石塚 広行の記事一覧

アングラー:石塚 広行


BLOG TOP 石塚 広行の記事一覧
石塚 広行さんの記事
2018.03.30

千葉県勝山港よりコマセマダイ釣り

乗っ込みマダイを求めて今回は、千葉県勝山港『宝生丸』さんよりコマセマダイ釣りに行って来ました。

深夜に港に着き、釣り座を決めて車内で仮眠!外はビュービュー風の音が!北東の風がかなり強く吹いています。マダイのポイントは、風を比較的受けにくい近場との事で定刻の6時に出船しました。

まずは、港から直ぐのポイントでスタートしました。

仕掛けは、タフロン船ハリスEX6号と4号と使用した全長10メートルのテーパー仕掛けでスタートしました。ハリは、D-MAXマダイSS9号を使用

DSC_5747

開始から暫くは、餌取りも少なく付け餌は餌付けしたまま綺麗に上がって来ます。8時前にポイント移動!こちらは、餌取りも多くおまけに潮が速い状況でした。コマセの打ち返しと付け餌チェックは、頻繁に行い本命マダイのアタリを待ちます。

お昼を過ぎた、潮止まり寸前に付け餌が残り始めマダイが食いそうな雰囲気がした瞬間にロッドがギュッと!釣り上がったのは本命マダイ!

まだ、マダイは釣れると直ぐに仕掛けを入れてアタリを待っているとギュッと!終了間際に2枚ゲット!

流石、驚異の貫通力サクサスです。上顎にガッチリと針掛かり!型も良く満足満足です。

今回のタックルも、相性抜群のリーオマスターマダイEX  AGS  S-270

ダイワ コマセマダイロッドの最高峰だけあって期待は、決して裏切りません。カーボンロッドですが跳ねずに粘る しかもめちゃくちゃ軽い!操作性も最高です。

DSC_5743 DSC_5748

DSC_5751

今回の釣行では、大型マダイは釣れませんでしたが乗っ込みマダイはこれから先が本格シーズンです。次回は、大型マダイ乗っ込みマダイを釣りたいと思います。さて、次回はいつ行きましょうか?

DSC_5744

宝生丸さんお世話になりました。

石塚 広行さんの記事
2018.03.25

プレ乗っ込みマダイ釣行

3月24日新潟県能生港『大進丸』さんよりコマセマダイ釣行に行って来ました。今回の釣行は、ダイワ宮澤さんのコマセマダイ教室仕立て船!

DSC_5711

DSC_5709 DSC_5712

コマセマダイ初めての方からベテランまで12人が集まり釣り座抽選後5時30分に出船しまさした。自分は、左舷トモから2番目が本日の釣り座です。ベタ凪!30分でポイント到着し早速釣りスタート!

開始から前方では、マダイが良い感じで釣れているようです。

釣り方は、指示棚ビタ止めで仕掛けは全長10メートル標準で仕掛けを重めにして浮いて来たマダイに付け餌を食わせるスタイル!

DSC_5731

コマセマダイ釣りは、乗船者皆のチームワークの釣りですと中村船長!まずは、指示棚を守るのが絶対条件!道糸のマーカーでしっかり水深を確認して棚ボケしない様に注意します。コマセは、振らずにそっと誘う!

前半は、アタリが無くチョット焦りましたが後半はアタリが訪れて楽しめました。

received_1681310511949259

DSC_5734

これから5月中旬位から本乗っ込みを迎える日本海のコマセマダイ釣り皆さんも是非チャレンジしてみて下さい。

使用タックル

DSC_5715

ロッド リーオマスターマダイEX AGS S-270

リール シーボーグ300MJ

【オススメアイテム紹介】

トランクマスターHDシリーズ

コマセマダイや深場から大物などあらゆる釣りに使用可能な大容量クーラーボックス!ハードタイプで座っても大丈夫!今回、釣り座に椅子が無かったので一日中椅子代わりに!保冷力も抜群で夏場の釣りも安心して使用頂けます。

DSC_5722

SLPワークス スーパーパワーコード220

ダイワ電動リール専用コード!電源コードは、消耗品で長年使い続けると接触不良や断線でリールが正常に動かない事も!一日快適に釣りを楽しむなら予備コードの持参をオススメします。

スーパーパワーコードを使用すると、最大効率10%アップします。確かに巻き上げは速いしパワーも上がっている事が実感頂けます。

DSC_5678

DSC_5677

 

 

 

 

 

石塚 広行さんの記事
2018.02.23

乗っ込みマダイも間近?!良型真鯛釣れました。

まだまだ連日寒い日は続きますが、春は間近まで来ています!春になると気になるターゲットの一つ乗っ込みマダイ!

リーオマスターシリーズの最高峰『リーオマスター真鯛 EX AGS S-270』を持ってコマセマダイ釣りに行って来ました。

DSC_5621

DSC_5628

DSC_5627

ロッドを持つと驚きの軽さ!ロッドの重さを全く感じさせない。それだけ軽量化されたロッド!イメージ的には、置き竿でアタリを待つコマセマダイ釣りですがコマセワーク 誘いなど手持ちで釣りをする事が多く付け餌のオキアミをスッスッと動かした直後にアタリ事が来るパターンが結構あります。

3月22日神奈川県三浦市剣崎松輪港『棒面丸』さんから剣崎沖のマダイ釣りに行って来ました。この日は、80ビシのマダイ船はお休みの為40号ビシのライトマダイに乗船し7人の釣り人を乗せて7時に出船してポイントに向かいました。予報に反し雨 風が強く寒い海上。ポイントに付き1投目からマダイのアタリ!まずは、一安心 2枚目もアタリは直ぐに有りましたがその後はアタリは少なく…

釣り座は、右舷ミヨシでしたが潮は自分の斜め後方にゆっくり流れている潮裏って感じでした。餌取りも少なく、仕掛けに色々と工夫して釣りを続けると誘い後ズッシとアタリ!下船後検量2.6キロの綺麗なマダイ

DSC_5637

DSC_5633

DSC_5638

正直、嬉しかったです。

仕掛けは、快適マダイ仕掛けSSタフロン船ハリスEXを使用した自作仕掛け。2段テーパー仕掛けでは、驚異の回転力サクサススイベルを用いた仕掛けは、ハリスのヨレが全く出来ず最高な使用感でした。

DSC_5632

DSC_5631

DSC_5630

乗っ込みマダイ、これから楽しみ!

棒面丸さんお世話になりました。

使用タックル

ロッド リーオマスター真鯛 EX AGS S-270

リール シーボーグ200J-DH

道糸 メガセンサー12ブレイド2号

MDライトビシ  

リーディングテンビンⅡ

小物類は、ミニバッグに一まとめに!見やすく 取り出しも楽々で使い易い。

DSC_5641

DSC_5640

 

 

 

 

石塚 広行さんの記事
2018.01.04

コマセマダイ~アマダイのリレー乗合

2018年あけましておめでとうございます。本年もダイワ船最前線ブログを宜しくお願い致します。

釣りの楽しさ 使用タックルなど色々とお伝え出来たらと思います。

1月4日、神奈川県三浦市松輪港『棒面丸』さんから今年の初釣りに行って来ました。狙いのターゲットはマダイにアマダイがメインの五目船です。

朝日が綺麗な7時に出船!

DSC_5476

まずは、得意のコマセマダイ釣りからスタートです。指示棚は海面から取ります。上から45メートルと指示が船長よりアナウンスが有ったらビシを50メートルまで沈めてコマセをパラパラビシから適度に出しながら指示棚でアタリを待ちます。ハリスが潮に馴染みコマセと付け餌が同調させるイメージで!

置き竿で待つよりまずは、手持ちでちょこちょことロッドを煽り誘いを掛けるとマダイにアジとパタパタっと釣れて来てくれました。

コマセマダイのタックルは!

ロッド リーオマスターマダイ SX S-300

リール レオブリッツS500J

バッテリー スーパーリチウム11000

ビシ   MD.ビシ80号

DSC_5477

後半は、ポイント移動してアマダイ狙い

開始早々からアマダイのアタリが来ました。水深は100メートル近いですがアマダイの引き込みがビンビン手元に伝わって来ます。

形状記憶テンビン、コマセマダイやアマダイ釣りにぴったりのアイテムでアタリがダイレクトに伝わって来るので愛用しています。

船中50オーバーのアマダイも数匹釣れて盛り上がってました。

アマダイのタックル

ロッド リーディングネライMH-200

五目釣りに、ピッタリな7:3調子です。

DSC_5480 DSC_5488

ロッドホルダー

ライトホルダーメタル90CH

DSC_5486

DSC_5487

コンパクトサイズで、余計な出っ張りなどが無いため仕掛けが引っ掛からないからストレスフリー!ハリス8号までのターゲットまで使える為1台有ればどんな釣りにも使えてしまいます。

テンビンは、ラインナップ豊富なリーディングアームⅡ

DSC_5479 DSC_5484 DSC_5483

コマセマダイ アマダイのハリスは、タフロン船ハリスEX

DSC_5478

棒面丸さんの五目船は、今後も色々なターゲットを狙って出船するそうです。皆様も、釣りに出掛けてみては如何でしょうか?

DSC_5489

DSC_5493

石塚 広行さんの記事
2017.05.12

神奈川県剣崎沖のコマセマダイ釣り

水温上昇と濁り潮がキーボード?
春のコマセマダイ釣りの楽しみの一つでもある乗っ込みマダイ釣り!
大型マダイを狙うのも良し! 数を狙うのも良し!
ゴールデンウィーク明けの5月10日、多くのコマセマダイ釣りファンが神奈川県剣崎松輪港に集まっていました。
今回は、通常80号オモリ(ビシ)を使うコマセマダイ釣りのスタイルの半分オモリ、40号ビシを使ってコマセマダイ釣りを楽しんで来ました。
ライトマダイを得意とする棒面丸さんにお世話になりました。
連日好調の釣果を見て14人のライトマダイ釣りを楽しみに来られたアングラーと共に5時30分に出船しました。

ポイントは、航程15分の吉屋瀬の水深40メートル弱のポイントからスタート!大人気のマダイ、ポイントは船団になって人気の高さが目にとって分かります。

257eb900

反応有るよってアナウンスが有り、期待の1投目。
指示棚は、海面から25メートル。
一旦ビシを30メートル沈めてコマセを撒きながら指示棚で待つとギューッとロッドが曲がりました。重量感はありませんがマダイ特有の3段引き!幸先良くマダイゲット出来ました。
まだまだ釣れそな予感で、針先をチェックして直ぐに仕掛け投入!(素早い投入が地合を逃さないキーワード?です)

c44086ae

しばらくして、またまたギューッと!2枚目追加!

4cbaa498

その後は、しばらく我慢の釣りとなりちょっとポイント移動して同船者の方に良いアタリが!
上がって来たのは5.6キロの乗っ込みマダイ!
その後は、朝のポイントに移動して船中メジナなど混じり本目マダイのアタリは無く船中メジナやアジなどが混じり12時30分帰港となりました。

コマセマダイ釣りは、餌付けがかなり重要です。真っ直ぐ綺麗にサシ餌を針に刺す様に心掛けて下さいね。

ddc0bba6

サシ餌を真っ直ぐ綺麗に付けないと、ハリスのヨレや投入中に餌が取れてしまうのでご注意を!

16d2d662
今回のタックルは!
リールは、シーボーグ200MJ
ロッドは、ノーマル(80号~100号)ビシからライトタックルにもバッチリ使えるリーオマスターマダイ SS-255AGS

207d6ddb e2045577 00df645b
ビシは、ライトビシ40号

テンビンは、快適天秤 マルチ
仕掛けは、快適マダイ仕掛けSS

58459fd3

タックル全体が軽々でワンハンドで、コマセワークからやり取りまで可能です!

剣崎沖の乗っ込みマダイは、第一陣が乗っ込みスタートした感じです。これからどんどん釣果も上向いて来ると思います。決して難しく無いコマセマダイ釣り皆さんもチャレンジしてみて下さい。

1453a6f7 af0aa41f

 

松輪港 棒面丸さんお世話になりました。

5f66d95e

石塚 広行さんの記事
2017.04.27

ダイワ主催テンヤマダイ釣りツアー

4月22日、ダイワ主催釣りツアー千葉県飯岡沖テンヤマダイ釣りの応援に飯岡港『隆正丸』に行って来ました。

704e3594

天気も良く18名の参加者の皆さんが集合時間に集まりまずは、出船前のダイワ松永フィールドテスターよりテンヤマダイ釣りの釣り方や餌の釣り方をレクチャー!
皆さん真剣にレクチャーを聞いて乗船!

釣りツアーは、使用するタックル 仕掛け ライフジャットは全て準備をして参加者の皆さんはウエア クーラーを持参して頂くだけで本格的な釣りが楽しめます。
また、釣り方や仕掛けが絡んでも乗船スタッフがサポートします。
今回皆さんに使用して頂いたタックルは、本格的なテンヤマダイタックルと仕掛け
リールは、FREAMS 2508H 道糸は、紅牙センサー0.8号

e78e5afa

ロッドは、紅牙テンヤゲーム
テンヤはマダイの硬い口にもガッチリ針掛かりするサクサス加工された紅牙タイテンヤ 3号~15号
また、紅牙誘導テンヤを準備!

c8eea3f3 c0287558

ポイントは、港から30分程の飯岡沖。パラシュートアンカーを入れて釣りスタート!

ee43272e ec49d9e4

水深は30メートルの浅場
幸先良く、1投目から良型マダイが釣れました。

fa23e359

他にもカサゴやメバル ホウボウ 本命マダイも釣れました。

926fdf01 5ea44926 1ff34505 186b0733 d06b0273 f130edcd 0e210bc7 525117a7

参加者の皆さん全員に釣って頂く事は出来ませんでしたが天気も凪も良くテンヤマダイ釣りを楽しんで頂きました。

80c3b66e

今後も、本格船釣りを体験できるダイワ主催釣りツアー皆さん参加してみては如何ですか?

参加者皆さん 隆正丸さんお世話になりました。

石塚 広行さんの記事
2017.03.23

乗っ込みマダイシーズン目前

まだまだ寒いですが、日差しは春本番?!
日差しが強くなるとキャップサングラスは釣りには欠かせません。

a1c4d8ce
春になると毎年気になるのが乗っ込みマダイ!
松輪港『棒面丸』さんより乗っ込みマダイを求めて7時に出船しました。4月より出船時間が変わります。
棒面丸さんのマダイ船は、2隻に分かれて出船しています。
1隻目は、ライトタックルマダイ船
2隻目は、ノーマルタックルマダイ船
ライトタックル船は、40号のコマセカゴを使用
ノーマルタックル船は、80号のコマセカゴを使用します。
今回は、ノーマルタックル船に乗船しました。
タックルは!
リーマスターマダイSS-255AGS
シーボーグ300MJ
良型マダイも楽々、浮かせてくれるコマセマダイ専用ロッドとATD(オートマチックドラグシステム)搭載のリールは乗っ込みマダイ釣りには欠かせません!

2e5e64e4 db827d8a 8511e7c8

仕掛けは、快適マダイ仕掛け

e699e454
ポイントは、水深40メートルから90メートル!
朝一は、深場からスタート!本格的に浅場に入って来る前の良型マダイを狙いました。しばらく釣り続けるもアタリが無く……!
浅場に移動しました。

餌取りは、時々出てくる感じで手返しは2分!
棚もハリス分より更に上げてアタリを待つとモゾモゾ ギュッとロッドが入りやり取りすると重みだけ伝わって来ますが、マダイの引きと違うぞ~!
上がって来たのは、ヒラメ!
オキアミを食べたの?それとも、トラギスがオキアミを食べてヒラメがトラギスを食べたのかな?

c2bcc336
サクサスマダイ針がガッチリ口に突き刺さってましたよ!

412cf45c
本命マダイでは無かったですが嬉しい外道でした。
水温も上昇して来るとますます乗っ込みマダイが面白くなります。
棒面丸さん 洋一船長お世話になりました。

039c8ae4

 

石塚 広行さんの記事
2016.11.09

剣崎沖のワラサ釣り

11月7日神奈川県三浦市松輪港「棒面丸」さんよりワラサ釣りに行って来ました。10月に釣れ始めたワラサ今年は、型も良く引きも最高!!!10月末に釣行した際も、朝から食い良くトランク大将が良型ワラサで満タンでした。

今回は、ワラサに混じりイナダの食いも良く一日中ポツポツと釣れました。剣崎沖の水深40〜70メーター!餌取りの活性も高く手返しは1分と短いスパンで付け餌はチェック!早い手返しには電動リールは欠かせません。青物の強い引きもどんどん巻き上げて幅広いターゲットに使用出来る「レオブリッツ500J

IMG_0192

ロッドは!

NewリーディングネライMH-200

一日中手持ちで誘いを掛けて釣りをしても疲れ知らずで、穂先はしなやかで食い込み抜群!バッドは、魚を簡単に浮かせてくれる操作性の良いワンピースロッドです。沢山のターゲットを、狙えるのもリーディングネライの良い所です。

IMG_0193

今回の釣行はワラサ一本でしたが大型で、イナダも含めクーラー満タンでした。

今後も、ワラサ  イナダ マダイと楽しめそうです。

IMG_0196

 

石塚 広行さんの記事
2016.05.07

飯岡沖一つテンヤ真鯛釣り

5月3日千葉県飯岡港『第一進丸』より、一つテンヤ真鯛釣りに行って来ました。

実は、一つテンヤ真鯛釣りは初めての体験です。前々から一度やってみたかった釣りです。今回ご一緒した仲間達にノウハウを聞いたり見たりと出船前からワクワクモード!

一つテンヤ真鯛釣りのリール、スピニングリール主!

今回は、使用したリールは「NEWセルテート2510PE-H

マグシールドボールベアリング搭載で防水 耐久性が向上

もちろん、ATD=オートマチックドラグシステム搭載で大型が掛っても安心してやり取りが可能です。

ラインは、紅牙12ブレイド0.8号-200メートル     リーダーにタフロン船ハリスEX3号-5メートル付けました。

テンヤは、紅牙タイテンヤSS太軸シリーズを使用しました。号数は、5〜8号!潮の流れが弱かった為、1日を通して軽めのテンヤで実釣しました。(潮が速くなると軽めのテンヤは底立ちが分からなくなってしまうので3〜15号までのテンヤを持参した方が良いとの事です。)

持参したロッドは、「極鋭ゲームMC-180AGS」センターシンカー8〜30号でキス釣り マルイカ釣りは勿論ですがテンヤ真鯛釣りでも使用出来るゲームロッドで1日を通して楽しみました。

image

DSC_3201~2

5時に出船し、40分程走りポイント到着です。パラシュートアンカーを入れ釣りスタートです。水深25メートル程!軽く前方にキャストしてフォール中の当たりを確認しながらテンヤが着底したらロッドを上下にゆっくり煽ったり   ちょこちょこっと誘いをかけたりと誘いパターンも色々!

アタリが出たら直ぐアワセ、強めのアワセでフッキングさせると良いそうです。リールのドラグ設定は忘れずに。

本命真鯛はもちろんですが、ハナダイ ホウボウ イナダなど色々と釣れていました。

DSC_5737

第一進丸さん、お世話になりました。

石塚 広行さんの記事
2016.04.14

戸田沖コマセマダイ釣り

各地で乗っ込みマダイが好調です。
東京湾口
相模湾
外房
駿河湾
新潟
4月11日今回は、沼津市 戸田港『福将丸』さんより午前マダイを行って来ました。戸田沖の乗っ込みコマセマダイも連日好調で満席です。出船前に乗船する皆さんとジャンケンで席決めをするスタイルです。(お仲間と釣行の際は、代表者がジャンケンして並んで釣りが出来るようになっています。)
ポイントは、港を出て直ぐの水深85メートル
棚、海面から65メートル

今回の使用タックル
リーオマスターマダイSX-S-300
コマセマダイ釣りのスペシャルロッド!大きなウネリも吸収して付け餌に違和感を与えない。
しかも、軽い!
リールは、シーボーグ200J

image

image

image

仕掛けは、ハリス10メートルが標準との事でタフロン船ハリスEX4号-10メートル 針にD-MAX真鯛SS10号を使用しました。
タフロン船ハリスEXは、結束力もアップ しなやかな張りと強度でロングハリスの使用も糸さばきが良く真鯛釣りにもオススメです。

image

反応ありますよ~と船長さんからアナウンスが有り誘いを入れるとヒット!
綺麗なメスのマダイが釣れました。

image

その後は、風が来てウネリも大きくなりヒットしましたがスッポ抜け!
その後、風が更に強くなり湾内で釣り再開し同船したお客さんに3.8キロのマダイが釣れましたよ。
戸田沖のコマセマダイもまだまだ釣れそうです。
大型マダイの気配はムンムンしています!

1 / 212