

シッカリ食ってくるときはある程度ガンガン巻いても大丈夫。

その日のタックルバランスと食いパターンに合わせた鈎選択がキモ?な気がします。

 

25289478_1594482793979918_9137633008091704019_n

DKOも終わり、競技会は一段落しましたが、いまがまさにカワハギ釣りのピーク!

基本の釣技を覚えたり、磨き上げたり、いろいろな鈎やタックル、グッズを試すのもこの時期は最適です。

来期の競技会を見据えていろいろ試しながらワイワイ楽しくステップアップしちゃいましょう!

 

 

前田 俊さんの記事
2017.11.02

ユルハギモードスタート!初の束釣り達成!

DKO二次予選、全力を出し切りましたが及びませんでした。
これにて今期の真剣勝負の釣りはお終いです。

応援してくださったみなさん、ありがとうございました。

ファイナルへ進まれた皆さん、敗者復活戦にチャレンジされる皆さん、ご健闘をお祈りします!

と言うことで、私はユルハギモードへ移行します。

2日連荘で松輪瀬戸丸さんから城ヶ島エリアでカワハギ釣りをしてきました。

今回、新発売の船バッグ『船バッグS40(E)』
収納力も抜群!透明の中蓋が使い易いです。
そして底全面がラバー素材で覆われたことで波がある日の船上でも安心ですね。

22894167_1548102845284580_7749152267262802432_n

22851807_1548102911951240_5137445864082935296_n   22853081_1548102938617904_3858189739958679404_n

22851735_1548103008617897_7797546623899170500_n

上蓋が頑丈になりました。小物を置いたときに転がりにくくて良い感じ。

新しい相棒(船バッグ)をお供にDKOでの傷心を癒して来ました。

 

初日は極鋭カワハギEX AGS ZERO

今年のDKOでのメインロッド。
宙でもキャストでももちろんネーミング通りゼロテンでも。
使い込めば使い込むほど発揮されるポテンシャルに助けられました。

思い通りの操作性。そして前アタリを察知する超感度。食わせに行った時に威力を発揮するしなやかな穂先。

チョイ宙でふわふわ誘い(操作性)→カワハギが仕掛けに絡んでくる前アタリを察知(超感度)→食わせにシフト(しなやかな穂先)=簡単に掛かっちゃう!

初日は途中アクシデントがあり57尾でフィニッシュ。
まともにやってれば70尾くらい行ったかも?

潮が濁ってましたが澄潮が入れば…と思うほどカワハギ密度が濃厚でした。

 

そして連荘二日目。

極鋭カワハギレッドチューンAGS SF 

普段の釣りで最も信頼している誘い掛けの名竿!

なんと言っても超絶感度の穂先が表現する様々な前アタリ。そのまま誘い続ければ自然に掛かっちゃうオートマチックロッドです。

チョイ宙でふわふわ誘い→カワハギが絡んでくる前アタリを察知(超感度)→そのまま誘い続けていれば掛かっちゃう!

23155093_158000434937490_3780933664121145541_o

カワハギ釣りで初めてのトリプルも!

(キャスト~テンションフォール→オモリ着底と同時に食ってきました)

22886249_1549479941813537_6368786247155052022_n

ちょっと食いが落ちた時に『快適カワハギバイブ集寄(新発売)』を投入。

DKOでは「コトコト」タイプを。この日は「ジャラジャラ」タイプを使いました。

ここ一番でラトルが効きます!

快適船シンカーSK』は集魚効果が高く、加えてオモリ下にアイが付いているので、スプリットリングをセットしておけばバイブ集寄の着脱がスムーズです。

状況に応じて付けたり外したり、時には小さな水中ライトをつけることも。

フィールドでのアジャストが容易なので私のマストアイテムです。

瀬戸丸鈴木弘親方船長の勘ソナーが冴えに冴え、激熱の反応を次々捉えてくれました。

おかげ様で人生初のカワハギ束釣り達成!

22894154_1549479958480202_122095064050672388_n

全て釣り上げるたびにエア抜きして活かしておきました。

大会ではそんな時間も割いてられませんが、ユルハギですので。

22886281_1549479865146878_3235636881305323665_n

撮影後も元気でしたので小型~中型カワハギは、リリースできました。

まだ潮は濁っていましたので、これで澄潮に替われば活性が更にUPすることが期待できます。

沖へ向かったヤリイカ船の話では沖の潮は澄んでいるとのこと。

いつ爆釣Xデーが訪れるか?目が離せませんね。

 

前田 俊さんの記事
2017.10.13

2017ダイワカワハギオープン関東B予選

年に一度、真剣勝負のカワハギ釣り!それが私にとってのDKO。

プラを重ね臨みました。

プラではタックルや釣り方のチェック。決戦の舞台となる竹岡沖の状況把握を行いました。

それらを踏まえ仕掛けや餌の準備を済ませました。

22448254_1529393277155537_4927067113664493441_n

アサリを剥きすぎて指先ボロボロです。

受付開始は6:30からなのですが、5:00には山下丸さんへ到着。

fd9ac225f0444431de11dbced5ac197c

仕事でも釣りでも、重要な時ほどリラックスして良い状態で臨めるようにかなり早目の行動を心がけています。

事故などの不測の事態で時間がギリギリになったりすると、ついイライラして冷静さを欠くかもしれません。

受付に並ぶこともなく一番に座席くじを引けました。

22405405_1529393383822193_9005480416275962125_n

C船左舷、艫から2番目です。(両舷とも10人ずつ)

(さらに…)

前田 俊さんの記事
2017.09.29

同じ潮周りを狙って!DKOプラクティス

DKO1次予選を前に同じ潮周りとなる2週間前にプラクティスを行いました。

関東B予選が行われる山下丸さんに17人のメンバーが集いました。

KIMG0126

釣り座はくじ引きで。私は右のミヨシ。

KIMG0131

KIMG0128

プラだけど和気あいあいのオフ会みたいな雰囲気です。

でもやることはシッカリね。皆さん頑張りましょう!

(さらに…)

前田 俊さんの記事
2017.02.07

きもぱん芋煮オフ会&前日仕込み隊マルイカ釣行

2/5は恒例のキモパンオフ会でした。
b2185928a3e291ffcc522390c8d28c04

確認したら13年目になるんですね。
佐島・久比里・腰越。色々なエリアでの開催を経て、ここ10年ほどは松輪で開催。

いつもオフ会でお世話になりっぱなしで、申し訳ないのでちょくちょく通ってるうちにいつしか常宿になってしまった松輪瀬戸丸さんに、今年もお世話になりました。

(さらに…)

1 / 612345...最後 »