石塚 広行の記事一覧

アングラー:石塚 広行


BLOG TOP 石塚 広行の記事一覧
石塚 広行さんの記事
2017.12.02

新島沖のブランドキンメダイ釣り

11月30静岡県下田市須崎港「番匠高宮丸」さんより新島沖のキンメダイ釣りに行って来ました。

早朝4時30分港に集合し、タックルをセットして5時に出船しました。ポイントに着くまでキャビンで仮眠。船は、ゆっくり走って1時間ちょっとでポイントのトンガリ根付近へ到着しました。

海上は、凪でコンディションはバッチリ!防寒ウエアで、身体もポカポカです。

DSC_5304

FB_IMG_1512037527907

1投目の投入は、6時30分過ぎ しかし、潮速く 活性も悪い感じで3投目まで坊主!

1投目から3投目は、オモリ着底後から仕掛けを送る釣り方でした。

船長から8時頃からがチャンスタイムだよとアナウンスが有った通り速く流れていた潮の淀みの4投目でキンメの活性が上がりチャンスタイムが到来しました。

DSC_5308

水深は、440メートルで、どんどん駆け上がる絶壁のポイント!仕掛けをどんどん巻き上げて根掛かりを回避しないと直ぐ根に仕掛けが入ってしまいます。

以前、釣行した際も同じ様なポイントを狙ったのを思い出しリールカウンターで400メートルで道糸を止めます。しばらく待つとキンメのアタリ!まずは、丸々肥えた厚み有る新島キンメ二匹が釣れて一安心。

5投目 6投目も同じ釣り方でキンメのアタリが有り十分な釣果

DSC_5314

7投目は空振り 8投目は、潮が速くなりアタリが有りましたが根掛かりで空振りでした。

釣果は、新島ブランドキンメ10枚と十分過ぎる釣果で大満足の釣行となりました。

DSC_5321

タックルは、シーボーグ1200MJに道糸PE10号

DSC_5306

仕掛けから根掛かりしても、リールのパワーが強い為根起こしもリール任せで問題ありません。仕掛けも新島キンメ釣りの標準仕掛け、幹30号 ハリス18号 捨て糸14号とハード仕掛けでも安心して使用出来ます。

バッテリーは、スーパーリチウムバッテリー11000WP

DSC_5316

ロッドは、深場釣りのスペシャルロッド『マッドバイパー深海MH-195

仕掛けは、自作のキンメ仕掛け20本針を使用しました。付け餌は、カツオのハラモ サバ イカ等々!

DSC_5315

釣りが終了し、ウエアを袋に入れて帰港までの間もキャビンで爆睡して帰路の運転も安全です。

DSC_5320

番匠高宮丸、小澤船長 範子女将 お世話になりました。また、宜しくお願い致します。

DSC_5099

 

 

 

 

石塚 広行さんの記事
2017.10.17

新島沖のキンメダイ釣り

10月12日、新島キンメダイ釣りに行って来ました。
シーボーグ1200MJの登場で本格深場釣りが手軽に楽しめる様になりました。発売以前はヘビー級タックルを使用していましたが、今はシーボーグ1200MJで本格深場のキンメダイ アコウダイまで楽々楽しめてしまいます。

9851a73c d7108131

今回も、下田須崎港『番匠高宮丸』さんより出船しました。

4510b093

早朝3時50分港集合し、タックル準備を済ませて4時20分出船。深場釣りのタックル準備は、簡単です。釣り座にロッドキーパーをセットしてロッド リールをセットして完了。仕掛けは、自宅で餌付けを済ませたキンメダイ仕掛けをクーラーボックスに入れて持参しました。仕掛けの準備が出来ない、キンメダイ釣りにチャレンジしてみたいけど仕掛けが・・・なんて方には、事前に船宿さんにお願いしておくと餌付き仕掛けを投入回数分の8組を準備してくれます。
出船して、ポイントまでキャビンで仮眠!と、言ってもいつもぐっすり寝てしまいます(笑)

今回のポイントは連日好調な『トンガリ根』
南西の風が強く、多少波はありましたが、ワクワクの1投目。
ミヨシから順番に、仕掛け投入!掛け枠からパラパラ出て行く仕掛け投入は深場釣りの特徴です。
リールカウンター420メートルで仕掛け着底し糸フケをしっかり取って当たりを待つと直ぐさまアタリ到来!
キンメダイ特有のアタリ!
仕掛けを張った状態で追い食いを待ちます。
バイパー深海がグイグイ グイグイ曲がり込んでニンマリ笑。同船した他の釣り人もアタリ有っよ~と嬉しそう!
巻き上げも順番に50メートル差でオマツリ回避しながら巻き上げます。
仕掛けを手繰り寄せると重量感タップリで、上がって来たのは良型キンメダイ。

f348fe91
1投目から釣れて、煮付け 炙り 刺身 塩焼きの我が家のキンメパーティー魚確保出来一安心しました。 続けて2投目は、自分は空振り! その後は、良型キンメダイを2枚追加して無事8投して12時に帰港しました。

8532e0ac

シーボーグ1200MJの発売と同時に、深場釣りにめっきりハマったS君は良型キンメダイを釣り上げて大満足の釣行になりました。

c229c4f2

今後も、良型キンメダイ トロキンメのシーズンは続きます。

 

 

石塚 広行さんの記事
2017.09.23

新島沖キンメダイ釣り!ラスト投入で待望の多点掛け

事前予約を済ませて、台風明けの9月19日静岡県下田市須崎港「番匠高宮丸」さんより新島沖キンメダイ釣りに行って来ました。早朝3時50分に港集合!その前に、船宿の黒板に釣り座を記入して集合時間まで仮眠。

今日の釣り座は、トモから2番目です。新島沖キンメダイ釣りは片舷に並んで釣り座を設けています。片舷流しです。タックルの準備を済ませ大型船に満員8名のキンメ釣りファンを乗せて4時20分に出船しました。ポイントまで、ウエアを脱いでキャビンで爆睡出来るのも遠征船の良いところです。遠征と言っても航程1時間でポイントに到着してしまう程の近場です。伊豆半島や神子元島もはっきり見える「トンガリ」に到着。

DSC_5067DSC_5069

台風前も好調に釣れていたキンメダイ既に多くの船が集結しています。海上は風も弱くウネリは多少ありますが最高の釣り日和です。

小沢船長より、始めますよ~!準備して下さい。

一投目、ミヨシから順番に仕掛け投入。水深は、450メートルから310メートル急激に浅くなるのでオモリが着いたらどんどんリールを巻いて下さいとアドバイスが有りJOGパワーレバーでどんどん道糸を巻いていきます。自分は、一投目は空振り!二投目 三投目も残念!徐々に潮が速くなって来てしまい潮が弛むまで様子見をしますとの事で、ちょこっとお昼寝タイムに突入。

四投目に、待望のキンメダイのアタリがロッドに出て1.5キロ程の新島キンメダイに会えてホッとしました。

五投目 六投目 七投目もキンメダイのアタリは、訪れずラスト八投目ラスト投入!船長より水深は、500メートルです。仕掛け着底後、送ってアタリを待って下さいとアドバイス。

仕掛け着底後、糸ふけを取り終えると微かにフワッ!フワッ!カッカッとキンメダイのアタリ!アタリが小さかったので仕掛けの下の方に針掛かりしたであろうと判断して道糸を送って仕掛けを寝かす(送る釣り)へ!ドラグを緩めて道糸を送ります。50メートル程、道糸を送りトモより順番に巻き上げ開始!隣の釣り人50メートル差で巻き上げします。順番に投入・巻き上げすのはオマツリ防止の意味でもあります。

オモリは、根掛かりしていますが根起こして捨て糸を切ります。オモリが無い状態でもロッドは良い曲がりをしています。リールのパワーもまだまだ全然余裕でシーボーグ1200MJのスピードモードで楽々巻き上げ。ウネリで幹糸が切れない様にドラグ操作をして仕掛けを手繰ると、上の針から良型のキンメダイが掛かっています。まだ居るぞ!トータル6匹の良型のキンメダイが掛かっていました。

DSC_5096IMG_20170920_194055

この日は、7匹の新島キンメを釣ることが出来ました。

帰港中も、キャビンのベッドでぐっすり眠って帰宅。番匠高宮丸さんお世話になりました。

DSC_5099DSC_5098

タックルは!

メガモンスターリール「シーボーグ1200MJ」道糸はメガセンサー8ブレイド10号を1000メートル巻いています。シーボーグ1200MJは大型魚のマグロやカジキなども釣り上げられる最強リール。極太リーダーをスプールに巻き込める様に対応してある為カタログ表記上は10号800メートルになっていますが、極太リーダーを必要としない深場釣りは、糸巻き時テンションをMAXに掛けて道糸を巻き取り時の熱から守る様に濡らしながらスプールへ巻くとカタログ表記の糸巻き量より多くの道糸を巻く事も可能です。

DSC_5071DSC_5074

バッテリーは、モンスターバッテリーの「スーパーリチウム11000WP-C」大容量の11Aで大量の電力を消費する深場釣りも容量不足による停止を防げて一日使用してもまだまだ容量に余裕が有ります。

DSC_5072DSC_5065

リチウムイオンバッテリーは、(満充電状態と容量0%の状態)が一番劣化が進みます。釣行予定の無いときは30~50%の充電量の状態で保管して頂くのがベストです。スーパーリチウム11000の場合残量チェックで青ランプが1個もしくは2個点灯している状態が保管時はベストです。浅場などの釣りで容量を全て使い切らないと事前に分かる場合は80%程の(残量チェックランプ3個点灯)容量で釣行して頂くとより長くバッテリーを使用出来ます。また、釣行後は、電極やバッテリー本体を綺麗に洗って頂くと長期に渡り使用できますので心掛けて見てください。

ロッドは、発売後より絶大な評価と人気を誇る「マッドバイパー深海MH-195」本格深場キンメダイ釣りのスペシャルロッドです。

自作仕掛けは、幹糸30号幹間2メートル ハリス14号1メートル 捨て糸14号4メートルの20本針、全長は40メートル仕掛けです。

餌は、カツオハラモ サバの切り身 スルメイカの短冊を使用しました。

 

 

石塚 広行さんの記事
2017.07.03

新島沖のデカキンメシーズン到来

6月27日下田須崎港『番匠高宮丸』さんより新島沖のデカキンメ狙いに行って来ました。
まずは、船宿さんに有る釣り座ボートに名前を記入。早朝2時50分港に集合!
氷をクーラーボックスへ入れて タックルセッティング!
3時20分にいざ新島沖に出船です。
ポイントまで、キャビンで爆睡しポイントに到着すると船長のアナウンスで清々しい目覚めを迎えます。
タックルに、自作のキンメ仕掛けを付けて投入合図を待ちます!

c2215745

どんな釣りでも毎回同じ気持ちですが、1投目はワクワクします。
投入は、ミヨシから!自分の釣り座は、ミヨシから二番目でミヨシ側の方の仕掛けが入り終わったら自分の仕掛けを投入して行きます。深場釣りは順番投入が定番です。
1投目
仕掛け着底と共に、フワフワ クックックとキンメの当たりが到来!
キンメスペシャルのバイパー深海MHが気持ち良く当たりを出してくれます。
道糸を送り込んで、多点掛けを狙います。シーボーグ1200MJのドラグノブを緩めて。
巻き上げ合図が有り、ミヨシ側から順番に巻き上げ開始!ミヨシ側の方と50メートルの差を付けて巻き上げます。
水面に現れたのは、丸々肥えたキンメダイ。
しかも、3匹も!

8a347938

4投目も3匹!

fbcbef78

ラスト投入で、1匹!
計7匹のキンメダイが釣れました。
今回もシーボーグ1200MJを使用しての新島沖キンメ釣りとなりましたが、今までに無いほどの速潮に遭遇出来ました。
道糸を送り込んで行く釣りでも、余裕の糸巻き量で安心して釣りが出来ました。

7fe74f65

下船後、最大サイズを測定すると2.3キロありました。

945caa59 e67ae8ca 66b7b439

そして、釣り友のS君は初の新島沖キンメにシーボーグ1200MJとバイパー深海MHのマイタックルで7点掛けをしてすっかり深場釣りにはまってしまいました。総枚数は14枚と大満足!

0a11ae86 67421e00

シーボーグ1200MJの発売で、本格深場釣りも入門し易くなりました!
まだまだデカキンメシーズンも続きます。そして、自分のデカキンメ釣りロードも続きますよ!
番匠高宮丸さん、小澤長夫船長 女将の範子さんお世話になりました。

c9c3b057

今回のタックル紹介
リール シーボーグ1200MJ
道糸 メガセンサー8ブレイド10号1000メートル
ロッド マッドバイパー深海MH-195
バッテリー リチウムバッテリー

仕掛け
幹糸30号 ハリス14号の20本針
オモリ 鉄筋棒2キロ

aa222c9a

石塚 広行さんの記事
2017.04.17

片貝港 正一丸さんよりアコウダイ釣り

関東地方の桜も散りつつありますが、海の中はこれからが春!

今回は、千葉県片貝港『正一丸』さんよりダイワ田渕さんとご一緒にアコウダイ釣りに行って来ました。

c009bafc
前日、出船の確認が出来たら仕掛けに餌付けをスタート!
スルメイカ サバ カツハラ アナゴなど幅1.5センチ 長さ20センチ程度にカットして自分は使用しています。
ハリスはナイロン18号 幹糸はナイロン35号
捨て糸はナイロン16号を3メートル 針は、太地ムツ23号を使用しました。
1日、6投程投入出来るの仕掛けは予備を1組入れて7組持参します。

早朝4時前集合 出船
釣り座は、先着順のシステムです。
深場釣りに慣れて無かったり釣り方を学びたいって思ったら胴の間がおすすめです。船長さんがアコウダイ釣りのノウハウを色々と教えてくれます。
ポイントまでは、1時間半!
爆睡してポイント到着を待ちます。辺りは薄明るくなるなり始めるとポイント到着です。

f6a691f2
前から行くよ~!と船長さん!
そうです!深場釣りは順番に投入して行くがセオリー!前からと言うのはミヨシからトモにかけて順番に仕掛けを投入しますって事です。
掛け枠からパラパラと海中深くに仕掛けが入るとまずクリア!その後は、着底を見逃さない様に注意していればOKです。

今回のタックルは!
マリンパワー3000-24Vにアコウダイ釣りにはぴったりな深場釣り専用ロッド マッドバイパー深海H-195

d0a13700

fec4659d
田渕さん、1投目から良型アブラボウズ

a56d6435
田渕さんのタックルは!
5月発売予定のビッグモンスター シーボーグ1200MJ
膨大な糸巻き量と深場釣りでのアコウダイ アブラボウズ キンメダイの多点掛けも重量にも負けないパワーで深場釣りもより手軽になります。道糸は、メガセンサー8ブレイド10号をテンションを掛けて900メートル巻いているそうです。
ロッドは、同じくマッドバイパー深海H
上記でも書きましたが、身餌さを使う深場釣りには餌の水分を抜くのに『アミノソルト』を使用しています。魚の好むアミノ酸を含んでいるので深場の魚にも効きますよ!試してみて下さい。

b91cc8f3

自分にも来ましたよ!

37d45d46
アブラボウズの一荷も!

メダイの多点掛けもあり『トランク大将80リッター』満タンで今回も楽しい釣行となりました。

7a93c815
アコウダイシーズンは、まだまだこれから楽しめるそうです。
正一丸さん 海老原正船長さんお世話になりました。

石塚 広行さんの記事
2017.04.05

伊豆稲取港より金目鯛釣り

煮付け 刺身 しゃぶしゃぶ 塩焼き キンメダイ料理は大好評!誰もが、美味しいと口にします。

春を迎えキンメダイも乗っ込み時期に突入し抱卵
脂もノリノリで激ウマキンメダイになります。

静岡県東伊豆町稲取港『山吉丸』さんよりキンメダイ釣りに行って来ました。

e7b58caf

基本伊豆周辺のキンメダイ釣りの釣り座は、予約順からミヨシから座って行きます。

f678ed42 e42f6a1f

出船前にタックルのセッティングを済ませてポイントまでは仮眠しておきましょう。
綺麗な朝日と共にポイント到着です!

b8f9b73f 30b78b2c ec229ba7

今回のタックルは!

8bf6cd50

マリンパワー3000-24V
マグシールドボールベアリングを内蔵し長期間使用しても落下性能も低下せず、ラインキャパPE12号-1400メートルと糸巻き量も莫大で超深海の魚は勿論、最大巻き上げ力90キロと大型魚も巻き上げる強靱なパワーで深場釣りの多点掛けや超大型にはピッタリの超モンスターリール!
巻き上げ時の音もめちゃくちゃ静かです。

ロッドは、マッドバイパー深海
タイプMは、ライト深場から深場釣りに
タイプMHは、キンメダイスペシャルロッド
タイプHは、アコウダイやベニアコウ釣り
今回は、キンメダイスペシャルロッドの、タイプMH-195を使用しました。
見た目は、細身ですが深場釣りで必要なパワーと感度の良さに感無量です。
まさに、深場のスペシャルロッドです。

仕掛けは、自作仕掛け
幹糸は、ナイロン30号 ハリスはナイロン14号で幹間は2~3メートル ハリスは、80センチから120センチ、ハリはムツ針とホタ針18号と潮の状況で使い分けています。
個人的に、潮が流れない時は短ハリス 潮が流れれば長ハリスに変えています。
時には全長が60メートル以上の長い仕掛けは、掛け枠に巻いて餌を付けて投入準備を待ちます。
餌は、サバ スルメ シャケ皮 カツハラなど色々付けてその日の状況で使い分けています。
(ハリ数や餌の規制が海域によって違うので注意して下さい)
餌のサイズは、幅1センチで長さは12センチ程にカットしています。
オモリは、鉄筋オモリ2キロ!

902cd9b8

今回は、深場の水深500メートルからスタート
!ミヨシから順番に投入して行きます。
仕掛けが入りきったらトモよりに順番に投入。もしも仕掛けが投入中に引っ掛かっても慌てずアシストしてあげると解消されます。
釣り方は、着底後に糸フケをしっかり取って船長さんの指示が探って下さいとアナウンスが有ればオモリをトントン固定を叩く感じでアタリを待ち、送って下さいとアナウンスが有れば道糸をジワジワ送り出してアタリを待ちます。
アタリは、しっかりフワフワとロッドに出るので当たった瞬間は思わずニンマリ笑み!
当たったと声が思わず出てします。

2投目は、丸々肥えたトロキンメが2匹

5ff82037

5投目は、丸々肥えたトロキンメが3匹

6408d587

潮が流れない状況でしたが、トロキンメの顔が見れて満足満足!
これからメガキンメが狙えるシーズンを迎えます。皆様もチャレンジして見て下さい。
山吉丸さんお世話になりました。

石塚 広行さんの記事
2017.02.17

ライトタックル中深場釣り

2月15日 高級魚として人気の高い、深場の舞姫キンメダイ 黒いダイアモンド黒ムツを狙いに神奈川県三浦市三崎港『佐円丸』さんへ行って来ました。
タックルは、ディープゾーン73 200-205
リールは、シーボーグ750メガツイン

道糸は、メガセンサー8号 500メートル
オモリは250号
仕掛けは、胴付き仕掛けの10本針
幹糸は、ディーフロン船ハリス12号 ハリスはディーフロン船ハリス8号
で幹間150センチ ハリスは、65センチ
針はムツ針とホタ針18号を使用した仕掛けです。以外と簡単に作れますので作って見て下さいね。
ハリ数は、5本から10本針で楽しめます。

b2d508c1

快晴 ベタ凪の海上をポイントに向けて航程約40分沖の瀬へ!

6e6cbab9 a9393eba

底から20メートルまで良い反応が有るよ~!と船長!
投入は、ミヨシから順番に投入して行きます。基本、ミヨシから投入する事が多い深場釣り投入する際は自分のタックルの左に立ち仕掛けを投入します。
船縁に仕掛けを並べる際も、タックルの左側に並べて下さいね。
何故?と思う方も多いと思いますが、仕掛けを投入する時は船は後進をかけて後ろに下がります。仕掛け(道糸)は、ミヨシ方向に入って行きます。右側から投入するとタックルに仕掛けが引っ掛かり投入出来なくなってしまいます。
投入前に船長からミヨシから投入しますよとアナウンスが有ったら上記の様な仕掛け投入をすると綺麗に仕掛けが投入出来ますよ!

トモから投入しますとアナウンスが有ったらタックルの右側から投入して下さいね。
釣り方は、底にオモリが着いたら水深が深いので糸フケをしっかり取って当たりを待ちます。指示棚が高い場合はオモリを浮かせて!棚が低い場合はオモリトントンで当たりを待ちます。
しばらく当たりを待っても当たりが無ければ仕掛けを10メートル程巻き上げ落とし直しましょうね。
一投目から、キンメダイのフワフワ当たりが有り幸先良いスタートに!

6df447c3
その後は、黒ムツやメダイが釣れてクーラーボックスの中は高級魚で埋まって行きます。
サバのパーフェクトも(笑)実は、サバも個人的には大歓迎!深場釣りの代表的な餌はサバの切り身 スルメ カツオなどと色々あります。
サバもしっかり持って帰って味噌煮にしたり深場釣りの餌にしたりと大歓迎なのです。
次は、黒ムツ!

14b3090d fd2d1de6
歯が鋭い黒ムツ、歯には触らない様に注意して下さいね。

クイックハリハズシL-Hは、深場釣りでも重宝します!

85ea5493

釣果も十分で、13時30分に沖上がりとなりました。
佐円丸さんお世話になりました。

また、釣行しますよ!メヌケや新島沖キンメも好調のようで今後楽しみです。

3月発売予定のシーボーグ800MJ、大型魚とのやり取りにも最高ですが今回のライト中深場にも最高です。発売が待ち遠しいです!

 

石塚 広行さんの記事
2016.12.27

ライトタックルで深場釣り

12月25日三崎港『佐円丸』さんよりライトタックル深場釣り行って来ました。
ライトタックル深場をやってみたいと言う釣り仲間二人と知り合い二人と自分を含め5人で釣行!
狙いはキンメダイ 黒ムツ メダイなどの深場に居る魚!
深場釣りは、大型リール ヘビー級ロッド ヘビー級オモリ 多くの針が付いた仕掛けのイメージがあるかも知れませんが、今回は深場釣りの中でも軽量なタックルで楽しめるライトタックル深場釣りにチャレンジ!
タックルは!
リール シーボーグ750MT

3508e965
ロッド ディープゾーン200-205

396c1818
道糸  PE6号-700メートル

オモリ250号
仕掛けは、簡単に作れる7~10本針 ムツ針18号 幹糸はフロロカーボン14号を幹間一ヒロ ハリスは、フロロカーボン8号70センチを使用しました。

29a0a473

22d43067
ポイントまで航程40分程と近いです!水深は、400メートル弱の沖の瀬からスタートしました。
投入は、ミヨシから順番投入は、ライト深場も深場釣りも一緒です。期待の一投目は、着底と共にフワフワ カクカク アタリがありテンション上がります。
上がって来たのはキンメダイ!
まだ反応が有る様で、次の投入もキンメダイ!
中盤、潮が止まりアタリは遠退きましたが後半は、キンメダイと黒ムツの3点掛け!
釣り方は、オモリ着底後糸フケを取る感じで10メートル程巻き上げで落とし直します。深場釣りでも巻き落としはかなりの効果が有る為アタリが無ければ頻繁に巻き落としをして誘いを掛けると良いです。勿論、タックルが軽量なので手持ちで誘いを入れても大丈夫です!

179ed88a
アタリが有れば、多点掛けを狙うのも深場釣りの魅力です。
ライト深場は、仕掛けの針数も少なく船縁に餌の付いた餌を順番に並べて船長さんから投入の合図が有ったらオモリを前方に投げれば仕掛けは、綺麗に海に入りますよ。オモリを投げる時は、強引に投げずにスッと優しく投げれば大丈夫です!もしも、仕掛けが引っ掛かってしまい手前マツリ状態だと投入出来ないとその流しは休憩になる事もありますので投入は、慌てず落ちてチャレンジしてみて下さいね!
慣れて来ると、深場釣りでも使っている掛け枠を使い投入すると針数も増やせてトラブルもかなり減少出来ます。
ライト深場釣り初めての仲間も立派な黒ムツを釣り上げご満悦。

aaebe5d6
デジタルスケール25で計測したら1.3キロ

65bec568
デジタルスケールは、25キロまでならその場で計測可能なデジタル表示してくれる計測計!
コンパクトで握りやすく、釣り上げた魚の重さをメモリーまでしてくれる優れ物です。
1日楽しく 今シーズン好調なライトタックル深場釣り、皆さんも手軽にチャレンジしてみて下さいね。

676d6bee

cfa8f625

73c83962
本命キンメダイ 黒ムツの他にメダイやスミヤキやカサゴなどの嬉しい外道も多彩に釣れますよ!

c57a02a4
佐円丸さん かずお船長さんお世話になりました。

eb9844a0

 

 

石塚 広行さんの記事
2016.05.29

千葉県片貝港よりアコウダイ釣り

千葉県九十九里町片貝港「正一丸」さんより深場のアコウダイ釣りへ、ダイワフィールドテスター田渕さんと仲間のアングラーと釣行して来ました。アコウダイ釣りは、経験が無く初めての釣りです。

image

image

タックルは!

リールは、先日の新島沖キンメ釣りと同じで「マリンパワー3000-24v」

ロッドは、アコウ釣りにマッチする「マッドバイパー深海タイプH」

image

マッドバイパー深海のラインナップの中でも、一番硬い調子です。アコウ釣りはオモリをトントンと叩きながら探りアタリを待ちます。穂先はしなやかでバット部は大型アコウが掛かっても安心のアコウダイスペシャルロッドです。

オモリは500号

仕掛けは、自作の幹糸30号 幹間は1・5メートル ハリスは18号75センチ ムツバリ22号を使用。針数は、10〜15本です。餌は、イカ サバ カツハラなど!タコベイトを付けてアピールさせるのもアコウ仕掛けの特徴です。

image

image

image

ポイントまでは、1時間30分!タックルの準備を終え仮眠しているとポイント到着です。投入は、ミヨシの方から順番に投入し投入が終わると手を上げて船長へ投入完了を知らせます。投入時、仕掛けが絡んだりトラブル起きてしまうとその流しは休憩タイムになりますので投入前にしてチェックをして自分の投入合図を待ちます。

今日も潮が速いとの事で、しっかり道糸を見ていないと底立ちが取れない状況です。釣り座は、胴の間だった為船長も色々とアドバイスしてくれました。巻き上げは、合図が有ったら一斉に巻き上げ開始です。

魚が掛かっていたら、しっかりとドラグ調整をして巻き上げをしないと口を開け上がって来るアコウに仕掛けが耐えきれず仕掛けが切れてしまうそうです。また、オモリが根掛かりしない様に心がけて釣るのも大事の様です。

トータル8投の釣りを楽しみましたが、自分はアコウを釣る事は出来ませんでした。

アコウ釣りにも、是非またチャレンジしてみよう思います。

正一丸  海老原船長、色々とアドバイスありがとうございございました。また、宜しくお願い致します。

 

 

 

石塚 広行さんの記事
2016.05.26

最新深場タックルを使って新島沖のキンメダイ釣り

沢山の魚達が抱卵を迎える春から初夏

新島沖のキンメダイも抱卵して乗っ込み中です!

大型キンメダイを狙うのも良し  数を狙うのも良し       勿論、脂のノリも最高なシーズンに突入しました。

早速、予定を立てて伊豆稲取港「山吉丸」さんより釣行して来ました。

image

今回使用したタックルは、ダイワの最新深場タックル

リールは、「マリンパワー3000-24V」

image

キンメダイやアコウダイ釣りは約2キロのオモリを使用したり針数も多く、リールのパワーが必要です。深場のキンメダイ釣りで時には800メートル近く道糸を送り込む事も有りラインキャパも必要です。

ロッドは、「マッドバイパー深海M-200」

image

今回使用したタイプM-200は、キンメダイスペシャルの6:4調子!

柔軟性が有り、キンメダイのバラシも軽減してくれます。柔軟性があると言ってもしっかり底立ちが取れて多点掛けをした際も粘り強く曲がってくれます。深場釣りでは、オモリが根掛かりする事が多く仕掛け下に付けた捨て糸を切る事が有りますが、根起こしにも負けないバットパワーです。

マリンパワー3000-24Vとマッドバイパー深海Mの組み合わせで新島沖のキンメダイ釣りを楽しんで来ました。

仕掛けは、自作の針数20本  餌は、イカとカツハラ

(付け餌は、海域によって使用禁止になっている餌も有りますのでご注意下さい)

早朝3時前に出船

釣り座は、予約順にミヨシ側から順番に座ります。自分は、ミヨシ一番に入りました。

キンメダイ釣りは、細かく投入時間が決まっています。今回は4時15分以降!

期待を膨らませて、一投目!ミヨシ側から順番に投入して行きます。仕掛け着底後、即ロッドがカッカッキュンキュンとキンメのアタリが到来しました。仕掛けを張ったまま巻き上げ合図を待ちます。ミヨシ側から巻き上げの合図が有り巻き取りスタートです。しかし、ガッチリ根に仕掛けが引っ掛かってしまった!アタリが大きかっただけに残念ですが一投目は、釣り上げる事が出来ず残念。

ダイワSFA 大島君キンメの9点掛け!おめでとう!

image

その後は、2投目からはキンメを順調に釣れて行き3投目からは深場に移動し水深500メートルのポイント!ここからは、大型キンメ狙いです。5投目は本日一番のアタリが、オモリ着底後はアタリはありませんでしたオモリが根掛からない様に気を付けながらアタリの出る場所を探るとロッドに良いアタリが到来!アタリが大きかったので仕掛け上部に掛かったと判断して仕掛けは張り気味で待つと多点掛けの気配!巻き上げに入るとロッドが気持ち良く曲がってくれます。待望の大型キンメの5点掛け!大興奮してしまいました。

image

image

その後は、潮が速くなり仕掛けが浮き上がらない様に道糸を送り込みながらの釣り方に変更しましたがパッとせず8投目の仕掛けを回収し帰港となりました。

また、次回も楽しみです。

伊豆稲取港「山吉丸」さんお世話になりました。

一年の中で最も脂が乗っているキンメダイ釣り、皆さんも是非チャレンジして下さい

1 / 212